2017-11-06(Mon)

納め天神祭2017

“須磨の天神様”と呼ばれる綱敷天満宮で、「納め天神祭」が行われます。12時30分からは、ギターの奉納コンサートが、14時からは祈願絵馬や火焚祈願串又、AM神戸のボツはがきのお焚き上げ神事などが催されます。
所在地:〒654-0053兵庫県神戸市須磨区天神町2-1-11
開催期間:2017年12月25日
交通アクセス:山陽電鉄「須磨寺駅」から徒歩3分、またはJR神戸線「須磨海浜公園駅」・「須磨駅」から徒歩10分
問合せ先:綱敷天満宮078-734-0640

2017-11-06(Mon)

多井畑厄除八幡宮神饌餅つき神事2018

多井畑厄除八幡宮で、1月18日からはじまる厄除大祭の御供物として奉る、餅つきの神事が行われます。古来より社家八人神主役で行われ、現在では氏子から8人が選ばれます。選ばれた氏子は身を清め、長さ1間ほどの樫棒を持ち、臼の東西に4人が相向かい「エイトエイト」の掛け声も勇ましく、8本棒で餅をつきます。1月18日の早朝には氏子総代が集まり、伝来の式に則り、みかん、干柿、長芋、栗、梅枝などを餅に積んで神前に献じます。
所在地:〒654-0133兵庫県神戸市須磨区多井畑字宮脇1
開催期間:2018年1月16日
交通アクセス:JR神戸線「須磨駅」からバス約15分「多井畑」すぐ、または地下鉄「名谷駅」から市バス「多井畑厄神」下車
問合せ先:多井畑厄除八幡宮078-741-0827、綱敷天満宮078-734-0640

2017-11-06(Mon)

西宮神社大祓式・除夜祭2017

西宮神社で大晦日の恒例行事である大祓式と除夜祭が行われます。「大祓式」では、人形(ひとがた)に息を吹きかけて、身についた穢れを人形に移すことでお祓いをし、健康や無病息災を祈ります。「除夜祭」では、この一年、安泰に過ごせたことに感謝する祝詞を奏上した後、拝殿前の福火に点火して新年を迎えます。
所在地:〒662-0974兵庫県西宮市社家町1-17
開催期間:2017年12月31日大祓式/16:00~、除夜祭/18:00~
交通アクセス:阪神「西宮駅」から徒歩5分、またはJR神戸線「さくら夙川駅」から徒歩10分、またはJR神戸線「西宮駅」南出口から南西へ徒歩20分
主催:西宮神社
料金:無料
問合せ先:西宮神社0798-33-0321

2017-11-06(Mon)

LUCUAクリスマス2017

LUCUAクリスマス2017を撮影してきました。

DSCN2677.jpg

DSCN2679.jpg




2017-11-06(Mon)

11月になってから撮影した夕日。

11月になってから撮影した夕日です。久しぶりに夕日の写真を撮影したような気がします。

DSCN2624.jpg

DSCN2625.jpg

DSCN2626.jpg

DSCN2627.jpg

DSCN2632.jpg

DSCN2633.jpg

DSCN2634.jpg

2017-11-05(Sun)

鶴橋温泉

両側に前栽を持つこの当時の先頭のプロトタイプだ。特に、玄関横を局面にするタイプはほかでも見たことがある。局面を使うことはモダン都市の特徴のひとつだ。ここの場合面白いのは、中央が盛り上がったタイルを使っていることだ。このタイルは実は中が中空になっているらしい。一般的には黒や白が多いが、こうしたベージュもきれいだ。2017年11月4日に現場に行ってみたが建物自体がなくなっていた。

建築年設計者不詳
所在地:大阪府大阪市生野区鶴橋2-9-14


2017-11-05(Sun)

今月の読書第1弾です。

今月の読書第1弾です。

国税局査察部24時 (講談社現代新書) [ 上田 二郎 ] - 楽天ブックス
国税局査察部24時 (講談社現代新書) [ 上田 二郎 ] - 楽天ブックス

2017-11-05(Sun)

須磨離宮公園迎春2018

神戸市の須磨離宮公園では、12月15日から1月14日に恒例の「ジャンボ松竹梅の展示」が行われます。1月6日から8日は「新春昔あそび」(雨天中止)が、7日には「新春もちつきとぜんざいのふるまい」(雨天の場合は8日に順延、先着400人)や、「なかよし太鼓の演奏」(雨天中止)も催されるなど、迎春の期間にさまざまなイベントが行われます。
所在地:〒654-0018兵庫県神戸市須磨区東須磨1-1
開催期間:2018年1月5日~8日9:00~17:00(入園は閉園30分前まで)※休園日は毎週木曜(祝日の場合は翌日)・12月28日~1月4日
交通アクセス:JR神戸線「須磨駅」から75系統「妙法寺駅行」の市バス「離宮公園前」すぐ、またはJR神戸線「須磨海浜公園駅」から徒歩20分、または第二神明道路「須磨IC」から車すぐ(姫路方面)、または阪神高速「月見山IC」から車約5分(大阪方面)
主催:神戸市立須磨離宮公園
料金:入園料が必要/15歳以上(中学生を除く)400円、小中学生200円 ※1月5日は終日入園無料
問合せ先:神戸市立須磨離宮公園078-732-6688

2017-11-05(Sun)

太山寺除夜の鐘2017

太山寺では開門と同時に住職がつく第1打の鐘に続き、参拝者も自由に鐘をつくことができます。先着108人には記念品が授与され、108つ以降も自由に鐘をつくことができます。※当日は混雑します。
所在地:〒651-2108兵庫県神戸市西区伊川谷町前開224
開催期間:2017年12月31日23:30~翌2:00
交通アクセス:神戸市営地下鉄「伊川谷駅」から神姫バス「太山寺」~徒歩3分
料金:31日23:30~元日/入山無料
問合せ先:太山寺078-976-6658

2017-11-05(Sun)

神崎天満宮初詣2018

豊かな自然に恵まれたグリーンエコー笠形内の神崎天満宮は、菅原道真公をお祀りする神社です。正月三が日には、合格などを祈願する初詣客で賑わいます。笠形山山麓から湧き出る地下水の笠形神水が有名です。
所在地:〒679-2411兵庫県神崎郡神河町根宇野グリーンエコー笠形内
開催期間:2018年1月1日
交通アクセス:JR播但線「寺前駅」から神姫グリーンバス「粟賀営業所」乗換~「グリーンエコー笠形前」~徒歩10分
問合せ先:グリーンエコー笠形0790-32-1307

