2012-01-30(Mon)

カード型電子マネーの残額を確認する商品

今回紹介する商品はカード型電子マネーの残額を確認するものです。これを持っていれば何時でも何処でも残高を確認できて便利ですよ。
KINGJIM 電子マネービュアー「RELET(リレット)」 EV10オレ オレンジKINGJIM 電子マネービュアー「RELET(リレット)」 EV10オレ オレンジ
(2010/04/01)
キングジム

商品詳細を見る


キングジム 電子マネービュアー「RELET(リレット)」 EV10 パールホワイトキングジム 電子マネービュアー「RELET(リレット)」 EV10 パールホワイト
()
キングジム

商品詳細を見る


キングジム 電子マネービュアー「RELET(リレット)」 EV10 チタンシルバーキングジム 電子マネービュアー「RELET(リレット)」 EV10 チタンシルバー
()
キングジム

商品詳細を見る


キングジム 電子マネービュアー リレットキングジム 電子マネービュアー リレット
()
ribbontec

商品詳細を見る


KINGJIM 電子マネービュアー「RELET(リレット)」 EV10専用ケース EVC2ネイ ネイビーKINGJIM 電子マネービュアー「RELET(リレット)」 EV10専用ケース EVC2ネイ ネイビー
(2010/04/01)
キングジム

商品詳細を見る


KINGJIM 電子マネービュアー「RELET(リレット)」 EV10専用本皮ケース EVC1チヤKINGJIM 電子マネービュアー「RELET(リレット)」 EV10専用本皮ケース EVC1チヤ
(2010/04/01)
キングジム

商品詳細を見る


スポンサーサイト

2012-01-28(Sat)

蔵屋敷

蔵屋敷とは、江戸時代に大名(藩)が年貢米や領内の特産物を販売するために設置した倉庫兼邸第の事である。一般的に大坂にあったものが著名であるが、江戸・敦賀・大津・堺・長崎など、交通の要所である商業都市に設置される場合もある。また、大名のみならず有力な旗本・公家・寺社の中には自前の蔵屋敷を持つものもいた。
○概説
豊臣政権が全国支配を完成させた頃から政治の中心であり有力商人たちが在住していた大坂・堺に諸大名の蔵屋敷が立てられ始めた。やがて江戸幕府が成立すると、政治の中心は江戸に移転したものの商業の中心はそのまま大坂に留まったために以後も諸藩の蔵屋敷は大坂に集中した。大坂には延宝年間(1670年代)には80、天保年間(1840年代)には125の藩の蔵屋敷があったとされ、小藩や大名以外のものも含めると600近くはあったのではないかという説もある。なお、商業を賎しむ儒教的観念の影響を受けて、ほとんどの大名が自己所有の蔵屋敷であっても有力商人を表向きの名義人(名代(なだい/みょうだい))としてそこから借り受けている事としており、大坂では安濃津藩・伊予松山藩の2藩のみが自己所有の蔵屋敷の存在を公然としていただけだったとされている。また、奥州や関東地方の諸藩の間にはより領国に近い江戸(主に隅田川下流や江戸湾に注ぐ小河川の河口付近)に蔵屋敷を建てるものがいたが、江戸では幕府や旗本所有の蔵米の売却も行われるために幕府の米価政策によって、諸藩保有の年貢米の売却に対して制約が加えられる事でもあり、仙台藩や平藩など同地域の有力諸藩は大坂にも蔵屋敷を有して江戸・大坂両方の商人と取引関係を持っていた。西日本の藩の中には江戸の藩邸(特に下屋敷)に蔵屋敷の機能を有していたものも存在していた。

