FC2ブログ

2019-04-30(Tue)

万博記念公園ローズフェスタ2019

万博記念公園の平和のバラ園で「ローズフェスタ」が開催されます。平和のバラ園が大規模リニューアルされてから初の祭典で、立体的かつ多面的に鑑賞できるバラ園に生まれ変わりました。1970年の大阪万博開催時、世界9か国から平和を願って贈られたバラと、最新のバラを取り入れた“極上の癒し空間”を満喫できます。ガーデンを彩る花々を観賞しながら、ローズソムリエによるガイドツアーや、バラ苗の販売、寄せ植え講習など、バラを存分に楽しめる催しが予定されています。
所在地:〒565-0826大阪府吹田市千里万博公園
開催期間:2019年5月11日~6月9日9:30~17:00(入園は閉園30分前まで)※休園日は毎週水曜(6月4日まで無休)
開催場所:万博記念公園平和のバラ園
交通アクセス:大阪モノレール「万博記念公園駅」・「公園東口駅」下車、またはJR京都線「茨木駅」から近鉄・阪急バス「日本庭園前」・「万博記念公園駅(エキスポシティ前)」下車
主催:万博記念公園マネジメント・パートナーズ
料金:無料※自然文化園を通行する場合は入園料が必要/大人250円、中小生70円
問合せ先:万博記念公園総合案内所06-6877-7387
スポンサーサイト



2019-04-29(Mon)

信濃橋

信濃橋は、西横堀川に架けられていた橋の一つである。西横堀川は、永瀬七郎右衛門によって開削されたと伝えられ、土佐堀川から道頓堀川にかけて大阪の中心部を南北に貫流する川で、その沿岸には種々の商家、なかでも材木商と瀬戸物商が軒をつらねていた。信濃橋は、古くは富田町橋(とみたまちばし)その後は問橋(といばし)と呼ばれ、元禄年間(1688~1704)の記録に信濃の名がみられる(橋長13間1尺 約25.9m、幅員2間 約3.9m)。大正2年の市電の開通に伴い、三径間の単純鋼鈑桁の鉄橋に架け替えられた(橋長23.0m、幅員22.0m)。その後、阪神高速道路の建設が進められるなか、昭和39年から同46年にかけて西横堀川が埋め立てられ信濃橋はその姿を消した。

住所:大阪市中央区本町4丁目~西区靭本町1丁目
アクセス:OsakaMetro四つ橋線本町駅28番出口およそ50m徒歩1分

DSCN6021.jpg

DSCN6022.jpg

DSCN6023.jpg

DSCN6024.jpg

DSCN6025.jpg

2019-04-29(Mon)

本宮祭2019

伏見稲荷大社で2日間にわたり、本宮祭が行われます。宵宮祭には、稲荷山をはじめ境内一円に点在する石灯籠や、数千におよぶ提灯に火を点ずる万灯神事が行われます。両日にわたり外拝殿周辺で、日本画家などの奉納による行灯画(あんどんが)が並び、多くの参拝者で賑わいます。
所在地:〒612-0882京都府京都市伏見区深草薮之内町68
開催期間:2019年7月20日~21日【20日】宵宮祭(祭典)/18:00~【21日】本宮祭(祭典)/9:00~
交通アクセス:JR奈良線「稲荷駅」からすぐ、または京阪「伏見稲荷駅」から徒歩5分
問合せ先:伏見稲荷大社075-641-7331

2019-04-29(Mon)

熊野速玉大社扇立祭2019

世界遺産の熊野速玉大社では、毎年7月14日夕刻、国宝桧扇の写しを神前に開帳する「扇立祭(おうぎたてまつり)」が執り行われます。その神扇を挿して、夏に流行しやすい病気や作物につく虫を追い払い、氏子崇敬者の健康と五穀豊穣を御祈願する神事です。境内では神賑行事も行われ、紀南最大の納涼祭として、浴衣姿の参拝客も多く見られ、親しまれています。熊野速玉大社では、このほかにも秋の例大祭「熊野速玉祭・御船祭」や、日本最古の火祭りとして有名な「お燈祭」などの特殊神事が、いずれも国の重要無形民俗文化財に指定されています。
所在地:〒647-0081和歌山県新宮市新宮1
開催期間:2019年7月14日17:00~21:00
交通アクセス:JRきのくに線「新宮駅」から徒歩15分もしくはバス「権現前」下車
問合せ先:熊野速玉大社0735-22-2533

