2014-12-30(Tue)

今年も1年ありがとうございます。

今年も1年ありがとうございます。
スポンサーサイト

2014-12-29(Mon)

大村益次郎足塚

龍海寺にあります。大村益次郎(1824~1869)は適塾の塾頭で、蘭書で得た西洋兵学知識を我流にアレンジ。長州藩の軍略家として戊辰戦争を指揮すると連戦連勝して、天才的な才能を発揮しました。しかし明治2年(1869)に刺客に襲われ、足の傷から敗血症となり、死に至りました。「切断した足を洪庵先生の墓傍に埋めて欲しい」と遺言したため、緒方夫妻の墓地隣に足塚が作られました。

所在地:大阪府大阪市北区同心1-3-1

J0010329_20141229150722db1.jpg

J0011089_201412291507243f5.jpg

2014-12-29(Mon)

素盞嗚尊神社

この神社の付近から出土した芥川廃寺の塔心礎の石が、手水鉢に使われている。

所在地:大阪府高槻市郡家新町36

J0011483_2014122915081413d.jpg

J0011484_201412291508166b6.jpg

J0011485_2014122915081735b.jpg

J0011486_2014122915081940b.jpg

J0011487_20141229150820618.jpg

2014-12-29(Mon)

和田惟政供養塔

和田伊賀守惟政は清和現時の流れをくみ、天文元(1532)年近江の国甲賀郡和田村に生まれました。永禄11(1568)年10月、信長が摂津を平定した後、惟政は芥川城を守っていましたが猪名寺合戦から尾を引いている茨木・伊丹氏と池田氏との対立が、元亀2(1571)年茨木方を助ける惟政と池田方の荒木村重・中川清秀らとの合戦に発展しました。これがいわゆる「白井が藁の合戦」です。この戦で、大将和田惟政は、中川清秀によって討たれました。

所在地:大阪府茨木市五日市

J0011431_2014122915091784c.jpg

J0011432_201412291509192ed.jpg

J0011433_201412291509204c1.jpg

J0011434_2014122915092233c.jpg


2014-12-29(Mon)

瑞輪寺

瑞輪寺は豊中市にある黄檗宗の寺である。元は真言宗の桜墳山善光寺という寺で、原田神社の神宮寺だったが、1579(天正7)年荒木村重の乱の兵火で消失した。元禄年間(1688~1704)に再考し、黄檗宗総本山万福寺の末寺として、現在の寺号になった。本殿には焼失を免れた、平安時代後期作と推定される寄木造の漆箔薬師如来坐像、木彫彩色持国天・増長天像が安置されている。室町時代には一休宗純が、1417(応永24)年から20年余り滞在したと伝えられ、境内には、子の紹偵の墓と伝えられる僧塚がある。

所在地:大阪府豊中市中桜塚2-2-24

J0011403_20141229151007ff4.jpg

J0011404_201412291510089f8.jpg

J0011405_2014122915101080d.jpg

J0011406_20141229151011b0e.jpg

2014-12-29(Mon)

熊野田八坂神社

この神社は原田神社と同様の獅子神事祭を行っており、こちらは、1078(承暦2)年に熊野三山の獅子頭と同様の2体を製作したのが始まりといわれている。

所在地:大阪府豊中市熊野町

J0011407_20141229151056ecc.jpg

J0011408_2014122915105890f.jpg

J0011409_20141229151059306.jpg

J0011410_20141229151101b2c.jpg

J0011411_20141229151102a7f.jpg

J0011412_20141229151144c1c.jpg

J0011413_201412291511451df.jpg

J0011416_20141229151147a56.jpg

2014-12-29(Mon)

金禅寺

大応山金禅寺は豊中市にある黄檗宗の寺である。もとは金寺の支院で、これも村重の乱の兵火で消失したが、1682(天和2)年に黄檗宗の鉄眼上人により再建され、黄檗宗総本山万福寺の末寺となった。金禅寺の本道右前には、三重宝篋印塔がある。書こう眼精で、現在失われている相輪の部分をあわせて、6個の部材から出来ており、傘が3重になった珍しい形式である。基礎の1面には刻銘があり、「貞和五(1349)年」の年号が記されている。この年号は南北朝時代の北朝年号で、南朝の年号の正平4年にあたる。本尊は木造釈迦三尊坐像だが、このほか木造11面観音立像がある。木造11面観音立像は、本堂中央の厨子の内部に、秘仏として安置されている(非公開)。像高145.8㎝で、ヒノキの寄木造である。また、胎内の左太股の辺りに、鎌倉時代末期の年号である「正安2(1300)年」の墨書がある。

