2017-04-30(Sun)

天満青物市場跡の碑

堂島米市場、雑魚場魚市場と並ぶ大阪三大市場として、多くの人が往来し、賑わいを見せた。「摂津名所図会」にも、「日々、朝毎に多くの人が集りて菜蔬を賈う」とあり、ここで大阪近郊の品々と共に水運を利湯して運ばれ、「天下の台所」を実感させてくれる。

所在地:大阪府大阪市北区天満3丁目(南天満公園)

J0010114_20170430182454bd8.jpg
スポンサーサイト

2017-04-30(Sun)

旧大阪砲兵工廠表門

大阪砲兵工廠とは軍の工場である。石垣とレンガ積みのコントラストが美しい。レンガの表面が剥げ落ちているのは空襲で焼けたためかもしれない。

建築年・設計者不詳
所在地:大阪府大阪市中央区大阪城3

J0010132_201704301133488c5.jpg

J0010137_convert_20170430113512.jpg

J0010139_convert_20170430113713.jpg

2017-04-30(Sun)

旧大阪砲兵工廠守衛舎

大阪砲兵工廠とは軍の工場である。守衛舎とあるが実際にはどのように使われたか不明である。相当痛んでいるように見えるがレンガ1個1個を入れ替えることが出来るので、修理は比較的簡単だ。

建築年・設計者不詳
所在地:大阪府大阪市中央区大阪城3

J0010133_20170430113201262.jpg

2017-04-30(Sun)

川西湊町ビル

川西湊町ビルは道頓堀川に面したオフィスビルだ。川に面した窓を丸い船窓にしている地階の珈琲艇キャビンという喫茶店が有名だ。元々ビル自体がインターナショナルスタイルだから丸窓も似合っていて最初からこうだったように見えるが、戦前から色んな看板がかかっていたようである。

所在地:大阪府大阪市西区南堀江1-4-10
建築年:1935年
設計者:不明

J0010150_20170430112914811.jpg

2017-04-30(Sun)

西川家長屋

小路沿いに南面する木造二階建の長屋。切妻造桟瓦葺で、前面に下屋を通し、出格子をたてる。東西に六戸を並べ、西端の住戸のみ広い。各戸は西寄りに土間を通し、東側に三室、背面に裏庭と便所を配する形式とする。大阪市内に多数建てられた長屋の風情を伝える。
構造及び形式等: 木造2階建、瓦葺、建築面積244㎡
年代: 明治43(1910)年頃
所在地: 大阪府大阪市中央区龍造寺町32-1


J0010165_20170430112801d89.jpg

J0010167_201704301128026d1.jpg

2017-04-30(Sun)

南海ビルディング

南海ビルディングは、大阪市中央区難波にあるターミナルビル。
○概要
大阪市街の南玄関である南海電気鉄道難波駅に併設されたターミナルビルで、御堂筋の南端に位置する。乳白色のテラコッタタイルによるコリント様式の近代建築。久野節(久野節建築事務所)の設計、大林組の施工で、1932年に竣工した。主テナントの高島屋大阪店は同社の登記上の本店である。開業時は南海鉄道との提携で「南海タカシマヤ」と呼称し、日本の百貨店では初めて冷暖房を完備していた。1972年から1980年にかけて行われた改装工事により駅舎は南側に移動し、現在は百貨店のみとなっている。この改装時に伊藤継郎により描かれた「南海沿線のまつり」をモチーフとしたモザイク壁画が正面の庇の下にあしらわれている。2010年7月23日に地域のシンボル的存在として大阪市都市景観資源に登録され、2011年1月26日には国の登録有形文化財に登録された。