2019-04-29(Mon)

祇園祭疫神社夏越祭並本殿遷座奉祝祭2019

京都の夏を彩る祇園祭を締めくくる神事として、八坂神社境内にある疫神社で夏越祭が執り行われます。「疫神社」の鳥居に大茅輪が設けられ、祇園祭関係者がこれをくぐり厄気を祓います。一般の参拝者も引き続きくぐることができます。2019年は、祇園祭1150年を記念して、修復竣功した社殿で、奉祝祭も行われます。
所在地:〒605-0073京都府京都市東山区祇園町
開催期間:2019年7月31日10:00~
開催場所:八坂神社疫神社
交通アクセス:京阪「祇園四条駅」から徒歩7分、または地下鉄東西線「東山駅」から徒歩10分
問合せ先:八坂神社075-561-6155

2019-04-29(Mon)

祇園祭2019

日本三大祭りに数えられる、豪華絢爛な八坂神社の祭礼です。7月1日の「吉符入」にはじまり、31日の境内摂社「疫神社夏越祭」で幕を閉じるまで、1か月にわたって各種の神事と行事が催されます。特に、各山鉾町で山鉾が飾られ、祇園囃子が奏でられる「宵山」や、前祭の17日に23基、後祭の24日に10基の山と鉾が京都の町を巡行する「山鉾巡行」には世界中から見物客が訪れます。2014年から後祭の山鉾巡行が復活しました。
開催期間:2019年7月1日~31日【宵山】7月14日~16日、21日~23日【山鉾巡行】前祭17日、後祭24日
開催場所:京都市八坂神社、各山鉾町
交通アクセス:地下鉄烏丸線「四条駅」もしくは阪急「河原町」もしくは「烏丸駅」下車
料金:見物無料
問合せ先:公益社団法人京都市観光協会075-213-1717

2019-04-29(Mon)

広沢池灯籠流し2019

嵯峨曼荼羅山に灯る鳥居形とともに、毎年8月16日、広沢池で灯籠流しが行われます。赤、白、黄、青、緑の五色の灯籠が池に浮かべられ、幽玄かつ荘厳な精霊送りが行われます。※JR嵯峨野線「嵯峨嵐山駅」から京都市バス「広沢御所ノ内町」下車、またはJR「京都駅」から26系統のバス、京阪「三条京阪駅」から59系統のバスに乗車し「山越」下車、地下鉄「四条駅」・阪急「烏丸駅」から91系統のバスに乗車し「広沢御所ノ内町」下車
所在地:〒616-8301京都府京都市右京区嵯峨広沢町
開催期間:2019年8月16日19:00~20:30、受付/児神社(広沢池西南角)
開催場所:広沢池
交通アクセス:JR嵯峨野線「嵯峨嵐山駅」から徒歩15分
主催:遍照寺
料金:灯籠一基/7月申し込み800円、8月申し込み1000円
問合せ先:遍照寺075-861-0413(※当日の交通規制についての問い合わせは右京署075-865-0110)


2019-04-29(Mon)

恋愛成就七夕祭2019

地主神社の「七夕こけし」お祓いの神事は、良縁達成と恋愛成就を祈願することから、特に若い女性やカップルから厚い信仰を集めています。織姫と彦星に見立てた一組の紙こけしに自分と相手の名を書き、固く結びあわせて本殿両側の「大笹」につるし、恋の願かけを行います。恋愛成就を願う熱い想いで、境内は盛り上がります。
所在地:〒605-0862京都府京都市東山区清水1-317
開催期間:2019年7月7日祭典/14:00~
交通アクセス:JR「京都駅」から100・206系統の市バス「五条坂」~徒歩10分、または京阪「清水五条駅」から徒歩25分
主催:地主神社
料金:参加無料、七夕こけし/1組500円
問合せ先:地主神社075-541-2097

2019-04-29(Mon)