○蔵屋敷の構成
蔵屋敷の運営は藩から派遣された武士である蔵役人と立入人と呼ばれる商人から構成されており、立入人の中でも名代・蔵元・掛屋・用聞・用達と分かれていた。蔵役人は蔵屋敷の管理を担当し、その責任者である留守居は商人達との交渉の総責任者でもあった。名代は前述のように蔵屋敷の名義人であり、蔵元が兼ねる事もあった。蔵元が蔵屋敷の内部の品物の管理・売却を行う実務責任者であり、藩役人が兼ねる場合と米問屋や両替商などの有力商人が務める場合があった。前者を役人蔵元、後者を町人蔵元と呼ぶが、次第に後者が一般的となった。掛屋は売却代金などの管理・出納を行う役職で特に金融・為替を扱う両替商が任命される場合もあり、蔵元が兼ねる場合もあった。蔵元・掛屋は藩から扶持米が与えられ、売買の際には手数料を取る事が許された。藩によっては名字帯刀などの武士身分への取立てを行う場合もあった。用聞・用達はその他一般の出入り商人である。蔵元や掛屋は藩に損害を与えない事、必要な出納にいつでも応じる事を前提に預かった資金などを自由に運営する事が許され、それを元手に投機を行って莫大な利益を上げるものもいた。このため、有力商人の中には複数の藩の蔵元や掛屋を兼務する者もいた。だが、後述の大名貸の引き受けに応じざるを得ない場合もあり、その焦げ付きによっては破産の危機に見舞われる場合もあった。

○蔵屋敷と米切手
大坂には年間200万石ともいわれるほどの米が入ってきていたが、その3/4が蔵屋敷に入る蔵米であったとされている。蔵屋敷はまず入札の期日と払い下げ量を公示して米仲買(蔵名前)を集めて入札させ、落札者は保証金を納める。その後7-10日以内に掛屋で残り代金を払って受領書にあたる銀切手を引き取って、それを30日以内に蔵屋敷に呈示して更に「米切手」と交換した。米切手を持参人が蔵屋敷に呈示すれば、いつでも記載された量の米を下げ渡される権利を有していた。ただし、事務処理の関係もあり蔵屋敷側に一定猶予が許されており、当初は30日の猶予とされていたが、次第に期日が延びて後には1年ないし1年半の猶予をとるものまで現われた。ただし、銀切手や米切手に猶予が与えられた事は決してマイナスなだけではなかった。それらは第三者への譲渡が許されていたため、換金や第三者への支払にあてる事も可能であり、為替の代用として用いたり米を必要とする米問屋が期日の到来した米手形を購入して米を受領するなどの応用が可能であった。

○蔵屋敷と大名金融
江戸時代も中期に入ると諸藩の財政は悪化して、蔵元や掛屋を務める商人からの借金(いわゆる「大名貸」)が頻繁に行われるようになり、また猶予期間を利用して見通しが不明な来年入荷の米と引換に出される空米切手の発行などが行われるようになった。大名貸は表向き信用貸しであったが、実際には蔵米が担保となり得るものであったし、空米切手は将来的には藩の年貢米から返済しなければならなかった。天明の大飢饉などの際には大名貸や空米手形の決済に迫られた藩の中には、飢餓で苦しむ領民を放置して大坂への廻米を実施して多くの餓死者を出した挙句、農村が荒廃してしまった為に財政が更に逼迫して更なる借金を築いた藩もあったと言われている。また、蔵元や掛屋が逆に藩の経済や財政にも影響力を行使する場合も出現した。ただし、蔵元や掛屋にとって良い話ばかりではない。蔵元や掛屋としての契約を打ち切られる(実際に借金踏み倒しを目的に蔵元や掛屋を交代させる例があり、実際に天保6年(1835年)と安政4年(1857年)に大坂町奉行から諸藩にこうした行為の禁止が言い渡されている)ことを恐れて大名からの無理な借入に応じた結果、破産するものもおり、また薩摩藩のように武士身分である事を逆手に取られて一方的な債務の繰り延べが行われる場合もあった。

