2017-08-26(Sat)

万灯院衣替え(紙衣さん)2017

紙衣仏が着ていた紙衣を新しくする「万灯院衣替え(紙衣さん)」が四天王寺で執り行われます。お堂にて紙衣を背に当ててもらうと、病気や臨終の時に不浄の世話を人にかけないと伝わり、多くの参拝客が訪れます。
所在地:〒543-0051大阪府大阪市天王寺区四天王寺1-11-18
開催期間:2017年10月10日8:30~16:00(受付は15:30まで)
交通アクセス:地下鉄谷町線「四天王寺前夕陽ケ丘駅」4番出口から南へ徒歩5分
料金:境内散策自由(一部有料)
問合せ先:四天王寺06-6771-0066

2017-08-26(Sat)

第14回泉州YOSAKOIゑぇじゃないか祭り

“人を元気に!地域を元気に!”をテーマに、「泉州YOSAKOI ゑぇじゃないか祭り」が、りんくうタウンや関空など全7会場で開催されます。100チーム以上5000人(予定)が、ご当地ソングや民謡などをアレンジした曲で自由に踊りを披露する“よさこいのお祭り”です。祭りの様子を撮影した作品を募集する写真コンテストや写真展も催されます。
所在地:〒598-0047大阪府泉佐野市りんくう往来南6-12
開催期間:2017年10月14日~15日【14日】前夜祭/16:00~21:00(予定)【15日】9:30~20:00(予定)
開催場所:りんくう中央公園グラウンド(メイン会場)、石舞台会場、海への道会場(りんくう公園)、関西国際空港会場、シークル会場、関空スカイビュー会場、りんくう園屋会場
交通アクセス:南海空港線・JR関西空港線「りんくうタウン駅」から徒歩10分
主催:一般社団法人にぎわい夢創りプロジェクト
料金:観覧無料
問合せ先:ゑぇじゃないか祭り実行委員会072-461-4351

2017-08-26(Sat)

船場まつり2017

昔から卸問屋街として知られ、今尚多くの買い物客が訪れる船場を舞台にお祭りが開催されます。オペラや伝統芸能、現代音楽によるコラボレーションのほか、船場感謝祭、ラジオ大阪サテライトスタジオ中継、船場鉄道フェスティバル、博労稲荷お神輿巡行、大船渡サンマまつり、船場あっちこっちラリーなど、さまざまな催しが行われます。地元の商店街や、社寺、振興会などが中心となり、地域をあげて盛り上げます。
所在地:〒541-0055大阪府大阪市中央区船場中央1丁目~4丁目
開催期間:2017年10月6日~8日
開催場所:中船場地区
交通アクセス:地下鉄「本町駅」もしくは「堺筋本町駅」からすぐ
主催:船場まつり推進協議会

2017-08-23(Wed)

水都おおさか森林の市2017

森林や林業に触れる体験型イベント「森林の市」が、近畿中国森林管理局、毛馬桜之宮公園で開催されます。2017年は“森林(もり)を探しに 水都をめぐる げん木(き)!もり森(もり)!森林(もり)の市”をテーマに、丸太切り体験やクラフトコーナー、木製品の展示、販売などが行われます。炭火焼シイタケやシカ肉の試食コーナーや、水辺のボート乗船会もあり、子どもから大人まで、学んで遊んで楽しめます。
所在地:〒530-0042大阪府大阪市北区天満橋1-8-75
開催期間:2017年10月22日10:00~16:00※雨天決行(荒天中止)
開催場所:近畿中国森林管理局、毛馬桜之宮公園
交通アクセス:JR大阪環状線「桜ノ宮駅」西出口から徒歩5分
主催:水都おおさか森林づくり・木づかい実行委員会
料金:入場無料(材料費・体験料等有料部分あり)
問合せ先:近畿中国森林管理局技術普及課050-3160-6753

2017-08-23(Wed)

