2016-11-30(Wed)

金剛寺除夜の鐘2016

「花の寺」として知られる五條市の金剛寺では、大晦日の午後11時40分より参拝者も除夜の鐘をつくことができます。こぶ茶の接待も行われます。平安時代末期、平重盛が創建した寺と伝わり、西国薬師霊場第9番、関西花の寺霊場第23番札所にも数えられます。
所在地:〒637-0036奈良県五條市野原西3-2-14
開催期間:2016年12月31日23:40~
交通アクセス:JR和歌山線「五条駅」から車約7分または徒歩25分
問合せ先:金剛寺0747-23-2185
スポンサーサイト

2016-11-30(Wed)

金剛寺三宝荒神供2017

伝統の三宝荒神をお祀りし、新春門出の家運隆昌を祈願する「三宝荒神供」が金剛寺で執り行われます。三宝荒神は、一切の罪障を皆ことごとく消滅させ、一切の所願を皆ことごとく満足させるとされ、火難や水難から守られた一家は幸運に恵まれるといわれ、古くから信仰を集めています。
所在地:〒637-0036奈良県五條市野原西3-2-14
開催期間:2017年1月28日10:00~16:00
交通アクセス:JR和歌山線「五条駅」から車約7分または徒歩25分
問合せ先:金剛寺0747-23-2185

2016-11-30(Wed)

春日大社初詣2017

世界遺産にも登録されている春日大社には、初詣に例年約50万人の参拝者が訪れます。1日から3日はふるまい酒(志が必要)もあります。3日の11時からは「神楽始式」が行われ、参拝所から拝観できます。
所在地:〒630-8212奈良県奈良市春日野町160
開催期間:2017年1月1日~5日神楽始式/3日11:00~
交通アクセス:JR「奈良駅」・近鉄「近鉄奈良駅」から「春日大社本殿行」の奈良交通バス「終点」下車、またはJR「奈良駅」・近鉄「近鉄奈良駅」から市内循環外回りの奈良交通バス「春日大社表参道」~徒歩10分
料金:境内自由
問合せ先:春日大社0742-22-7788

2016-11-30(Wed)

吉祥天にちなむお香とお茶の会2017

薬師寺のお正月の法要「吉祥悔過法要」の法楽として、お香とお茶を愉しむ会が開催されます。修正会の結願の吉日に一年の吉祥福徳をご本尊におすがりし、吉祥天のもとにおいてお茶会が開かれます。お香席では、伽羅、羅国、真南蛮など数々の名香がたかれ、お茶とともに味わえます。福引も行われます。
所在地:〒630-8563奈良県奈良市西ノ京町457
開催期間:2017年1月15日9:30~15:30
交通アクセス:近鉄橿原線「西ノ京駅」からすぐ、またはJR「奈良駅」から奈良交通バス約17分「薬師寺」すぐ
料金:会費5000円(申込が必要)※新成人の方は無料招待
問合せ先:薬師寺0742-33-6001

2016-11-30(Wed)

安倍文殊院初詣2017

安倍文殊院は、特に入試合格祈願や学業成就、厄除け魔除け祈願を願う人々が初詣に訪れます。御本尊は「三人寄れば文殊の智恵」の格言で有名な文殊菩薩で、日本最大(7m)、鎌倉時代・建仁3年(1203年)に大仏師・快慶によって造立されました。獅子に乗り、4人の脇侍を伴う渡海文殊群像で、この5像全てが国宝です。開運弁才天、安倍仲麻呂公、安倍晴明公の御尊像、方位災難除けの九曜星が安置される境内の金閣浮御堂は、霊宝館として内陣参拝でき、季節によってさまざまな寺宝を見ることもできます。
所在地:〒633-0054奈良県桜井市阿部645
開催期間:2017年1月1日~3日
交通アクセス:JR桜井線「桜井駅」から徒歩20分または奈良交通バス「安倍文殊院前」すぐ
問合せ先:安倍文殊院0744-43-0002

2016-11-29(Tue)