所在地:大阪府豊中市本町5-3-64

J0011397_2014122915123254e.jpg

J0011398.jpg

J0011399.jpg

J0011400.jpg

J0011401_20141229151311d3a.jpg

J0011402.jpg

2014-12-29(Mon)

旧新田小学校校舎

斜体文新田小学校は、1873(明治6)年、上新田村真覚寺に島下郡片山村一番小学校の分光として創立され、1881年に同村字分銅に移転、さらに1900年に当地に新築移転した。建造当時の図面では、中央に玄関・応接室・職員室が並び、東西両翼に第1・第2教室があり、その前に土間の廊下がある。東に刃物要れと用務員室があり、西には教員住宅が設けられている。明治時代のものとしては珍しい、和風建築の小学校校舎である。1973(昭和48)年に新築移転するまで、子の校舎は使い続けられ、現在は教育会館として保存されている。毎年秋に一般公開を行っており、明治時代の教室風景を再現し、明治~昭和時代の教科書などの教育資料を展示している。また、市民から寄贈された農耕具などの民俗資料なども紹介している。

所在地:大阪府豊中市上新田3-3-1

J0011420_2014122915135788f.jpg

J0011421_20141229151358ad2.jpg

J0011422.jpg

J0011423.jpg

2014-12-29(Mon)

看景寺

看景寺は豊中市内にある浄土真宗の寺である。この寺から北東約500メートルの本町8丁目辺りには、飛鳥時代後期に創建されたと伝えられる、金寺(山)廃寺(新免廃寺)があった。この金寺廃寺の塔刹柱礎石が看景寺に移され、保存されている。

所在地:大阪府豊中市本町3-14-32

J0011390.jpg

J0011394.jpg

J0011395_20141229151454562.jpg

J0011396_20141229151455092.jpg

2014-12-28(Sun)

文塚

中古36歌仙の1人で、平安時代の代表的歌人である能因法師が、死期を前にして吟稿(和歌の原稿)埋めた所と伝えられている。所在は不明であったが、江戸時代の嘉永2(1849)年、山藤辰政がこの碑を立てて顕彰した。晴れた日には、はるか南に生駒の山並みが望め「わが宿の梢の夏になるときは生駒の山ぞ見えずなりける」と詠んだ能因の時代がしのばれる。

所在地:大阪府高槻市古曽部町

J0011509_20141228112621e92.jpg

J0011510_20141228112622ba8.jpg

J0011511_20141228112624e86.jpg

2014-12-28(Sun)

花の井

古くから名水の井戸として知られ、昔は寒暑にも枯れることなく、清水がこんこんと沸き続けたという。別名山下水とも言われ、能因奉仕の歌でも、「あし引の、山下水に影みれば、眉しろたへに、我老にけり」と詠まれている。天和2(2682)年、樋口氏が自宅と井戸の不審を行った際、顕彰分を井戸の内側に刻んだが、長い年月で文字は風化し清水も枯れ、石組みだけが古い時代をしのばせてくれる。

所在地:大阪府高槻市別所本町

J0011502_20141228112507ae1.jpg

J0011503_20141228112508316.jpg

J0011504_20141228112509308.jpg

J0011505_20141228112511db0.jpg

2014-12-28(Sun)

