2010-08-27(Fri)

太閤下水

太閤下水は、日本最古の現役の下水道といわれている。1583年(天正11年)から始まった豊臣秀吉の大坂城建設に伴うまちづくりでは、内町や船場地区に現在の大阪の基礎となる町が形成された。
このまちづくりでは、道路の整備と同時に、町屋から排出される下水を排除するために下水溝が建設されたが、道路と下水道を備えた先駆的なまちづくりのアイディアはわが国の都市計画の歴史において画期的なものとして評価されている。
1598年(慶長3年)に整備された船場地区では、大坂城に向かう東西路を軸に、碁盤の目状に整然と区画され、その道路に面して間口を持つ建物の裏側の建物と建物が背中合わせになっているところを割るように造られたことから「背割下水」と呼ばれ、 太閤秀吉にちなんで「太閤下水」とも呼ばれている。 太閤(背割)下水は開渠で作られ、通常幅1尺(約30Cm)から4尺(約1.2m)、大きなものは1間(1.8m)から2間(3.6m)に及ぶもので、工法は初期には素掘りであったが、のちには石垣が施されている。
江戸時代を通じて、拡張・整備され、明治の新政権に引き継がれた。大阪市制が発足した1889年(明治22年)には市内の下水講の総延長は約350Kmに及んでいたという。この太閤(背割)下水は現在でも中央区、西区などで約20Km使用されているが、2006年(平成18年)には、その内将来にわたって保存可能な約7Kmを「大阪市指定史跡」に指定されている。
所在地:大阪市中央区農人橋1丁目
最寄駅:地下鉄谷町線[谷町4丁目」下車、②番出口を南へ、最初の辻を西へ、南大江小学校西側
J0010223.jpg

J0010226.jpg

J0010227.jpg

J0010228.jpg

J0010229.jpg
スポンサーサイト

2010-08-27(Fri)

正覚寺城

御霊林合戦に始まる応仁の乱は、山名宗全・細川勝元の死により、中央での戦乱は終結した。畠山義就は河内に兵を引くが、その後も義就・政長は河内・大和で争う事となる。
1477年(文明9)政長は正覚寺に陣を置き、義就と争ったが、この時以来正覚寺は城郭化されたものとみられている。1493年(明応2)4月、義就の子である義豊率いる大軍に攻められ、25日政長は自害し、正覚寺城は灰燼と化した。1577年(天正5)織田信長が石山本願寺攻めの際、この地に本陣を置いている。

住所:大阪府大阪市平野区加美正覚寺1-17-30(旭神社内)
J0010230.jpg

J0010231.jpg

J0010232.jpg

J0010233.jpg

J0010234.jpg

2010-08-25(Wed)

大掃除の効果

先日大掃除をしたという書き込みしましたよね。そしてその時に要らない本やCD、新聞雑誌等が大量に出てきました。
要らない本やCDを近所の古本屋に売却しに行くと4千円にもなりました。結構量が多かったからなあ。古新聞古雑誌についても回収業者に回収してもらいましたこれは70円でしたが。

けどまだいらない紙のごみがでそうなので早く捨てようと思う。

2010-08-21(Sat)

残暑お見舞い申し上げます。

残暑お見舞い申し上げます。
まだまだ暑い日が続きますね。これからも体に気をつけて更新をしていきたいと思いますのでよろしくお願いします。

2010-08-16(Mon)

上ヶ原浄水場古墳

過去には上ヶ原台地に十数基の古墳が存在していたが、開発のために壊され、現在はこの浄水場内古墳と、ここより南東350メートル位にある関西学院構内古墳と県立西宮高校内にある入組野古墳(通称船形古墳)の3基のみになりました。浄水場内古墳は古墳時代の後期(約1300~1400年前)の古墳で、封土の一部が流出しているが直径7mの円墳である。墳丘裾部は石垣によって土砂留がなされているが、玄室部は露呈しており石室は片袖式の横穴式石室である。
石室石材は花崗岩を使用している。仁川に近い関係から川原石を使用したものと思われる。現在までに発掘調査は行われていない。
所在地:西宮市仁川百合野町1-40(神戸市水道局上ヶ原浄水場内)
見学可能時間:平日9:00~18:00(土日祝日は見学できない)
浄水場内なので許可を取ってから入場するということになる。そのため、マナーは守ってください。
J0010194.jpg

J0010195_20100816102346.jpg

J0010196_20100816102345.jpg

2010-08-14(Sat)