南市の初えびす2017

春日大社の末社である恵毘須神社で、4日に「宵えびす」、5日に「本えびす」と祭典が行われます。境内では吉兆笹、参道では縁起ものが授与され、多くの人で賑わいます。
所在地:〒630-8373奈良県奈良市南市町
開催期間:2017年1月4日~5日【4日】17:00~【5日】7:00~
交通アクセス:近鉄「近鉄奈良駅」から徒歩5分、またはJR「奈良駅」から徒歩10分
料金:境内自由
問合せ先:南市恵毘須神社(春日大社)0742-22-7788

2016-11-29(Tue)

長谷寺除夜の鐘2016

西国三十三所観音霊場第八番札所としても知られ、真言宗豊山派の総本山である長谷寺では、大晦日の23時45分頃から除夜の鐘がつかれます。四季を通じ「花の御寺(みてら)」として親しまれている境内に鐘の音が鳴り響き、新年を迎えます。※駐車場があります。
所在地:〒633-0112奈良県桜井市初瀬731-1
開催期間:2016年12月31日入山時間/9:00~
交通アクセス:近鉄大阪線「長谷寺駅」から徒歩15分
料金:入山料が必要(17:00~入山料無料)
問合せ先:長谷寺0744-47-7001

2016-11-29(Tue)

春日若宮おん祭2016

春日大社の摂社である若宮神社で「春日若宮おん祭」が催されます。880余年にわたり途切れることなく、五穀豊穣と万民安楽を祈り、大和一国を挙げて盛大に執り行われてきました。現在では7月から行事が始まり、中心となる神事は12月15日~18日に行われます。長承年間、長年にわたる大雨や洪水により、飢饉が相次ぎ疫病が蔓延したため、時の関白藤原忠通公が、万民救済のため若宮の御霊威にすがり、若宮神社本殿と同じ規模の壮麗な仮御殿を造営しました。若宮の御神助を願い、翌年(1136年)旧暦9月17日、春日野に御神霊をお迎えして丁重なる祭礼を奉仕したのが「おん祭」の始まりです。
所在地:〒630-8212奈良県奈良市春日野町160
開催期間:2016年12月15日~18日行事により異なる
開催場所:若宮神社(春日大社摂社)
交通アクセス:JR「奈良駅」もしくは近鉄「近鉄奈良駅」から「春日大社本殿行」のバス「春日大社本殿」すぐまたは市内循環外回りのバス「春日大社表参道」~徒歩10分
問合せ先:春日大社0742-22-7788

2016-11-29(Tue)

春日若宮おん祭お渡り式2016

平安時代の末に五穀豊穣を祈って始められたお祭りです。15日の大宿所祭、16日の宵宮祭を経て、17日正午からのお渡り式では、平安から江戸までの時代装束を身につけた時代行列が見られます。その後、お旅所で神楽や舞楽、細男、田楽、猿楽など古典芸能の奉納が行われます。18日には後宴能も催されます。
所在地:〒630-8212奈良県奈良市春日野町160
開催期間:2016年12月17日12:00~14:30頃※雨天の場合は要問合わせ
開催場所:春日大社一之鳥居・三条通り周辺
交通アクセス:JR「奈良駅」・近鉄「近鉄奈良駅」から「春日大社本殿行」の奈良交通バス「終点」下車、またはJR「奈良駅」・近鉄「近鉄奈良駅」から市内循環外回りの奈良交通バス「春日大社表参道」~徒歩10分
主催:春日大社
料金:拝観無料
問合せ先:春日大社0742-22-7788

2016-11-29(Tue)

薬師寺除夜の鐘2016

薬師寺では23時頃から整理券が配られ、23時30分頃から除夜の鐘を撞くことができます。この日は「越年お写経会」が行われるため、お写経をした方が優先となります。鐘を撞いた後、おもちの接待もあります(なくなり次第終了)。
所在地:〒630-8563奈良県奈良市西ノ京町457
開催期間:2016年12月31日除夜の鐘所作/23:30頃~
交通アクセス:近鉄橿原線「西ノ京駅」からすぐ、またはJR「奈良駅」から奈良交通バス約17分「薬師寺」すぐ
料金:無料
問合せ先:薬師寺0742-33-6001

2016-11-29(Tue)