○蔵屋敷の諸機能
蔵屋敷の基本的な機能は、上記で述べたように年貢米・特産物の売却や、これらを担保とした金融の管理であるが、この他にも多彩な機能を持つものが存在した。とりわけ規模の大きな大坂の蔵屋敷の中には、参勤交代の途上で藩主が滞在するための御殿を設けたものもあった。またこうした大坂の蔵屋敷の役人が、国元の商人と大坂の商人や幕府の大坂町奉行所との間の仲介を行ったり、また幕府の役所が蔵屋敷を通じて諸藩に伝達を行う例もみられ、蔵屋敷は領国と大坂そして中央政権(幕府)を繋ぐ情報の結節点としても機能していた。幕末に入ると、産品の輸出や海外からの武器調達を目的とした商会所を併設する藩も現われて、蔵屋敷の機能が低下を始める。また、大坂の蔵元や掛屋の藩の経済政策への介入を防ぐために藩から大坂以外の大都市への直接販売や備中松山藩のように蔵屋敷自体を廃止してしまう藩も現われた。明治維新後の廃藩置県によって諸藩の蔵屋敷は新政府によって接収され、また旧藩債務の大幅切捨てを断行したために、多額の債務を焦げ付かせた元の蔵元・掛屋が次々と破産して特に大阪(大坂)経済は大混乱に陥った。続く地租改正によって農民が直接政府に対して金納による納税を行う事になったために、農民が地元で米を売却・換金するようになり、農民→藩→蔵屋敷という江戸時代に長く続いた米の流通構図が崩壊した。このことが東京に比べて経済の近代化を遅らせ、「天下の台所」と呼ばれてきた大阪が日本経済の中心から転落する一因ともなったとされている。

2012-01-25(Wed)

今日は寒かった

急は寒いでしたね。地域によるけど大阪では今週はずっと寒いそうです。

2012-01-25(Wed)

ゲートタワービル

ゲートタワービル(Gate Tower Building)は、大阪市福島区にある地上16階建てのオフィスビルである。高速道路がこのビルを貫通しているのが特徴。通称は「ビーハイブ」(Beehive) で、「蜂の巣」「にぎやかな場所」を意味する。同じ大阪市内(梅田地区)で名称が似通っている梅田ゲートタワー(2009年(平成21年)12月オープン)は、別のビルである。2008年(平成20年)12月1日以降、株式会社ティーケーピーが全館を賃借して貸会議室「TKP大阪梅田ビジネスセンター」としており、ビル名称が「TKPゲートタワービル」と改称されている。
○概要
建物は円形の平面計画でダブルコア形式が採用されている。このビルの5 - 7階には、区分地上権の設定で阪神高速道路11号池田線梅田出口(池田方面側から降りる場合)が貫通している。契約上は5 - 7階に阪神高速道路会社がテナントとして「入居」しており、1階の案内板にもそのように表示されている(事務所などはないので「訪問」することは不可能である)。エレベーターは4階の次は8階となっており、途中の階には降りられない。5 - 7階の高速道路以外の部分にも窓があるように見えるがダミーであり、内部には階段とエレベーターが通っている。高速道路と建物は一切接触しておらず互いに独立しており、建物を解体しても高速道路が崩れることはない。また、貫通部分は防音シェルターに覆われているため、建物内部で騒音や振動は感じられない。屋上はヘリポートとなっている。

○貫通している理由
この土地の地権者は、明治初期からこの場所で薪炭業などを営んでいたが、社屋が老朽化したため1983年(昭和58年)に改築することにした。しかし、都市計画によって高速道路が通ることになっていたため建築許可が下りなかった。地権者側は譲れなかったため阪神高速道路公団(当時)と約5年間にわたり交渉し、ビルに高速道路を通すことで決着した。この事例のように、高速道路などを通す場合に用地買収が必要となるが、地権者側にも事情があるため必ずしも用地買収が成功するとは限らず問題となることが多い。そのため、1989年(平成元年)に道路法、都市計画法、都市再開発法、建築基準法の一部を改正し、道路と建築物等の一体的整備を認めた立体道路制度が制定された(元々この制度は、東京都港区虎の門周辺の環状2号線建設促進が目的であったが、結果的に適用されなかった)。これにより、高速道路が貫通したビルを建てられるようになった。ゲートタワービルは日本で初めて立体道路制度を利用した建物である。しかし通常は、地下に道路、地上に建物を配置するのが一般的で、道路部分がビルを貫通するのは極めて稀である。