能因塚

この塚は能因法師墳とも言われている。この塚は平安時代中期の歌人能因法師の墓と伝えられる。能因は名を橘永愷といい、都で官人としてつとめながら、歌道の第1人者であった藤原長能に学んだ。30歳の頃出家し、能因と改めた。晩年、女流歌人である伊勢姫が隠棲したこの古曽部の地に居を構え、歌道に専念し、古曽部入道とも呼ばれた。能因はここを拠点として各地を旅し、「都をば、霞とともに、立ちしかど、秋風ぞ吹く、白河の関」等、優れた作品を多数残している。能因塚は、東西16メートル・南北25メートル、高さ約1.8メートルの墳墓である。南正面の碑は、1650(慶安3)年、高槻城主永井直清により立てられた。碑文は林羅山の手になるもので、能因の事跡が刻まれているが、風雨にさらされ、下部は磨耗している。能因塚の周辺には、「文塚」「花の井」「不老水」など、能因ゆかりの遺跡が点在している。文塚は、能因の和歌の草稿を埋めた所といわれている。

所在地:大阪府高槻市古曽部町3

J0011498_2014122811240223a.jpg

J0011499_201412281124041fd.jpg

2014-12-28(Sun)

不老水

花の井で老いを知った能因法師が、山麓に湧き出る清水に不老不死を願い、好んで煎茶に用いたと伝承される井戸である。大正11(1922)年発行の「大阪府全誌」には、「寒冽にして茶に適し、その他遠近に喧傳して、普く茶客の知るところなり」と記され、その名声が紹介されている。付近は都市化が進み、家屋が立ち並んでいるが、今も涸れることなく湧き続け、地元の人々からも親しまれている。

所在地:大阪府高槻市古曽部町

J0011512.jpg

J0011513_20141228112255e5d.jpg

J0011514_20141228112257585.jpg

2014-12-28(Sun)

古曽部窯跡

古曽部窯は、江戸時代後期から明治時代末にかけて、古曽部町の五十嵐家4代の陶工が営んだ、いわゆる地方窯(ちほうよう)です。製品は古曽部焼として庶民はもとより、茶人や文人にも愛されました。ここで焼かれたのは、主として日用の雑器(飯茶碗・小皿・湯のみ・鍋など)でしたが、その合間には抹茶碗・水指・菓子鉢・香合・茶托などの茶器や、花瓶なども焼かれていました。荒々しく力強い初代、民芸的な2代など、作風は全体にひなびた味わいがあり、とくに茶器は京阪の文人に愛されました。料亭などの大量注文に応じて焼かれることも多く、それが古曽部焼の生産拡大や普及につながっていきました。窯跡近くで行われた発掘調査では、陶片や窯入れに使う窯道具が多量に出土しています。

所在地:大阪府高槻市古曽部町三丁目

J0011506_20141228112147b15.jpg

J0011508_20141228112149176.jpg


2014-12-28(Sun)

慶瑞寺

慶瑞寺は、祥雲山と号して黄檗宗に属し、観世音菩薩を本尊とします。 持統天皇8年(694)、宇治橋架橋などで知られる僧道昭が創建し、法相宗に属して景瑞寺と呼ばれていたと伝えられています。江戸時代初期には、景瑞庵と呼ばれ荒廃していましたが、寛文元年(1661)頃、普門寺の龍溪が再興しました。 境内には、後水尾法皇の歯や仏舎利を納めた聖歯塔、龍溪の木像や遺品を納めた開山堂があります。寺宝として、後水尾法皇の勅書をはじめ、後光明天皇の綸旨(りんじ)や隠元・龍溪などの真筆が伝えられています。 昭和61年に本堂から見つかった木造菩薩坐像は、8~9世紀頃の作とみられ、重要文化財に指定されています。

所在地:大阪府高槻市昭和台町2-25-12

J0011435_20141228112033964.jpg

J0011436_2014122811203456b.jpg

J0011437_20141228112036b77.jpg

J0011438_20141228112037718.jpg

J0011439_20141228112039981.jpg

2014-12-28(Sun)

教行寺

高槻市にある浄土真宗の寺である。東本願寺大谷派に属し、1476(文明8)年に本願寺8世蓮如が創建したという。当時は富田道場と呼ばれ、本照寺と並び一向宗の北摂不況の拠点となった。その後、蓮如の子蓮芸が入山してから、寺は発展した。1532(天文元)年、細川晴元と一向一揆により、京都の山科本願寺と共に富田道場も焼き払われた。その後、細川氏と本願寺が和睦、1536年に富田道場最高が認められた。富田道場は教行寺と解消されたが、その由来は、蓮如が当寺で親鸞の著書「教行信証」を書写したことによるとされる。