2017-11-05(Sun)

神崎天満宮とんど祭2018

グリーンエコー笠形にある神崎天満宮で、とんどまつりが行われます。祈願祭が斎行されるほか、しめ縄をはじめ、書き初め、使い古したこいのぼりやひな飾りなどが焚き上げられます。ぜんざいなどの無料サービスもあります。
所在地:〒679-2411兵庫県神崎郡神河町根宇野グリーンエコー笠形内
開催期間:2018年1月14日14:00~
開催場所:神崎天満宮(グリーンエコー笠形内)
交通アクセス:JR播但線「寺前駅」から神姫グリーンバス「粟賀営業所」乗換~「グリーンエコー笠形前」~徒歩10分
問合せ先:グリーンエコー笠形0790-32-1307

2017-11-05(Sun)

清荒神清澄寺新年祝祷三宝大祭2018

火の神、かまどの神としても知られ、地元では「荒神さん」の名で親しまれる清荒神清澄寺で、新年祝祷三宝大祭が開催されます。期間中の10時から、法主・山内僧侶総出仕による大般若経転読法要が執り行われ、現世利益を祈願する参詣の人々で賑わいます。参道には飲食店や土産物店など、多くの露店も並びます。※JR宝塚駅前から清荒神清澄寺駐車場まで臨時バス運行
所在地:〒665-0837兵庫県宝塚市米谷清シ1
開催期間:2018年1月1日~3日
交通アクセス:阪急宝塚線「清荒神駅」から徒歩15分、またはJR宝塚線「宝塚駅」から清荒神清澄寺駐車場まで定期路線バス運行あり(2月~12月の日祝のみ)
問合せ先:清荒神清澄寺0797-86-6641

2017-11-05(Sun)

綱敷天満宮大晦日2017

その年に受けた罪や穢れを祓うため、大晦日(おおみそか)に綱敷天満宮で大祓いが執り行われます。今年最後の特別なこの末日を、大晦(おおつごもり)とも言います。
所在地:〒654-0053兵庫県神戸市須磨区天神町2-1-11
開催期間:2017年12月31日
交通アクセス:山陽電鉄「須磨寺駅」から徒歩3分、またはJR神戸線「須磨海浜公園駅」・「須磨駅」から徒歩10分
問合せ先:綱敷天満宮078-734-0640

2017-11-05(Sun)

師走大祓式2017

播磨国総社では次の夏までの無病息災を願って、毎年年末に「師走大祓式」が行われます。境内にしつらえられた、直径約3mにもなる茅の輪を3回くぐり抜けます。
所在地:〒670-0015兵庫県姫路市総社本町190
開催期間:2017年12月31日神事/16:00~
交通アクセス:JR神戸線「姫路駅」中央口から北東へ徒歩15分もしくは神姫バス「姫路郵便局前」・「市民会館前」下車
料金:見物無料
問合せ先:播磨国総社079-224-1111

2017-11-05(Sun)

ホテルニューオータニ大阪クリスマスイルミネーション2017

ホテルニューオータニ大阪の4階まで吹き抜けのアトリウムロビー中央に、高さ7mのクリスマスツリーをイメージした巨大クリスマスオブジェが浮かびます。「ホワイトクリスマス」をイメージした清廉なイルミネーションを楽しめます。
所在地:〒540-8578大阪府大阪市中央区城見1-4-1
開催期間:2017年11月22日~12月25日点灯時間/終日
交通アクセス:JR大阪環状線「大阪城公園駅」から徒歩3分、または地下鉄長堀鶴見緑地線「大阪ビジネスパーク駅」から徒歩3分
主催:ホテルニューオータニ大阪
料金:無料
問合せ先:ホテルニューオータニ大阪06-6941-1111

2017-11-03(Fri)

有馬温泉献湯式2018

西宮神社の拝殿で、有馬温泉の繁栄を願い献湯式が執り行われます。有馬温泉の金泉を角樽に詰めて西宮神社まで運び、芸妓さんたちが湯女に扮し、湯もみ太鼓のお囃子にあわせて湯もみを行います。その後、適温になったお湯と湯文が神前に奉納されます。※9日~11日の「十日えびす」期間中、境内駐車場は利用できません。
所在地:〒662-0974兵庫県西宮市社家町1-17
開催期間:2018年1月9日14:00~
交通アクセス:阪神「西宮駅」から徒歩5分、またはJR神戸線「さくら夙川駅」から徒歩10分、またはJR神戸線「西宮駅」南出口から南西へ徒歩20分
問合せ先:西宮神社0798-33-0321

2017-11-01(Wed)

鈴山古墳

墳丘一辺22メートルの方墳。反正天皇陵古墳の外周にあり、陪塚として宮内庁が管理。

所在地:大阪府堺市堺区北三国ヶ丘町2丁目

J0010470_20171101214043871.jpg

2017-11-01(Wed)

竜佐山古墳

墳丘長61メートルの後円部径43メートル、前方部幅26メートルで、前方部の短い帆立貝形(前方後円墳?)。仁徳天皇陵古墳の外周にあり、陪塚として宮内庁が管理。一部の調査では、葺石と円筒埴輪があり、幅10メートル程の周濠がめぐっていたようですが、埋葬施設などについては不明です。現在は前方部とそのまわりの濠を復元して整備されています。墳丘は宮内庁が管理し、前方部の一部と周濠は堺市が管理しています。5世紀中~後半。

所在地:大阪府堺市堺区大仙中町(大仙公園内)

J0010616_201711012139275fa.jpg

J0010617_20171101213929d62.jpg

J0010618_20171101213930d5d.jpg

J0010619_20171101213931d3a.jpg

2017-11-01(Wed)

樋の谷古墳

仁徳天皇陵古墳の外濠内にあり、陪塚として宮内庁が管理。

所在地:大阪府堺市堺区大仙町

J0010629_20171101213826103.jpg

2017-11-01(Wed)