唐招提寺・お身拭い2016

伽藍内の諸尊像のホコリを払い、身を清める年末の恒例行事です。最初に、仏様にこの一年を感謝し法要を営んで、その後お身拭いが行われます。
所在地:〒630-8032奈良県奈良市五条町13-46
開催期間:2016年12月15日9:00~
開催場所:唐招提寺金堂
交通アクセス:近鉄「西ノ京駅」から徒歩8分、またはJR「奈良駅」もしくは近鉄「近鉄奈良駅」から「六条山行」の奈良交通バス約17分「唐招提寺」すぐ
料金:拝観料600円
問合せ先:唐招提寺0742-33-7900

2016-11-29(Tue)

西大寺除夜の鐘2016

東の東大寺に対する西の大寺として創建された真言律宗の総本山、西大寺では、希望すると23時45分頃から除夜の鐘を撞くことができます。大晦日には、ゆく年の懺悔と来る年の平安を祈願して、23時30分頃から除夜会法要が営まれます。
所在地:〒631-0825奈良県奈良市西大寺芝町1-1-5
開催期間:2016年12月31日23:45頃~
交通アクセス:近鉄「大和西大寺駅」から徒歩3分
主催:西大寺
料金:志納
問合せ先:西大寺0742-45-4700



2016-11-29(Tue)

帯解寺除夜の鐘2016

平安前期、文徳天皇妃の染殿皇后が懐胎した際、この寺に祈願して清和天皇を安産したことから、その名がついたと伝わる帯解寺で、一年の厄除招福を願い、希望者全員が順番に鐘をつくことができます。樽酒のふるまいも行われ、安産、求子の御利益を願う人々で賑わいます。
所在地:〒630-8444奈良県奈良市今市町734
開催期間:2016年12月31日23:00過ぎ~翌0:30
交通アクセス:JR桜井線「帯解駅」から徒歩5分、または近鉄「近鉄奈良駅」から「天理駅行」の奈良交通バス「下山(帯解寺前)」~徒歩10分
主催:帯解寺
料金:無料
問合せ先:帯解寺0742-61-3861

2016-11-29(Tue)

聖林寺除夜の鐘2016

真言宗室生寺派の古刹、聖林寺では、大晦日の23時から除夜の鐘つきが始まります。一般の人の参加も可能で、108回までつくことができます。23時から抹茶のふるまいもあり、除夜の鐘の時間帯は、奈良時代の名作とされる国宝の十一面観音を無料で拝観することができます。※駐車場があります。
所在地:〒633-0042奈良県桜井市下692
開催期間:2016年12月31日23:00~翌1:00
交通アクセス:JR桜井線「桜井駅」から車約9分または「多武峯行」・「談山神社行」のバス約10分「聖林寺前」すぐ
問合せ先:聖林寺0744-43-0005

2016-11-29(Tue)

大神神社大祓・除夜祭2016

大物主神を祀る日本最古の神社として知られる大神神社で、大祓と除夜祭が行われます。大祓は過去半年間に知らず知らずのうちに犯してしまった罪や穢れを人形に移して川に流し、心身共に清々しい状態で元旦を迎えるための神事です。年間最後の祭典である除夜祭では、一年間の無事息災を感謝し、来る年の安全を祈ります。
所在地:〒633-8538奈良県桜井市三輪1422
開催期間:2016年12月31日大祓/14:00~、除夜祭/15:00~
交通アクセス:JR桜井線「三輪駅」から東へ徒歩5分、または近鉄大阪線「桜井駅」からバス「三輪明神参道口」~徒歩10分
主催:大神神社
問合せ先:大神神社0744-42-6633

2016-11-29(Tue)

安倍文殊院除夜の鐘2016

安倍文殊院では、住職が最初に鐘をついた後、先着順に希望者全員が鐘をつくことができます。「三人寄れば文殊の智恵」で有名な文殊菩薩(日本最大、国宝)を本尊とし、合格祈願や学業成就、厄除け魔除け祈願を願う祈願者で賑わいます。
所在地:〒633-0054奈良県桜井市阿部645
開催期間:2016年12月31日23:45~
交通アクセス:JR桜井線「桜井駅」から徒歩20分または奈良交通バス「安倍文殊院前」すぐ
主催:安倍文殊院
料金:参加無料
問合せ先:安倍文殊院0744-43-0002