所在地:大阪府高槻市富田町6-10-1

J0011450.jpg

J0011451_20141228111924edf.jpg

J0011452_20141228111926d7a.jpg

2014-12-28(Sun)

天神山遺跡

標高50-100mの天神山丘陵上にひろがる弥生時代中-後期の集落跡であり、住居跡や墓地とともに多くの土器、石器、分銅形土製品などが出土した。住居跡のない丘陵中央の尾根からは、袈裟襷文(けさだすきもん)のある約60cmの銅鐸が出土している。

所在地:大阪府高槻市天神町一丁目・二丁目

J0011525.jpg

J0011528.jpg

2014-12-28(Sun)

普門寺

普門寺は高槻市にある臨済宗妙心寺派の寺である。釈迦如来象と十一面千手千眼自在菩薩像を本尊とする。明徳年間(1390~94)に、現在の本照寺がある所に、説厳が創建したと伝えられている。1561(永禄4)年管領細川晴元が出家して寺に入り、現在の堂宇が建てられた。のちの室町幕府14代将軍足利義栄が、1566年から2年間、織田信長によって四国に追われるまで滞在したことから、別名、普門寺城と呼ばれた。寺はその後衰退したが、1617(元和3)年に龍渓が入山し、方丈や諸堂を建立し、中興した。1655(明暦元)年に龍渓の招きにより、明の高僧隠元が長崎から普門寺に迎えられ、山城の宇治に黄檗山万福寺を開山するまで、約6年間とどまった。境内の庭園(国名勝)は、観音補陀落山の庭と呼ばれる江戸時代初期の枯山水庭で、玉淵の作とされる。北方の阿武山を借景に、枯滝を組んだ池泉式である。庭園北西側には、この地で没した細川晴元の墓と伝える宝篋印塔がある。方丈(国重文)は、1982(昭和57)年の解体修理により、建造当初の姿に復元された。方丈には、隠元の筆になる「獅林」の大きな衝立や狩野安信の水墨画が伝わっている。

所在地:大阪府高槻市富田町4-10-10

J0011440_20141228111458655.jpg

J0011441_20141228111500e69.jpg

J0011442_201412281115011d6.jpg

J0011443_20141228111503586.jpg

J0011444_201412281115043bb.jpg

2014-12-28(Sun)

番山古墳

大阪府高槻市土室5丁目にあり、名神高速道路が南側に通っている。番山古墳は前塚古墳と同様の西向きの帆立貝式古墳たしく、小規模な前方部は既に削り取られて存在しない。現状では、後円部と外堤の輪郭が確認されている。昭和46年の測量調査では、全長約110m、後円部径約60m、高さ約7mを測り、北側墳丘裾部には、約1mの断上部がめぐっている。その内部構造などは不明であるが、5世紀末頃の構造と考えられる。道路に面したところに立つ番山古墳の石碑は、土室の人々が建てたものである。

J0010069_20141228111336c99.jpg

J0010070_20141228111338324.jpg

J0010071_2014122811133939b.jpg

J0010072_201412281113416e0.jpg

J0010073_201412281113426bc.jpg

2014-12-28(Sun)

闘鶏山古墳

闘鶏山古墳は、三島古墳群に属する、大阪府高槻市にある古墳時代前期の前方後円墳。未盗掘の竪穴式石槨が2基、発見されている。2002年12月19日、国の史跡に指定された。
○概要
闘鶏山古墳は、北摂山系南斜面にある奈佐原丘陵の標高84メートルの地点にある。今城塚古墳をはじめとする約500基の古墳を有する三島古墳群に所属しており、古墳時代前期の4世紀前半に造営された、三島古墳群の中でも前期の古墳であると見られている。「闘鶏」の名は、日本書紀仁徳62年の記事にも記載されている闘鶏野氷室に由来している。闘鶏山古墳の南側には闘鶏野神社があり、また古墳周辺の地名に氷室の名が残っている。古墳は丘陵の狭い尾根沿いに、前方部を南側に向けて造られている。全長86.4メートル、後円部の直径約60メートル、前方部、後円部ともに2段の段築がなされ、二段目のテラスや埋葬施設がある後円部墳頂部まで、墳丘全面に葺石がほどこされているが、埴輪は見られない。後円部の南東側に古墳本体と接して石が敷かれている部分があり、古墳の祭祀が行われたものと見られている。また、多くの土師器片が見つかっており、後円部の墳頂には土師器の壺が並べられていたとの説もある。埋葬施設として、後円部に2基の竪穴式石室が確認されている。中央部にある第一主体と、そのすぐ北西側にある第二主体ともに未盗掘であることがわかっている。