高台寺七夕会2019

豊臣秀吉とその正室ねねゆかりの東山の名刹、高台寺で、七夕会が行われます。保育園児が書いた短冊をはじめ、全国から集まった短冊が20数本の巨大な笹竹に飾られます。日没からは笹と庭園がライトアップされ、華やかな雰囲気に包まれます。
所在地:〒605-0825京都府京都市東山区高台寺下河原町526
開催期間:2019年7月6日~7日受付/9:00~21:30
交通アクセス:京阪「祇園四条駅」から徒歩13分、または阪急「河原町駅」から徒歩15分、またはJR「京都駅」から206系統の市バス約20分「東山安井」~徒歩7分
料金:【拝観料】600円(9:00~21:30)
問合せ先:高台寺075-561-9966

2019-04-29(Mon)

しがらき火まつり奉納花火2019

約1000発が打ち上げられる奉納花火が行われ、「しがらき火まつり」の最後を飾ります。陶器を焼く際に使う“火”や日常生活で使う“火”、そのほかさまざまな場面で使われる“火”に感謝し、松明を奉納します。松明奉納の終盤に、花火とともに紫香楽太鼓「炎」が演奏されます。※打ち上げ数1000発、昨年度打ち上げ数1000発観客数9000人、昨年度観客数6000人既設トイレ1か所
所在地:〒529-1851滋賀県甲賀市信楽町長野1203
開催期間:2019年7月27日9:00~9:30※雨天時は後日延期
開催場所:信楽地域市民センター周辺
交通アクセス:信楽高原鐡道「信楽駅」下車
主催:陶都・信楽まつり実行委員会
料金:有料観覧席なし
問合せ先:陶都・信楽まつり実行委員会0748-82-0873

2019-04-29(Mon)

御香宮茅の輪神事2019

伏見の産土神として親しまれる御香宮神社で、夏越の祓いの「茅ノ輪神事」が行われます。本殿と拝殿の間に直径2mほどの茅ノ輪が設けられます。神事の後、参拝者もくぐることができます。境内の「伏見の御香水」は、環境省認定の名水百選の一つに指定されています。
所在地:〒612-8039京都府京都市伏見区御香宮門前町174
開催期間:2019年7月31日15:00~、23:00~
交通アクセス:JR奈良線「桃山駅」から西へ徒歩5分
問合せ先:御香宮神社075-611-0559

2019-04-29(Mon)

地主神社夏越しの大祓祭2019

半年間の罪穢れを祓い、残る半年間の開運招福と悪疫退散、夏の健康、水の事故防止を祈願する「夏越しの大祓祭」が地主神社で執り行われます。茅の輪くぐりの神事や厄除け開運招福祝詞奏上、人形(ひとがた)祓いの神事などが行われます。当日は、茅の輪守りが授与されます。
所在地:〒605-0862京都府京都市東山区清水1-317
開催期間:2019年6月30日祭典/15:00~
交通アクセス:JR「京都駅」から100・206系統の市バス「五条坂」~徒歩10分、または京阪「清水五条駅」から徒歩25分
主催:地主神社
料金:祭典参加無料
問合せ先:地主神社075-541-2097

2019-04-29(Mon)

紫陽花祭2019

自然の恵みに感謝し、無病息災を祈願する神事が熊野那智大社で執り行われます。境内では、ガクアジサイやヤマアジサイをはじめとする10数種の色鮮やかなアジサイ約3000株が咲き誇ります。主神「熊野夫須美大神」ほか十二柱の神々を祀る熊野三山の一つで、宝物殿では熊野信仰に関する資料を見ることもできます。
所在地:〒649-5301和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山
開催期間:2019年6月14日熊野那智大社・紫陽花祭/9:00~(予定)
交通アクセス:JRきのくに線「紀伊勝浦駅」から熊野交通バス約30分「那智山」~徒歩15分
主催:熊野那智大社
問合せ先:熊野那智大社0735-55-0321

2019-04-29(Mon)