乳岡古墳

乳岡古墳は、大阪府堺市堺区石津町2丁に所在する前方後円墳。百舌鳥古墳群に属しており、国の史跡である。
○概要
百舌鳥古墳群西端の低位段丘末端に位置しており、前方部を南西に向けている。現在、前方部の部分の大半が削平され、消滅しているが、元の全長150m、後円部の径94m、高さ14mを測る。もとは周濠を有したが、埋め立てられている。後円部上には念仏寺という寺院が存在したが、後述の発掘調査後、古墳の西方に移転した。
○内部構造と築造時期
1972年(昭和47年)に内部構造の確認のため、後円部で発掘調査が行われており、粘土で覆われた和泉砂岩製の長持形石棺が確認されている。覆っていた粘土中から碧玉製鍬形石3、同車輪石18など、石製の腕輪類が出土している。確認のための小規模な調査であったので石棺の内部は調査されず埋め戻された。出土遺物から4世紀末頃の築造と考えられ、百舌鳥古墳群では最も時期の遡る古墳である。
○所在地
大阪府堺市堺区石津町2丁
○形状
前方後円墳
○規模
墳丘長150m
○築造年代
4世紀末

J0010575_201711012137128b2.jpg

J0010579_201711012137143e3.jpg

J0010580_20171101213715903.jpg

2017-11-01(Wed)

鳶塚古墳

鳶塚古墳については、平成10年に行われた確認調査では、直径21mの円墳で周囲に幅2~3m程度の周濠が検出されている。確認調査の際には、堀の中から家型埴輪なども見つかっており、それらの埴輪から5世紀の中ごろから後半に作られたのではないかと考えられている。この古墳は消滅したらしいが大仙公園内に復元されたらしい。

所在地:大阪府堺市堺区百舌鳥夕雲町2丁(大仙公園内)

J0010608_20171101213603c5c.jpg

J0010609_201711012136053af.jpg

2017-11-01(Wed)

銅亀山古墳

墳丘一辺26メートルの方墳。古くは堂亀山とも記されていたようです。墳丘は高く、2段築成がよく残るなど残存度は良好で、下段は南側が造り出し状に張り出し長方形を呈しています。仁徳天皇陵古墳の外周にあり、陪塚として宮内庁が管理。

所在地:大阪府堺市堺区大仙町

J0010626_20171101213453d8b.jpg

J0010627_201711012134558a7.jpg

J0010628_20171101213456d7a.jpg

2017-11-01(Wed)

田出井山古墳

田出井山古墳は、大阪府堺市堺区北三国ヶ丘町2丁にある前方後円墳。
○概要
百舌鳥古墳群の北端に位置し、全長約148m、後円部径約76m、高さ約14m、前方部幅約110m、高さ約15mで、百舌鳥古墳群の中では7番目の大きさである。墳丘は3段に築かれ、かつては二重濠があったと確認されている。墳丘の形態や出土した埴輪より、5世紀後半頃に造築されたと考えられている。陪塚と推定される古墳が数基現存している。反正天皇の陵墓に比定され、「百舌鳥耳原北陵」として宮内庁によって管理されている。ただし、被葬者は不明。また、天皇陵に比定されている百舌鳥耳原三陵のなかで、他の2つの古墳(大仙陵古墳、上石津ミサンザイ古墳)と比べて規模がかなり小さいことから、反正天皇陵であることを疑問視する意見も多く、なかには土師ニサンザイ古墳を反正天皇陵と考える者もいる。
○交通アクセス
南海高野線堺東駅 徒歩5分
○所在地
大阪府堺市堺区北三国ヶ丘町2丁
○形状
前方後円墳(二重濠)
○規模
全長148m
前方部高さ15m
○築造年代
5世紀後半

J0010466_201711012133311f7.jpg

J0010467_20171101213333ff0.jpg

J0010468_2017110121333411c.jpg

2017-11-01(Wed)

天王古墳

円墳のように見えますが方墳で、墳丘一辺11メートルの方墳。反正天皇陵古墳の外周にあり、陪塚として宮内庁が管理。

所在地:大阪府堺市堺区北三国ヶ丘町3丁目

J0010472_20171101213217c4a.jpg

J0010476_2017110121321801f.jpg

2017-11-01(Wed)

孫太夫山古墳

墳丘長48メートル、後円部高約7.6メートル、前方部幅約30メートルで、前方部の短い帆立貝形を呈する。仁徳天皇陵古墳の外周にあり、陪塚として宮内庁が管理。5世紀中~後半。一部の調査では、葺石と円筒埴輪があり、幅10メートル程の周濠がめぐっていたようですが、埋葬施設などについては不明です。現在は濠を復元して整備されています。後円部は宮内庁が管理し、前方部と周濠は堺市が管理しています。なお、前方部は、公園造成の時に復元しています。

所在地:大阪府堺市堺区百舌鳥夕雲町2丁目(大仙公園内)

J0010614_20171101213054580.jpg

J0010615_2017110121305514e.jpg

2017-11-01(Wed)

聖塚古墳

墳丘直径15メートルの円墳。ニサンザイ古墳の外周にあり、陪塚と考えられる。大阪府立大学の敷地内にある古墳である。しかしこれは古墳でないらしい(09年度に市教委が初めて聖塚古墳を発掘調査したところ、墳丘とみられていた部分(高さ約1.5メートル)の最下層から、江戸時代の磁器が出土し、18世紀以降に土を盛ってつくられたことが判明。市教委は、古墳の可能性が極めて低いと判断した)。

所在地:大阪府堺市中区学園町(大阪府立大学の敷地内)

J0010056_20171101212929fc9.jpg

J0010057_20171101212930abc.jpg

J0010058_20171101212932ab5.jpg

2017-11-01(Wed)

西酒呑古墳

円墳。この古墳については住宅地の中に空き地があり、こんもりとした小さな山のようになっている。石碑や看板もないため、近所の人もこれが古墳だとは気付いていないかもしれません。

所在地:大阪府堺市堺区旭ヶ丘南町2丁目

J0010590_201711012128180c0.jpg

J0010591_20171101212819fd2.jpg

2017-11-01(Wed)