○土壇状遺構
闘鶏山古墳の前方部の前面に、南北約17メートル、東西約16メートルの方形をした土壇状遺構が発見された。古墳本体と同じく土壇全面が石で覆われていた。土壇の中央部には東西4.6メートル、南北が2.8メートルの穴が掘られており、そしてすり鉢状に掘られた穴の底部はいったん平坦になり、そこから更に東西約3.5メートル、南北約1メートルの穴が掘られていた。このような2段になって掘られた穴は2段墓坑と呼ばれる埋葬施設と見られ、闘鶏山古墳被葬者と関係の深い人物が葬られたものと推定される。

○未盗掘の石槨
闘鶏山古墳の第一主体は、南北14.5メートル、東西10~11メートルと墳頂部の大部分を占め、第二主体は第一主体の北西部分にあって、南北8メートル、東西5メートルである。2002年の調査で第一主体、第二主体とも未盗掘で、埋葬当時の状態をとどめていることが判明した。第一主体は古墳の主軸と平行して作られており、墳頂から天井石まで約2メートルとかなり深い場所にある。天井石の上は厚さ10~15センチの粘土で被覆されている。石槨は多くの20~30センチ×40~70センチ、厚さ4~6センチの板状の石を、合掌状に積み上げて作られており、天井石とともに徳島県吉野川流域産の結晶片岩が使用されている。石の隙間からファイバースコープを通して石槨内を覗いたところ、棺は前期古墳では一般的な割竹形木棺で、棺材の一部は腐朽せずに残っていると見られる。被葬者の周囲には朱が撒かれており、頭蓋骨も朱に染まった形で確認された。副葬品としては三角縁神獣鏡2面、方格規矩四神鏡、碧玉製の腕飾り、南海産の貝製品、石製品、銅鏃、鉄刀などが確認できた。また三角縁神獣鏡のうちの一枚は、京都府木津川市の椿井大塚山古墳で発掘された鏡と同型のものであることが判明した。また、石槨の端部には甲冑の一部と見られる鉄製の小札が多数見つかっている。第二主体は墳頂から天井石まで約1メートルとやや浅く、石槨の石材としては第一主体と同じ結晶片岩とともに、少量の石英斑岩が用いられている。棺はやはり割竹形木棺で、第一主体よりも多くの棺材が残されている。副葬品としては鉄刀が確認されている。

○石槨発掘の検討
石槨内は第一主体、第二主体ともに湿度が高く、全体に水滴が見られ遺物を濡らしており、また木の根の石槨内進入が第一主体、第二主体とも確認されている。その上、第一主体では板状の結晶片岩を積み上げた側壁からの石の落下とそれに伴う遺物の損傷も見られ、未盗掘であるとはいえ、遺物の保存状態は万全とは言い難い現状である。当初、石槨内の発掘を行わず保存を予定していた闘鶏山古墳であるが、現状保存に失敗した高松塚古墳の教訓もあり、石槨の実物大模型を作成して発掘を検討することとなった。2010年3月、高槻市教育委員会が本格的な発掘調査に乗り出す方針を固めたと報じられた。2010年度中に発掘方法を検討し、2011年度以降に着手する見込みとされている。

○所在地
大阪府高槻市氷室町


この古墳は山の中にあり、その山がフェンスで取り囲まれているため、写真撮影できず。

2014-12-28(Sun)