多賀大社御田植祭2019

昔ながらの菅笠(すげがさ)に紅だすき姿の早乙女60人が、多賀大社の御神田に田植を奉仕します。その年の豊年満作を祈願し、御田植踊りや豊年太鼓踊り、尾張万歳も奉納されます。境内では神賑行事として植木市が催され、多くの参拝客で賑わいます。
所在地:〒522-0341滋賀県犬上郡多賀町多賀604
開催期間:2019年6月2日本殿祭/13:00~、お田植神事/14:00
開催場所:多賀大社
交通アクセス:近江鉄道「多賀大社前駅」から徒歩10分、またはJR琵琶湖線「彦根駅」から湖国バス「国道多賀大社」~徒歩2分、または名神高速道路「彦根IC」から車約10分
料金:参列料500円
問合せ先:多賀大社0749-48-1101

2019-04-29(Mon)

多賀大社夏越の大祓2019

お多賀さんの名で親しまれ、「寿命の神」「縁結びの神」「厄除けの神」で知られる多賀大社で、毎年6月30日に「夏越の大祓」が斎行されます。日頃の罪、穢を人形(ひとかた)により祓います。鳥居をくぐってすぐにある太鼓橋の前に大きな茅の輪が立てられ、これをくぐる茅の輪くぐりも行われます。
所在地:〒522-0341滋賀県犬上郡多賀町多賀604
開催期間:2019年6月30日15:00~
交通アクセス:近江鉄道「多賀大社前駅」から徒歩10分、またはJR琵琶湖線「彦根駅」から湖国バス「国道多賀大社」~徒歩2分、または名神高速道路「彦根IC」から車約10分
問合せ先:多賀大社0749-48-1101

2019-04-29(Mon)

白峯神宮夏越大祓式(茅の輪くぐり神事)2019

白峯神宮で夏越大祓式として「茅の輪くぐり神事」が行われます。半年間の身の罪穢れを祓い清める、神道では最も重要な神事です。毎年6月30日と12月31日に行われる大祓式は、それぞれ「夏越大祓式」と「年越大祓式」と言われ、夏には茅の輪を八の字に3回くぐり、その度に茅の葉に罪穢れが移り、身が清らかになるとされます。消除人形の授与(無料)もあります。
所在地:〒602-0054京都府京都市上京区今出川通堀川東入ル飛鳥井町261
開催期間:2019年6月30日17:00~
交通アクセス:地下鉄烏丸線「今出川駅」から西へ徒歩8分、またはJR「京都駅」から9系統の市バス「堀川今出川」すぐ
問合せ先:白峯神宮075-441-3810

2019-04-29(Mon)

あやべ水無月まつり2019

綾部の夏を飾る「あやべ水無月まつり」が由良川沿いで開催されます。夜には灯籠流しと花火が行われるほか、「あやべ良さ来い」が催されます。スターマイン、4号玉、5号玉など、約4000発の打上花火が夏の夜空を焦がします。由良川河畔では色鮮やかな灯籠が流され、大勢の観客で賑わいます。※打ち上げ数4000発観客数3万人臨時トイレ3か所、既設トイレ15か所
所在地:〒623-0012京都府綾部市川糸町
開催期間:2019年7月27日花火打ち上げ/20:00~20:45※小雨決行、荒天中止
開催場所:由良川周辺
交通アクセス:JR山陰本線「綾部駅」から徒歩10分、または舞鶴自動車道「綾部IC」から南へ車約5分
主催:あやべ水無月まつり実行委員会(綾部商工会議所内)
料金:有料観覧席なし
問合せ先:綾部商工会議所0773-42-0701

2019-04-29(Mon)

夏越の祓茅の輪くぐり・人形流し2019

城南宮で、夏の風物詩ともいえる日本古来の風習「夏越の祓」が執り行われます。半年の間に身についた罪や穢れを祓うため、大祓の詞(おおはらえのことば)を唱え、列をなして茅の輪をくぐり抜けます。神苑の春の山に進み、人形(ひとがた)を「禊(みそぎ)の小川」に流し、無病息災を祈願します。城南宮では6月30日に斎行されるこの神事に先立ち、毎年6月25日から30日までの間、午前9時より午後4時まで、随時「茅の輪くぐり」と「人形流し」を行うことができます。
開催期間:2019年6月25日~30日夏越の祓/30日15:00~
交通アクセス:地下鉄烏丸線・近鉄「竹田駅」から徒歩15分もしくは市バス「城南宮東口」下車、またはJR「京都駅」八条口からR’EXバス「油小路城南宮」(平日)・「城南宮前」(土日祝)下車
問合せ先:城南宮075-623-0846

