2017-09-12(Tue)

堺市農業祭2017

堺市の三大まつりとして定着している「堺市農業祭」が、大仙公園の催し広場で開催されます。市内で生産された新鮮な野菜や果物の即売コーナーや、市の農業を紹介する農畜産物品評会、花市などが行われます。
所在地:〒590-0802大阪府堺市堺区百舌鳥夕雲町2丁
開催期間:2017年11月23日9:00~15:00
開催場所:大仙公園催し広場
交通アクセス:JR阪和線「百舌鳥駅」から西へ徒歩10分
主催:堺市農業祭運営協議会
問合せ先:堺市農水産課072-228-6971

2017-09-12(Tue)

和歌山公園菊花展2017

和歌山公園の表坂登り口付近で、約400鉢の菊が並ぶ恒例の菊花展が行われます。大菊や小菊が、盆栽などさまざまな形で展示されます。
所在地:〒640-8146和歌山県和歌山市一番丁3
開催期間:2017年10月24日~11月19日テープカット/10月24日10:00~、即売会/11月3日8:00~※最終日は16:00まで
開催場所:和歌山市和歌山公園表坂登り口付近
交通アクセス:南海「和歌山市駅」から徒歩15分もしくは和歌山バス「公園前」すぐ、またはJR「和歌山駅」から徒歩25分もしくは和歌山バス「公園前」すぐ
主催:和歌山菊の会、和歌山市
料金:散策自由、天守閣有料
問合せ先:和歌山城整備企画課073-435-1044

2017-09-12(Tue)

平城宮跡菊花大会2017

日本の都として栄えた古都奈良の秋を彩る「平城宮跡菊花大会」が開催されます。日本の菊は、遣唐使などによって奈良時代中期以後に、中国の長安の都からもたらされたとされます。丹精込めて育てられた菊の花々が展示されます。
所在地:〒630-8580奈良県奈良市二条大路南1-1-1
開催期間:2017年10月25日~11月16日※土日祝除く8:30~17:00
開催場所:奈良市庁舎玄関前及び玄関ホール
交通アクセス:近鉄「新大宮駅」から徒歩10分、またはJR「奈良駅」からバス「奈良市庁前」すぐ
主催:奈良市、奈良県菊花連盟
料金:無料
問合せ先:奈良市観光経済部観光振興課0742-34-5135

2017-09-12(Tue)

奈良公園の紅葉2017

広大な敷地に貴重な文化財や文化施設などが隣接する奈良を代表する観光スポットの奈良公園の紅葉が見頃を迎えます。ナンキンハゼやイチョウ、モミジなどが色づき、東大寺、興福寺、春日大社などの歴史的建造物が木々に映え、美しい秋の風景が楽しめます。広い園内には、天然記念物の奈良のシカが約1200頭も生息しており、さまざまな植物と合わせて見ることができます。
所在地:〒630-8212奈良県奈良市雑司町、春日野町、高畑町、登大路町
開催期間:2017年10月下旬~12月上旬
開催場所:奈良公園
交通アクセス:近鉄「近鉄奈良駅」から徒歩5分、またはJR「奈良駅」から徒歩15分
問合せ先:奈良公園事務所0742-22-0375

2017-09-12(Tue)

高野龍神スカイラインの紅葉2017

高野龍神国定公園の稜線にあり、霊峰高野山と龍神村を結ぶ全長42.7kmの高野龍神スカイラインでは、例年10月下旬から道路沿いの木々が色づき始めます。紅葉のピーク時には、ブナ、オトコヨウゾメ、ヤマウルシ、カエデ類、シロモジ、ヌルデ、トチノキ、ナナカマドなどが山々に彩りを添えます。スカイラインの中間地点には、護摩壇山の史実にちなんで設計され、護摩木を積み上げた独特の形をしている高さ33mの「ごまさんスカイタワー」があり、展望台から錦秋の風景を堪能できます。※「ごまさんスカイタワー」に駐車場があります(車30台、単車30台)。
所在地:〒645-0525和歌山県田辺市龍神村龍神
開催期間:2017年10月下旬~11月上旬
開催場所:和歌山県田辺市高野龍神スカイライン
交通アクセス:JRきのくに線「紀伊田辺駅」からバス約2時間10分「護摩壇山」すぐ、または阪和自動車道「有田IC」から国道424号・371号経由車約1時間20分
問合せ先:龍神観光協会0739-78-2222



2017-09-12(Tue)

和歌山県植物公園緑花センターコスモス2017

コスモスやサルビア、マリーゴールド、ベゴニア、ペンタスなど、例年9月下旬から11月上旬に見頃を迎える秋の花々が、和歌山県植物公園緑花センター内のパノラマ花壇に咲き揃います。園内にはそのほか、熱帯や亜熱帯の観葉植物を集めた温室、子どもに人気のわんばく広場、八ス池にうかぶ浮御堂、あずまやなどの施設があります。
所在地:〒649-6211和歌山県岩出市東坂本672
開催期間:2017年9月下旬~11月上旬  9:00~17:00(入園は16:30まで)※休園日は毎週火曜(祝休日の場合は翌日)
交通アクセス:JR和歌山線「岩出駅」から市内巡回バス(東巡回コース)「緑花センター・根来公園墓地前」~徒歩3分
料金:無料
問合せ先:和歌山県植物公園緑花センター0736-62-4029

2017-09-12(Tue)