大仙陵古墳

大仙陵古墳(大仙古墳、大山古墳とも)は、大阪府堺市堺区大仙町に存在する日本最大の前方後円墳。周囲の古墳と共に百舌鳥古墳群を構成している。墓域面積が世界最大であるとされる。宮内庁により仁徳天皇の陵墓と治定されており、百舌鳥耳原中陵(もずのみみはらのなかのみささぎ)との陵号が与えられている。一般的には仁徳天皇陵または仁徳御陵と呼ばれる。ただし発掘調査は宮内庁により禁止されているため、仁徳天皇陵とは学術的には断定されていない。
○古墳の概要
・築造時期・被葬者
採集されている円筒埴輪や須恵器の特徴から5世紀前半から半ばに築造されたものと考えられている。前方部埋葬施設の副葬品は5世紀後期のものと考えられるが、前方部に存在する副次的な埋葬施設の年代として問題ないとされる。
・治定について
『記紀』『延喜式』などの記述によれば、百舌鳥の地には仁徳天皇、反正天皇、履中天皇の3陵が築造されたことになっている。しかし、それぞれの3陵として現在宮内庁が治定している古墳は、考古学的には履中天皇陵(上石津ミサンザイ古墳)→仁徳天皇陵(大仙陵古墳)→反正天皇陵(田出井山古墳)の順で築造されたと想定されており、大きく矛盾が生じている。このことから、百舌鳥の巨大古墳の中で最も古く位置づけられる伝履中天皇陵を伝仁徳天皇陵にあてる見解もある。しかし、この場合は後述する『延喜式』の記述と大きく食い違うことになる。
・規模
現状での規模は、墳長がおよそ486メートル、前方部は幅305メートル、高さ約33メートル。後円部は直径245メートル、高さ約35メートルである。三重の濠の外周は2,718メートル、その内側の面積は464,124平方メートルである。486メートルの墳長は、第2位とされる大阪府羽曳野市の誉田御廟山古墳(応神天皇陵)の422メートルを上回り、日本最大である。墳丘本体の体積や表面積では誉田御廟山古墳と甲乙付けがたく、特に体積については誉田御廟山古墳が最大であるとの指摘がある。
・墳形・周濠
墳丘は3段からなっている。測量図では、前方部の一部は綺麗な三段になっているが、墳丘の大半の等高線に大きな乱れが観察され、地震などによる大規模な崩壊もしくは人為的破壊、あるいは未完成であったことが推測されている。後円部の頂上部分は崩壊が酷いが、もとは直径60~70メートルの円形であったようである。被葬者が葬られた後円部と前方部とが繋がるくびれ部には両側に突出した造出しがある。この造出しの役割は、まだ解明されていない。江戸時代の絵図『舳松領絵図 上』に三重目の濠の南西角周辺が残存した姿が描かれており、また残存部以外でも農地の地割に濠の痕跡が認められるため、濠はもとは三重であったと考えられる。現在の三重目の濠は埋没部分を1896年(明治29年)に掘り直し、復元されたものである(『堺市史続編』)。この三重目の濠は、大古墳の周りに配置された陪塚(ばいちょう・ばいづか)の円墳に3カ所で突き当たり、それらを迂回している。内濠(一重目)の幅は約70メートル、くびれ部では最も広く東側で115メートル、西側で120メートルある。この内濠を囲むのが内堤である。ここに約30センチメートルの円筒埴輪の埋没が各所で確認されている。外濠(二重目)を囲んで外堤が造られていた。三重目の濠があるがその外側に堤がないのが不自然である。また、内側の外堤部も元々は一部が切れていたが、これも1896年(明治29年)の工事で補修され、現在の形になった。現在でも航空写真で後円部を上、前方部を下と見立てた際に左側の外堤が細くなっている。
・外表施設
墳丘には葺石と埴輪が存在している。特に三重目濠から出土した巫女形埴輪の頭部が著名である。また造出し近辺で宮内庁職員が須恵器の大甕を採集しており、本来は造出し上に置かれていたものである可能性が高い。埴輪の中には武人や馬などが多いが、中には円筒形をしたものがあり、これは結界を張って内部に人を入らせないようにしていたと考えられる。
・埋葬施設
後円部に存在する埋葬施設は江戸時代には露呈しており、既に盗掘されているようである。江戸時代の1757年(宝暦7年)には、後円部の埋葬施設には長持型石棺が認められている。前方部正面の中段にも竪穴式石室が築造されている。1872年(明治5年)には、風雨によって前方部前面の斜面が崩壊し、埋葬施設が露出している。その際の発掘調査で石室と石棺が掘り出されているが、この時の記録は関東大震災で焼失してしまっている。残された絵図面によれば、その埋葬施設は長持形石棺を納めた竪穴式石槨で、東西に長さ3.6~3.9メートル、南北に幅2.4メートル。周りの壁は丸石(河原石)を積み上げ、その上を3枚の天上石で覆っている。その中に組合せの長持形石棺が納められ、下半分は埋もれたままである。
・副葬品
後円部埋葬施設の副葬品は知られていないが、前方部の石室は1872年(明治5年)の発掘調査の際に、石棺の東側に「甲冑并硝子坏太刀金具ノ破裂等」が、石棺の北東に「金具存セザル鉄刀二十口斗」が発見されている。甲冑は、眉庇付冑(まびさしつきかぶと)と短甲で、冑には鋲留めにされた金銅製の小札(こざね)と鉢の胴巻きに円形の垂れ飾りを下げ、眉庇に透かし彫りが施された豪華なもの。甲(よろい)は金銅製の横矧板(よこはぎいた)が鋲留めにされている。また、右の前胴が開閉するように脇に2個の蝶番を付けられており、これらの組合せは、当時の流行を表したものである。鉄刀二十口は、把(つか)や鞘には金属製の装具のない簡略な外装の刀、ガラス杯は、緑系のガラス壺と白ガラスの皿がセットになった品であったという。なお、この調査では石棺の開封調査は行われていない。
・ボストンの仁徳陵出土品
アメリカのボストン美術館に仁徳天皇陵出土とされている銅鏡や環頭大刀などが収蔵されている。これらの品は、1908年(明治41年)には既に博物館に所蔵されていたようで、梅原末治によって紹介されている。鏡は細線式獣帯鏡で、青龍、白虎、玄武、朱雀などの霊獣を文様とする立派なもので、後漢製の舶載鏡と推定される。しかし、百済の武寧王陵から同種の鏡が発掘され、中国の南朝での製品という可能性もある。刀は、刀身が折れて無くなっていて、長さ23センチの把(にぎり、柄)と環頭(柄尻)が残っている。環頭は鋳銅で形を作り、その上に金鍍金がしてあり、環の中央には竜の首を彫刻し、竜首を取り巻く環には双竜を浮き彫りにしている。把には連続した三角形の中に禽獣を浮き彫りにした帯状の飾り金具を付けている。この類似品は朝鮮半島南部の新羅や任那の古墳から出土している。宮内庁書陵部の研究によると、これらの出土品は、ボストン美術館中国・日本美術部勤務であった岡倉天心により、1906年(明治39年)に京都で購入された可能性が高いという。また、実年代は「6世紀の第1四半期を中心とした時期」であり、古墳の築造時期とずれがあるという[1]。
・陪塚
陪塚は「ばいづか」と読み、陪冢(ばいちょう)ともいう。陪塚は中型や小型合わせて15基あり、前方後円墳1基、帆立貝式古墳はその可能性も含めて5基、大きな円墳2基、円墳または方墳など小さな古墳7基、合わせて15基が陪塚的な位置にある。西側から狐山、竜佐山(帆立貝式古墳)、孫太夫(帆立貝式古墳)、収塚(帆立貝式古墳推定)で、これら4古墳は大山古墳と同時期に築造された。前方部の南西端を北上すると直ぐ銅亀山(方墳か)、さらに北上し後円部の北方に丸保(防)山古墳(帆立貝式古墳)とその北に永山古墳(前方後円墳)があり、ともに周濠がある。丸保山古墳の南西にもう1基の帆立貝式古墳と南東に墳形不明の古墳がもう1基ある。後円部の長軸線上で外堤上に茶山古墳(直径約55m、円墳)、その東方で外堤上に大安寺山古墳(直径約60m、円墳)があり、陪塚に指定されているが、円墳では大規模な部類に入り検討すべき点が多いという。大安寺古墳の南東直ぐ近くに源衛門山古墳(直径約40m、円墳、周堀)がある。さらに三重目の濠に沿って南下すると塚周り古墳があり、また、南に円墳と方墳らしき古墳があったが、戦後の混乱期に復興のための土取工事で1950年(昭和25年)頃に消滅した。