○再生計画
2007年5月14日に、南海電鉄は難波駅周辺の再生計画を発表し、10月から同駅の改良工事を実施してきた。同時に、高島屋では既存ビルの東側、なんさん通りに面して建っている同社の事務施設5棟を取り壊し、TE館を増築し(約22,000m2)、既存の本館と一体となった「新本館」として再構築した(増床後78,000m2)。当ビルにおいても、外装タイルの補修、高島屋・なんばCITY・なんばパークスに接続する通路の新設・移設、耐震補強などの工事が行われ、2009年9月17日には外装リニューアルが完成した。工事中の仮囲いには南海の全駅名が書かれたユニークなものが用いられた。当ビルと南海電鉄難波駅の間の空間には、1978年に三菱重工業により製造されたN-Iロケットと同型の原寸大模型が置かれ、「ロケット広場」として長年親しまれていたが、2007年8月10日から23日にかけてロケットを撤去(「発射」と呼んでいる)して再整備を行い、室内吹抜空間全体を「なんばガレリア」、旧「ロケット広場」を「ガレリアコート」として、2009年10月16日にオープンした。ビル上部の駅本屋側には、駅の開業(1885年)、南海ビルディングの竣工(1932年)、リニューアル工事(2009年)の記録が刻まれている。2010年3月2日の高島屋増床第1期開業時には、隣接するなんばパークスもリニューアルを行った。同年9月1日に改装第2期部分が開業した。2011年3月3日に高島屋が全館グランドオープンし、4月下旬に高架下のなんばCITYもリニューアルオープンした。

○歴史
1932年(昭和7年)7月9日-完成。15日に南海タカシマヤ(高島屋大阪店)が開業。
1937年(昭和12年)11月1日-天下茶屋駅まで高架化。難波駅高架ホーム使用開始。
1938年(昭和13年)9月10日-天下茶屋駅までの高架複々線完成。
1944年(昭和19年)6月1日-会社合併により近畿日本鉄道の駅となる。
1947年(昭和23年)6月1日-高野山電気鉄道への路線譲渡により、南海電気鉄道の駅となる。
1980年(昭和55年)11月21日-駅改良工事により起点を0.2km今宮戎駅寄りに変更。23日、改良工事完成。
2003年(平成15年)11月7日-なんばパークス第1期開業により中央口を一部改装。
2010年(平成22年)3月2日-新本館の増床部分を含めた第1期分が先行開業。
9月1日-改装第2期部分が開業。
2011年(平成23年)3月3日-増床・リニューアル工事完了、全館開業。

○フロアマップ
2010年7月現在
9F-7Fレストラン「なんばダイニングメゾン」
7F-BF高島屋大阪店3F南海電鉄難波駅連絡通路
1F・5Fスイスホテル南海大阪連絡通路


○情報
用途:商業施設(百貨店、物販・飲食)、多目的ホール
旧用途:鉄道駅
設計者:久野節建築事務所
施工:大林組
建築主:南海電気鉄道
管理運営:高島屋・南海都市創造
構造形式:SRC造
敷地面積:34,252m2
延床面積:約40,707m2(竣工時)、約54,000m2(旧館部分)
階数:地上7階、地下2階
高さ:約31m(100尺)
着工:1929年(昭和4年)6月19日
竣工:1932年(昭和7年)7月9日
所在地:〒542-8510:大阪府大阪市中央区難波5丁目1番5号

DSCN1219.jpg

J0010160_20170430112637db4.jpg

J0010161_20170430112639ea0.jpg

J0010162_201704301126409d3.jpg

2017-04-30(Sun)

大阪松竹座

大阪松竹座は、大阪府大阪市中央区道頓堀一丁目にある日本の劇場である。松竹株式会社が経営している。なお、この劇場は劇場街・道頓堀を表す「道頓堀五座」(浪花座、中座、角座、朝日座、弁天座)には含まれない。