長谷寺もみじまつり2017

美しく見応えのある紅葉で彩られた長谷寺で、もみじまつりが行われます。期間中には、豊山太鼓の奉納演奏と、もみじ茶会(先着500人無料接待)が催されます。10mを超える十一面観音様のほか、国宝や重文の寺宝もあり、見どころ多数です。
所在地:〒633-0112奈良県桜井市初瀬731-1
開催期間:2017年10月14日~12月3日9:00~16:30※幽玄のつどい豊山太鼓奉納演奏/11月11日13:00~、もみじ茶会/11月11日9:30~(歓喜院)
交通アクセス:近鉄大阪線「長谷寺駅」から徒歩15分
料金:無料※入山料が必要/大人500円、小学生250円
問合せ先:総本山長谷寺0744-47-7001

2017-09-12(Tue)

大阪城公園の紅葉2017

総面積105.6haの広大な敷地を誇る大阪城公園では、秋にはイチョウ並木のほか、サクラ、ケヤキなどが色づきます。美しい紅葉の中、公園の中心にそびえる天守閣などのさまざまな歴史的建築物をはじめ、市民の森や西の丸庭園などに植えられた秋の花々を愛でながら、散策が楽しめます。
所在地:〒540-0002大阪府大阪市中央区大阪城
開催期間:2017年11月中旬~12月上旬
交通アクセス:JR大阪環状線「大阪城公園駅」もしくは「森ノ宮駅」からすぐ、または地下鉄中央線「森ノ宮駅」からすぐ、または長堀鶴見緑地線「大阪ビジネスパーク」からすぐ、または地下鉄谷町線「天満橋駅」・「谷町四丁目駅」・地下鉄中央線「谷町四丁目駅」から徒歩10分
料金:園内散策自由
問合せ先:大阪城パークセンター06-6755-4146

2017-09-12(Tue)

第45回橋本市民菊花展

橋本市が主催する秋恒例の「市民菊花展」が、杉村公園芝生広場特設会場で開催されます。丹精込めて作り上げた菊の大展示会として親しまれ、毎年、菊愛好家らの見事な作品がずらりと並びます。
所在地:〒648-0096和歌山県橋本市御幸辻786
開催期間:2017年10月26日~11月15日9:00~16:00
開催場所:和歌山県橋本市杉村公園芝生広場特設会場
交通アクセス:JR和歌山線「橋本駅」から車約10分
主催:橋本市、橋本市民菊の会
料金:入場無料
問合せ先:はしもと広域観光案内所0736-33-3552





2017-09-12(Tue)

大台ヶ原の紅葉2017

大台ヶ原の原生林の紅葉は、例年10月中旬になると見頃になります。西大台の原生林が赤や黄色に色づく様子を、大台ヶ原ドライブウェイから眺めることができます。大自然が残る大台ヶ原ならではの自然造形、大蛇ぐら(ダイジャグラ ※「ぐら」は山冠に品)や、正木峠、日出ヶ岳から見る紅葉など、観賞スポットも点在します。
開催期間:2017年10月中旬~11月上旬
開催場所:奈良県上北山村大台ヶ原
交通アクセス:近鉄「大和上市駅」から奈良交通バス「大台ヶ原」下車(ビジターセンター)
問合せ先:上北山村役場地域振興課07468-2-0001




2017-09-12(Tue)

時代祭2017

祇園祭、葵祭とともに京都三大祭の一つに数えられる「時代祭」が行われます。1895年(明治28年)、平安遷都1100年と平安神宮創建を奉祝する行事として始まり、京都御所建礼門前から烏丸御池、河原町三条、平安神宮までを練り歩く「時代風俗行列」が有名です。明治維新から延暦時代まで、時代ごとの衣装を纏った20列、2000人による行列は、長さ2kmにおよび、華やかな一大時代絵巻が繰り広げられます。
開催期間:2017年10月22日12:00~16:00頃※雨天の場合は翌日に順延
開催場所:京都市京都御所建礼門前~烏丸御池~河原町三条~平安神宮
交通アクセス:京都御所まで/JR「京都駅」から地下鉄烏丸線「今出川駅」下車、平安神宮まで/JR琵琶湖線「山科駅」から地下鉄東西線「東山駅」~徒歩10分、またはJR「京都駅」から5系統のバス「岡崎公園 美術館・平安神宮前」~徒歩5分
主催:平安神宮
料金:見物無料(有料観覧席あり)
問合せ先:平安神宮075-761-0221



2017-09-12(Tue)

黒井の清水大茶会2017

茨木神社で毎年開催される「黒井の清水大茶会」は、太閤秀吉が鷹狩りのため茨木に立ち寄った際、境内の「黒井の清水」を大変気に入り、大坂城での茶会のために茨木まで水を汲みに行かせ、茶の湯に使用したという逸話にちなんだ行事です。お茶席をはじめ、茨木の物産品の即売会やお楽しみ抽選会、お茶会に使用する水を使った喫茶コーナーなどが楽しめます。
所在地:〒567-0882大阪府茨木市元町4-3
開催期間:2017年10月21日~22日野点/21日9:30~16:00、22日10:00~16:00※奉茶式/21日9:00~9:30
交通アクセス:阪急京都線「茨木市駅」から徒歩8分、またはJR京都線「茨木駅」東口から北東へ徒歩10分
主催:一般社団法人茨木市観光協会
料金:お茶券/1枚500円
問合せ先:一般社団法人茨木市観光協会072-645-2020


2017-09-08(Fri)