2016-11-29(Tue)

長浜盆梅展2017

明治建築の「慶雲館」に、高さ3mに迫る巨木や、樹齢400年を超える老木など、見頃を迎えた約90鉢の盆梅が展示されます。関西の早春の風物詩ともなっており、梅を見ながらいたただくお抹茶(有料)もまた風流です。
所在地:〒526-0067滋賀県長浜市港町2-5
開催期間:2017年1月7日~3月12日9:00~17:00、2月4日~3月5日の土日祝と2月13日~14日/9:00~20:30(入館はいずれも閉館30分前まで)
開催場所:慶雲館
交通アクセス:JR琵琶湖線「長浜駅」から南へ徒歩3分
主催:公益社団法人長浜観光協会
料金:大人500円、中小生200円
問合せ先:公益社団法人長浜観光協会0749-65-6521

2016-11-29(Tue)

浮気の火祭り2017

住吉神社で、無病息災を祈願する火祭りが斎行されます。神事、弓射式が行われた後、太鼓のバチと藁の手松明を持った若者たちが町内を巡回し、宮入します(18時30分頃)。夜には大蛇に見立てた直径2m、長さ5mの松明6基に奉火し、「ヘーユ、ヘーユ」と勇ましくかけ声をかけ、大松明の周りを乱舞します(20時頃)。地元では「オコナイ」とも呼ばれる祭事で、県選択の無形民俗文化財に指定されています。
所在地:〒524-0033滋賀県守山市浮気町152
開催期間:2017年1月14日奉火/20:00頃~
交通アクセス:JR琵琶湖線「守山駅」から徒歩10分
料金:見学無料
問合せ先:守山市観光物産協会077-582-1266



2016-11-29(Tue)

白鬚神社初詣2017

「白鬚さん」「明神さん」の名で親しまれる白鬚神社は、延命長寿、縁結び、子授け、開運招福のご利益があるといわれ、初詣には多くの参拝者で賑わいます。この神社の朱塗りの大鳥居が国道161号線をはさんだ琵琶湖の中にあり、年末年始にはライトアップも行われます。※神社前の国道161号線は駐車できません。
所在地:〒520-1122滋賀県高島市鵜川215
開催期間:2017年1月1日~15日
交通アクセス:JR湖西線「近江高島駅」から徒歩40分または車約5分、または名神高速道路「京都東IC」から湖西道路・国道161号経由車約50分
問合せ先:白鬚神社0740-36-1555

2016-11-29(Tue)

日吉大社初詣2017

平安京の表鬼門を守る方除、厄除の神社として有名な日吉大社は、正月三が日、初詣に訪れた人々で賑わいます。元旦5時からの新年行事「大戸開神事」は、篝火の中、伝統ある近江猿楽が厳かに行われる神事で、多くの参拝者が見守る中、能「翁」や謡曲「四海波」が奉奏されます。
所在地:〒520-0113滋賀県大津市坂本5-1-1
開催期間:2017年1月1日~3日
交通アクセス:京阪石坂線「坂本駅」から徒歩10分
主催:日吉大社
料金:拝観料が必要
問合せ先:日吉大社077-578-0009

2016-11-29(Tue)

彦根城で除夜の鐘をつく集い2016

彦根城で、除夜の鐘を聞きながら新年を迎えるイベントが行われます。大晦日に、天守へむかう石段の途中にある時報鐘をつくことができます。天下の名城の一つに数えられる彦根城で新年を迎えようと人々で賑わいます。
所在地:〒522-0061滋賀県彦根市金亀町1-1
開催期間:2016年12月31日23:00~24:00(入場/22:30~23:30)※入場は表門からのみとなります。
開催場所:滋賀県彦根市特別史跡彦根城跡(時報鐘)
交通アクセス:JR琵琶湖線「彦根駅」から西へ徒歩15分
主催:彦根市教育委員会文化財課
料金:無料
問合せ先:彦根城管理事務所0749-22-2742、彦根市教育委員会文化財課0749-26-5833