高野山に先日行ってきました。

8月9日に高野山に行ってきました。大阪に住んでいながら行ったのは今回が初めてです。
高野山は、和歌山県伊都郡高野町にある標高約1,000m前後の山々の総称。平安時代の弘仁10年(819年)頃より弘法大師空海が修行の場として開いた高野山真言宗、ひいては比叡山と並び日本仏教における聖地である。現在は「壇上伽藍」と呼ばれる根本道場を中心とする宗教都市を形成している。山内の寺院数は高野山真言宗総本山金剛峯寺(山号は高野山)をはじめ117ヶ寺に及び、その約半数が宿坊を兼ねている。平成16年(2004年)7月7日、高野山町石道と山内の6つの建造物が熊野、吉野・大峯と共に『紀伊山地の霊場と参詣道』としてユネスコの世界文化遺産に登録された。
地理
地名としての「高野山」とは、八葉の峰(今来峰・宝珠峰・鉢伏山・弁天岳・姑射山・転軸山・楊柳山・摩尼山)と呼ばれる峰々に囲まれた盆地状の平地の地域を指す(行政上の字名としての「高野山」もおおよそこれと同じ地域である)。8つの峰々に囲まれているその地形は『蓮の花が開いたような』と形容されており、仏教の聖地としては大変良い場所であるとされている。転軸山・楊柳山・摩尼山の三山を高野三山という。なお、高野山という名称の山は無い。
○主な施設・寺院
・壇上伽藍(壇場伽藍)
空海が曼荼羅の思想に基づいて創建した密教伽藍の総称であり、高野山の二大聖地の一つである(ほかの一つは奥の院)。金堂は高野山全体の総本堂で高野山での主な宗教行事が執り行なわれる。ほかに大塔、御影堂、不動堂などが境内に立ち並び、不動堂は世界遺産に登録されている。また、弘法大師伝説のひとつである飛行三鈷杵がかかっていたとされる「三鈷の松」や、高野四郎(俗称)と呼ばれる大鐘楼も伽藍に存する。
J0010133.jpg

J0010136.jpg

J0010137.jpg

・奥の院
弘法大師の御廟と灯籠堂がある(世界遺産)。参道には、皇室、公家、大名などの墓が多数並び、その総数は正確には把握できないものの、20万基以上はあると言われている。戦国大名の6割以上の墓所がある。奥の院の入り口は一の橋と中の橋の2箇所があるが、正式には一の橋から参拝する。一の橋から御廟までは約2kmの道のりとなっている。その途上には「みろく石」などの七不思議と呼ばれる場所がある。
J0010059_20100816183227.jpg

J0010060_20100816183227.jpg

J0010061_20100816183226.jpg

J0010062_20100816183225.jpg

J0010063_20100816183225.jpg

J0010065_20100816183418.jpg

J0010068_20100816183417.jpg

J0010069_20100816183416.jpg

J0010083_20100816183416.jpg


金剛峯寺
高野山真言宗の総本山で座主の住寺(世界遺産)。金剛峯寺は元は高野山全体の称だが、現在金剛峯寺と呼ばれるのは明治2年(1869年)に2つの寺院が合併したもの。もと青巖寺(剃髪寺)と呼ばれた寺院は文禄2年(1593年)、豊臣秀吉の建立、文久3年(1863年)、再建。歴代天皇の位牌や高野山真言宗管長の位牌をまつっている。大主殿、別殿、新別殿と分かれており、別殿では観光客に湯茶の施しがある。襖に柳鷺図のある柳の間は豊臣秀次の自刃の間。屋根の上に置かれた防火用の水桶は、かつては高野山全域で見られたが今も置かれているのはここのみ。また、金剛峯寺境内にある「蟠龍庭」(2,340m2)は日本最大の石庭。
・大門
高野山全体の総門。1705年再建。国の重要文化財と世界遺産に指定されている。
J0010140.jpg

J0010141.jpg

J0010143_20100816183531.jpg

・苅萱堂
苅萱道心と石童丸の哀話の舞台として知られる。
J0010109.jpg

・徳川家霊台
寛永20年(1643年)、徳川家光の建立。家康と秀忠の霊廟がある。世界遺産に登録されている。
J0010145.jpg
日光東照宮に似てます。

・女人堂
女人禁制の時代は女性はここまでしか入れなかったとされている。
J0010149.jpg

J0010148_20100816183844.jpg

J0010150_20100816183843.jpg

J0010151_20100816183842.jpg

J0010152_20100816183841.jpg

・金剛三昧院
建暦元年(1211年)、北条政子の発願による建立。源頼朝と実朝の菩提を弔うための多宝塔(国宝・世界遺産)がある。
高野山霊宝館
高野山上にある国宝、重要文化財等の保存・展示が行われており、定期的にテーマを絞った展示会が開催される。なお、現在の日本の国宝の2%は高野山上にある(1073件中、23件)。大正10年(1921年)、開設。