○建物概要
所在地:大阪府大阪市福島区福島5-4-21
竣工:1992年(平成4年)
敷地面積:2,353m2
建築面積:760m2
延べ床面積:7,956m2
構造:鉄骨鉄筋コンクリート構造、一部鉄骨構造
高さ:71.9m
階数:地上16階、地下2階、塔屋1階
主用途:事務所
建築主:末澤産業株式会社
設計者:梓設計、山本・西原建築設計事務所
施工者:佐藤工業

○沿革
2007年(平成19年) - 羽柴興産による競輪場外車券売場(サテライト梅田)の開設計画が持ち上がるが、周辺住民の反対により断念
2008年(平成20年)12月1日 - ティーケーピーがマスターリースにより1棟借り(5 - 7階の阪神高速道路入居部分は除く)し、名称を「TKPゲートタワービル」に変更
J0010003_20120125121601.jpg

J0010005_20120125121601.jpg

J0010007_20120125121600.jpg

2012-01-24(Tue)

本の紹介(読書ではありません)

読書ではなく単純な本の紹介です。
蔵屋敷の怪事件―新・大浪花諸人往来 (講談社ノベルス)蔵屋敷の怪事件―新・大浪花諸人往来 (講談社ノベルス)
(1983/10)
有明 夏夫

商品詳細を見る


久留米藩大阪蔵屋敷絵図 (1983年)久留米藩大阪蔵屋敷絵図 (1983年)
(1983/01)
宮本 又次

商品詳細を見る


大阪市福島区堂島蔵屋敷跡―1998年度大阪第5地方合同庁舎建設に伴う福島1丁目所在遺跡発掘調査報告書大阪市福島区堂島蔵屋敷跡―1998年度大阪第5地方合同庁舎建設に伴う福島1丁目所在遺跡発掘調査報告書
(1999/01)
大阪市文化財協会

商品詳細を見る


蔵屋敷 (1) (大阪商業大学商業史博物館史料叢書 (第1巻))蔵屋敷 (1) (大阪商業大学商業史博物館史料叢書 (第1巻))
(2000/03)
不明

商品詳細を見る


図解・超高層ビルのしくみ (ブルーバックス)図解・超高層ビルのしくみ (ブルーバックス)
(2010/05/21)
鹿島

商品詳細を見る


超高層ビビル 日本編 (Skyscrappers Vol 1)超高層ビビル 日本編 (Skyscrappers Vol 1)
(2008/06)
中谷 幸司

商品詳細を見る


建築MAP大阪/神戸建築MAP大阪/神戸
(1999/06/20)
ギャラリー間

商品詳細を見る


建築MAP東京建築MAP東京
(2003/01)
ギャラリー・間

商品詳細を見る


建築MAP九州/沖縄建築MAP九州/沖縄
(2008/03/31)
TOTO出版

商品詳細を見る


新装版 東京建築ガイドマップ新装版 東京建築ガイドマップ
(2010/08/30)
倉方俊輔 斉藤理

商品詳細を見る


建築MAP東京 mini〈2〉建築MAP東京 mini〈2〉
(2005/11/10)
ギャラリー間

商品詳細を見る


建築MAP京都建築MAP京都
(1998/01/10)
ギャラリー・間

商品詳細を見る



今年、建築物(高層ビル等)の写真や蔵屋敷の写真を撮影しに行こうと思っているので本を紹介しました。
あくまでも予定ですが。

2012-01-24(Tue)

今月の読書2

今月の読書の第2弾です。
清盛と平家物語清盛と平家物語
(2011/12/16)
櫻井 陽子

商品詳細を見る


今年の大河ドラマの関連で紹介しました。

2012-01-15(Sun)

夕日

数日前(1月に入ってから)きれいな夕日を池田市内で見ることが出来たので撮影しました。
J0010001_20120115141055.jpg

2012-01-11(Wed)