大阪メチャハピー祭「本祭」2017

“子どもの笑顔、日本一へ!”をテーマに、踊りの祭典、大阪メチャハピー祭「本祭」が開催されます。メイン会場となる大阪城ホールのほか、OBP周辺、古川橋、枚方、鶴見緑地など、府下6会場を舞台に、子どもからお年寄りまでが、思い思いのカラフルな衣装を纏い、大規模でエネルギッシュな踊りを繰り広げます。各会場より選ばれた10チームが演舞するファイナルステージ(17時頃~/大阪城ホール)では、会場全体が熱気に包まれます。
所在地:〒540-0002大阪府大阪市中央区大阪城3-1
開催期間:2017年10月9日【メイン会場(大阪城ホール)】11:00~17:00/一般審査演舞、17:00~20:00/ファイナルステージ【サテライト会場】各会場により異なる/概ね10:00~15:00
開催場所:大阪市大阪城ホール(メイン会場)、OBPツイン21ギャラリー、OBP道路「パークアベニュー」、ラブリータウン古川橋、枚方・岡東中央公園、鶴見緑地
交通アクセス:JR大阪環状線「大阪城公園駅」から徒歩5分、または地下鉄長堀鶴見緑地線「大阪ビジネスパーク駅」から徒歩5分
主催:大阪メチャハピー祭実行委員会、NPO法人OHP
料金:大阪城ホール入場料1人300円
問合せ先:大阪メチャハピー祭実行委員会事務局06-4800-8787

2017-08-23(Wed)

大阪城クラフトビアホリデイ2017秋

日本各地の個性派ブルワーが集まるクラフトビールの祭典「大阪城クラフトビアホリデイ」が、大阪城公園駅前広場で開催されます。各地の個性派ブルワーが一堂に集い、関西にいながら全国の名店の味を堪能できます。ビールに合うこだわりのフードの数々も見逃せません。
所在地:〒540-0002大阪府大阪市中央区大阪城
開催期間:2017年10月6日~9日【6日】14:00~21:00【7日~8日】11:00~21:00【9日】11:00~19:00
開催場所:大阪府大阪市大阪城公園駅前広場
交通アクセス:JR大阪環状線「大阪城公園駅」からすぐ、または地下鉄長堀鶴見緑地線「大阪ビジネスパーク」から徒歩5分
主催:大阪城パークマネジメント共同事業体
料金:当日券3400円(飲食共通チケット7枚+オリジナルグラスセット)※前売りあり
問合せ先:クラフトビアホリデイ事務局06-4791-3613

2017-08-23(Wed)

大津祭2017

江戸時代初頭から行われてきた天孫神社の例祭で、国の重要無形民俗文化財に指定されています。宵宮にはコンチキチンの囃子が聞こえ、無数のちょうちんが各町内で飾られます。本祭では、ベルギー製ゴブラン織りや精巧な金具に飾られた豪華絢爛な13基の曳山が巡行するほか、カラクリの披露もあります。
所在地:〒520-0044滋賀県大津市京町
開催期間:2017年10月7日~8日宵宮/7日夕刻~21:00、本祭/8日9:30~18:00
開催場所:JR大津駅前中央大通り一帯
交通アクセス:JR「大津駅」からすぐ
主催:NPO法人大津祭曳山連盟
料金:有料観覧席あり
問合せ先:大津祭曳山展示館077-521-1013

2017-08-23(Wed)

和泉だんじりまつり2017

和泉市内には35台のだんじりがあり、和泉だんじり大連合、信太連合、松尾連合地車連絡協議会の3つの連合曳きがあります。だんじりが勇壮に疾走する姿や、やりまわしのほか、提灯にライトアップされたそのたたずまいは必見です。信太連合のみ、9日も曳行があります。
開催期間:2017年10月7日~9日6:00~22:00※信太連合のみ9日も曳行
開催場所:大阪府和泉市和泉市内各地
交通アクセス:和泉だんじり大連合まで/JR阪和線「和泉府中駅」からすぐ、信太連合まで/JR阪和線「北信太駅」からすぐ、松尾連合地車連絡協議会まで/JR阪和線「三国ヶ丘駅」から泉北高速鉄道「和泉中央駅」すぐ
料金:見物無料
問合せ先:和泉市だんじり・みこし連絡協議会(事務局/和泉市役所公民協働推進室内)0725-99-8103


2017-08-23(Wed)