2016-11-29(Tue)

長濱八幡宮初詣2017

長濱八幡宮には、厄除けや開運、健康長寿などを願い、毎年約15万人の初詣参拝者が訪れます。兵火により社殿のほとんどを焼失したものの、長浜城主となった羽柴(豊臣)秀吉により再興された神社で、境内にある高良神社はボケ封じの宮として知られます。
所在地:〒526-0053滋賀県長浜市宮前町13-55
開催期間:2017年1月1日~3日
交通アクセス:JR琵琶湖線「長浜駅」から徒歩10分
問合せ先:長濱八幡宮0749-62-0481

2016-11-29(Tue)

湊川の戦い

湊川の戦いは、南北朝時代の1336年((建武3年)5月25日)に、摂津国湊川(現・兵庫県神戸市中央区・兵庫区)で、九州から東上して来た足利尊氏・足利直義兄弟らの軍と、これを迎え撃った後醍醐天皇方の新田義貞・楠木正成の軍との間で行われた合戦である。

○背景
この年の初め、足利尊氏は新田義貞・楠木正成・北畠顕家らに敗れて京都を追われ九州へ落ち延びていた。ここで、正成が後醍醐天皇に、状況が宮方に有利な今のうちに足利方と和睦する事を進言するが、後醍醐はこれを退け、義貞を総大将とする尊氏追討の軍を西国へ向けて派遣した。なお、正成は和睦を進言した事で朝廷の不信を買い、この追討軍からは外され、国許での謹慎を命じられた。義貞は播磨国の白旗城に篭城する足利方の赤松則村(円心)を攻めている間に時間を空費し、この間に尊氏は多々良浜の戦いで九州を制覇して体制を立て直すと、京都奪還をめざして東進をはじめた。尊氏は高師直らと博多を発ち、備後国の鞆津を経て、四国で細川氏・土岐氏・河野氏らの率いる船隊と合流して海路を東進した。尊氏軍の東上に遭い、撤退を始めた新田軍に赤松勢が追撃を仕掛け、新田軍は大量の寝返りや足利軍への投降者を出しながら敗走した。一気に陣営がやせ細ってしまった義貞は、兵庫まで兵を退いて体制の立て直しを図った。

○経緯
後醍醐天皇は正成に兵庫で足利軍と戦うよう命じ、援軍として差し向けた。水軍を用意できなかった新田軍は、本陣を二本松(和田岬と会下山の中間)に置き、和田岬にも義貞配下の脇屋義助・大館氏明などの軍勢を配置して水軍の上陸に備えた。楠木軍は湊川の西側、本陣の北西にあたる会下山に布陣した。合戦では、足利直義を司令官とする陸上軍の主力数万の大軍は西国街道を進み、少弐頼尚は和田岬の新田軍に側面から攻撃をかけた。また、斯波高経の軍は山の手から会下山に陣する楠木正成の背後に回った。さらに、細川定禅が海路を東進し生田の森(神戸市三宮、御影付近)から上陸すると、義貞は退路を絶たれる危険を感じて東走し、楠木軍は孤立する。ここで誰も居なくなった和田岬から、悠々と尊氏の本隊が上陸した。楠木正成は重囲に落ち、奮戦するものの多勢に無勢はいかんともしがたく、楠木軍は壊滅。正成は弟の楠木正季ら一族とともに自害した。建武の新政にて功績を上げた武士で安芸国有力在庁官人の石井末忠も戦死した。新田義貞は西宮から軍勢を返すと、生田の森を背にして足利軍と激しく激突した。合戦は「新田・足利の国の争ひ今を限りとぞ見えたりける」との激しさに及んだ。合戦の規模からすると、新田と足利の合戦が湊川の合戦の本戦と呼べる。しかし、兵力差は歴然であり宮方は敗北、義貞は求塚において源氏重代の鬼切、鬼丸の太刀を振るって奮戦し、大将みずから殿軍を務めて、味方を都へと退却させた。この際、窮地に陥ったところ配下の小山田高家が駆けつけ、身替わりとなって義貞の命を救ったという。高家は秩父平氏・小山田氏の系譜を引く武将と見られ、建武3年3月に播磨で刈田狼藉を行い軍令違反に問われていたが義貞に赦免され、その恩義から義貞の身代わりになったという。ただし、この逸話は『太平記』古本には見られず、後世の加筆である可能性が考えられている。当時の神戸市付近は、現在よりも海面が高かったこともあり、今以上に海が六甲山地に迫っていて平地が狭く、大軍の行動には適さなかった。そのため、宮方は水軍を全く持っていなかったことが決定的な敗因となった。