大阪城残念石

このあたりの山々では大坂城を築城するために大量の石が採取されていたという。別名=「残念石」。残念石とは、大坂城の石垣に選ばれながら、石垣になれなかった石のこと。運搬の途中に落ちてしまったりとか、なんらかの理由で大坂城に運ばれなかった石を、研究者たちはそう呼んでいる。実はこの残念石、大阪のあちこちで見かけられるが、石に残る大名の家紋やくさびの跡で見分けるのだとか。
住所 〒579-8001 大阪府東大阪市善根寺町6-6
アクセス JR学研都市線「住道駅」よりバスに乗り換え「善根寺北」下車 徒歩12分
J0010083_20120111114325.jpg

2012-01-05(Thu)

中山寺

中山寺は、兵庫県宝塚市にある寺院。真言宗中山寺派大本山。山号は紫雲山。本尊は十一面観音。西国三十三箇所第24番札所。本尊は十一面観世音菩薩であり、インドの勝鬘夫人(しょうまんぶにん)の姿を写した三国伝来の尊像と伝えられる。左右の脇侍も十一面観世音菩薩で、本尊と脇侍をあわせて三十三面となり、西国観音を総摂すると共に法華経に説く観音の三十三権変化身を表象し、真の三十三所巡拝と同じ功徳がえられるという。普段は秘仏となっているが、毎月18日に開扉される。地元では「中山さん」と親しみを込めて呼ばれている。

○歴史
寺伝では聖徳太子が建立したとされる日本最初の観音霊場。「極楽中心仲山寺」と称されていた。現在の本堂(慶長8年・1603年再建)や阿弥陀堂は豊臣秀頼が片桐且元に命じて再建した。羅漢堂には約800体の羅漢像が並ぶ。安産祈願の霊場として皇室、源頼朝など武家、庶民より深く信仰を集めた。豊臣秀吉が祈願して豊臣秀頼を授かったとされる。また、幕末には中山一位局が明治天皇を出産する時に、安産祈願して無事出産したことから、日本唯一の明治天皇勅願所となり、安産の寺として知られる。中山という山が背後にあり、山麓にある中山寺奥之院には厄神明王がまつられ、本堂脇にある湧水は大悲水と呼ばれている。中山寺の境内からは18丁、徒歩50分程度で参拝する事ができる。毎月の戌の日は、安産祈祷会があり、安産を願い、また、鐘の緒(かねのお)(祈祷を受けた腹帯)の授与を求めて、日本各地から多くの参詣者が訪れる。

○文化財
・重要文化財(国指定)
木造十一面観音菩薩立像(本尊) - 平安時代前期
木造薬師如来坐像 - 平安時代後期
木造聖徳太子勝鬘経講讃坐像 附:経机、経巻、台座、礼盤(各木造) - 鎌倉時代~室町時代
木造大日如来坐像 - 平安時代後期

・兵庫県指定重要有形文化財
本堂 - 慶長8年(1603年)豊臣秀頼の命で片桐且元が再建
護摩堂 - 慶長8年再建
大門 - 天保3年(1646年)徳川家光の再建
木造十一面観音立像 2躯 - 鎌倉時代

・兵庫県指定史跡
白鳥塚古墳

・宝塚市指定文化財
木造薬師如来坐像
木造愛染明王坐像
鉄製吊燈籠
銅製鰐口
「豊国大明神」神号 - 豊臣秀頼筆
町石
星下り祭

○行事
8月9日の夜に西国三十三箇所の観音が星に乗って中山寺本堂に集まるとされ、星下り大会式が行われる。8月9日の夜には、梵天(御幣)が中山寺の塔頭に納められる。この8月9日に中山寺に参詣すると四万六千日参拝したのと同じ功徳があるとされる。
2月3日節分には、毎年宝塚歌劇団生徒を招いての追儺(ついな)豆まき式が行われる。
彼女たちが扮する観音様が三毒(貪(とん/むさぼり(欲張る心))・瞋(しん/いかり(怒る心))・痴(ち/おろか(迷う心)/人間の諸悪の根源である)の象徴・三匹の鬼をさとし、福・禄・寿に変身させるというショーが行われる。