○歴史
・日本初の鉄骨・鉄筋コンクリートの映画館
1930年のポスター。洋画と松竹楽劇部(現・OSK日本歌劇団)のレビューが併演されている
テラコッタを使用したネオルネッサンス様式の正面大玄関の特徴あるアーチを持つ劇場建築は1923年(大正12年)に竣工する。イタリア・ミラノのスカラ座をモデルに、大林組の設計技師・木村得三郎が設計した日本初の鉄骨・鉄筋コンクリートの映画館であり、大阪初の洋式劇場として、同年5月17日に開場した。オープン初日のプログラムは、エルンスト・ルビッチ監督のドイツ映画『ファラオの恋』(Das Weib des Pharao)、松竹蒲田撮影所の野村芳亭監督の映画『母』が上映され、映画の幕間に松竹楽劇部第1回公演『アルルの女』が上演された。梅田の北野劇場と並ぶ、大阪の洋画の殿堂として優秀外国映画の上映を行ったほか、松竹楽劇部から発展した大阪松竹少女歌劇団(OSSK)のレビューも行った。第二次世界大戦後は松竹映画の封切館として再開したが、その後洋画ロードショー館に転向。1970年代以降は渋谷パンテオン/丸の内ルーブル系列の映画館として、『タワーリング・インフェルノ』『ジョーズ』『E.T.』『ラストエンペラー』『ボディガード』など数多くのヒット作や大作を上映。また2階には松竹芸能の本社事務所がテナントで入っていた。1994年(平成6年)5月8日に映画館としての役割を終え、劇場へ改装するため閉館。最後の上映作品は『風と共に去りぬ』であった。

・実演の劇場として再生
1997年(平成9年)2月に、外観を残しつつ最新設備を備えた劇場として新築開場。松竹制作の歌舞伎・新劇・松竹新喜劇を中心に、歌劇、ミュージカル、コンサート等も上演されている。また、2004年(平成16年)には66年ぶりに大阪松竹歌劇団(現・OSK日本歌劇団)によるレビュー「春のおどり」が復活し、以後毎年恒例となっている。

○座席数
1033席 1階:553席2階:282席3階:198席

○所在地
〒542-0071大阪府大阪市中央区道頓堀一丁目9番19号
道頓堀の西端、御堂筋寄りに位置し、戎橋の南詰にある。グリコ等のネオンサインのすぐ裏手。

○最寄駅
地下鉄難波駅
近鉄・阪神大阪難波駅
南海難波駅

○関連項目
歌舞伎
OSK日本歌劇団-松竹座開業にあたり、「松竹楽劇部」として誕生し、その後独立。

J0010151_20170430112521bdb.jpg

J0010152_2017043011252228f.jpg

J0010153_20170430112524c91.jpg


2017-04-30(Sun)

大阪市交通局曾根崎変電所

窓の上下のリブが水平を強調していたり、コーナーを曲線にしていたりして、昭和戦前期のモダニズムを感じさせる。

所在地:大阪府大阪市北区西天満2-7-9


J0010107_201704301123234f0.jpg

J0010109_20170430112324c0b.jpg

J0010110_20170430112326e93.jpg

J0010259_20170523141749d48.jpg

2017-04-30(Sun)

日本キリスト教会大阪西教会

日本キリスト教会 大阪西教会は、大阪府大阪市西区に本拠を置くプロテスタント教会(長老派)。

○歴史
アメリカ合衆国のカンバーランド長老教会の宣教師A.D.ヘールおよびJ.B.ヘールらによって設立された。1879年2月9日に西区南堀江の借家において初めて日本語による礼拝が行われ、仮称として「第一日本カンバーランド教会」、「堀江教会」などと呼ばれた。1884年には、規則を整えて教会を建設し、西区阿波座に会堂を建設して名称を「大阪第一長老教会」と改めた。その後、1890年、カンバーランド長老教会系の9教会が日本基督一致教会と合同して「日本基督教会」となったことから、「日本基督教会大阪西教会」と改称した。1920年、西区阿波座通3丁目5番地に新会堂を建設。1941年、「日本基督教団」が設立されたことから「日本基督教団大阪西教会」と改称。1943年、安治川教会と合併。1945年3月13日、米軍の爆撃のため会堂、図書等一切を焼失。戦後、1951年には日本基督教団から離脱した新「日本基督教会」(1995年に「日本キリスト教会」と改称)の創立に伴い、これに加入。1952年には合併していた安治川教会が分離独立したが、この教会は1956年に東住吉区駒川に会堂を建設し、その地域の地名を取って「北田辺教会」と改称して現在に至っている。会堂は、戦中に焼失したため、1950年、現在地に新会堂を建設したが、1958年には同じ敷地に鉄筋コンクリートの新会堂を建設し(第1期工事)、1965年に第2期工事として現在の建物が完成した。