金剛山の紅葉2017

大阪府内で最も高い山として知られる標高1125mの金剛山では、秋には山々が美しい紅葉に包まれます。ロープウェイ金剛山駅の近くのちはや園地付近や、金剛山駅から歩いて30分ほどのところにある国見城跡付近の自然林で、紅葉を楽しむことができ、大杉の緑とのコントラストもみごとです。中腹にある千早城跡は、三方を谷に囲まれた要寒の地で、赤阪城落城後、楠木正成がここにこもって北条軍をひきうけ、敵を悩ませ100日籠城の舞台となったことで有名です。ロープウェイ千早駅からバスで2駅、金剛山登山口バス停近くにあります。
開催期間:2017年10月下旬~11月中旬
開催場所:大阪府千早赤阪村金剛山
交通アクセス:ロープウェイ千早駅まで/近鉄長野線「富田林駅」から「ロープウェイ前行」の金剛バス「ロープウェイ前」~徒歩10分、または南海高野線「河内長野駅」から「ロープウェイ前行」の南海バス「ロープウェイ前」~徒歩10分
料金:金剛山ロープウェイ料金が必要
問合せ先:金剛山ロープウェイ千早駅0721-74-0128

2017-09-08(Fri)

岩湧山のすすき2017

金剛生駒紀泉国定公園内にある標高897mの岩湧山では、例年9月中旬になると、キトラと呼ばれる山頂一帯が一面ススキの金色に覆われます。ススキの先には金剛山をはじめ葛城山脈、大阪平野から阪神方面の六甲山系までの眺望が楽しめ、週末はハイキング客などで賑わいます。背丈ほどもあるススキが風になびく様子は圧巻で、フォトスポットとしても人気があります。
開催期間:2017年9月中旬~11月中旬
開催場所:大阪府河内長野市岩湧山
交通アクセス:近鉄長野線・南海高野線「河内長野駅」から南海バス「滝畑ダム」~徒歩1時間30分
問合せ先:河内長野市環境経済部産業観光課0721-53-1111


2017-09-08(Fri)

ひらかた菊フェスティバル2017

枚方市施行70周年記念事業として枚方市の花“菊”をテーマに、「ひらかた菊フェスティバル」が開催されます。菊愛好家らが育てた菊約2000鉢を展示する「ひらかた菊花展」をはじめ、NHK大河ドラマ「直虎」をモチーフに、市民ボランティアが制作した菊人形を展示する「市民菊人形展」や、かつての宿場町の面影を残す歴史街道沿いに菊を展示する「枚方宿街道菊花祭」、市民が主体としてイベントを企画し運営を行う「ひらかた菊フェスティバルにぎわいイベント」などが行われます。
所在地:〒573-0027大阪府枚方市大垣内町
開催期間:2017年10月26日~11月13日開催場所、イベントにより異なる
開催場所:大阪府枚方市枚方市役所周辺ほか
交通アクセス:京阪「枚方市駅」から徒歩2分
主催:枚方市
料金:見学自由
問合せ先:枚方市賑わい交流課072-841-1475

2017-09-08(Fri)

流鏑馬神事2017

大阪天満宮の秋大祭で行われる流鏑馬神事は、元和元年に松平忠明公が大坂城主として入城後、幕命により乗馬を神事に供したことに始まるとされます。室町時代の狩装束の騎者が、馬上から半弓で的を打ち破ります。
所在地:〒530-0041大阪府大阪市北区天神橋2-1-8
開催期間:2017年10月25日15:00頃~
交通アクセス:JR東西線「大阪天満宮駅」から徒歩3分
問合せ先:大阪天満宮06-6353-0025

2017-09-08(Fri)

展望の日2017

10月1日の「展望の日」にちなみ、梅田スカイビル・空中庭園展望台では、先着100人に全国20タワーのオリジナルノベルティグッズがプレゼントされます。全日本タワー協議会では、“展”を10に、“望”を1に読み替え、「展望の日」と制定しています。
所在地:〒531-6023大阪府大阪市北区大淀中1-1(梅田スカイビル39階、40階、屋上)
開催期間:2017年10月1日
交通アクセス:JR「大阪駅」中央北口から北西へ徒歩7分、または阪急「梅田駅」から徒歩9分、または阪神「梅田駅」から徒歩13分
主催:梅田スカイビル・空中庭園展望台
料金:入場料が必要
問合せ先:空中庭園展望台06-6440-3855

2017-09-08(Fri)

大仙公園日本庭園堺市菊花大会2017

大仙公園内に作られた敷地約2万6000平方mの日本庭園で、「堺市菊花大会」が行われます。大菊の組花壇をはじめ、福助や小菊の盆栽、切花など、さまざまな菊が展示されます。例年10月下旬から11月下旬まで、古典菊展も催されます。
所在地:〒590-0801大阪府堺市堺区大仙中町(大仙公園内)
開催期間:2017年10月21日~11月18日【10月】9:00~17:00(入園は16:30まで)【11月】9:30~16:30(入園は16:00まで)※11月18日(最終日)/~12:00※休園日は毎週月曜(祝日の場合は翌日)
交通アクセス:JR阪和線「百舌鳥駅」から徒歩10分、または南海高野線「堺東駅」からバス約20分「大仙町」~徒歩10分
料金:入園料が必要/大人200円、子ども(中小生)100円、小学生未満無料(同伴者がいる場合に限る)
問合せ先:大仙公園日本庭園072-247-3670(休園日を除く9:00~17:00)

2017-09-03(Sun)

ヨルガオ

ヨルガオ(夜顔)とはヒルガオ科の植物の一種。学名Ipomoea alba(シノニムI. aculeata 、I. bona-nox、Calonyction aculeatum)。