○史料上の記述
・『記紀』の記述
『古事記』では、オオササギ(仁徳天皇)は83歳で崩御したといい、毛受之耳原(もずのみみはら)に陵墓があるとされる。『日本書紀』には、仁徳天皇は仁徳天皇87年(399年)正月に崩御し、同年10月に百舌鳥野陵(もずののみささぎ)に葬られたとある。
・延喜式
平安時代の法令集である『延喜式』には、仁徳天皇の陵は「百舌鳥耳原中陵」という名前で和泉国大鳥郡にあり、「兆域東西八町。南北八町。陵戸五烟。」と記述されている。なお、「兆域東西八町。南北八町。」という敷地が他の陵墓と比較すると群を抜いて広大であることから、ここに記される「百舌鳥耳原中陵」が当古墳を指していることは間違いないと考えられる。「中陵」というのは、この古墳の北と南にも大古墳があるからで、北側は反正陵、南側は履中陵であると記されている。
・堺鏡
『堺鏡』(1684年(貞享元年))には豊臣秀吉が当古墳でしばしば猟を行っていたと記されている。また『堺鏡』には当古墳が「仁徳天皇陵」であると記されており、江戸時代には既に「仁徳天皇陵」として信じられていた。そのため、尊皇思想の高揚にあわせて整備や管理強化がたびたび行われている。1685年(貞享2年)に後円部の盗掘坑が埋め戻されたことを手始めに、元禄の修陵(1698年(元禄11年))で後円部墳頂に柵を設置、享保の修陵時(1722年(享保7年))には一重濠と二重濠の間の堤に番人小屋を設置、1853年(嘉永6年)には後円部に設置されていた勤番所を堤に移転するとともに後円部の柵を石製に変更、1864年(元治元年)には文久の修陵の一環として前方部正面に拝所を造成している。また、この時に墳丘西側で途切れていた一重濠と二重濠の間の堤を接続させる工事が行われ、一重濠と二重濠が切り離されている。翌、1865年(慶応元年)には朝廷より勅使が参向し、現在へとつながる管理体制となった。次第に管理が強化されていったが、幕末までは後円部墳頂などを除き、古墳に自由に出入りすることが可能であったという。
・明治時代
1872年(明治5年)の前方部斜面の崩壊による埋葬施設が露出を受けて、堺県令税所(さいしょ)篤等による緊急発掘が行われた。この時の調査は、古川躬行(堺の菅原神社の神官・国語学者)の執筆、柏木政規(諸陵寮の役人)の作図による『壬申十月大仙陵より現れし石棺の考へ 同図録』とその添図『明治壬申五月七日和泉国大島郡仁徳天皇御陵南登り口地崩出現ノ石棺并石郭ノ図』および甲冑の図としてまとめられた。ただし、この記録から発掘の過程や程度などの細部をうかがい知ることはできない。
・名称の変遷と混乱
形状を現す大山(大仙)を冠する場合は古墳と続け、被葬者を表す仁徳を冠する場合は陵(御陵・帝陵・天皇陵)と続けるのが一般的であった。しかし、大仙陵や仁徳陵古墳といった折衷的な名称が見られるようになり混乱が生じている。また、併記する場合も多いため、より多種に渡ってしまっている。主因は仁徳天皇の墓かどうかの論争にあり、1971年(昭和46年)以降「仁徳陵」の名称で呼ぶことが提唱された。しかし、これでは仁徳天皇の墓であることを否定したことにはならないため、1976年(昭和51年)以降[2]、より学術的な遺跡の命名法に則り「大仙陵古墳」の使用が始まった。しかし、「みささぎ」とも読む「陵」の一字で天皇の墓を意味してしまう点を見落としており、結果、もともとあった大山(大仙)古墳という天皇を全く示唆しない名称と比べ、かえって妥協的な代物になってしまっている。なお、大山古墳の表記は江戸時代の絵図等にも見られ、上記の天皇の墓であることへの否定的な考えから生まれた名称ではない。宮内庁は仁徳天皇の墓に比定しており、地図上では「仁徳天皇陵」が採用されている(明治期の地図では「仁徳帝陵」となっていることが多い)。また、国民的にも(近畿地方、中でも地元大阪府では、大仙古墳よりも仁徳天皇陵のほうが広く認知されている)国際的にも定着した名称を重んずる意見も多数あり、学術用語としては流動的でいまだに確定しておらず、いずれもが正式名称として使用可能である。現在では、堺市が町名に大仙を採用したことから(大仙町、1929年(昭和4年)より)、大山よりも大仙が定着している。また、仁徳御陵・仁徳帝陵よりも仁徳天皇陵が定着しているが、堺市民の間では単に御陵と呼ばれることが多く、駅(御陵前駅)、道路(御陵通)、町名(御陵通、1933年(昭和8年)より)などの名称にもなっている。
・現状
歴史の教科書に「世界最大級の墳墓」として掲載され、宮内庁管理のため陵域内への自由な出入りはできないが、堺市の主要な観光地となっている。最も墳丘に近づけるのは正面の拝所で、二重濠の外側堰堤まで立ち入ることができる。2000年(平成12年)には特別参拝として二重濠の内側堰堤まで立ち入りが許されたことがある。しかし、濠に棲むナマズや鯉を狙った釣り人のゴムボートによる無断立ち入りが昔から後を断たず、警備上の問題点とされている。三重濠に沿って周遊路があり(1周約2,750メートル)、陵域を一周することもできるが、余りにも巨大な墳丘のため、どこから見ても山にしか見えない。考古学的には仁徳天皇の陵であることに否定的な見解が唱えられているが、築造時期が5世紀前半~中頃との見方が確定することによって、文献史学上で想定される仁徳天皇の活動時期に近づくとする見解もある。ただし、宮内庁が調査のための発掘を認めていない現状において、学術上ここが仁徳天皇陵であると確定することは不可能であることにより、現在では教科書などを含めて「仁徳天皇陵」との呼び名は用いられなくなっている。堺市民は親しみを込めて「仁徳さん」もしくは「御陵さん」などと呼んでいる。堺市内には、他にも2つの天皇陵(履中天皇陵・反正天皇陵)があるが、単に「御陵」と言った場合は仁徳天皇陵を指す。また、堺市の地区名や町名には、陵西・陵南・向陵(北東)など、この古墳からの方角にちなんで付けられたものがある。堺市役所高層館21階の展望ロビーからは、巨大な前方後円墳の全容を遠望することができる。他の古墳にも言えることだが、立ち入り制限のおかげで、都会の中心にありながら貴重な自然が残されていることも特徴である。鬱蒼とした木々が茂り、多くの鳥や昆虫の楽園となっている。
・「世界遺産登録計画」
政令指定都市となった堺市では、大仙陵古墳を含む「百舌鳥古墳群」を、ユネスコの世界遺産に登録する計画が持ち上がっている。しかし、大仙陵古墳は皇室財産であり、登録条件である「当該国又は地方の法令による確実な保護管理を担保すること(日本では文化財保護法に基づく『国宝』や『特別史跡』、自然公園法に基づく国立公園など)」を満たしていない。この点については、宮内庁・文化庁・大阪府・堺市等関係機関が協議継続中である。歴史学や考古学の一部学会からは、世界遺産登録やその登録条件となる文化財指定が、宮内庁管理下の天皇陵古墳の公開や発掘調査に道を開くものとして歓迎する声がある一方で、皇室財産を文化財同様に扱うことへの反対運動も多い。2008年(平成20年)9月26日 仁徳天皇陵を含む百舌鳥古墳群・古市古墳群が世界遺産の国内暫定リストに追加された。
○交通アクセス
JR阪和線百舌鳥駅徒歩5分
三国ヶ丘駅から1分
○所在地
大阪府堺市堺区大仙町
○形状
前方後円墳
○規模
全長486m、高さ35m(全国1位、世界最大)
○築造年代
5世紀前期~中期