○行事
主日礼拝 毎日曜日 10:15-11:30
日曜学校 毎日曜日 9:15-10:00
祈祷会 毎水曜日 18:30-19:30

○パイプオルガン
2001年11月に辻オルガンにより設置された。
仕様2手鍵盤および足鍵盤、17ストップ(14 speaking stops and 3 transmissions)
パイプ総本数  約820本

○所在地・交通アクセス
所在地〒550-0013大阪市西区新町3丁目1-12
アクセス大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線西大橋駅1番出口徒歩5分
大阪市営地下鉄千日前線西長堀駅1番出口徒歩5分
大阪市営地下鉄中央線阿波座駅2番出口徒歩8分
大阪市営地下鉄四つ橋線四ツ橋駅2番出口徒歩8分


DSCN1205.jpg

DSCN1207.jpg

DSCN1208.jpg

J0010142_20170430112130f74.jpg

J0010143_201704301121455e3.jpg

J0010144_201704301121471a3.jpg

2017-04-30(Sun)

崎山ビル

四ツ橋筋の1本東、阪神高速沿いに建つ崎山ビルは、外壁面にネットが張られ、痛みに激しいのが少々気になる大正時代の建築物である。しかし1階には馬から20年以上も前、近代建築にレストランがこぞって入居する入る前から、OPUM(オピューム)というイタリアレストランが本格的な料理を提供し続けている。内部は小さな玄関からは創造出来ない天井の高さ。天井の梁には幾何学模様の細かな装飾が残り、円柱の壁柱がそれを支える。オーナーは天井の高さを活かして2階にロフト席を新設、照明も自らデザインするなど、元の空間を活かした重厚な雰囲気のレストランになっている。

所在地:大阪府大阪市西区靱本町1-6-2
建築年:大正中期
構造・規模:鉄筋コンクリート造4階建地下1階
設計:不詳

J0010140_20170430111921cc3.jpg

J0010141_201704301119232c4.jpg


2017-04-30(Sun)

元住友家邸内ビリヤード場

擬洋風の平屋建て。この地にあった住友長堀銅吹所は、当時日本最大の銅精練所であった。1876年に銅吹所が閉鎖され跡地は住友家本邸となる。1879年には洋館や庭園が作られ、その東側にビリヤード場が建てられた。独立建物のビリヤード場としては、日本最古のものである。1993年に移築復元工事。設計施工は八木甚兵衛(?)。建築時期は1879(明治12)年頃。

所在地:大阪府大阪市中央区島之内1-6

DSCN1223.jpg

J0010164_2017043011180108a.jpg

2017-04-30(Sun)

フジカワ画廊

大阪を代表する世界的建築家村野藤吾の作品で、ガラスブロックの箱として構想されている。当時は相当斬新なアイデアだったはずだ。両サイドに小さなバルコニーには金属製のレリーフが手摺り代わりになっている。

所在地:大阪府大阪市中央区瓦町1-7-3
建築年:1953年
設計:村野藤吾、村野森建築事務所

J0010169_20170430111652c7b.jpg

J0010170_20170430111653648.jpg

2017-04-30(Sun)

八坂神社例祭2017

御祭神ゆかりの日に、八坂神社で例祭が執り行われます。弥栄雅楽会による「東遊」の神楽奉奏があるほか、午後3時からの「献詠披講式」では、向陽会員による綾小路流朗詠の披講奉仕が行われます。
所在地:〒605-0073京都府京都市東山区祇園町
開催期間:2017年6月15日例祭(大祭)/10:00~、献詠披講式/15:00~
交通アクセス:京阪「祇園四条駅」から徒歩7分、または地下鉄東西線「東山駅」から徒歩10分
問合せ先:八坂神社075-561-6155

2017-04-30(Sun)