第5回泉南マルシェ

地域の特産物をよく知って広く発信する“地産知消”シリーズとして、「泉南マルシェ」が今年もりんくう体育館で開催されます。2017年は古くから泉南で獲られ、最近では養殖事業も行われている「泉南あなご」にスポットを当て、「あなご感謝祭」「あなご料理試食会」や「あなごクイズ大会」など楽しいイベントが催されます。泉南地域の事業所50店舗が集合し、美味しいものやお値打ち品が購入できる「泉南まるごと物産展」が同時開催されます。農家の新鮮野菜直売ブースや豪華賞品が当たる抽選会もあります。
所在地:〒590-0535大阪府泉南市りんくう南浜2-1
開催期間:2017年10月15日10:00~14:30※雨天決行、荒天中止
開催場所:泉南市りんくう体育館
交通アクセス:南海本線「樽井駅」から徒歩10分
主催:泉南市商工会
料金:入場無料
問合せ先:泉南市商工会072-483-6365

2017-08-23(Wed)

玉造稲荷神社だんご茶会2017

大坂城の鎮守神として崇敬された玉造稲荷神社で、豊臣家、徳川家ゆかりのだんご茶会が開催されます。豊臣家などが千利休のお点前で茶会を催していた神社と伝わります。豊臣秀頼公銅像や千利休碑前で行われる裏千家による野点には、だんごや点心が出され、当時の風流を味わえます。
所在地:〒540-0004大阪府大阪市中央区玉造2-3-8
開催期間:2017年10月9日10:00~15:00
交通アクセス:JR大阪環状線「玉造駅」・「森ノ宮駅」から徒歩6分
主催:玉造稲荷神社
料金:お茶券/1800円(だんご、点心付)
問合せ先:玉造稲荷神社06-6941-3821

2017-08-23(Wed)

岸和田だんじり祭2017

勇壮かつ豪快さで全国的に有名なだんじり祭が、岸和田市(岸和田地区・春木地区)で開催されます。角を勢いよく走りながら、4tを超えるだんじりの向きを直角に曲がる「やりまわし」が最大の見どころ。そのスピードと迫力は、全国の祭りのなかで「岸和田だんじり祭」を上回るものはないとまで言われます。34台の地車が市内を駆け巡り、迫力満点の「やりまわし」を市内各所の曲がり角で見ることができます。夜になると、だんじりに提灯が灯され、街中を練り歩く「灯入れ曳行」が行われます。暗くなった市内をゆっくりと進むだんじりは、昼間とはまた違った魅力を見せます。
開催期間:2017年9月16日~17日【16日】6:00~22:00【17日】9:00~22:00
開催場所:大阪府岸和田市岸和田地区・春木地区
交通アクセス:南海本線「岸和田駅」もしくは「春木駅」からすぐ、またはJR阪和線「東岸和田駅」から「岸和田駅前行」のバス約7分「岸和田駅前」すぐ(岸和田駅前通商店街まで)
主催:岸和田地車祭礼年番、春木地車祭礼年番
料金:見物無料
問合せ先:岸和田市観光振興協会072-436-0914

2017-08-18(Fri)

坂越の船祭2017

神社から浜への行列と船団による船渡御が主要な催しとなる、大避神社の例祭「坂越の船祭」が行われます。昼過ぎに、宮出しがあり、鼻高、獅子舞などが順番に、ゆっくりと階段を下りていきます。祭りのハイライトともいえる船渡御では、2艘の櫂伝馬に曳かれた船団が生島のお旅所へ進みます。夕方には、海辺に火が灯され、船渡御に出た船が帰ってきます。昼間とは違った幻想的な風景が広がります。国の重要無形民俗文化財に指定されています。
所在地:〒678-0172兵庫県赤穂市坂越1299
開催期間:2017年10月8日宮出し/13:30~、船渡御/15:00~、還幸/18:00~
交通アクセス:JR赤穂線「坂越駅」から「小島行」のバス「坂越港」~徒歩5分、または山陽自動車道「赤穂IC」から車約20分
問合せ先:大避神社0791-48-8136



2017-08-18(Fri)