富田の酒造業

摂津富田は中世末期に、浄土真宗を中心に発達した寺内町である。富田の酒造業は1695(元禄8)年刊行の「本朝食鑑」に「和州南都造酒第一にして摂津・伊丹・鴻池・池田・富田これにつぐ」とあり、当時は酒造が最大の産業であった。1600(慶弔5)年、関が原の戦いで徳川方の食料調達に協力した清水家(紅屋)は、幕府から特権的な酒造株を認められ、酒造を開始した。その後、紅屋を中心に酒造業が発展し、明暦年間(1655~58)には、造酒屋24軒を数え、伊丹・池田と並ぶ、銘酒の産地となった。良質の酒米と富田台地の石灰層から湧き出る地下水を使った富田酒は、江戸までその名を知られるようになった。しかし、江戸時代中期に、西宮・灘の海岸地域に新しく酒造業が成立し、江戸への樽廻船による輸送経路が確立すると、立地条件の悪い富田の酒造業は、衰退して言った。1839(天保10)年には、造酒屋はわずか6軒になったという。現在では2軒の造酒屋が、本照寺や教行寺付近に店を構え、伝統の製法や技術を受け継ぎ、富田酒を守り続けている。

所在地:大阪府高槻市富田6

J0011454_20141228111026267.jpg

J0011455_20141228111028ecb.jpg

J0011456.jpg

J0011457.jpg

J0011459_20141228111104d81.jpg

J0011460_20141228111105e75.jpg

2014-12-28(Sun)

昼神車塚古墳

天神山(ひるがみ山)丘陵の南端、天満宮とは府道を跨いで残る前方後円墳。古くから天満宮境内であったが、府道建設で分断されている。6世紀中頃の造営と推測されており、規模は全長60メートル、前方部幅40メートル、後円部径35メートル。古墳からは多数の埴輪も出土した。当地は埴輪技術集団である土師氏の拠点であることに加え、この古墳の埴輪が近くの巨大古墳・太田茶臼山古墳と今城塚古墳の埴輪と同じ窯で焼成されたと分かっており、当地氏族の両古墳への関与が明らかとなっている。

所在地:大阪府高槻市天神町一丁目

J0011489_20141228110850628.jpg

J0011490_201412281108514f7.jpg

J0011491_20141228110853288.jpg

J0011492_201412281108545ae.jpg

2014-12-28(Sun)

史跡嶋上郡衙跡

高槻・島本は古代の摂津国嶋上郡にあたり、ここを治めるために置かれた郡役所が、嶋上郡衙です。都や国の役所にならって、儀式の場・庁院(ちょういん)や税を納める正倉などが整えられていました。庁院の西側には郡寺(芥川廃寺)、北に位置する式内社・阿久刀(あくと)神社周辺には嶋上郡の郡司(長官)一族の住まいがありました。また山陽道をはさんで西方の郡家今城遺跡、南方の津之江南遺跡は、郡衙と盛衰をともにした遺跡と考えられています。

所在地:大阪府高槻市清福寺町・郡家新町・川西町一丁目

J0011480_20141228110744f55.jpg

J0011482_20141228110745e56.jpg

2014-12-28(Sun)

靱海産物市場跡

鰹節、干鰯などの干魚を商う海産物市場で、豊臣の時代には海産物の市場はひとつで、今の北浜のあたりにありましたが、江戸時代のはじめ、元和4年(1618)には、生魚と干物などを扱う市場に分かれて、生魚の市場が本町のあたりに移りました。元和8年(1622)には、干物などを扱う市場も、この靱の地に移ってきました。

所在地:大阪府大阪市西区靱本町2-1(靱公園西園なにわ筋側)

J0010194_20141228110619849.jpg

J0010195_20141228110620fa2.jpg

2014-12-28(Sun)

大阪市電創業の地

明治36年9月に開業した大阪市電の第1期線築港線は、西区九条町(花園橋西詰)から築港埠頭までの約5キロ間で、このあたりに花園橋停留所がありました。平成元年9月大阪市建立

所在地:大阪府大阪市西区千代崎2丁目8-10

J0011199_20141228110514e91.jpg

2014-12-28(Sun)

