2009-12-31(Thu)

今年1年ありがとうございました。

今年1年ありがとうございました。来年もよろしくお願いします。
スポンサーサイト

2009-12-30(Wed)

昆陽池公園

731年(天平3年)、行基の指導により農業用のため池として昆陽池が作られた。1968年(昭和43年)に伊丹市が公園化。後の工事で、さらに拡張し今の形になった。白鳥が自然放養されているほか、冬には3000羽を越えるカモやカモメなど渡り鳥の飛来する関西屈指の野鳥の楽園として知られている。池の中ほどに日本列島を模した人工島があり、大阪空港を離陸した直後の飛行機の窓からその形を間近に望むことができる[1]。近年、池の周囲に植林されている樹木に営巣する鳥による糞害が問題となり、無料で傘の貸し出しを行っている。公園内には伊丹市昆虫館もある。
所在地 - 兵庫県伊丹市昆陽池3丁目
開園時間 - 常時(ふるさと小径は午前9時~午後5時)
休園日 - 年中無休
J0010079.jpg

J0010080.jpg

J0010082.jpg

J0010084.jpg
この池は冬鳥が集まることで有名だが、見に行ったときにはまだあまりきてなかった

2009-12-30(Wed)

弁慶の泉

池田市に弁慶の泉にという場所があることをご存知ですか。「弁慶の泉」は日本各地にあるらしい(箕面市内にも弁慶の鏡水というものがある)。「弁慶の泉」とは、約800年前、源義経が兄頼朝に追われ、西国街道を逃れて尼崎に行く途中に、家来の弁慶がこの泉の水を飲んだといわれる井戸のことです。
所在地:池田市豊島南2丁目(国道171号線沿いの西国街道です)
J0010075.jpg


J0010076.jpg

2009-12-28(Mon)

天王寺七坂

天王寺七坂は、大阪市天王寺区の上町台地にある7つの坂の総称。

北から順に、

○真言坂
生國魂神社の北側にある南北の坂。かつては真言宗の寺院が六坊あった。唯一南北に通る。北側の上り口は千日前通の南(阪神高速高津入口付近)に通じ、上り口に真言坂の顕彰碑がある。今は千日前どおりから生國魂神社までの短い坂だが、昔は高津宮から生國魂神社までの区間の坂道だったらしい。南向きに坂を上ると生國魂神社の北の鳥居・石段の前へ至る。坂の名の由来は、このあたりに生國魂神社の神宮寺だった法案寺をはじめとした真言宗の仏教寺院が十坊(「生玉十坊」と呼ばれた)あったことに由来する。これらの寺院は明治時代初頭の神仏分離により撤去され、現在は周辺はマンションやラブホテルが建ち並んでいる。真言坂の両脇もマンションである。現在の坂は自動車が通られる石畳となっている。
P1000042.jpg

P1000043.jpg

P1000044.jpg

○源聖寺坂
坂の名は、坂の上り口北側に浄土宗源聖寺があることに由来する 西側の上り口は下寺町の松屋町筋に通じ、坂を上りきると生國魂神社正門の少し南、齢延寺と銀山寺の間を通る。道筋は上町台地上で水平となり、東は谷町筋・生玉南交差点の一つ南の辻へと至る。上り口から途中までは石畳となっているが、途中から階段状になり、少し東南東に向きを変える。かつて石段を上りきった場所に昭和末期まで「源九郎稲荷」があった。コンニャク好きの狸が祀られ、天王寺区史に「こんにやくの八兵衛」という祠があったことが記されている。現在どこへ還座されたかは不明で、生國魂神社に還座されたと記した資料がある一方、同名の末社とは無関係との記述もある。
P1000051.jpg

P1000052.jpg

P1000053.jpg

P1000054.jpg

P1000055.jpg

P1000056.jpg

P1000057.jpg

P1000058.jpg

○口縄坂
「天王寺七坂」のひとつであると同時に「大阪みどりの百選」に選定されている。
天王寺区下寺町2丁目から夕陽丘町にかけて東西にのびている坂で、東側(夕陽丘町)の標高が高くなっており、途中は石畳の階段になっている。前後の道はそのまま西側は松屋町筋、東側は谷町筋(地下鉄四天王寺前夕陽ヶ丘駅付近)につながっている。「口縄」とは大阪の古い言葉で「蛇」のことであり、坂の下から道を眺めると、起伏が蛇に似ていることからそう呼ばれるようになったとされている。
周囲は小さな仏教寺院が多数ひしめいている。坂を登りきった場所の北側にある梅旧院には松尾芭蕉の供養塔がある。南側に織田作之助の文学碑があり、彼の著書である『木の都』の一節が刻まれている。 また、織田作之助が七坂の内、一番愛した坂でもある。
P1000064.jpg