源光庵ススキ2017

源光庵の正門から山門へ続く参道の両側にはススキが多く植えられており、山門を背景にした秋の景色を楽しむことができます。ススキは、野ススキ、ヤハズ、シマススキの3種です。10月頃までは、人の背丈以上の高さになるシオンやホトトギスの花も楽しむことができます。
所在地:〒603-8468京都府京都市北区鷹峯北鷹峯町47
開催期間:2017年9月中旬~11月上旬
交通アクセス:地下鉄「北大路駅」からバス「源光庵前」~徒歩1分、またはJR嵯峨野線「二条駅」からバス「源光庵前」~徒歩1分
料金:※拝観料が必要
問合せ先:源光庵075-492-1858


2017-08-18(Fri)

西宮薪能2017

西宮市内で見られる唯一の薪能が越木岩神社で行われます。昭和58年から続く伝統ある能舞台で、一部では子ども能(仕舞)、二部では狂言と能楽が舞われ、幽玄な能の世界を満喫することができます。
所在地:〒662-0092兵庫県西宮市甑岩町5-4
開催期間:2017年9月21日18:30頃~
交通アクセス:阪急「甲陽園駅」もしくは「苦楽園口駅」から徒歩20分、またはJR神戸線「さくら夙川駅」から阪急・阪神バス「越木岩神社北」下車
主催:西宮薪能協会
料金:観覧無料
問合せ先:西宮薪能協会事務局(越木岩神社社務所内)0798-71-8375、0798-31-0009

2017-08-18(Fri)

酔芙蓉祭2017

「酔芙蓉の寺」の名で親しまれている大乗寺は、例年秋になると約1300本の酔芙蓉が境内を埋め尽くします。花をめでながら、茶席(有料)を楽しむこともできます。
所在地:〒607-8471京都府京都市山科区北花山大峰町38-1:開催期間
2017年9月中旬~10月中旬
交通アクセス:地下鉄「御陵駅」から徒歩15分
問合せ先:大乗寺075-591-5488


2017-08-18(Fri)

明石薪能2017

古来より多くの人々に受け継がれてきた伝統文化を今に伝える「明石薪能」が開催されます。明石公園に設置された本格的な組立式能舞台で、かがり火の中、狂言、能が演じられます。今回は、第20回の節目にあたり、座席が300席追加され、合計約1700席(全席自由)が用意されます。演目は、能「玄象(げんじょう)」、狂言「狐塚(きつねづか)」です。
所在地:〒673-0847兵庫県明石市明石公園1-27
開催期間:2017年9月30日17:30~19:35(予定)※悪天候の場合は中止
開催場所:兵庫県立明石公園西芝生広場(組立式能舞台)
交通アクセス:JR神戸線「明石駅」・山陽電鉄「山陽明石駅」北出口から西へ徒歩5分
主催:明石薪能の会
料金:当日券3000円(前売りあり)、高校生以下1000円(当日・前売りとも)
問合せ先:明石薪能の会事務局(公益財団法人明石文化芸術創生財団)078-918-5085



2017-08-17(Thu)

淡路島国営明石海峡公園秋のカーニバル2017

淡路島国営明石海峡公園では、コスモスやダリアなど秋の花々の開花にあわせ「秋のカーニバル」が開催されます。期間中の週末には、フラワーガイドツアーやクラフト体験など楽しいイベントが行われます。敬老の日(9月18日)には65歳以上の人の入園料が無料となり、10月14日には来園者全員が入園無料となります。※両日とも駐車料金が必要
所在地:〒656-2306兵庫県淡路市夢舞台8-10
開催期間:2017年9月16日~11月5日9:30~17:00(11月は16:30まで)
開催場所:国営明石海峡公園
交通アクセス:JR神戸線「舞子駅」から「高速舞子」~バス約15分「聖隷淡路病院前」もしくは「淡路夢舞台前」すぐ
主催:国営明石海峡公園
料金:入園料が必要※9月18日は65歳以上の人は入園料無料 ※10月14日は秋の都市緑化月間のため入園料無料
問合せ先:明石海峡公園管理センター0799-72-2000

2017-08-17(Thu)