○特徴
白花で、熱帯アメリカ原産のつる性植物。原産地においては多年草であるが、日本では春まきの一年草として扱う。4~5月頃に種をまく(発芽には約20度程度必要なので、一般にはゴールデンウィークを目安に蒔くのが望ましい)と、7月から10月頃(暖地では11月頃まで)に開花する。花はロート形で夕方から咲き始め翌朝にしぼむ。 日本には明治の始め頃に渡来し、観賞用として栽培された。ヨルガオのことを「ユウガオ」という人も多いが、標準和名のユウガオ(学名Lagenaria siceraria var. hispida)はウリ科の野菜(かんぴょうの原料となる)で互いに花が似てはいるが別の種である。花言葉は「夜」。

○その他
園芸種としては「白花夕顔」や「赤花夕顔」などがあり白花夕顔は直径15cm程の大輪咲きである。上手に開花させるためには水切れしないように朝晩に水を与えて、しおれないように注意しなければならない。赤花夕顔は和名「ハリアサガオ」といい、茎に多くの突起があることにちなむ。直径5cmほどで極小輪で花の中心が淡い紅紫色に染まる。 どちらも芳香があるので人気が高い。日本の古典、「源氏物語」で出てくる夕顔はウリ科の植物であり、夜顔と混同されて記載された文章やイラストがあるが、夜顔は日本には明治の始め頃に渡来し、観賞用として栽培されたもので別物である。

DSCN2104.jpg

DSCN2132.jpg

DSCN2133.jpg

DSCN2134.jpg

J0010453_201709031612553c7.jpg

J0010454_201709031613133a3.jpg

J0010455_2017090316131588b.jpg

J0010456_20170903161316202.jpg

2017-08-31(Thu)

六甲高山植物園夜の紅葉散策2017

標高865mに位置する六甲高山植物園では、例年10月中旬になるとカエデやカラマツなどの木々が赤や黄色に染まり始めます。紅葉のピークにあわせてライトアップが行われ、昼間とは違った幻想的な雰囲気を楽しめます。紅葉ガイドでは、六甲山の紅葉の魅力についてより深く知ることができます。※ガイド/17:30~18:00(土日祝のみ、参加無料、予約不要)
所在地:〒657-0101兵庫県神戸市灘区六甲山町北六甲4512-150
開催期間:2017年10月20日~11月12日平日/17:00~18:30、土日祝/17:00~19:30※西入口のみの開門。荒天中止
交通アクセス:阪神「御影駅」・JR神戸線「六甲道駅」・阪急「六甲駅」から16系統の市バス「六甲ケーブル下」~六甲ケーブル約10分~六甲山上バス約7分「高山植物園」すぐ※冬季特別開園中は「オルゴールミュージアム前」から徒歩3分
料金:入園料/大人620円(中学生以上)、小人(4歳~小学生)210円、シニア割引料金(65歳以上/年齢確認書が必要)520円
問合せ先:六甲高山植物園078-891-1247

2017-08-31(Thu)

六甲高山植物園紅葉スタンプラリー2017

六甲高山植物園に、「六甲ミーツ・アート芸術散歩」へ出展中のアーティストが制作した6つのスタンプが設置されます。オリジナルスタンプを集めながら、紅葉の美しいスポットをめぐり、深まりゆく芸術の秋を楽しめます。10月20日から11月12日は夜間も開園され、紅葉のライトアップが行われます。
所在地:〒657-0101兵庫県神戸市灘区六甲山町北六甲4512-150
開催期間:2017年10月14日~11月12日10:00~17:00(入園は閉園30分前まで)
交通アクセス:阪神「御影駅」・JR神戸線「六甲道駅」・阪急「六甲駅」から16系統の市バス「六甲ケーブル下」~六甲ケーブル約10分~六甲山上バス約7分「高山植物園」すぐ※冬季特別開園中は「オルゴールミュージアム前」から徒歩3分
料金:入園料/大人620円(中学生以上)、小人(4歳~小学生)310円、シニア割引料金(65歳以上/年齢確認書が必要)520円
問合せ先:六甲高山植物園078-891-1247

2017-08-31(Thu)

明石公園菊花展覧会2017

大正15年から続く伝統的な菊花展覧会が兵庫県立明石公園で開催されます。大菊をはじめ、福助菊や懸崖菊、菊の盆栽など約300点1500鉢が展示され、明石の秋を彩ります。
所在地:〒673-0847兵庫県明石市明石公園1-27
開催期間:2017年10月21日~11月12日
開催場所:兵庫県立明石公園
交通アクセス:JR神戸線「明石駅」・山陽電鉄「山陽明石駅」北出口から西へ徒歩5分
主催:兵庫県、明石市、明石公園菊花展覧会実行委員会
料金:無料
問合せ先:明石市立花と緑の学習園078-924-6111

2017-08-31(Thu)

姫路城菊花展2017

世界文化遺産に登録されている姫路城で、毎年菊花展が開催されます。姫路菊花会員や菊愛好家たちによる丹精込められた総合花壇をはじめ、大菊、盆栽菊などの作品約80席が展示されます。
所在地:〒670-0012兵庫県姫路市本町68
開催期間:2017年10月15日~11月16日終日開催
開催場所:兵庫県姫路市姫路城三の丸広場
交通アクセス:JR神戸線・山陽電鉄「姫路駅」から徒歩20分もしくは神姫バス「姫路城大手門前」下車
主催:姫路市
料金:無料
問合せ先:姫路城管理事務所079-285-1146

2017-08-31(Thu)