J0010620_20171101212654ebb.jpg

J0010621_20171101212655c1d.jpg

J0010622_201711012126570d2.jpg

2017-11-01(Wed)

七観音古墳

墳丘直径32.5メートルの円墳。履中天皇陵古墳の外周にあり、陪塚と考えられる。大仙公園で保存。公園整備に伴う発掘調査では、墳丘盛土と墳丘裾の可能性のある地山の立ち上がりを確認しました。主体部については未調査のため不明ですが、碧玉(へきぎょく)製の琴柱(ことじ)形石製品が出土したといわれています。また、濠の明瞭な肩や堆積層は検出されていないことから、古墳築造当初から周濠は設けられなかったと推定できます。

所在地:大阪府堺市堺区旭ケ丘北町5丁目(大仙公園内)

J0010596_20171101212511364.jpg

J0010597_20171101212513f8f.jpg

J0010598_20171101212515fea.jpg

2017-11-01(Wed)

寺山南山古墳

墳丘一辺41.5メートルの方墳。周濠がめぐる。独立した古墳である。履中天皇陵古墳の外周にあり、陪塚と考えられる。大仙公園で保存されている。

所在地:大阪府堺市西区上野芝町1丁目(大仙公園内)

J0010592_20171101212344557.jpg

J0010595_20171101212346a68.jpg

2017-11-01(Wed)

菰山塚古墳

墳丘長33メートルの前方後円墳。仁徳天皇陵古墳の外周にあり、陪塚として宮内庁が管理。

所在地:大阪府堺市堺区南丸保園

J0010631_20171101212223eed.jpg

J0010632_20171101212224ed5.jpg

2017-11-01(Wed)

狐山古墳

墳丘直径23メートルの円墳。仁徳天皇陵古墳の外周にあり、陪塚として宮内庁が管理。

所在地:大阪府堺市堺区大仙中町

J0010623_2017110121210441b.jpg

J0010624_20171101212106b54.jpg

J0010625_2017110121210819d.jpg

2017-11-01(Wed)

経堂古墳

百舌鳥古墳群に属し、径20メートルの円墳。第十七代履中天皇陵である上石津ミサンザイ古墳からやや離れたところにあるが、陪塚として宮内庁が管理している。上石津ミサンザイ古墳の陪塚として、他に七観音古墳、東酒呑古墳などがある。5世紀前半の古墳である。
所在地:大阪府堺市堺区南陵町4丁目

J0010582_2017110121194906c.jpg

J0010583_20171101211951e2e.jpg

2017-11-01(Wed)

旗塚古墳

墳丘長53.8メートルの前方後円墳で前方部の短い帆立貝形を呈する。独立した古墳である。5世紀中~後半。大仙公園で保存。

所在地:大阪府堺市北区百舌鳥夕雲町3丁目(大仙公園内)

J0010599_20171101211748370.jpg

J0010600_20171101211750de6.jpg

J0010601_20171101211751661.jpg

J0010602_20171101211753031.jpg

J0010603_20171101211811124.jpg

J0010604_201711012118136ad.jpg

2017-11-01(Wed)