柳谷観音あじさいまつり2017

柳谷観音(楊谷寺)では、例年6月下旬から7月上旬にアジサイが見頃を迎えます。毎年6月下旬に「あじさいまつり」が開催され、お茶席が設けられます。日本古来の和アジサイをはじめ新しい品種も年々増え、あるがままの自然な形で、色とりどりのアジサイが楽しめます。奥ノ院にいたる参道には「あじさいのみち」が整備され、27種4500株のアジサイで彩られます。※JR長岡京駅前から山門までシャトルバス運行(有料)
所在地:〒617-0855京都府長岡京市浄土谷堂ノ谷2
開催期間:2017年6月18日10:00~15:30
交通アクセス:阪急「西山天王山駅」から車約10分、または阪急「長岡天神駅」から車約15分、またはJR京都線「長岡京駅」から車約15分
料金:拝観料が必要
問合せ先:長岡京市観光協会075-951-4500

2017-04-30(Sun)

丹州観音寺あじさいまつり2017

別名を「あじさい寺」とも呼ばれる丹州観音寺では、例年6月上旬から7月上旬にかけて、100種類1万株のあじさいが開花し、「あじさい参詣(もうで)」に多くの人が訪れます。花の最盛期にあわせて「あじさいまつり」が開催されます。その年によりさまざまな催しが楽しめるほか、年に一度の住職による法話を聞くこともできます。※バスの本数が少ないためご注意ください。
所在地:〒620-0803京都府福知山市観音寺1067
開催期間:2017年6月25日13:00~15:00
交通アクセス:JR山陰本線「石原駅」から徒歩15分、またはJR福知山線「福知山駅」もしくは「綾部駅」からバス約15分「観音寺バス停」~徒歩5分
主催:丹州観音寺
料金:拝観有料/大人350円、高中生200円、小学生以下無料
問合せ先:丹州観音寺0773-27-1618

2017-04-30(Sun)

長居植物園ハスの早朝開園2017

長居植物園で、ハスの開花にあわせて早朝開園が行われます。ハスは早朝に花を開かせ午後には閉じてしまうため、美しい姿が観賞できるよう、通常より2時間早く開園されます。一文字橋をはじめ、どの場所からでも大池の水面を揺らすハスの花を楽しむことができます。
所在地:〒546-0034大阪府大阪市東住吉区長居公園1-23
開催期間:2017年7月1日~9日7:30~(通常9:30開園)※3日は臨時開園
交通アクセス:地下鉄御堂筋線「長居駅」3号出口から東へ徒歩10分
料金:入園料が必要/大人200円、中学生以下・65歳以上(大阪市在住の方・証明書提示)・障がい者の方は無料(証明書提示)
問合せ先:大阪市立長居植物園06-6696-7117

2017-04-30(Sun)

和歌山県植物公園緑花センターのハス2017

和歌山県植物公園緑花センターのハス池は3000平方mもの広さがあり、例年7月になると池一面に美しいハスの花が咲き誇ります。池には木橋が架かり、中央には浮見堂があるので、花を間近で観賞することができます。ハス池横にある品種保存槽では、さまざまな種類のハスの花が楽しめます。
所在地:〒649-6211和歌山県岩出市東坂本672
開催期間:2017年7月中旬~8月上旬9:00~17:00(入園は16:30まで)※休園日は毎週火曜
交通アクセス:JR和歌山線「岩出駅」から市内巡回バス(東巡回コース)「緑花センター・根来公園墓地前」から徒歩3分
主催:和歌山県植物公園緑花センター
料金:無料
問合せ先:和歌山県植物公園緑花センター0736-62-4029

2017-04-30(Sun)

三光神社中風除け大祭2017

戦国の武将、真田幸村の「抜け穴」が有名な三光神社で、毎年6月1日から1週間、中風除けの大祭が執り行われます。中風除けの神を祀る全国でも唯一の神社として知られ、中風を防ぐための祈祷と茅の輪くぐりが行われます。
所在地:〒543-0013大阪府大阪市天王寺区玉造本町14-90
開催期間:2017年6月1日~7日受付時間/9:00~16:00
交通アクセス:地下鉄長堀鶴見緑地線「玉造駅」2番出口から徒歩2分、またはJR大阪環状線「玉造駅」から西南に徒歩5分
主催:三光神社
問合せ先:三光神社06-6761-0372