2019-04-29(Mon)

吉田神社夏越の大祓2019

春日造の本殿が美しい吉田神社で、夏越の大祓が執り行われます。知らず知らずのうちに犯している罪や穢れを人形(ひとがた)に託し、「夏越の歌」を唱えながら茅の輪(ちのわ)をくぐって祓い浄めます。厳しい夏を乗り越え、健やかに暮らせることを祈り、宮中でも行われている大切な神事です。当日、人形を納めた参拝者には、門口に飾り家内安全を祈る「茅の輪」が無料で授与されます。
所在地:〒606-8311京都府京都市左京区吉田神楽岡町30
開催期間:2019年6月30日斎行/16:00~
交通アクセス:京阪「出町柳駅」から徒歩20分、またはJR「京都駅」から206系統「東山通北大路バスターミナル行」の市バス「京大正門前」~徒歩5分
主催:吉田神社
料金:無料(人形の初穂料は有料)
問合せ先:吉田神社075-771-3788

2019-04-29(Mon)

祇園祭神幸祭・還幸祭2019

祇園祭の神事のひとつ、7月17日の神幸祭では、八坂神社の3基の神輿がそれぞれ所定のコースに従って氏子区域内を巡行し、午後9時頃までに四条御旅所に着きます。24日の還幸祭では、午後5時頃より順に、四条御旅所を3基の神輿が出発します。所定のコースを経て三条又旅社(御供社)に至り、祭典が行われ、午後9時から10時頃八坂神社に還幸します。その後、御神霊を神輿より本社に還す祭典があります。中御座神輿に伴い、宮本組神宝奉持列の巡行も行われます。
開催期間:2019年7月17日、24日神幸祭/17日、還幸祭/24日
開催場所:京都市八坂神社、氏子区域
交通アクセス:八坂神社まで/京阪「祇園四条駅」または阪急「河原町駅」下車、各山鉾町まで/地下鉄烏丸線「四条駅」または阪急「河原町」または「烏丸駅」下車
料金:見物無料
問合せ先:八坂神社075-561-6155

2019-04-29(Mon)

ホタルの夕べ2019

屋上に広大な公園があり、緑豊かななんばパークスで恒例の「ホタルの夕べ」が開催されます。パークスガーデン5F「せせらぎの杜」の緑の中にホタルが放され、照明が落とされます。都会の真ん中で、幻想的なホタルの光を楽しめます。※整理券配布は1人につき1枚。年齢制限なし。
所在地:〒556-0011大阪府大阪市浪速区難波中2-10-70
開催期間:2019年6月1日~2日20:00~22:00※整理券配布は、8階円形劇場にて17:00より配布(各日先着順)※雨天時は中止となる場合があります。
交通アクセス:南海「なんば駅」からすぐ
料金:入場無料
問合せ先:なんばパークス06-6644-7100

2019-04-29(Mon)

城南宮例祭(お涼み)2019

「お涼み」と呼ばれる城南宮の例祭が毎年7月20日に行われます。午前9時より本殿で祭典が執行され、夕刻に「方除安全」と「無病息災」の木札を収めた2本の氷柱が供えられると、参拝者はこの氷柱に触れ暑気を払って祈願します。拝殿を囲む提灯には火が入れられ、夏の宵の風情が増します。18時から20時30分まで、神楽殿の表舞台において「お涼み神楽」が奉納され、自由に拝観できます。80軒を超す夜店も出て、夜遅くまで賑わいます。
所在地:〒612-8459京都府京都市伏見区中島鳥羽離宮町7
開催期間:2019年7月20日祭典/9:00~、お涼み神楽/18:00~20:30
交通アクセス:地下鉄烏丸線・近鉄「竹田駅」から徒歩15分もしくは市バス「城南宮東口」下車、またはJR「京都駅」八条口からR’EXバス「油小路城南宮」(平日)・「城南宮前」(土日祝)下車
問合せ先:城南宮075-623-0846

2019-04-29(Mon)