ロハスフェスタ淡路島2017

こだわりの手作り雑貨や家具、健康的な食材を用いたフードやスイーツなどがずらりと並ぶ「ロハスフェスタ」が、淡路島国営明石海峡公園芝生広場で開催されます。200以上のブースが出展予定のほか、親子で体験できるワークショップなどが行われます。大勢の人がエコバッグ、水筒、マイ箸、マイ食器を持参するのもロハスフェスタならではの特徴で、一日中ゆったりと過ごせて、身近なことから始めるロハス・エコが体感できます。
所在地:〒656-2306兵庫県淡路市夢舞台8-10
開催期間:2017年10月7日~9日9:30~17:00(入場は16:30まで)※予定
開催場所:淡路島国営明石海峡公園芝生広場
交通アクセス:JR神戸線「舞子駅」から「高速舞子」~バス約15分「聖隷淡路病院前」もしくは「淡路夢舞台前」すぐ
主催:ロハスフェスタ実行委員会
料金:入場料/500円(小学生以下無料)※別途公園入園料が必要
問合せ先:ロハスフェスタ事務局06-6338-0641

2017-08-13(Sun)

生駒聖天お彼岸万灯会2017

生駒山中腹にあり、「生駒聖天」の名で知られる宝山寺で万灯会が行われます。山門へと続く石段には献歌を書いた行灯が並べられ、1万灯もの明かりが灯されます。
所在地:〒630-0266奈良県生駒市門前町1-1
開催期間:2017年9月23日17:00頃~20:00
交通アクセス:近鉄「生駒駅」から生駒ケーブル「近鉄鳥居前駅」~「宝山寺駅」~徒歩10分
料金:無料
問合せ先:宝山寺0743-73-2006

2017-08-13(Sun)

曽爾高原山灯り2017

平成の名水百選に選定された「曽爾高原湧水群」の源である、ススキで有名な曽爾高原のお亀池周辺で、日没より約200の燈籠のやさしい火が灯されます。
所在地:〒633-1202奈良県曽爾村大字太良路
開催期間:2017年9月16日~11月23日日没~21:00
開催場所:曽爾高原お亀池周辺
交通アクセス:近鉄「名張駅」から三重交通バス「曽爾高原」下車
問合せ先:曽爾村観光協会0745-94-2106

2017-08-13(Sun)

秋の七草園投句会2017

草津市立水生植物公園みずの森で、来園者を対象に「秋の七草園投句会」が開催されます。万葉集や古今集、源氏物語などの古典に数多く取り上げられ、今なお人々の心に受け継がれている“秋の七草”を中心とする草花が園内に植えられます。
所在地:〒525-0001滋賀県草津市下物町1091
開催期間:2017年9月1日~30日9:00~17:00(入園は16:30まで)※休園日は毎週月曜(祝日の場合は次の平日)
交通アクセス:JR琵琶湖線「草津駅」西出口から「琵琶湖博物館行」の近江鉄道バス約25分「水生植物公園みずの森」すぐ
主催:草津市立水生植物公園みずの森
料金:大人300円、大高生250円、中小生150円
問合せ先:草津市立水生植物公園みずの森077-568-2332

2017-08-11(Fri)

宝之市神事・升の市2017

住吉大社の御田で刈取りの行事を行った後、初穂を神前にお供えする儀式が行われます。「宝之市」とは、神功皇后が三韓よりの貢物や百貨をもって市を立てたことが始まりとされ、日本最古の市ともいわれます。現在では稲の刈取りが行われ、着飾った市女(いちめ)5人が五穀を入れた升を神前にお供えします。升が多く売られていた所以で「升の市」とも呼ばれます。
所在地:〒558-0045大阪府大阪市住吉区住吉2-9-89
開催期間:2017年10月17日10:00~
開催場所:住吉大社御田~第一本宮
交通アクセス:阪堺電気軌道阪堺線「住吉駅」もしくは「住吉鳥居前駅」からすぐ、または南海本線「住吉大社駅」から徒歩3分
主催:住吉大社
問合せ先:住吉大社06-6672-0753

2017-08-09(Wed)

彦八まつり2017

大阪落語の始祖である米沢彦八の名を後世に残そうと、彦八が活躍した生國魂神社でお祭りが開催されます。年に一度、上方落語家が一堂に会し、奉納落語会などが行われるほか、落語家によるおもしろ屋台をはじめ、素人演芸バトル、地車囃子、住よし踊、お茶席などが2日間にわたり繰り広げられます。
所在地:〒543-0071大阪府大阪市天王寺区生玉町13-9
開催期間:2017年9月2日~3日【2日】11:00~20:30【3日】10:00~19:30
交通アクセス:地下鉄谷町線・千日前線「谷町九丁目駅」から徒歩4分、または近鉄大阪線「大阪上本町駅」から徒歩9分
主催:公益社団法人上方落語協会
料金:入場無料(落語会、屋台一部有料)
問合せ先:彦八まつり実行委員会(上方落語協会内)06-6354-7727