P1000065.jpg

P1000066.jpg

P1000067.jpg

P1000068.jpg

P1000069.jpg

○愛染坂
愛染かつらで有名なお寺「勝鬘院愛染堂」が坂を上ったところにあることから名づけられたこの愛染坂は、私立の名門校である大阪星光学院に沿って上町台地まで一気に上がる急な坂道です。この坂は舗装されているとはいえ結構急です。
坂道の下から見ると、左手に大江神社、右手に大阪星光学院というように神社と学校に挟まれているため、緑の豊かな道です。愛染坂を上がったところにある愛染堂の夏祭りは大阪で最も早く開催される夏祭りとして知られており、夏の風物詩となっています。また、隣接する大江神社には「夕陽岡の碑」があり、上町台地から大阪の中心部を眺める絶景ポイントとして知られています。
P1000070.jpg

P1000071.jpg

P1000072.jpg


○清水坂
清水坂の名前は、南側に接している清水寺というお寺に由来しています。ところで清水寺と言えば「清水の舞台」で有名な京都の清水寺を連想しますが、清水坂に隣接している清水寺は、名前が同じであるだけでなく、京都の清水寺から譲り受けた「十一面千手観世音菩薩」が祀られていることで、実際に深い関わりがあります。かつて天王寺一帯は名水どころとして知られており、清水寺の境内にある崖からは天然の地下水が常に流れ出る滝があります。これは「玉出の滝」と呼ばれ、大阪市内唯一の滝です。「玉出の滝」の形も京都・清水寺の「音羽の滝」を模した造りになっていると言われています。清水坂はこの清水寺と星光学院に挟まれているため、夏でも涼しさを感じるほど静かで緑の多い道です。広くゆったりとした道で、階段ではありますが横には段差のないスロープがあるので、自転車を押しながら通行することも出来ます。
P1000075.jpg

P1000076.jpg

P1000077.jpg

○天神坂
天王寺区伶人町と逢阪1丁目との境界に位置する。東西に通じ、西側の標高が低くなっており、東は谷町筋、西側は松屋町筋に接続する。途中、菅原道真を祀る安居神社へ通じており、天神坂の名の由来となっている。かつて、安居神社鳥居の前に「相坂の清水」と呼ばれた名水処があった。現在は坂の上り口から神社脇にかけて清水をイメージした疏水が設けられている。
P1000078.jpg

P1000079.jpg

P1000080.jpg

P1000081.jpg

P1000082.jpg

○逢坂
逢坂は、天王寺区逢阪1丁目の「天王寺公園北口交差点」から四天王寺1丁目の「四天王寺交差点」にかけて東西にのびている坂で、現在は国道25号線そのものである。東側(四天王寺)の標高が高くなっている。西側は松屋町筋、東側は谷町筋につながっている。
平安時代の頃には、坂の上り口にあたる現在の天王寺公園北口交差点あたりまで海であり、このあたりは「合法ヶ辻」と呼ばれ、のちの浄瑠璃『摂州合邦辻』の舞台ともなった。逢坂の名の由来は"合う坂"に由来するともいわれる。江戸時代の頃には逢坂は「あふさか」とよばれ、「合坂」、「相坂」と記すこともあった。近代以前は馬車馬が音をあげるほど急な坂だったと伝えられ、道も狭かった。明治9年(1876年)に茶臼山観音寺の住職が寄付を集めて坂を切り崩して緩やかにする工事を行った。明治時代末期に大阪市電の第三期線建設に伴い、道路が拡張されてほぼ現在の姿になった。


P1000090.jpg

P1000089.jpg

がある。

これらの坂のある地域一帯はいわゆる「寺町」であり、江戸時代に大阪城下より移転させられた仏教寺院が多く集まっている。大阪市内では比較的緑が多く残っており、著名人の墓や碑のほか、大阪市唯一の滝であるとされる「玉出の滝」が存在するなど、観光スポットとなっている。坂のあるあたりの北西部一帯は下寺町と呼ばれている。上記の7つの坂に学園坂を加えて天王寺八坂とも呼ばれる場合もあるそうです。

2009-12-28(Mon)