妙心寺お精霊迎え・送り2019

お盆のご先祖様をお迎えし、お送りする妙心寺の伝統行事「お精霊迎え・送り」が行われます。8月9日から10日に、年に一度この時だけ撞ける鐘を鳴らして、精霊を迎えます。精霊迎えの間は、法堂と仏殿のまわりに灯篭が灯され、幻想的な光景が広がります。山門がライトアップされるほか、境内には屋台も並び、多くの人で賑わいます。お盆が終わる8月16日の「精霊送り」では、迎え鐘と同じ鐘楼で送り鐘を3回撞いて、お迎えした精霊をおかえしします。
所在地:〒616-8035京都府京都市右京区花園妙心寺町1
開催期間:2019年8月9日~10日、16日6:00~21:00(16日/~12:00)
交通アクセス:JR嵯峨野線「花園駅」から徒歩5分、またはJR「京都駅」からJRバス「妙心寺北門前」~徒歩2分、または阪急「四条河原町」・京阪「三条駅」から京都バス「妙心寺前」~徒歩3分
主催:妙心寺一山会
料金:参拝自由
問合せ先:妙心寺075-461-5226


2019-04-29(Mon)

御誕辰祭~大茅の輪くぐり~2019

6月25日は御祭神である菅原道真公御誕生の日にあたることから、北野天満宮で「御誕辰祭」が斎行されます。この日は「夏越天神」とも言われ、真夏を前に健康と厄除け、無病息災を願う「大茅の輪くぐり」が楼門で行われます。授与所では厄除け、病気除けとして小型の「茅の輪」が参拝者に授与されます。骨董市や植木市などの露店も立ち、終日賑わいます。30日には夏越の大祓神事(16時~)が斎行されます。
所在地:〒602-8386京都府京都市上京区馬喰町
開催期間:2019年6月25日祭典/9:00~(約30分)、大茅の輪くぐり/5:00~21:00頃
交通アクセス:JR嵯峨野線「円町駅」から(西ノ京円町バス停)市バス「北野天満宮前」すぐ、またはJR「京都駅」から50・101系統の市バス「北野天満宮前」すぐ
料金:境内散策自由
問合せ先:北野天満宮075-461-0005

2019-04-29(Mon)

2019びわ湖大花火大会

びわこ花噴水と約1万発の花火が競演する「びわ湖大花火大会」が大津港沖で開催されます。湖面上に半球型に開くスターマインやフィナーレを飾る大スターマイン(大空中爆布)、10号玉など約1万発が打ち上げられ、真夏の夜空とびわ湖をキャンバスに華麗で艶やかな光のパフォーマンスが楽しめます。※打ち上げ数1万発、昨年度打ち上げ数1万発観客数35万人、昨年度観客数35万人臨時トイレあり
所在地:〒520-0047滋賀県大津市
開催期間:2019年8月8日※小雨決行、予備日なし
開催場所:滋賀県営大津港沖水面一帯(打ち上げ場所)
交通アクセス:JR「大津駅」北出口(びわこ口)もしくはJR琵琶湖線「膳所駅」から徒歩15分
主催:びわ湖大花火大会実行委員会
料金:有料観覧席あり
問合せ先:びわ湖大花火大会実行委員会事務局(公益社団法人びわこビジターズビューロー内)077-511-1530(月~金曜/9:00~17:45)

2019-04-29(Mon)

ホタル観賞会2019

「ホタ郎くん」がシンボルのきしべの里では、人工飼育されたゲンジボタルが乱舞する全国的にも珍しい様子を、奥まった竹やぶの中のホタル観賞池で観賞できます。期間中は「ほたるの館」が開館し、ホタルに関するさまざまな資料を見ることができます。
所在地:〒640-0424和歌山県紀の川市貴志川町井ノ口
開催期間:2019年6月1日~10日平日・日曜/20:00~21:30、土曜/20:00~22:00※雨天中止
開催場所:きしべの里公園ほたるの館
交通アクセス:和歌山電鉄貴志川線「貴志駅」から徒歩10分
料金:無料
問合せ先:紀の川市観光振興課0736-77-2511

2019-04-29(Mon)