2017-04-30(Sun)

ひまわり柚遊農園ひまわり畑開園2017

丹波市柚津地区のひまわり柚遊農園では、例年7月下旬から8月上旬にかけて約40万本のひまわりが一面に咲き誇ります。開園期間中はひまわり迷路やひまわり狩り、農産物の販売なども行われます。7月30日の「ひまわり祭り」では、バザーなど各種イベントが催され、多くの人で賑わいます。
所在地:〒669-4271兵庫県丹波市春日町柚津913番地
開催期間:2017年7月23日~8月6日9:00~16:00(8月6日は午前まで)※ひまわり祭り/7月30日
交通アクセス:JR福知山線「黒井駅」からバス「東中」~徒歩10分、または舞鶴若狭自動車道「丹波春日IC」から車約7分
料金:入園料/300円(中学生以下は無料)
問合せ先:かすが観光案内所0795-70-3501


2017-04-30(Sun)

ささやま玉水ゆり園・あじさい園開園2017

篠山の中心部から歩いて5分ほどの場所にあるささやま玉水で、ゆり園・あじさい園が開園します。ユリの花10万本、アジサイ2000株が咲き誇ります。ユリやアジサイの鉢植、切花の販売があるほか、丹波特産品のお土産処もあります。
所在地:〒669-2321兵庫県篠山市黒岡207-1
開催期間:2017年6月上旬~7月中旬ゆりの見頃/6月中旬~下旬、あじさいの見頃/6月中旬~7月中旬
交通アクセス:JR宝塚線「篠山口駅」から神姫バス「二階町」~徒歩10分、または舞鶴若狭自動車道「丹南篠山口IC」から東へ車約15分
料金:入園料が必要/大人700円、小学生350円
問合せ先:ささやま玉水079-552-0884、ささやま玉水ゆり園079-552-6316




2017-04-29(Sat)

おくわはん2017

「おくわはん」とは明石市の無形文化財に指定されている農耕神事です。毎年、田植えが終わった6月に、農家の代表者や講親らが羽織袴姿で、桑の木製の小さな鍬「おくわはん」と金色の御幣を持って神社に集まり、水の取り口から水田地帯をまわり、豊作を願います。
所在地:〒674-0074兵庫県明石市魚住町清水886
開催期間:2017年6月25日祭典/9:00~、神事/9:30~
交通アクセス:JR神戸線「魚住駅」から徒歩20分
問合せ先:住吉神社(宮司・稲垣)090-5973-4251

More...

2017-04-21(Fri)

相楽園夏至祭2017

一年で最も日照時間の長い夏至にあわせて、相楽園の旧小寺家厩舎を会場に、美術展(10日~18日)やコンサート(18日13:00~14:00)などが開催されます。旧小寺家厩舎は明治時代に建設された西洋スタイルの建物で、国の重要文化財に指定されています。(共催:神戸市立相楽園、神戸山手短期大学)
所在地:〒650-0004兵庫県神戸市中央区中山手通5-3-1
開催期間:2017年6月10日~18日9:00~17:00(入園は閉園の30分前まで)
交通アクセス:地下鉄山手線「県庁前駅」から北へ徒歩5分、またはJR神戸線「元町駅」から北西へ徒歩10分、または阪神「元町駅」から北西へ徒歩10分、またはJR神戸線「三ノ宮駅」から市バス「諏訪山公園下」~南へ徒歩10分
主催:神戸市立相楽園、神戸山手短期大学&Kobe-YamateCAST
料金:大人(15才以上)300円、小人(中小生)150円
問合せ先:神戸山手短期大学078-351-7180

2017-04-20(Thu)