兵庫県・宝塚観賞植物品評会および宝塚植木まつり2017

兵庫県内で生産、加工される庭園樹や盆栽、さつき、切り花など観賞植物の品評会が、山本新池公園で開催されます。農林水産大臣賞をはじめ近畿農政局長賞、兵庫県知事賞などの受賞作品が展示されます。100円位の花苗から高価な黒松まで多品種が揃う「宝塚植木まつり」も催され、季節の草花や植木約2万点のほか、園芸用の刃物、植木鉢など各種園芸用品の展示と販売および園芸相談が行われます。宝塚西谷地区の野菜の即売や、徳島県美馬市と福島県須賀川市の物産展なども同時開催されます。
所在地:〒665-0881兵庫県宝塚市山本東2-2-1
開催期間:2017年10月6日~9日10:00~17:00、最終日/~16:00
開催場所:山本新池公園(あいあいパーク)
交通アクセス:阪急宝塚線「山本駅」から徒歩5分
主催:宝塚市、兵庫県花卉協会、宝塚市花き園芸協会
問合せ先:宝塚市農政課0797-77-2036

2017-08-31(Thu)

第20回中秋節

中国の伝統的な節句「中秋節」を祝うお祭りが、神戸の南京町で開催されます。獅子舞や舞踊、太極拳、音楽などが南京町広場で披露されるほか、抽選会や食のイベントなども楽しめます。※内容は日により異なります。
所在地:〒650-0023兵庫県神戸市中央区栄町通1~2、元町通1~2
開催期間:2017年10月4日、7日~9日時間は日によって異なる
開催場所:神戸市南京町広場
交通アクセス:JR神戸線「元町駅」・阪神「元町駅」から徒歩5分、またはJR神戸線「三ノ宮駅」もしくは阪神・阪急「神戸三宮」もしくは地下鉄「三宮駅」から徒歩10分、または地下鉄「旧居留地・大丸前」から徒歩2分
主催:南京町商店街振興組合
料金:見物無料
問合せ先:南京町商店街振興組合078-332-2896

2017-08-31(Thu)

第40回兵庫県連合菊花展覧会

菊愛好家の自信作が集められた兵庫県内最大級の菊花展が開催されます。大菊、福助、盆栽などが園内各所に展示されます。
所在地:〒679-0187兵庫県加西市豊倉町飯森1282-1
開催期間:2017年10月15日~11月19日9:00~17:00(入園は16:00まで)※会期中無休
交通アクセス:JR神戸線・山陽電鉄「姫路駅」から神姫バス姫路バスターミナル7番乗り場「北条行」の神姫バス約1時間「終点」~車約10分(※日祝は「北条行」のフラワーセンター直通バス運行)
主催:兵庫県、公益財団法人兵庫県園芸・公園協会、兵庫県菊花連合
料金:入園料が必要/一般500円、障がい者・70歳以上250円、高校生以下無料
問合せ先:兵庫県立フラワーセンター0790-47-1182

2017-08-31(Thu)

森林もみじ散策2017

紅葉の美しい時期にあわせて、森林植物園では散策を楽しむイベントが催されます。広い園内にある38種3000本のもみじを巡りながら、「世界の森のもみじめぐりクイズ」(期間中毎日)や「もみじ散策会」(期間中の土日祝)などが楽しめます。10月28日と29日の14時30分から「JAZZの森ライブin森林植物園」が、11月3日から30日の16時30分と19時30分にはライトアップが催されます(曜日によっては変更あり)。
所在地:〒651-1102兵庫県神戸市北区山田町上谷上字長尾1-2
開催期間:2017年10月21日~11月30日9:00~17:00※期間中無休
交通アクセス:神戸電鉄「北鈴蘭台駅」から定時無料シャトルバス約10分(1時間1本)、またはJR神戸線「三ノ宮駅」から三宮バスターミナル25系統「森林植物園行」の市バス「終点」下車(4月~11月の土日祝のみ)
主催:神戸市立森林植物園
料金:入園料/大人(高校生以上)300円、小人150円
問合せ先:神戸市立森林植物園078-591-0253

2017-08-31(Thu)

四国八十八カ所お砂踏み2017

法樂寺で四国八十八カ所のお砂踏みが行われます。本堂に四国八十八カ所のお砂を敷き、これを踏んでお参りすると四国八十八カ所を巡ったご利益があるとされます。参加者にはおうどんの接待と記念品の授与があります。
所在地:〒546-0035大阪府大阪市東住吉区山坂1-18-30
開催期間:2017年10月21日9:00~15:00
交通アクセス:JR阪和線「南田辺駅」から徒歩4分、または地下鉄「田辺駅」から徒歩7分
主催:法樂寺
料金:お供え(参加費)1000円
問合せ先:法樂寺06-6621-2103

2017-08-31(Thu)

原不動滝の紅葉2017

「日本の滝100選」に選ばれている落差88mの原不動滝では、例年10月下旬から周辺の木々が色づき始めます。見頃を迎えたブナやモミジなどの紅葉と、岩肌をスダレ状に落ちる豪快な滝や滝つぼの青とのコントラストが訪れる人を魅了します。
所在地:〒671-4213兵庫県宍粟市波賀町原
開催期間:2017年10月下旬~11月中旬
開催場所:兵庫県宍粟市原不動滝
交通アクセス:JR神戸線「姫路駅」から「山崎行」のバス約1時間「山崎」乗換~「原行」のバス約45分「原」~徒歩20分
料金:入園料/大人200円、子ども100円
問合せ先:宍粟市産業部地域産業課波賀産業振興係0790-75-2220

2017-08-30(Wed)