○後世への影響
湊川の戦いや、正成が出陣前に嫡子の楠木正行を本拠地の河内国へ帰した「桜井の別れ」などは、勝ち目のない戦と知りながら天皇のために忠義を尽くして死んだとして講談などで人気を博し、戦前の皇国史観教育や唱歌などでも盛んに取り上げられた。 現在の兵庫県神戸市中央区には、正成・正季兄弟終焉の地として楠木一族を祭神に祀った湊川神社があり、徳川光圀自筆の「嗚呼忠臣楠子之墓」の石碑などが存在する。太平洋戦争末期の1945年3月21日の九州沖航空戦の際、神風特別攻撃隊第一神雷桜花隊、第一神雷攻撃隊(桜花とその母機である一式陸上攻撃機で編成された攻撃隊)は、九州南方沖に迫ったアメリカ海軍高速空母機動部隊に対する攻撃に出撃したものの、敵の艦上戦闘機部隊の迎撃により全滅した。この部隊の指揮官であった海軍少佐野中五郎は、鹿屋基地を出撃する際に、「これは湊川だよ(湊川の戦いのようなものだよ)」と嘆息したと言われている。また、正成は当初、京都から撤退し足利軍を京都に引き入れた後に挟撃する作戦を主張したのに対し、公家の坊門清忠がたびたびの動座(天皇の行在所への移動)は体面が悪いとしてこれを退け、結果として敗北に終わったことから、昭和の軍部における、内閣からの指揮を拒否する思潮の論拠のひとつともなった。


2016-11-29(Tue)

石山寺初詣2017

紫式部ゆかりの花の寺として名高い石山寺へは、安産、福徳、縁結び、厄除けを願い、例年多くの参拝客が初詣に訪れます。寺内には如意輪観世音菩薩が祀られています。
所在地:〒520-0861滋賀県大津市石山寺1-1-1
開催期間:2017年1月1日~3日【1日】0:00~16:30【2日~3日】8:00~16:30(通常の拝観時間)※いずれも入山は16:00まで
交通アクセス:京阪「石山寺駅」から徒歩10分または京阪バス「石山寺山門前」下車
料金:正月三が日は入山料無料
問合せ先:石山寺077-537-0013

2016-11-29(Tue)

勝部の火祭り2017

湖国を代表する勇壮な火祭りが勝部神社で斎行されます。鎌倉時代、土御門天皇の病気の原因といわれた大蛇を焼払って退治したところ、天皇の病気が治ったことにちなみ始まったとされます。大蛇に見立てた長さ5~6m、直径4mの大松明12基を仕立て、はだかに下帯姿の若者が、「ゴウヨ」「ヒョウヨ」(御悩平癒の転)と大きな掛け声をかけながら乱舞する火の祭典が繰り広げられます。
所在地:〒524-0041滋賀県守山市勝部1-8-8
開催期間:2017年1月14日18:00
交通アクセス:JR琵琶湖線「守山駅」から徒歩5分
料金:見学無料
問合せ先:勝部神社077-583-4085、守山市観光物産協会077-582-1266


2016-11-29(Tue)

終い牛玉さん2016

石山寺の門前市の「牛玉(ごおう)さん」は、観音の縁日にあたる毎月18日に開催され、特にその年の最後の市は「終い牛玉さん」と呼ばれます。懐古品、骨董、衣料品、朝とりの野菜、一夜干などの店が並び、人々で賑わいます。
所在地:〒520-0861滋賀県大津市石山寺1-1-1
開催期間:2016年12月18日9:00~15:00※荒天中止
交通アクセス:京阪「石山寺駅」から徒歩10分または京阪バス「石山寺山門前」下車
料金:入場無料
問合せ先:石山観光協会077-537-1105