もりやま芦刈園開園2019

烏丸半島の近くにあるもりやま芦刈園で、西洋アジサイ50種5000本、日本アジサイ50種5000本が見頃を迎えます。期間中の6月の土日を中心に、アジサイの鉢植えや野菜などを即売する「あじさいフェアー」も催されます。色とりどりの花が、艶やかに初夏を彩ります。
所在地:〒524-0062滋賀県守山市杉江町
開催期間:2019年6月上旬~7月上旬8:00~19:00※期間中無休
交通アクセス:JR琵琶湖線「守山駅」西口から杉江循環線の近江バス「杉江東口」~徒歩20分
料金:入園料が必要
問合せ先:守山市シルバー人材センター077-583-2727、芦刈園077-585-7133

2019-04-29(Mon)

余呉湖あじさい園開園2019

琵琶湖の北側に位置する余呉湖で、湖畔に群生する約1万本のアジサイが例年6月下旬から7月上旬にかけて見頃を迎えます。余呉湖は、別名「鏡湖(きょうこ)」と呼ばれる美しい湖で、約600mに渡って咲き誇るアジサイの風景を堪能できます。天女の羽衣や龍神・菊石姫の伝説が残る神秘の湖としても知られます。
所在地:〒529-0523滋賀県長浜市余呉町
開催期間:2019年6月下旬~7月上旬
開催場所:余呉湖あじさい園
交通アクセス:JR北陸本線「余呉駅」から徒歩30分
問合せ先:公益社団法人長浜観光協会0749-65-6521


2019-04-29(Mon)

藤白神社七夕祭り2019

藤白神社の七夕祭りでは、地元の人たちから奉納された笹飾りが境内に飾られます。毎年7月7日、子どもたちが笹飾りを持って参拝し、願い事を祈願する式典が行われます。
所在地:〒642-0034和歌山県海南市藤白448
開催期間:2019年7月7日祇園祭祭典/8:00、七夕祭祭典/18:00
交通アクセス:JRきのくに線「海南駅」から南へ徒歩20分、または阪和自動車道「海南IC」から車すぐ
料金:境内散策自由
問合せ先:藤白神社073-482-1123



2019-04-29(Mon)

祇園祭花傘巡行2019

祇園祭の見どころのひとつ花傘巡行は、昭和41年(1966年)に前祭(さきまつり)と後祭(あとまつり)の山鉾が統合され、7月17日に山鉾巡行が行われることとなったため、7月24日の後祭を補う形で興されました。山鉾の原初的な形態である花傘を中心に、獅子舞、祇園太鼓、馬長稚児、児武者などが風流を競います。24日午前10時に石段下を出発し、四条通を本社に還り、舞殿にてそれぞれ芸能を奉納します。京都織物卸商業組合による織商鉾や花傘娘をはじめ、花街の芸妓衆による舞踊、祇園太鼓、獅子舞、久世六斎・万灯をどりなど、雅な行列と芸能奉納で後祭を彩ります。
所在地:〒605-0073京都府京都市東山区祇園町
開催期間:2019年7月24日八坂神社出発10:00~四条御旅所~寺町~御池~河原町~神幸通~八坂神社着12:00頃
交通アクセス:京阪「祇園四条駅」から徒歩7分、または地下鉄東西線「東山駅」から徒歩10分
料金:見学無料
問合せ先:八坂神社075-561-6155
プロフィール

kazubonka

Author:kazubonka
かずぼんです。大阪並びに近畿一円の口コミ情報を提供していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
メモ
















































【高額報酬!!】有名女優が多数愛用している事でも知られている光美容機。世界中のセレブ御用達の一品。高額商品にも関わらず売れ続けています。ご利用者からご満足のお便りも大変多いです。定価472,500円











BTOパソコンショップ 『フレッシュフィールド』 オールカスタマイズ可能なオリジナルパソコン好評発売中!



























スルガ銀行ANA支店
銀行取引でANAマイルが貯まる(100×60)バナー











<

「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約!



ティッカー

グアム

ハワイ旅行

ムームードメイン

カスタムバイク買取













検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

続・竹林の愚人

思いつくまま

oobuta日記
QRコード
QRコード
FC2カウンター
平成20年8月26日からのアクセス数です。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2アフィリエイト
カウンター アフィリエイト・SEO対策
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
スポンサードリンク

Powered by FC2 Blog