・根本大塔
J0010134.jpg

2010-08-14(Sat)

水堂陣屋

寛永20年(1643年)、尼崎城の青山幸成から3000石を与えられた幸通によって居城として築かれたことから始まる。その後、水堂青山氏は摂津国内で2500石・下総国内で3000石を加増され、そのまま転封することなく明治維新を迎えた。代官屋敷は明治期まで青山氏が在城していたが其の後、大正・昭和に行なわれた鉄道建設や道路整備によって移築され、当初南を正門としていたが西正面に改築したり建物を北側に移す等、度々の移転後・平成元年12月に解体されたらしい。僕自身が平成22年8月11日に訪問してみると門も何もなく「水堂代官屋敷」という看板はあったが何もなかった。その土地には一般の人が住んでおり、その住人の話によると20年位前(平成2年頃)に門を取り壊したという話が聞けた。
今は看板が残るのみ。

所在地:兵庫県尼崎市水堂1-23-4
J0010198_20100814135423.jpg
↑看板といってもこれ

2010-08-12(Thu)

突然の豪雨の場合

突然夕立等で豪雨が降ることってありますね。皆さんはどうしますか。僕の場合一時的にどかっと降ってやむこともあるから、雨宿りして雨がやむのを待ちますね。

2010-08-12(Thu)

近々写真をまたUPします。

近々写真をまたUPします。期待しておいてくださいね。

2010-08-07(Sat)

ノイチゴ

ノイチゴらしい実を発見しました。
J0010043_20100807153201.jpg

J0010044_20100807153200.jpg

J0010045_20100807153159.jpg

2010-08-07(Sat)

ホオヅキかな

ホオヅキかな。この実は。じっくり観察してみます。
J0010039_20100807153116.jpg

J0010040_20100807153116.jpg

J0010041_20100807153115.jpg

2010-08-07(Sat)

チョウセンアサガオ

チョウセンアサガオの花が咲いていました。
J0010029_20100807152916.jpg

J0010035_20100807152915.jpg

J0010023_20100807152750.jpg

J0010024_20100807152749.jpg

J0010025_20100807152748.jpg

J0010026_20100807152748.jpg

2010-08-07(Sat)

ツユクサ

露草の小さな花が家の近所で咲いていました。
J0010017_20100807152500.jpg

J0010018_20100807152459.jpg

2010-08-07(Sat)

ノアサガオ

ノアサガオの花が咲いていました。
J0010012_20100807152501.jpg

J0010019_20100807152751.jpg

J0010020_20100807152750.jpg

2010-08-07(Sat)

オシロイバナ

オシロイバナの花が咲いていました。
J0010007_20100807152502.jpg

J0010008_20100807152501.jpg

2010-08-07(Sat)

キキョウ

キキョウの花が咲いていました。
J0010005_20100807152250.jpg

2010-08-07(Sat)

ヒマワリ

夏の花といえばヒマワリですね。
J0010002_20100807152252.jpg


J0010003_20100807152252.jpg


J0010004_20100807152251.jpg

2010-08-07(Sat)

トケイソウ

トケイソウの花が咲いていたので写真に取りました。
J0010001_20100807152209.jpg

2010-08-06(Fri)

今月の読書

今月の読書として本の紹介をします。どちらかといえば資格試験ネタかな。



2010-08-05(Thu)

三日月陣屋

三日月陣屋は、兵庫県佐用郡佐用町三日月にある日本の陣屋。別名を乃井野陣屋という。
○歴史
1697年(元禄10年)に美作津山藩森家は無嗣断絶となった。その分家であった美作津山新田藩主森長俊は、播磨国佐用郡、揖西郡、宍粟郡65ヶ村1万5千石に領地替えされた。翌1698年(元禄11年)に長俊は領地入りし、藩庁の陣屋と家臣屋敷の建設に着手した。その候補地が乃井野村であり、三日月陣屋である。1700年(元禄13年)にはほぼ完成した。以後森家は9代続き、俊滋の時明治維新を迎えている。戊辰戦争では官軍に付いて参戦している。1871年(明治4年)の廃藩置県により、藩庁としての役目を終え解体された。その中で物見櫓と長屋は小学校に移築され、公民館として使用されていた。西法寺山門に陣屋正門として移築されている。2003年(平成15年)、原位置に戻されて整備されている。

所在地:兵庫県佐用郡佐用町乃井野

2010-08-05(Thu)