2016-11-29(Tue)

太郎坊宮初詣2017

勝運授福の神として知られる太郎坊宮へは、必勝祈願や商売繁昌、合格祈願、病気平癒などを願う人が多く訪れ、例年約10万人の初詣参拝者で賑わいます。本殿の周りには巨岩が散在し、その中でも特に高さ数十mの夫婦岩が有名です。
所在地:〒527-0091滋賀県東近江市小脇町2247
開催期間:2017年1月1日~5日
交通アクセス:近江鉄道「太郎坊宮前駅」から徒歩20分
問合せ先:太郎坊宮(阿賀神社)0748-23-1341

2016-11-29(Tue)

太郎坊宮お火焚大祭2016

勝運授福の神として知られる太郎坊宮で「お火焚大祭」が行われます。奉納者の罪とけがれを祓い清め、新たな気持ちで新年を迎えるための神聖で盛大な祭りで、全国の信者から奉納された約10万本の護摩木に火がつけられます。修験者による火渡りの神事が披露され、一般参拝者も参加できます。
所在地:〒527-0091滋賀県東近江市小脇町2247
開催期間:2016年12月4日10:00~
交通アクセス:近江鉄道「太郎坊宮前駅」から徒歩20分
料金:無料
問合せ先:太郎坊宮(阿賀神社)0748-23-1341

2016-11-29(Tue)

石山寺除夜の鐘2016

奈良時代後期の開創で、紫式部ゆかりの地として有名な石山寺では、元旦2時より除夜の鐘を一般参拝者も撞くことができます(先着108人)。鎌倉時代に建立された鐘楼に吊るされた梵鐘は、平安時代の作とされ、鐘の向こう側の撞木を引いて撞く珍しいものです。鐘楼と梵鐘は重要文化財に指定されています。
所在地:〒520-0861滋賀県大津市石山寺1-1-1
開催期間:2016年12月31日~2017年1月1日開門/0:00、除夜の鐘/2:00~、香水加持法要/4:00
交通アクセス:京阪「石山寺駅」から徒歩10分または京阪バス「石山寺山門前」下車
料金:正月3が日は入山無料
問合せ先:石山寺077-537-0013

2016-11-29(Tue)

多賀大社翁始式2017

年の始めに神を迎える神事芸能の「翁始式」が多賀大社で行われます。天下泰平や五穀豊穣を願い、能舞殿で能や狂言が披露されます。同社所蔵の面を用いて「翁」が大蔵流茂山社中により奉納されます。
所在地:〒522-0341滋賀県多賀町多賀604
開催期間:2017年1月3日11:00~
交通アクセス:近江鉄道「多賀大社前駅」から徒歩10分、またはJR琵琶湖線「彦根駅」から湖国バス「国道多賀大社」~徒歩2分、または名神高速道路「彦根IC」から車約10分
主催:多賀大社
問合せ先:多賀大社0749-48-1101
プロフィール

kazubonka

Author:kazubonka
かずぼんです。大阪並びに近畿一円の口コミ情報を提供していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
メモ














































【高額報酬!!】有名女優が多数愛用している事でも知られている光美容機。世界中のセレブ御用達の一品。高額商品にも関わらず売れ続けています。ご利用者からご満足のお便りも大変多いです。定価472,500円











BTOパソコンショップ 『フレッシュフィールド』 オールカスタマイズ可能なオリジナルパソコン好評発売中!





























スルガ銀行ANA支店
銀行取引でANAマイルが貯まる(100×60)バナー











<

「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約!



ティッカー

グアム

ハワイ旅行

ムームードメイン

カスタムバイク買取













検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

続・竹林の愚人

思いつくまま

oobuta日記
QRコード
QRコード
FC2カウンター
平成20年8月26日からのアクセス数です。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2アフィリエイト
カウンター アフィリエイト・SEO対策
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
スポンサードリンク

FC2Ad

Powered by FC2 Blog