第44回堺まつり

歴史と文化のまち、大阪府堺市で、44回目を迎える「堺まつり」が開催されます。大小路シンボルロードでは、15日に迫力満点の鉄砲隊やふとん太鼓、華やかな時代衣装行列など見どころ満載の「大パレード」が行われるほか、14日には南宗寺で、15日には大仙公園で、茶の湯のおもてなしを体験できる「利休のふるさと堺大茶会」(有料)が催されます。
開催期間:2017年10月14日~15日  大パレード/15日11:00~15:30(予定)、「利休のふるさと堺大茶会」南宗寺/14日9:00~15:30(受付は15:00まで)、大仙公園/15日10:00~15:30
開催場所:大阪府堺市大小路筋(シンボルロード)、南宗寺、大仙公園 ほか
交通アクセス:大小路シンボルロードまで/南海高野線「堺東駅」すぐ、大仙公園まで/JR阪和線「百舌鳥駅」から西へ徒歩5分
主催:公益社団法人堺観光コンベンション協会
料金:観覧無料
問合せ先:公益社団法人堺観光コンベンション協会072-233-5258




2017-08-30(Wed)

第11回高野街道まつり

河内長野駅前から三日市町駅前までを会場に、「高野街道まつり」が開催されます。河内長野市を南北に縦断する「高野街道」には歴史的、文化的な遺産が数多く存在します。河内長野駅周辺エリアでは、「手づくりにぎわい市」や地場農産物の販売をはじめ、なにわ伝統野菜のふるまいやフリーマーケットなどが行われます。高野街道エリアではスタンプラリーが、三日市町駅前エリアの「宿場市」では、地場旬産市などが催されます。
開催期間:2017年10月22日10:00~16:00 ※雨天決行(荒天中止)
開催場所:大阪府河内長野市河内長野駅周辺~高野街道~三日市町駅前
交通アクセス:南海高野線・近鉄長野線「河内長野駅」下車
主催:高野街道まつり実行委員会
問合せ先:河内長野市産業観光課0721-53-1111

2017-08-30(Wed)

門戸厄神秋季厄除大祭2017

門戸厄神の秋季厄除大祭には、厄除け祈願をはじめ、さまざまなご利益を授かろうと大勢の参拝者が訪れます。大般若転読法要と柴燈大護摩が行われます。
所在地:〒662-0828兵庫県西宮市門戸西町2-26
開催期間:2017年10月19日厄除け大般若転読法要/10:00~、柴燈大護摩/14:00~
交通アクセス:阪急今津線「門戸厄神駅」から徒歩10分
主催:門戸厄神・東光寺
問合せ先:門戸厄神・東光寺0798-51-0268

2017-08-30(Wed)

神田まつり(例祭)2017

200年以上の歴史を持ち池田市の秋の風物詩となっている「神田まつり」が開催されます。伊勢音頭を唄いながら「幟(のぼり)」と「額灯」がそれぞれ宮入りし、神輿渡御が行われます。
所在地:〒563-0043大阪府池田市神田4-7-1
開催期間:2017年10月21日~22日【1日目】だんじり巡行/13:30、額灯宮入/19:00【2日目】幟宮入/13:00、神輿渡御/14:00
交通アクセス:阪急宝塚線「池田駅」から徒歩15分
主催:八坂神社
料金:見物無料
問合せ先:池田市教育委員会生涯学習推進課072-754-6295

2017-08-29(Tue)

箕面街道の道標

「右豊中々梅花女学校道」「左箕面街道桜井谷村」と刻まれている。箕面街道は大阪方面から能勢街道を経由して豊中から勝尾寺へ向かう道。

所在地:大阪府豊中市本町

DSCN1976.jpg

2017-08-29(Tue)

豊中市立第18中学校の体育館

池の上に浮かぶ体育館。渡り鳥や鯉が見られる。内部見学は不可。

所在地:大阪府豊中市蛍池中町4丁目7番1号

DSCN2006.jpg

2017-08-29(Tue)

法雲寺・法雲寺スポーツ公園

異色の組み合わせに目を奪われるこの寺は慶長18(1613)年に創建された古寺。なんと無料で利用できるバスケットコートが隣接している。町おこしに力を入れてる住職の愛称は「イベント坊主」で、様々な催しを実施。

バスケットコートは9:00~18:00(18歳以上は15:00~。要問合せ)06-6852-1092
所在地:大阪府豊中市本町3-10-5

DSCN1970.jpg

DSCN1971.jpg

DSCN1972.jpg

DSCN1973.jpg

DSCN1974.jpg

DSCN1975.jpg

2017-08-29(Tue)

浜寺公園ばら庭園秋バラ2017

浜寺公園のばら園では、日本に自生する野生のバラや、現代のバラなど300種6500株を観賞することができます。秋のバラは、毎年10月上旬から下旬にかけて見頃を迎えます。
所在地:〒592-8346大阪府堺市西区浜寺公園町
開催期間:2017年10月中旬~11月上旬10:00~17:00(入園は16:00まで)※休園日は毎週火曜(祝休日の場合は翌日)
開催場所:浜寺公園ばら庭園
交通アクセス:阪堺電気軌道「浜寺駅前駅」下車、または南海「浜寺公園駅」下車、またはJR阪和線「東羽衣駅」から徒歩15分
主催:浜寺公園管理事務所
料金:無料
問合せ先:浜寺公園管理事務所072-261-0936

2017-08-29(Tue)

長寿寺

正徳5(1715)年に建立。境内の枝垂れ桜は3月下旬ころに見頃を迎え、ライトアップが実施される。

電話:06-6852-4341
所在地:大阪府豊中市蛍池中町2-7-10

DSCN2001.jpg

DSCN2002.jpg

DSCN2003.jpg

DSCN2004.jpg

2017-08-29(Tue)