小野陣屋

小野陣屋は兵庫県小野市西本町(播磨国加東郡)にあった小野藩の藩庁である。

○概要
小野陣屋は承応2年(1653年)、1万石で二代藩主一柳直次によって築かれ、それまでの陣屋から移転した。次男一柳直家に2万1600石を分知し立藩した。直家は播磨国小野と伊予国内を領し川之江陣屋を構えたが、小野には采地陣屋を構えた。寛永19年(1642年)直家が没すると断絶するところ、幕府は伊予の領地を没収した上で、末弟の直頼は丹波国園部藩主小出吉親の次男小出直次を一柳直家の娘婿として迎え嗣子として幕府に願い出て、小野藩1万石を与えた。以後10代にわたって一柳氏はこの地を領して第11代末徳の代に明治維新を迎えた。陣屋は台地の先端部に築かれている。周囲は断崖になっている。また東側にはかつて3つの池があり、堀の代わりをしていた。歴代藩主のうち、3代から6代、8代、9代藩主が駿河加番となっている。3代一柳末礼は大番頭を勤め元禄16年(1703年)五代将軍徳川綱吉の御側衆となっている。

○遺構
陣屋址は小野市立小野小学校の敷地となり、現在は旧講堂が小野市立好古館となっている。石碑の他、陣屋南西竹門付近に僅かに土塀が現存している。なお、愛媛県四国中央市川之江時代の川之江藩の二層の陣屋門が八幡神社境内に移築現存している。

○アクセス
神戸電鉄粟生線小野駅 下車徒歩約10分

所在地:兵庫県小野市西本町
小野小学校の敷地などとなっている。

2010-08-05(Thu)

山崎陣屋

○概要
姫路藩主池田輝政の四男輝澄によって築かれた山崎城を起源とする。その後、松井松平家が和泉国岸和田藩5万石で入ったが、慶安2年(1649年)石見国浜田藩にて転封し、一時天領となる。その後、備前国児島藩より池田恒元が3万石で入封したが、3代で改易になった。延宝8年(1680年)本多忠英が1万石で入り、城跡に陣屋を構えた。初代忠英は大番頭を勤め、岡崎藩主となる系統で本多政勝の五男である。8代忠鄰は大坂城番を勤めている。第9代忠明の時、明治維新を迎えている。

○遺構
陣屋址の中心は本多公園、二の丸には山崎小学校、中学校の敷地となっている。石垣と堀跡が一部残り、紙屋門が現存する。

所在地:兵庫県宍栗市山崎町鹿沢

2010-08-05(Thu)

村岡陣屋

○概要
慶長6年(1601年)山名豊国(禅高)が但馬国七美郡6千700石を与えられた。 当初は兎束村に陣屋を仮設し、元和元年(1615年)福岡と改称した。その後3代山名矩豊は寛永19年(1642年)陣屋を黒野村に移し村岡と改称した。8代山名義方は、文化3年(1806年)陣屋を尾白山に移し、中腹に陣屋を築き、大手門、中門、長屋、鎮守社,煙硝蔵、練兵場を設けた。11代山名義済は慶応4年(1868年)太政官から新田4千300石の加増を認められ、1万1千石で村岡藩を立藩し、12代山名義路の代に廃藩となった。

○遺構
陣屋跡は、昭和33年(1958年)から同57年(1982年)までの間兵庫県立村岡高等学校として利用されたが、現在は移転して、御殿山公園として整備されている。

所在地:兵庫県美方郡香美町村岡区村岡
陣屋跡は御殿山公園となっている

2010-08-04(Wed)

ブログ再開

ブログを再開することになりました。よろしくお願いします。

お盆休みころにお出かけをして写真を撮影してきてUPしようと思います。
プロフィール

kazubonka

Author:kazubonka
かずぼんです。大阪並びに近畿一円の口コミ情報を提供していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
メモ














































【高額報酬!!】有名女優が多数愛用している事でも知られている光美容機。世界中のセレブ御用達の一品。高額商品にも関わらず売れ続けています。ご利用者からご満足のお便りも大変多いです。定価472,500円











BTOパソコンショップ 『フレッシュフィールド』 オールカスタマイズ可能なオリジナルパソコン好評発売中!





























スルガ銀行ANA支店
銀行取引でANAマイルが貯まる(100×60)バナー











<

「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約!



ティッカー

グアム

ハワイ旅行

ムームードメイン

カスタムバイク買取













検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

続・竹林の愚人

思いつくまま

oobuta日記
QRコード
QRコード
FC2カウンター
平成20年8月26日からのアクセス数です。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2アフィリエイト
カウンター アフィリエイト・SEO対策
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
スポンサードリンク

FC2Ad

Powered by FC2 Blog