丸保山古墳

丸保山古墳は、大阪府堺市堺区北丸保園に所在する古墳(前方後円墳)である。百舌鳥古墳群の中の一基であり、すぐ近くにある大仙陵古墳の陪塚と考えられている。国の史跡に指定されている。
○概要
大仙陵古墳の北西の周濠に接して立地しており、同古墳の陪塚と考えられる前方後円墳である(前方部が短い形状から、帆立貝形古墳とも称する)。全長87メートル、後円部径67メートル、前方部幅40メートルを測る。前方部はかつて住宅や農地が存在したため削平されているが、低く短いという特徴を持ち、周囲には周濠がめぐる。後円部は宮内庁が陪塚として管理しており、前方部と周濠は堺市が管理している。1972年(昭和47年)に前方部と周濠のみが国の史跡に指定されている。
○所在地
大阪府堺市堺区北丸保園
○形状
前方後円墳
○規模
墳丘長87m
○築造年代
5世紀

J0010633_20171101211325984.jpg
J0010634_20171101211327563.jpg
J0010635_201711012113287d0.jpg

2017-11-01(Wed)

永山古墳

永山古墳とは、大阪府堺市堺区東永山園に所在する前方後円墳。百舌鳥古墳群に属しており、宮内庁より大仙陵古墳の陪塚の指定を受けている。
○概要
大仙古墳の周濠の北側に接して、前方部を南南西に向けて立地している前方後円墳である。大仙陵古墳の陪塚の可能性がある。墳丘は段築によって築かれ、全長104m、後円部は径約63m、高さ9m、前方部幅67m、高さ約8mを測る。西側くびれ部に造出しが認められ、馬蹄形の周濠がめぐる。内部主体、副葬品は不明である。現在、宮内庁より大仙陵古墳(百舌鳥耳原中陵)の陪塚として管理されている。
○所在地
大阪府堺市堺区東永山園
○形状
前方後円墳
○規模
墳丘長104m
○築造年代
5世紀(推定)

J0010636_20171101211623df2.jpg

2017-11-01(Wed)

グワショウ坊古墳

墳丘直径61メートルの円墳。周濠がめぐる。独立した古墳である。古墳林は植生観察林ともなっている。大仙公園で保存。

所在地:大阪府堺市堺区百舌鳥夕雲町3丁目(大仙公園内)

J0010605_20171101211158667.jpg

J0010606_2017110121120011e.jpg

J0010607_20171101211201b1d.jpg

2017-11-01(Wed)

かぶと塚古墳

墳丘長50メートルの前方後円墳で前方部の短い帆立貝形を呈する。大塚山古墳の陪塚の可能性がある。

所在地:大阪府堺市西区上野芝町6丁目

J0010585_201711012110267a1.jpg

J0010586_20171101211028f5a.jpg

2017-11-01(Wed)

和歌浦天満宮初詣2018

菅原道真公を祀る和歌浦天満宮では、元日午前8時から歳旦祭が行われ、大勢の参拝者が初詣に訪れます。学問の神様として知られ、学業成就、合格祈願にご利益があるとされます。2日は午前9時から県内小中学生を対象に「書き初め大会」があるほか、3日は必勝合格祈願の特別祈祷日となり、正月三が日は大変賑わいます。
開催期間:2018年1月1日~3日
交通アクセス:JR「和歌山駅」から和歌山バス「和歌浦口」~徒歩15分
問合せ先:和歌浦天満宮073-444-4769

2017-11-01(Wed)

日前・國懸神宮初詣2018

日前神宮、國懸神宮は、紀伊国一之宮として尊崇される格式の高い神社で、正月三が日には家内安全や縁結びなどを祈願する人々が多く訪れます。毎年、約35万人の人出で賑わいます。
所在地:〒640-8322和歌山県和歌山市秋月365
開催期間:2018年1月1日~3日
交通アクセス:和歌山電鉄貴志川線「日前宮駅」から徒歩1分
問合せ先:日前宮社務所073-471-3730

2017-10-31(Tue)

勝部の火祭り2018

湖国を代表する勇壮な火祭りが勝部神社で斎行されます。鎌倉時代、土御門天皇の病気の原因といわれた大蛇を焼払って退治したところ、天皇の病気が治ったことにちなみ始まったとされます。大蛇に見立てた長さ5~6m、直径4mの大松明12基を仕立て、はだかに下帯姿の若者が、「ゴウヨ」「ヒョウヨ」(御悩平癒の転)と大きな掛け声をかけながら乱舞する火の祭典が繰り広げられます。
所在地:〒524-0041滋賀県守山市勝部1-8-8
開催期間:2018年1月13日松明奉火/20:30
交通アクセス:JR琵琶湖線「守山駅」から徒歩5分
料金:見学無料
問合せ先:勝部神社077-583-4085、守山市観光物産協会077-582-1266


2017-10-31(Tue)

白鬚神社初詣2018

「白鬚さん」「明神さん」の名で親しまれる白鬚神社は、延命長寿、縁結び、子授け、開運招福のご利益があるといわれ、初詣には多くの参拝者で賑わいます。この神社の朱塗りの大鳥居が国道161号線をはさんだ琵琶湖の中にあり、年末年始にはライトアップも行われます。※神社前の国道161号線は駐車できません。
所在地:〒520-1122滋賀県高島市鵜川215
開催期間:2018年1月1日~15日
交通アクセス:JR湖西線「近江高島駅」から徒歩40分もしくは車約5分、または名神高速道路「京都東IC」から湖西道路・国道161号経由車約50分
問合せ先:白鬚神社0740-36-1555

2017-10-31(Tue)

立木観音元旦会2018

鹿跳渓谷を望む立木山の中腹に位置する「立木観音」へは、正月から節分を過ぎるまで、大勢の人々が参拝します。厄除け、災難除けの寺として有名で、心願成就、子宝成就、学業成就、交通安全、家内安全、無病息災などのご利益があるとされます。石段や境内に明かりが灯され、大晦日の夜から参拝者で賑わいます。
所在地:〒520-0865滋賀県大津市石山南郷町奥山1231
開催期間:2018年1月1日~7日
交通アクセス:JR琵琶湖線「石山駅」から京阪バス約20分「立木観音前」~徒歩15分~30分(石段約800段)
主催:立木観音(立木山安養寺)
問合せ先:立木観音(立木山安養寺)077-537-0008