鯛屋貞柳墓所

南御堂前で手広く営む菓子商に生まれ(承応(じょうおう)3年、1654)鯛屋はその屋号。父もその弟も名の知られた俳人で、貞柳はその影響をうけて早くから狂歌に才能を示した。狂歌はそれまで俳諧師の余技にすぎなかったが、貞柳から後は職業的な狂歌師が輩出した。その後狂歌の主流は関東に移り、太田蜀山人(しょくさんじん)らが出て隆盛をきわめたが、貞柳はその源流として位置づけられる。晩年は生家が火災にあい没落し高津に隠棲したが、かえってわずらわしさから逃れられると喜ぶ様子もみられたという。享保(きょうほう)19年(1734)没、81歳。

所在地:大阪府大阪市天王寺区下寺町一丁目3-64光伝寺
最寄駅:地下鉄谷町線「四天王寺前夕陽丘」下車北西約250m

DSCN2085.jpg

J0010449_201708291128063ac.jpg

2017-08-29(Tue)

西宮まつり2017

福の神、商売の神として知られ、「えべっさん」の名で親しまれている西宮神社の秋祭りは、毎年9月21日から3日間にわたり開催されます。21日は宵宮祭、奉納演芸会が、22日は例祭、稚児行列、こども樽みこしなどの行事があります。23日は、古儀に則り約300人の氏子らが日本伝統の装束で練り歩く「陸渡御」が見どころとなっています。海では、えびす様を載せた御座船を中心に神幸する「海上渡御」が執り行われます。
所在地:〒662-0974兵庫県西宮市社家町1-17
開催期間:2017年9月21日~23日【21日】宵宮祭、奉納演芸会【22日】例祭、稚児行列、こども樽みこし【23日】渡御祭(陸渡御、海上渡御)
交通アクセス:阪神「西宮駅」から徒歩5分、またはJR神戸線「さくら夙川駅」から徒歩10分、またはJR神戸線「西宮駅」南出口から南西へ徒歩20分
主催:西宮まつり協議会
問合せ先:西宮神社0798-33-0321

2017-08-29(Tue)

正福寺

元亀元(1570)年に開基し、昭和16(1941)年にこの地に移転。本堂には珍しいステンドグラスがあります。昼と夜を表現した飛天が描かれている。

電話:072-762-0610
所在地:大阪府池田市石橋4丁目15?14

DSCN2007.jpg

DSCN2008.jpg

DSCN2009.jpg

2017-08-29(Tue)

新高滝観魚園

鯉や熱帯魚、日本産淡水魚をはじめ、水槽用品などを販売。店内には500本以上の水槽があるそうです。

電話:06-6856-2822
所在地:大阪府豊中市千里園1-1-14


http://takataki.jp/

DSCN1995.jpg

2017-08-29(Tue)

衆楽園

40年ほど前、自宅の庭園で近所の子供の遊ぶ姿を見かけた主人が釣り堀をオープン。親子が魚釣りをしている姿にほっこりする。
入園料:無料(釣りは1時間500円、竿・エサ付き)
営業時間:10:00~17:00
定休日:木曜日(祝日の場合は営業)
電話:06-6841-1505
所在地:大阪府豊中市刀根山2-1-43

J0010385_201708291122589a9.jpg

J0010386_20170829112300105.jpg

J0010387_20170829112301275.jpg

2017-08-29(Tue)

相楽園重文旧ハッサム住宅の一般公開2017

相楽園の園内にある重要文化財の旧ハッサム住宅内部が公開されます。イギリス人貿易商のハッサム氏が、明治35年頃に建てたもので、木造2階建、寄棟造棧瓦葺(よせむねづくりさんかわらぶき)の和洋折衷建築物です。10月20日から11月23日は菊花展が行われるほか、10月21日と11月12日には船屋形が公開され、神戸市教育委員会文化財課による解説もあります。
所在地:〒650-0004兵庫県神戸市中央区中山手通5-3-1
開催期間:2017年10月21日~11月23日9:00~16:30(会期中無休)※【船屋形公開】10月21日、11月12日/解説11:00~12:00、13:00~14:00、14:30~15:30
交通アクセス:地下鉄山手線「県庁前駅」から北へ徒歩5分、またはJR神戸線「元町駅」から北西へ徒歩10分、または阪神「元町駅」から北西へ徒歩10分、またはJR神戸線「三ノ宮駅」から市バス「諏訪山公園下」~南へ徒歩10分
主催:神戸市教育委員会文化財課
料金:入園料/大人300円、小人(中小生)150円
問合せ先:神戸市立相楽園078-351-5155

2017-08-29(Tue)

圓満寺

天平元(729)年、行基が建立した金禅寺という大伽藍の1棟。幾度もの消失の後、現在の地に再建し、改修して延年山圓満寺となった。麻田藩の家臣が檀家だったそうです。

電話:06-6855-5518
所在地:大阪府豊中市蛍池東町1-13-12

DSCN1996.jpg

DSCN1997.jpg

DSCN1998.jpg

DSCN1999.jpg

DSCN2000.jpg

2017-08-29(Tue)