麻田陣屋

麻田陣屋は大阪府豊中市蛍池中町(摂津国豊島郡)にあった麻田藩の藩庁である。
概要
麻田陣屋は元和元年(1615年)、外様大名の青木一重によって築かれた。一重は最初は徳川家康に仕え、元亀3年(1572年)家康の元を離れて豊臣秀吉の黄母衣衆となるが、元和元年に豊臣氏が滅ぶと、再度家康に召しだされた。この時1万石の所領を安堵され、陣屋を築いた。
青木氏は江戸時代を通して麻田の地を領し続け、14代重義の時、明治維新を迎えた。
陣屋は阪急宝塚本線・大阪モノレール蛍池駅前西側にある蛍池公民館一帯にあった。東と北に堀を設けた内郭に御殿があり、会議所、柔剣道場などがあり、その周りに家臣の屋敷が軒を連ねるように囲みを外郭で作り、さらにその周囲には外堀があった。規模は南北250m余り、東西190mの方形であった。
遺構
跡地は市史跡に指定されているが公民館が建っていて面影はない。公民館の一画に石碑が建てられている。また陣屋長屋門は市内刀根山元町に移築現存しており(市有形文化財)、また、陣屋御殿玄関が報恩寺(市内春日町)に移築され(市有形文化財)、中桜塚2丁目に茅葺の移築門がある。

所在地:豊中市蛍池中町3丁目9-20

J0010003_20091228140017.jpg

J0010004_20091228140011.jpg

J0010005_20091228140004.jpg

2009-12-28(Mon)

お正月飾り

クリスマスも終わり、お正月の飾りを出している店がありました。
J0010108.jpg

2009-12-26(Sat)

中山荘園古墳

中山荘園古墳は、兵庫県宝塚市にある八角墳。長尾山の丘陵部南斜面に位置する。
概要
墳丘直径13メートル
高さ2.6メートル
各辺の長さ4.5~6メートル
八角形に加えて南面する前庭部には幅8メートル長さ4メートルの張り出しがあり、日本で唯一の特殊な形状をしている古墳である。
横穴式石室の特異な羨道部や墳丘が極端に高いことなどから、造営年代は古墳時代の終末期、7世紀中頃と考えられている。 出土品が少ないことから、早くから盗掘されていたと考えられる。発掘調査時1983年3月、マンション建設時に古墳の存在が発覚。 記録のため発掘調査を行った結果、特異な形状が発見され、古墳全てを残すためにマンションの規模を縮小した。 1999年に国の指定を受けたことから公園化整備が行われ、2006年から一般公開が行われている。 古墳の内部を見学することも出来る。
副葬品
石室の中央から赤色顔料・ベンガラが発見された程度で、主だった副葬品類は発見されなかった。

所在地・交通
兵庫県宝塚市中山荘園
阪急宝塚本線売布神社駅から徒歩10分、中山駅から徒歩13分
所在地 兵庫県宝塚市中山荘園
形状 八角墳
規模 直径13m、高さ2.6m
築造年代 7世紀中頃
出土品 すり鉢片、須恵器など
史跡指定 平成11年(1999年)国指定
周辺情報
周辺の長尾山丘陵部には古墳が多く、銅鐸も出土している。
万籟山古墳…4世紀末
白鳥塚古墳…7世紀初
長尾山古墳…5世紀頃
長尾山丘陵群集墳
J0010107_20101124112459.jpg

J0010109_20101124112458.jpg

J0010110.jpg

J0010111.jpg

J0010112.jpg

この古墳から東の方に行ったところに銅鐸が出てきたところがあるそうです。
J0010105.jpg

J0010106.jpg

J0010107.jpg

2009-12-26(Sat)

白鳥塚古墳

白鳥塚古墳は、兵庫県宝塚市の中山寺境内にある古墳。中山寺境内にある事から、「中山寺古墳」と呼ばれる事もある。

巨石で築造された横穴式石室と家形石棺を持つ。
概要
兵庫県の指定史跡。

長尾山系の山麓段丘、中山寺境内に立地する。変形し墳丘の形状は不明だが、最大径30m以上の大型円墳か方墳と考えられている。横穴式石室の玄室は長さ6m・幅2.5m・高さ3m、羨道部は長さ9.2m・幅2m・高さ2.4mで、ほぼ南向きに開口する。 床には敷石を敷き、5枚以上の天井石を載せてある。玄室の中央奥寄りに、長さ190cm・幅115cm・高さ50cmの家形石棺を安置する。石棺はくりぬき式で、蓋には6個の縄掛突起がある。 材質は凝灰岩で、播磨龍山の岩を用いたと推定される。家形石棺の形態から見ると、7世紀初頭の建造と考えられている。 古くから名所となっており、副葬品等の有無は不明である。