柳生花しょうぶ園開園2017

約1万平方mの敷地があり、80万本のショウブが植えられている柳生花しょうぶ園が、5月下旬から7月上旬に開園します。2500株ものアジサイやスカシユリも植えられており、色鮮やかな花が園内を彩ります。
所在地:〒630-1237奈良県奈良市柳生町403
開催期間:2017年5月27日~7月2日9:00~16:00
交通アクセス:JR関西本線「笠置駅」から車約15分、またはJR「奈良駅」から奈良交通バス約50分
主催:柳生花しょうぶ園
料金:入園料が必要/大人650円(税込)、小人350円(税込)
問合せ先:柳生花しょうぶ園090-8379-6537、柳生観光協会0742-94-0002

2017-04-20(Thu)

余呉湖あじさい園開園2017

琵琶湖の北側に位置する余呉湖で、湖畔に群生する約1万本のアジサイが例年6月下旬から7月上旬にかけて見頃を迎えます。余呉湖は、別名「鏡湖(きょうこ)」と呼ばれる美しい湖で、約600mに渡って咲き誇るアジサイの風景を堪能できます。天女の羽衣や龍神・菊石姫の伝説が残る神秘の湖としても知られます。
所在地:〒529-0523滋賀県長浜市余呉町
開催期間:2017年6月下旬~7月上旬
開催場所:余呉湖あじさい園
交通アクセス:JR北陸本線「余呉駅」から徒歩30分
問合せ先:奥びわ湖観光協会0749-82-5909

2017-04-20(Thu)

天の川ほたるまつり2017

ホタルでは全国で唯一の特別天然記念物に指定されている「長岡のゲンジボタルおよびその発生地」で、発生にあわせて3日と4日に「天の川ほたるまつり」が開催されます。米原市内では期間中、天野川流域の観賞地付近にぼんぼりや行灯などが設置されるほか、ホタルの生態やホタル保護活動の歴史を紹介する「ホタル館」が5月27日から6月15日まで開設されます。ホタルが飛び交う様子を観賞することができるのは20時~21時頃で、JR醒ケ井駅前からは地元旅行業者によるホタル観賞地をめぐる「米原ほたる観賞ツアーバス(有料)」も運行されます。※観賞地へはJR東海道本線「近江長岡駅」から徒歩10分
所在地:〒521-0242滋賀県米原市長岡1050-1
開催期間:2017年6月3日~4日※ホタル館開設/5月27日~6月15日、総合案内所開設/6月2日~11日
開催場所:滋賀県米原市長岡周辺(総合案内所/ルッチプラザ)
交通アクセス:JR東海道本線「近江長岡駅」から徒歩15分
主催:米原市天の川ほたるまつり実行委員会
問合せ先:米原市天の川ほたるまつり実行委員会事務局0749-58-2227





2017-04-20(Thu)

ホタルの夕べ2017

屋上に広大な公園があり、緑豊かななんばパークスで恒例の「ホタルの夕べ」が開催されます。パークスガーデン5F「せせらぎの杜」の緑の中にホタルが放され、照明が落とされます。都会の真ん中で、幻想的なホタルの光を楽しめます。
所在地:〒556-0011大阪府大阪市浪速区難波中2-10-70
開催期間:2017年6月3日~4日20:00~22:00※整理券配布は8階円形劇場にて17:00より配布(各日先着300人)※雨天時は中止となる場合があります。
交通アクセス:南海「なんば駅」からすぐ
料金:入場無料
問合せ先:なんばパークス06-6644-7100

2017-04-20(Thu)

弘法大師降誕会2017

弘法大師様の誕生日をお祝いする儀式が、清荒神清澄寺で執り行われます。11時から本堂にて理趣三昧法要が営まれ、引き続き境内の修行大師尊像前にて読経が行われます。その後、小法話があり、参詣人にお供物が授与されます。
所在地:〒665-0837兵庫県宝塚市米谷清シ1
開催期間:2017年6月15日
交通アクセス:阪急宝塚線「清荒神駅」から徒歩15分、またはJR宝塚線「宝塚駅」から清荒神清澄寺駐車場まで定期路線バス運行あり(2月~12月の日祝のみ)
問合せ先:清荒神清澄寺0797-86-6641