旧浮瀬亭跡

浮瀬亭は清水寺の北にあった料亭で、江戸時代の名所案内書『摂津名所図会』や『浪華の賑ひ』にも掲載されており、十返舎一九の『東海道中膝栗毛』にも登場している。松尾芭蕉のほか、与謝蕪村、太田南畝(蜀山人)、滝沢馬琴などの有名な文人たちが訪れている。芭蕉が訪れた頃は「晴々亭」と呼ばれていたが、「浮瀬亭」と呼ばれるようになったのは、あわび貝でつくった「浮ぶ瀬」という大盃(7合5勺も入る)をはじめ、種々の盃を秘蔵しており、これを飲み干した人は名誉として「暢酣帳(ちょうかんちょう)」に名前を記載したところから、その奇盃が有名になり、料亭の名前として呼ばれるようになった。この料亭は1887年(明治20年)頃売りに出され個人の別荘となったが、変遷を得て現在では大阪星光学園の構内の一部になっている。その後建物は無くなったが、1800年(寛政12年)大坂の俳人茅渟奇淵(ちぬのきえん)が建立した松尾芭蕉の句碑(松風碑)は残されており、学園では1982年(昭和57年)に、この「松風碑」を含め、浮瀬亭史跡を整備。併せ、「蕪村200年忌追善」行事として、蕪村の句碑を建立されている。これらの史跡は大阪星光学園に申し込めば拝観することが出来るが、訪問する際には授業の邪魔にならないためにもあらかじめ、電話等で予約をしておく必要がある。

所在地:大阪市天王寺区伶人町
最寄駅:地下鉄谷町線「四天王寺前」下車、南西出口を南へ150M


J0010451_20170829111932ad4.jpg

2017-08-29(Tue)

神戸菊花展2017

池泉回遊式日本庭園が美しい相楽園で「神戸菊花展」が開催されます。広い園内では、茶席をはじめ、コンサート&パフォーマンス、夜間開園&夜間ライトアップなどが行われるほか、10月21日から11月23日は重要文化財の旧ハッサム住宅が公開されます。10月21日と11月12日には、春と秋に数日しか公開されない船屋形が公開され、神戸市教育委員会文化財課の方による解説も行われます。
所在地:〒650-0004兵庫県神戸市中央区中山手通5-3-1
開催期間:2017年10月20日~11月23日9:00~17:00【夜間ライトアップ】11月1日~5日/19:00まで(入園はいずれも閉園30分前まで)【旧ハッサム住宅公開】10月21日~11月23日/9:00~16:30【船屋形公開】10月21日、11月12日/解説11:00~12:00、13:00~14:00、14:30~15:30※会期中無休
開催場所:神戸市立相楽園
交通アクセス:地下鉄山手線「県庁前駅」から北へ徒歩5分、またはJR神戸線「元町駅」から北西へ徒歩10分、または阪神「元町駅」から北西へ徒歩10分、またはJR神戸線「三ノ宮駅」から市バス「諏訪山公園下」~南へ徒歩10分
主催:神戸市、神戸菊花協会、公益財団法人神戸市公園緑化協会
料金:入園料/大人300円、小人(中小生)150円
問合せ先:花と緑のまち推進センター078-351-6756(菊花展について)、神戸市立相楽園078-351-5155(会場イベントについて)

2017-08-29(Tue)

ラグビーの記念碑

全国高校ラグビー大会80回記念モニュメントが阪急宝塚線豊中駅駅前のきたしん豊中広場に。第1回大会は大正7(1918)年に「日本フットボール優勝大会」として豊中グランドで開催され、第5回大会まで行われた。台座には、大会の歴史が刻まれている。

所在地:大阪府豊中市本町1丁目

DSCN1988.jpg

2017-08-29(Tue)

心光寺本堂

寛永元(1624)年創建の浄土宗寺院であるが、イスラム風デザインの本堂(インドのタージマハールのようです)。参道に植えられた棕櫚の木と共に、不思議な空間になっている。設計建設共に不詳である。1929(昭和4)年に建設。登録有形文化財に指定されている。

所在地:大阪府大阪市天王寺区下寺町1-3-68

DSCN2082.jpg

DSCN2083.jpg

DSCN2084.jpg

2017-08-29(Tue)

清風高校円形校舎

外側が廊下のように見えるがこれはバルコニーかもしれない。円形校舎は戦後の復興期に多く立てられた。少ない材料で最大の面積の建築が出来るのが特徴だ。また中央のホールから各室に入れるので廊下が不要で建物の面積の大部分を使えるのも利点だ。建築家坂本鹿名夫の特許があり、日本中で建てられたようだが現存校舎は少ない。ただしこの校舎が坂本の手によるものかは不明である。2017年8月26日に見に行ったところこの円形校舎はなく、新しい校舎ができていた。ネットで調べてみると2015年4月以降に取り壊されて建て替えられたらしい。

建築年:1957年(円形校舎)
設計者不明
所在地:大阪府大阪市天王寺区石ヶ辻町12-16

プロフィール

kazubonka

Author:kazubonka
かずぼんです。大阪並びに近畿一円の口コミ情報を提供していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
メモ
















































【高額報酬!!】有名女優が多数愛用している事でも知られている光美容機。世界中のセレブ御用達の一品。高額商品にも関わらず売れ続けています。ご利用者からご満足のお便りも大変多いです。定価472,500円











BTOパソコンショップ 『フレッシュフィールド』 オールカスタマイズ可能なオリジナルパソコン好評発売中!





























スルガ銀行ANA支店
銀行取引でANAマイルが貯まる(100×60)バナー











<

「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約!



ティッカー

グアム

ハワイ旅行

ムームードメイン

カスタムバイク買取













検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

続・竹林の愚人

思いつくまま

oobuta日記
QRコード
QRコード
FC2カウンター
平成20年8月26日からのアクセス数です。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2アフィリエイト
カウンター アフィリエイト・SEO対策
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
スポンサードリンク

FC2Ad

Powered by FC2 Blog