縁起
18世紀の摂津名所図会に「石の唐櫃(からと)」と記載されている。

中山寺社伝で、仲哀天皇の先后である大中姫の墓と伝えられている。 また、大中姫の子、忍熊皇子もこの地に葬られ、異母弟である応神天皇が慰霊の使者を送ったところ、忍熊皇子の霊が「恨みを捨て、厄除神になる」と答えて古墳の羨道から白鳥が飛び出し、山中の石(中山寺奥之院の白鳥石)の中に消えた、とある。

忍熊皇子は瀬田川で亡くなっていることと、忍熊皇子と家形石棺の年代に大きなずれがあることから、大中姫と忍熊皇子の霊を聖徳太子が中山寺に祀った伝承により大中姫の墓とされたと想像され、実態はこの地区に勢力を持っていた豪族の墳墓と考えられる。

所在地・交通
兵庫県宝塚市中山寺2-11-1
阪急宝塚線 中山駅 下車すぐ
JR宝塚線 中山寺駅 徒歩15分
周辺情報中山寺
八幡神社
古墳
万籟山古墳…4世紀末
長尾山古墳…5世紀頃
長尾山丘陵群集墳
中山荘園古墳…7世紀中頃
所在地 兵庫県宝塚市中山寺2-11-1
築造年代 7世紀初頭
出土品 石棺
史跡指定 昭和35年(1965年)兵庫県指定

J0010099.jpg

J0010100.jpg

J0010101.jpg

J0010102.jpg

2009-12-24(Thu)

越中井

大阪市内に越中公園のそばに越中井というのが有るのを皆さんは知っていますか。
この付近は細川越中守忠興の邸跡で、越中井はその邸内にあったものといわれている。
慶長5年(1600)関ケ原戦の直前、忠興が家康に従い上杉攻めに出陣中、石田三成は在坂諸大名の妻子を人質にしようとしたが、忠興夫人玉子(洗礼名ガラシャ)はこれに従わず、家臣に胸を突かせて37歳の生涯を閉じた。近くのカトリック教会には、ガラシャ夫人像とキリシタン大名の高山右近像がある
この様な歴史のあった場所なんですよ。
大阪府史跡になっているそうです。
大阪市中央区森の宮中央二丁目12
地下鉄中央線・JR大阪環状線「森の宮」下車
南西約500m
P1000027.jpg


P1000028.jpg

2009-12-24(Thu)

難波パークスのクリスマスツリー

難波パークスのクリスマスツリーの写真を撮影したのでUPします。
J0010039.jpg

J0010040.jpg

J0010041.jpg

J0010042.jpg

J0010043.jpg

J0010044.jpg

J0010045.jpg



2009-12-24(Thu)

難波OCATのクリスマスツリー

難波OCATのクリスマスツリーの写真撮影したのでUPします。
J0010038.jpg

2009-12-24(Thu)

天王寺MIOのクリスマスツリー

天王寺MIOのクリスマスツリーを昨日デジカメで写真を撮影しました。
J0010034_20091224101137.jpg


J0010037.jpg

2009-12-22(Tue)

伊丹城

伊丹城は、有岡城ともいう。兵庫県伊丹市にある城で国の史跡に指定されている。日本最古(1520年)の天守台を持つ平城である。荒木村重は、伊丹氏の伊丹城を大改修し、有岡城に改称した。荒木村重は後に謀反を起こし、有岡城は織田信長に攻められて落城することになる。
大阪城や江戸城などにもあった惣構え(そうがまえ)の最古の遺構(2005年現在)が発掘された。城の東側を流れる伊丹川との間は崖になっており、さらにその東側には駄六川と猪名川が流れており、これらの河川が天然の要害となっていた。
築城主 伊丹氏
築城年 南北朝時代
廃城年 1583年
所在地:兵庫県伊丹市伊丹2丁目(JR伊丹駅西側。有岡公園内)
遺構として石垣、土塁、堀跡がある。今は石碑等があるが天守閣は無い。
J0010003_20100206102300.jpg