2017-04-20(Thu)

びわこ箱館山ゆり園開園2017

冬はスキーで知られるびわこ箱館山では、夏シーズンには美しいゆり園が開園します。約5万400平方mの敷地に約50種類の球根35万球、約250万輪の色とりどりのユリが咲き誇ります。ユリを使った食事「ゆり御膳」や「ゆり根の天ぷら」、「ゆりソフトクリーム」が楽しめるほか、ユリ苗などの販売も行われます。子どもたちが遊べる「Kid’s World」もオープンし、スノーマウンテンやハコちゃんスライダー、ソリ遊びヒルズなどが満喫できます。
所在地:〒520-1655滋賀県高島市今津町日置前字河内4201-4
開催期間:2017年7月1日~8月27日9:00~17:00
交通アクセス:JR湖西線「近江今津駅」からバス約20分「箱館山」下車
料金:大人1850円、子ども930円(ゴンドラ料金・ゆり園入場料含む)※リフト/大人310円、子ども160円
問合せ先:びわこ箱館山ゆり園0740-22-2486

2017-04-20(Thu)

須磨離宮公園第21回花しょうぶ観賞会

神戸市立須磨離宮公園では、開花に合わせて「花しょうぶ観賞会」が開催されます。源氏物語ゆかりの月見の名所“月見山”のふもとに位置する花しょうぶ園では、「光源氏」、「葵の上」、「薫君」をはじめ約60種4000株が咲き誇ります。10日と11日にはグリーンティーのサービス(10:00~、先着500人)、11日には草笛演奏(13:00~)が行われ、和の風情を味わえます。6月上旬までバラと花しょうぶを同時に楽しめます。
所在地:〒654-0018兵庫県神戸市須磨区東須磨1-1
開催期間:2017年6月3日~11日※6月8日は臨時開園
交通アクセス:JR神戸線「須磨駅」から75系統「妙法寺駅行」の市バス「離宮公園前」すぐ、またはJR神戸線「須磨海浜公園駅」から徒歩20分、または第二神明道路「須磨IC」から車すぐ(姫路方面)、または阪神高速「月見山IC」から車約5分(大阪方面)
主催:神戸市公園緑化協会・神戸市造園協力会グループ
料金:入園料/大人(15歳以上/中学生は除く)400円、中小生200円
問合せ先:神戸市立須磨離宮公園078-732-6688

2017-04-20(Thu)

全長寺のあじさい2017

「だるま寺」で有名な全長寺では、境内にある約20aの休耕田を活用し、約50種類1500株のアジサイを栽培しています。例年6月下旬から7月中旬にかけて、色とりどりの花が咲き乱れ、訪れる人を楽しませます。
所在地:〒529-0536滋賀県長浜市余呉町池原885
開催期間:2017年6月下旬~7月中旬
交通アクセス:JR北陸本線「木ノ本駅」から余呉町タウンバス約15分「今市」~徒歩5分
料金:拝観料300円※諸堂拝観の場合
問合せ先:全長寺0749-86-2001


プロフィール

kazubonka

Author:kazubonka
かずぼんです。大阪並びに近畿一円の口コミ情報を提供していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
メモ














































【高額報酬!!】有名女優が多数愛用している事でも知られている光美容機。世界中のセレブ御用達の一品。高額商品にも関わらず売れ続けています。ご利用者からご満足のお便りも大変多いです。定価472,500円











BTOパソコンショップ 『フレッシュフィールド』 オールカスタマイズ可能なオリジナルパソコン好評発売中!





























スルガ銀行ANA支店
銀行取引でANAマイルが貯まる(100×60)バナー











<

「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約!



ティッカー

グアム

ハワイ旅行

ムームードメイン

カスタムバイク買取













検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

続・竹林の愚人

思いつくまま

oobuta日記
QRコード
QRコード
FC2カウンター
平成20年8月26日からのアクセス数です。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2アフィリエイト
カウンター アフィリエイト・SEO対策
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
スポンサードリンク

FC2Ad

Powered by FC2 Blog