○札所
西国三十三箇所第24番
摂津国八十八箇所第69番(大師堂)
摂津国八十八箇所第70番(納経所)
摂津国八十八箇所第71番(奥の院)
摂津国三十三ヶ所第1番
阪急沿線西国七福神(寿老神堂)
真言宗十八本山
聖徳太子御遺跡26番(開山堂)
近畿三十六不動尊霊場21番(護摩堂)
神仏霊場巡拝の道兵庫15番
御詠歌
野をもすぎ 里をもゆきて 中山の 寺へまいるは のちの世のため
群雲のかかる浮世の中山に 慈悲の光やひとり晴れゆく

○所在地・アクセス
〒665-8588 兵庫県宝塚市中山寺2丁目11番1号
阪急宝塚線 中山駅 下車すぐ
JR宝塚線 中山寺駅 徒歩15分

J0010019_20120105133735.jpg

J0010020_20120105133734.jpg

J0010021_20120105133734.jpg

J0010022_20120105133733.jpg

J0010023_20120105133733.jpg

J0010024_20120105133732.jpg

J0010025_20120105133823.jpg

J0010026_20120105133822.jpg

J0010027_20120105133822.jpg

J0010028_20120105133821.jpg

J0010029_20120105133820.jpg

J0010030_20120105133820.jpg






2012-01-05(Thu)

売布神社

売布神社は、兵庫県宝塚市にある神社である。式内社で、旧社格は郷社。旧川辺郡米谷村(まいたにむら)の産土神。 正式には旧字体を用い「賣布神社」と記す

○祭神
下照姫神(高比売神)を主祭神とし、天稚彦神を配祀する。一帯は物部氏一族の若湯坐連(わかゆえのむらじ)が拠点としていた地であり、本来の祭神は若湯坐連の祖である意富売布連(おおめふのむらじ)と見られる。

○歴史
推古天皇18年(605年)の創建と伝える。下照姫神は当地の里人が飢えと寒さで困窮しているのを愁い、稲を植え麻を紡ぎ布を織ることを教え、その後豊かになった里人が下照姫神を祀ったという伝承が残る。 米谷村の由来もこの伝承にちなみ、米種(まいたね)か売布谷(めふたに)が転訛したといわれている。延喜式神名帳では小社に列格している。中世以降、貴布禰神社や貴布禰明神(貴船大明神)と称していたが、元文元年(1736年)、寺社奉行大岡忠相より地誌編纂を命じられた並河誠所の調査によって当社が式内・売布神社に比定され、以降は売布神社と称するようになった。明治6年(1873年)、郷社に列格した。

○社殿・境内
本殿は桧皮葺流造で、文化13年(1816年)の建立。兵庫県南部地震で被災、修復された。
末社は、豊玉神社、稲荷社、市杵島比売命(弁才天)。

○例祭
10月18日・19日に行われるだんじり祭は八坂神社(宝塚市清荒神)と共催で、米谷東(売布、米谷)、米谷西(清荒神)の2基の地車が宮入りする。

○文化財
1736年に立てられた「賣布社」の標石と、4,100m2の社叢が宝塚市文化財に指定されている。

○所在地・交通
兵庫県宝塚市売布山手町1-1
阪急宝塚線売布神社駅から徒歩5分

○例祭
10月19日
J0010033_20120105133553.jpg

J0010034_20120105133553.jpg

J0010035_20120105133552.jpg

J0010036_20120105133552.jpg

J0010037_20120105133551.jpg

J0010038_20120105133551.jpg

2012-01-05(Thu)