J0010004_20100206102300.jpg

J0010005_20100206102259.jpg

J0010006_20100206102258.jpg

J0010007_20100206102258.jpg

J0010008_20100206102257.jpg

J0010009_20100206102424.jpg

J0010010_20100206102423.jpg

J0010011_20100206102423.jpg

J0010012_20100206102422.jpg

J0010013_20100206102421.jpg

J0010014_20100206102421.jpg

J0010015_20100206102534.jpg

J0010016_20100206102534.jpg

J0010017_20100206102533.jpg

J0010018_20100206102532.jpg

J0010019_20100206102532.jpg

J0010020_20100206102531.jpg

2009-12-18(Fri)

淀川大堰

淀川大堰は大阪府大阪市都島区と東淀川区にまたがる、一級河川・淀川本流に建設された堰である。国土交通省近畿地方整備局と独立行政法人水資源機構が共同で管理を行う可動堰で、1964年(昭和39年)に完成した長柄可動堰を改造して1983年(昭和58年)に完成した淀川最下流にある河川施設である。大阪府と兵庫県への上水道と工業用水道供給を目的にしている。
○沿革
古くから京阪神の大動脈として利用されていた淀川であるが、戦後高度経済成長に伴って阪神工業地帯の生産が拡大。それに伴って大阪市を中心とする地域では人口が爆発的に急増した。このため従来の水道施設では増え続ける人口へ対処できないことから、新たな水資源の開発が課題となった。1962年(昭和37年)、水資源開発促進法が制定されて首都圏と関西圏への水資源需要に対応するための水資源開発公団[1]が発足。淀川水系は利根川水系と共に水資源開発を重点的に行う「水資源開発水系」に指定された[2]。これにより淀川水系では淀川水系水資源開発基本計画が策定され、上流部に高山ダム(名張川)・青蓮寺ダム(青蓮寺川)・室生ダム(宇陀川)が建設された。下流部には新淀川と旧淀川分離の際に建設された可動堰があったが、これを改良して大阪府・兵庫県への新規上水道・工業用水道供給を行うことを目的に改造。1964年8月1日に旧大阪中央環状線・長柄橋沿いに長柄可動堰が完成した。その後国土交通省近畿地方整備局は1971年(昭和46年)3月に淀川水系の治水計画の基本となる淀川水系工事実施基本計画を改定し、淀川下流部(三川合流点より川下のこと)における計画高水流量を大幅に改定した。この中で200年の一度の水害に対応する治水計画にするため、予想する流量を当初計画の約二倍にあたる毎秒1万2,000トンの洪水量とした。こうした大幅な流量増加に対応すべく上流では日吉ダム(桂川)・比奈知ダム(名張川)の建設、中流部では堤防の増強、下流では新淀川・旧淀川の掘削と拡張によって治水を行おうとした。ところが、下流部の河道掘削と拡張を行う際に、長柄可動堰は洪水を安全に流下させる阻害要因になることが判明。可動堰の改築が課題となった。また、大阪市内の急激な人口増加は下水道の整備に遅れを生じ、大阪市内の河川は軒並み水質が極度に悪化。「ドブ川」の状態となり河川環境は著しく損なわれた。こうした大阪市内の河川浄化も大きな課題となり、流量の豊富な淀川から一定量の水量を供給して水質悪化を改善する必要が生じた。こうした要因から国土交通省は長柄可動堰を撤去し、旧淀川分流点直上流部に新しい可動堰の建設を1982年(昭和57年)より着手し、翌1983年に完成させた。これが淀川大堰である。