永代浜跡

靭公園のこの付近一帯は、江戸時代以来、塩干魚、鰹節などの海産物の市場として靭の中心をなしていました。これらの商人が荷揚げの便をよくするために、寛永元年(1624)海部堀川(かいふほりかわ)を開削し、阿波堀川とこの川をつなぐ永代堀の屈折点を永代浜(えいたいはま)と称し、海産物の荷揚場として賑わいました。

所在地:大阪府大阪市西区靭本町2-1(靭公園西園)

J0010199_20141228110400d27.jpg

J0010200_20141228110401489.jpg

2014-12-27(Sat)

本照寺

本照寺は高槻市内にある浄土真宗の寺である。本照寺は本願寺派に属し、本願寺7世存如によって1427(応永34)年に創建され、光照寺と証した。1646(正保3)年に、本願寺13世良如の弟円従が寺に入り、本願寺の1字を得て本照寺と改めた。以降、本照寺は「富田御坊」と呼ばれ、高槻・茨木地域の同派の本山となり、隆盛をきわめた。1789(寛政元)年の火災で本堂等を焼失したが、1799年に本堂が再建された。現存する表門や書院はその当時のものである。境内には、「富寿栄の松」と呼ばれる樹齢およそ700年の老松があったが、1968(昭和43)年に枯死し、今は枝を支えていた石柱が、往時を偲ばせている。

所在地:大阪府高槻市富田町4-4-27


J0011461_201412272157105e5.jpg

J0011462_201412272157110ba.jpg

J0011463_20141227215713347.jpg

J0011464_20141227215714d6e.jpg

J0011465.jpg

J0011466_201412272157566dc.jpg

J0011467_20141227215758fca.jpg

J0011468_201412272157594e0.jpg

J0011469_2014122721580151c.jpg

J0011471_20141227215802df7.jpg

J0011472_201412272158414d2.jpg

2014-12-27(Sat)

引札屋

築70年の木造家屋を改装、坪庭や昭和初期の外観に郷愁が漂い懐かしい。中には4つのお店、ギャラリーなどがあり、池田のお土産やグッズがほぼ揃っている。町中の小さな観光案内所としても帰農している。「引札」とは18世紀頃に生まれたチラシのこと。

所在地:大阪府池田市栄町6-17サカエマチ一番街内
最寄駅:阪急宝塚線池田駅西口から北へ徒歩10分サカエマチ一番街内です。

J0011381_201412271646529bc.jpg

2014-12-24(Wed)

今月の読書2

今月の読書第2弾です。

試験に「合格する人」と「落ちる人」の習慣 (アスカビジネス)試験に「合格する人」と「落ちる人」の習慣 (アスカビジネス)
(2014/12/10)
山本憲明

商品詳細を見る


資格試験の勉強をしている兼ね合いで紹介しました。

2014-12-23(Tue)

西横堀川跡

江戸堀ー西横堀川から分流し、木津川に合流する江戸堀川が流れていたが1955年に埋め立てられた。

所在地:大阪府大阪市西区江戸堀1-1(土佐堀通り沿い南側肥後橋バス停前)

J0011308_20141224130210cac.jpg

プロフィール

kazubonka

Author:kazubonka
かずぼんです。大阪並びに近畿一円の口コミ情報を提供していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
メモ














































【高額報酬!!】有名女優が多数愛用している事でも知られている光美容機。世界中のセレブ御用達の一品。高額商品にも関わらず売れ続けています。ご利用者からご満足のお便りも大変多いです。定価472,500円











BTOパソコンショップ 『フレッシュフィールド』 オールカスタマイズ可能なオリジナルパソコン好評発売中!





























スルガ銀行ANA支店
銀行取引でANAマイルが貯まる(100×60)バナー











<

「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約!



ティッカー

グアム

ハワイ旅行

ムームードメイン

カスタムバイク買取













検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

続・竹林の愚人

思いつくまま

oobuta日記
QRコード
QRコード
FC2カウンター
平成20年8月26日からのアクセス数です。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2アフィリエイト
カウンター アフィリエイト・SEO対策
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
スポンサードリンク

FC2Ad

Powered by FC2 Blog