2017-08-09(Wed)

ありとほし薪能2017

紀貫之ゆかりの蟻通神社で、登録有形文化財の舞殿にて、能が上演されます。2017年は秋にふさわしい演目「紅葉狩」です。舞台は秋の山奥、紅葉狩りをしている高貴な風情の女性たちの前を通りかかった平維茂は、誘われるまま酒宴に加わります。宴に酔いつぶれ眠りこけて見た夢は、実は女は山の鬼神だという神のお告げでした。そして、はっと目を覚ました維茂は、鬼女の姿を目にするのでした。前段の美しい紅葉や美女の舞、そして一転して後段の激闘と、物語の展開が楽しめる一曲です。狂言「膏薬練」、独鼓「蟻通」にも注目です。
所在地:〒598-0034大阪府泉佐野市長滝814
開催期間:2017年9月18日17:00~19:30(開場/16:00)
開催場所:蟻通神社(荒天時は長南小学校体育館)
交通アクセス:JR阪和線「長滝駅」から徒歩12分、または阪和自動車道「上之郷IC」「泉佐野南出口」から車約15分
主催:ありとほし薪能実行委員会
料金:当日/A席指定席3500円・B席自由席2500円※前売りあり
問合せ先:ありとほし薪能実行委員会事務局090-2103-5395

2017-07-07(Fri)

久谷ざんざか踊り2017

五穀豊穣、氏子安全を願って、毎年9月15日に行われる久谷八幡神社の秋祭りで「ざんざか踊り」が奉納されます。室町時代から始まったとされ、地元の中高生が五色紙のついた傘をかぶり、腰に締太鼓をつけて踊ります。別名「太鼓踊り」とも呼ばれ、兵庫県の無形民俗文化財に指定されています。
所在地:〒669-6721兵庫県新温泉町久谷
開催期間:2017年9月15日10:00~
開催場所:久谷八幡神社
交通アクセス:JR山陰本線「久谷駅」から徒歩10分
主催:久谷区
問合せ先:浜坂観光協会0796-82-4580

2017-07-05(Wed)

2017天神天満阿波おどり

大阪にいながらにして、本場徳島の阿波おどりを体感できる「天神天満阿波おどり」が開催されます。流し踊りには総勢300人以上が参加し、日本一の長さを誇る大阪市の天神橋筋商店街と、「天満の天神さん」として親しまれる大阪天満宮を舞台に、華やかな乱舞を繰り広げます。扇町総合高校吹奏楽部による演奏のほか、舞台演舞、フィナーレには迫力ある総踊りが行われます。
所在地:〒530-0041大阪府大阪市北区
開催期間:2017年8月20日  第1部/14:30~16:20(天神橋筋4番街商店街・天神橋3丁目、天神橋筋2丁目各商店街)、第2部/16:20~18:50(天神橋2丁目、天神橋1丁目各商店街、大阪天満宮)【前夜祭】天神天満阿波おどり5周年記念「阿波どおり公演」/19日15:30~16:30(大阪市立住まいの情報センター)・17:30~18:30(北区民センターホール)、天神天満阿波おどり5周年記念館(兼総合案内所)開設/19日13:00~18:00・20日12:00~17:00(天三おかげ館)
開催場所:天神橋筋商店街、大阪天満宮ほか
交通アクセス:JR大阪環状線「天満駅」下車、またはJR東西線「大阪天満宮駅」下車、または地下鉄堺筋線「扇町駅」下車、または地下鉄堺筋線・谷町線「南森町駅」下車
主催:天神天満阿波おどり実行委員会

2017-06-30(Fri)