山本奥古墳群C支群

山本奥古墳群は長尾山丘陵に数多く築かれた古墳時代終わりごろの群集墳のひとつで、全体で28基ほどの古墳が確認されています。この群は7つのグループに分かれていますが、その1つのC支群は1987年にはkkつ調査を行い、11基からなるグループである事が分かりました。C支群の古墳は全て横穴式石室を持つ円墳で、規模の大きなものから小さなものへと順に作られていったようです。出土物としては棺に使われた鉄釘や支社に供えられた須恵器などが見つかっていますが、それらの特徴から古墳は7世紀の始頃に築かれたものと考えられます。群集墳はいくつかの家族の古墳が集まったものと言う事ができますが、古墳の規模が小さくなっていく事や、副葬品の量が少ないことなど、古墳時代の終り頃の様相を示しているといえるでしょう。調査終了後、一部に変更を加えたい害はおおむねもとの姿のまま、良く似た地形を持つ当地へ移築復元し、古墳のある後援として利用する事になりました。なお、この近隣の尾根には中期古墳である長尾山古墳も存在しています。

所在地:宝塚市山手台東1丁目4(長尾山古墳の東に数メートル)

J0010006_20120105133102.jpg

J0010007_20120105133056.jpg

J0010008_20120105133056.jpg

J0010009_20120105133055.jpg

J0010010_20120105133055.jpg

J0010011_20120105133054.jpg

J0010018_20120105133159.jpg

J0010012_20120105133153.jpg

J0010013_20120105133152.jpg

J0010014_20120105133152.jpg

J0010015_20120105133151.jpg

J0010016_20120105133151.jpg

J0010017_20120105133150.jpg

2012-01-05(Thu)

グーグルプラス始めました。

グーグルプラスっていうSNSありますよね。それはじめました。まだまだ使い方分かってない部分もありますがよろしく。
できるポケット Google+ グーグルプラス スマートに使いこなす基本&活用ワザ 70できるポケット Google+ グーグルプラス スマートに使いこなす基本&活用ワザ 70
(2011/11/18)
コグレマサト、いしたにまさき 他

商品詳細を見る


グーグルプラス Google+ 完全活用術 facebookを超える大本命のSNSがはじまった!グーグルプラス Google+ 完全活用術 facebookを超える大本命のSNSがはじまった!
(2011/09/21)
田口和裕、花岡貴子 他

商品詳細を見る

2012-01-02(Mon)

今月の読書

新年早々今月の読書について書きます。
金融屋―借金漬けにされる消費者たち金融屋―借金漬けにされる消費者たち
(2007/06/27)
笠虎 崇

商品詳細を見る


金融屋金融屋
(2010/01/23)
笠虎 崇

商品詳細を見る



2012-01-01(Sun)

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。今年もまた色々写真撮影をしに出かけて、UPしていきたいと思います。

それと昨年投稿した内容でまだ写真UPしてない部分はなるだけ早くに写真UPしたいと思います。昨年の反省点として「写真の整理に手間取ってUPするのが遅れている」「神社やお寺の場所を探すのに時間がかかり思っていた以上に時間が掛かった(一日で回る事ができるような場所に2,3日かかったときもあった)」があるのかな。今後はその天気をつけたいと思う。

Polaroid デジタルカメラ t1455 ブルー CTJ-1455L 1400万画素 光学5倍ズームPolaroid デジタルカメラ t1455 ブルー CTJ-1455L 1400万画素 光学5倍ズーム
(2011/05/01)
ポラロイド

商品詳細を見る

プロフィール

kazubonka

Author:kazubonka
かずぼんです。大阪並びに近畿一円の口コミ情報を提供していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
メモ














































【高額報酬!!】有名女優が多数愛用している事でも知られている光美容機。世界中のセレブ御用達の一品。高額商品にも関わらず売れ続けています。ご利用者からご満足のお便りも大変多いです。定価472,500円











BTOパソコンショップ 『フレッシュフィールド』 オールカスタマイズ可能なオリジナルパソコン好評発売中!





























スルガ銀行ANA支店
銀行取引でANAマイルが貯まる(100×60)バナー











<

「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約!



ティッカー

グアム

ハワイ旅行

ムームードメイン

カスタムバイク買取













検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

続・竹林の愚人

思いつくまま

oobuta日記
QRコード
QRコード
FC2カウンター
平成20年8月26日からのアクセス数です。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2アフィリエイト
カウンター アフィリエイト・SEO対策
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
スポンサードリンク

FC2Ad

Powered by FC2 Blog