2017-10-31(Tue)

白馬神事2018

宮廷の行事が伝わったとされる「白馬(あおうま)神事」は、一年の初めに白馬を見れば、その年は無病息災といわれる神事です。祝詞奏上の後、奉行2人と神馬舎人が神馬に付き添い、各本殿を巡拝します。次に駆足で第一本殿の周りを2周し、最後に各本殿の外周を一巡りして第一本殿に至り、拝礼して退出します。
所在地:〒558-0045大阪府大阪市住吉区住吉2-9-89
開催期間:2018年1月7日11:00~
交通アクセス:阪堺電気軌道阪堺線「住吉駅」もしくは「住吉鳥居前駅」からすぐ、または南海本線「住吉大社駅」から徒歩3分
料金:見物無料
問合せ先:住吉大社社務所06-6672-0753

2017-10-31(Tue)

風車街道初日の出2018

「風車街道」と呼ばれる琵琶湖の西側の県道333号は、初日の出スポットとして知られます。琵琶湖の東から昇る太陽が神々しく湖面を照らし、絶景が望めます。
所在地:〒520-1511滋賀県高島市新旭町藁園
開催期間:2018年1月1日【日の出時刻】7:00頃※日の出時刻は早朝のため、公共交通機関を利用の場合は事前にご確認ください。
開催場所:滋賀県高島市風車街道
交通アクセス:JR湖西線「新旭駅」から車約10分、または名神高速道路「京都東IC」から車約1時間
問合せ先:公益社団法人びわ湖高島観光協会0740-33-7101

2017-10-31(Tue)

踏歌神事2018

踏歌神事は、古くから宮中で行われてきた「踏歌節会」を起源とし、現在では一部の神社に継承されるのみとなった珍しい神事です。住吉大社では、直垂を着用した所役による所作の後、神楽女による「白拍子舞」、「熊野舞」が奉納されます。最後には福を招く餅まきが行われ、すべての神事が終了となります。
所在地:〒558-0045大阪府大阪市住吉区住吉2-9-89
開催期間:2018年1月4日13:00~
交通アクセス:阪堺電気軌道阪堺線「住吉駅」もしくは「住吉鳥居前駅」からすぐ、または南海本線「住吉大社駅」から徒歩3分
主催:住吉大社
料金:見物無料
問合せ先:住吉大社社務所06-6672-0753

2017-10-31(Tue)

蓮華山妙法寺初詣2018

約400年の歴史をもつ元和3年創建の蓮華山妙法寺は元日早朝6時から開門され、初詣をすることができます。落ち着いた佇まいの境内に、新年の幸せを願う参拝客が訪れます。
所在地:〒575-0001大阪府四條畷市砂1-5-12
開催期間:2018年1月1日~3日開門時間/6:00~20:00頃
交通アクセス:JR学研都市線「忍ヶ丘駅」から西へ徒歩10分もしくは京阪バス「イオンモール四条畷」~徒歩5分
問合せ先:蓮華山妙法寺072-876-2033

2017-10-31(Tue)

石山寺初牛玉さん(門前市)2018

石山寺で観音の縁日に立つ毎月18日の門前市「牛玉(ごおう)さん」の中でも、一年で最初となる1月18日は「初牛玉さん」として親しまれています。懐古品、骨董、衣料品、朝採りの野菜、一夜干などの店が並び、人々で賑わいます。
所在地:〒520-0861滋賀県大津市石山寺1-1-1
開催期間:2018年1月18日9:00~15:00※荒天中止
交通アクセス:京阪「石山寺駅」から徒歩10分もしくは京阪バス「石山寺山門前」下車
料金:入場無料
問合せ先:石山観光協会077-537-1105

2017-10-31(Tue)

露天神社(お初天神)初詣2018

劇作家の近松門左衛門が発表した「曽根崎心中」の舞台とされる露天神社(お初天神)は、縁結び、厄除開運、商売繁盛などのご利益で知られ、正月三が日には約2万人の参拝者が初詣に訪れます。元旦0時から4時まで御神酒のふるまいがあるほか、11時から歳旦祭が斎行されます。6日には「お初天神蚤の市」も催されます。
所在地:〒530-0057大阪府大阪市北区曽根崎2-5-4(大阪駅前第3ビル東向い)
開催期間:2018年1月1日~3日
交通アクセス:JR東西線「北新地駅」から徒歩5分、またはJR「大阪駅」から徒歩8分
問合せ先:露天神社06-6311-0895

2017-10-31(Tue)

彦根城で除夜の鐘をつく集い2017

彦根城で、除夜の鐘を聞きながら新年を迎えるイベントが行われます。大晦日に、天守へむかう石段の途中にある時報鐘をつくことができます。天下の名城の一つに数えられる彦根城で新年を迎えようと人々で賑わいます。
所在地:〒522-0061滋賀県彦根市金亀町1-1
開催期間:2017年12月31日23:00~24:00(入場/22:30~23:30)※入場は表門からのみとなります。
開催場所:特別史跡彦根城跡(時報鐘)
交通アクセス:JR東海道本線「彦根駅」から徒歩15分、または名神高速道路「彦根IC」から国道306号経由車約15分
主催:彦根市教育委員会文化財課
料金:無料
問合せ先:彦根城管理事務所0749-22-2742、彦根市教育委員会文化財課0749-26-5833
プロフィール

kazubonka

Author:kazubonka
かずぼんです。大阪並びに近畿一円の口コミ情報を提供していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
メモ
















































【高額報酬!!】有名女優が多数愛用している事でも知られている光美容機。世界中のセレブ御用達の一品。高額商品にも関わらず売れ続けています。ご利用者からご満足のお便りも大変多いです。定価472,500円











BTOパソコンショップ 『フレッシュフィールド』 オールカスタマイズ可能なオリジナルパソコン好評発売中!





























スルガ銀行ANA支店
銀行取引でANAマイルが貯まる(100×60)バナー











<

「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約!



ティッカー

グアム

ハワイ旅行

ムームードメイン

カスタムバイク買取













検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

続・竹林の愚人

思いつくまま

oobuta日記
QRコード
QRコード
FC2カウンター
平成20年8月26日からのアクセス数です。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2アフィリエイト
カウンター アフィリエイト・SEO対策
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
スポンサードリンク

FC2Ad

Powered by FC2 Blog