晴明祭2017

陰陽師の安倍晴明を祀る神社で「晴明祭」が行われます。宵宮祭では、地元の子どもたち約100人が列をなす「ちびっこお迎え堤灯行列」や、湯立神楽などが奉納されます。秋分の日13時からの神幸祭では、少年鼓笛隊などを先頭に、鉾や飾馬、稚児などが氏子町内を神輿とともに巡行します。境内には露店が立ち並び、多くの参拝客で賑わいます。
所在地:〒602-8222京都府京都市上京区掘川通一条上ル晴明町806
開催期間:2017年9月22日~23日【1日目】19:00~21:00頃【2日目】10:00~17:00頃※少雨決行
交通アクセス:JR「京都駅」から9系統の市バス「一条戻橋・晴明神社前」~徒歩2分、または地下鉄烏丸線「今出川駅」から徒歩12分
主催:晴明神社
料金:無料
問合せ先:晴明神社075-441-6460

2017-06-30(Fri)

車折神社重陽祭2017

「重陽祭」とは9月9日の重陽の節句を祝う行事です。車折神社では、江戸時代に神事とともに、大般若経の転読も行われていたと伝えられています。江戸末期までは、神仏習合の様式により、盛大に齋行されていました。平成9年に130年ぶりに再興した車折神社にとって、由緒ある神事となっています。
所在地:〒616-8343京都府京都市右京区嵯峨朝日町23
開催期間:2017年9月9日13:00~
交通アクセス:京福電鉄嵐山線「車折神社駅」からすぐ、またはJR嵯峨野線「嵯峨嵐山駅」から徒歩15分、またはJR「京都駅」から71・72・73系統の京都バス「車折神社前」すぐ
主催:車折神社
料金:境内散策自由
問合せ先:車折神社075-861-0039

2017-06-30(Fri)

八朔祭2017

旧暦8月1日をさす「八朔」の日に、古くから行われてきた神事「八朔祭」が松尾大社で執り行われます。風雨の順調、五穀豊穣、家内安全を祈り、奉納相撲や女神輿の嵐山渡月橋上流での船渡御のほか、六斎念仏踊りなどが行われます。前日の夕方は、境内に無数の八朔提灯や子ども絵提灯が点され、盆踊りが催されます。
所在地:〒616-0024京都府京都市西京区嵐山宮町3
開催期間:2017年9月3日祭典/10:00~、船渡御/11:45頃~(嵐山渡月橋上流)、六斎念仏踊り/16:00~
交通アクセス:阪急嵐山線「松尾大社駅」から徒歩3分
料金:松風苑三庭/拝観有料
問合せ先:松尾大社075-871-5016

2017-06-30(Fri)

名刺感謝祭2017

京の「えべっさん」の名で親しまれている恵美須神社で、日頃お世話になっている“名刺”に感謝を込めて祭典が行われます。名刺は、昇進するごとに新しい肩書きのついたものを作ることから「出世札」ともいわれます。境内には、過去の反省や感謝と、明日への飛躍を祈願するために建立された名刺塚があり、感謝祭では使い古された名刺などが焚き上げられます。
所在地:〒605-0811京都府京都市東山区大和大路四条南
開催期間:2017年9月24日14:00~15:30頃
交通アクセス:京阪「祇園四条駅」から徒歩6分、または地下鉄東西線「三条京阪駅」から徒歩15分、またはJR「京都駅」中央口から17系統の市バス「河原町松原」~徒歩8分
問合せ先:恵美須神社075-525-0005
プロフィール

kazubonka

Author:kazubonka
かずぼんです。大阪並びに近畿一円の口コミ情報を提供していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
メモ
















































【高額報酬!!】有名女優が多数愛用している事でも知られている光美容機。世界中のセレブ御用達の一品。高額商品にも関わらず売れ続けています。ご利用者からご満足のお便りも大変多いです。定価472,500円











BTOパソコンショップ 『フレッシュフィールド』 オールカスタマイズ可能なオリジナルパソコン好評発売中!





























スルガ銀行ANA支店
銀行取引でANAマイルが貯まる(100×60)バナー











<

「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約!



ティッカー

グアム

ハワイ旅行

ムームードメイン

カスタムバイク買取













検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

続・竹林の愚人

思いつくまま

oobuta日記
QRコード
QRコード
FC2カウンター
平成20年8月26日からのアクセス数です。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2アフィリエイト
カウンター アフィリエイト・SEO対策
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
スポンサードリンク

FC2Ad

Powered by FC2 Blog