○目的
淀川大堰の目的であるが、まず長柄可動堰以来の目的である上水道と工業用水道については大阪市とその周辺自治体及び兵庫県に毎秒10トン、阪神工業地帯に毎秒10トンの用水を供給する。次に不特定利水であるが、これは大阪市内を流れる旧淀川とその分流である木津川、安治川、道頓堀川やここから取水する大阪城の堀に対し、従来は最大毎秒70トンの河水を一定量放流していた水量を大阪湾の満潮時には毎秒100トン、干潮時には毎秒40トンに量を調節して放流する。平均放流量は毎秒60トンであるが、一日のうちに水量を増減させて放流することにより人工的に洪水を起こし、滞留していた汚水を大阪湾に流して水質汚濁を改善させる。こうした人工的に洪水を起こす放流操作をフラッシュ放流と呼び、全国の国土交通省直轄ダムで実施され河川環境の改善に実績を上げている。こうした操作を行うため従来旧淀川に建設されていた毛馬洗堰は改築され、毛馬水門(毛馬閘門・毛馬排水機場)、一津屋樋門など関連施設を一括して連携操作を実施する。こうした連携操作を行うために国土交通省近畿地方整備局淀川河川事務所が操作管理を実施することになった。しかし利水事業は当初から水資源機構が行っていることから、淀川大堰は国土交通省と水資源機構の共同管理施設となった。ただしフラッシュ放流による旧淀川筋の水質管理と監視は、水資源機構が国土交通省の委託を受けて実施している。また、上水道や工業用水道を目的にしているため、主務大臣は国土交通大臣と上水道事業を管轄する厚生労働大臣、工業用水道事業を管轄する経済産業大臣の三大臣による事業となっている。こうして旧淀川の河川環境改善に淀川大堰は効果を発揮しているが、反面淀川本流の生態系に影響を及ぼしているという指摘がある。淀川下流はヨシなどが生い茂る中州が多く、こうした環境に好んで棲息する絶滅危惧種のイタセンパラが多く棲息している。ところが淀川大堰の完成によって水がたまる湛水(たんすい)域が拡大し、こうした中州が水没したことからイタセンパラの棲息数が減少している。これに対処するため国土交通省は淀川下流部に人工的なワンドを設け、棲息数維持を図ろうとしているが、現状としては減少傾向が続いている。

○アクセス
淀川大堰へは阪急千里線・柴島駅で下車するか、車では阪神高速12号守口線・長柄出入口を下車するのが最寄となる。
大堰付近は河川敷が整備されていることから散歩などをする市民も多い。

○所在地
左岸:大阪府大阪市都島区長柄
右岸:大阪府大阪市東淀川区柴島
ダム諸元
ダム型式 可動堰
堤頂長 668.0 m
利用目的 不特定利水・上水道・工業用水
事業主体 国土交通省近畿地方整備局・独立行政法人水資源機構

施工業者 鹿島建設
着工年/竣工年 1982年/1983年
J0010049.jpg

J0010050.jpg

J0010051.jpg

J0010052.jpg

J0010110_20150404132222305.jpg

J0010112_20150404132224938.jpg

J0010114_20150404132225cf0.jpg

2009-12-17(Thu)

来週はクリスマスだ。

来週はクリスマスだ。23日にデジカメを持って写真を撮影しに行こうと思う。いくつか写真UPします。寒さに関しては何とか我慢できる(程度にもよる)が雨が降らないことを祈ろう。

2009-12-16(Wed)

今日の朝は寒かった

今日の朝はメチャクチャ寒かった。和歌山県にある高野山では雪が積もったらしい。
今日から1週間ほど寒くなるそうだ。

2009-12-15(Tue)

年賀状投函しました。

年賀状今日の朝投函しました。

2009-12-15(Tue)

OBPのクリスマスツリー

OBPのクリスマスツリーの写真をUPします。
J0010001_20091215130305.jpg

J0010002_20091215130258.jpg

J0010003_20091215130252.jpg


2009-12-15(Tue)

断熱シート

寒いですね。こんな寒い日野は部屋の温度を外に逃さないために窓に断熱シートを張ると良いですよ。


2009-12-15(Tue)

今月の読書

今月の読書ですが今現在テレビで放映されている「坂の上の雲」です。

















2009-12-14(Mon)

明日年賀状投函します。

明日15日だから年賀状投函します。

2009-12-12(Sat)

阪急百貨店川西店のショウウィンドウ

阪急百貨店川西店のショーウィンドウの写真を撮影しました。梅田店は毎年ショーウィンドウにクリスマス用の模様下野があるのですが今年は建て替え中でなかったので川西店の写真をUPします。
J0010003_20091212191004.jpg


J0010002_20091212191010.jpg

2009-12-12(Sat)

シクラメンの花

シクラメンの花を親が買ってきて家で飾ってあったので撮影しました。
J0010001_20091212190903.jpg

2009-12-08(Tue)

アロエの花

アロエの花ってみたことありますか。こんな花が咲くんですよ。
J0010031_20091208134152.jpg

J0010032_20091208134146.jpg

2009-12-08(Tue)

VISOLAのクリスマスツリー

VISOLAのクリスマスツリーの写真UPします。
J0010027_20091208133901.jpg

J0010028_20091208133855.jpg

J0010029_20091208133848.jpg

J0010030_20091208133842.jpg

2009-12-08(Tue)

ESTのクリスマスツリー

ESTのクリスマスツリーを撮影しました。
J0010004_20091208133657.jpg

2009-12-08(Tue)

御堂筋の銀杏の紅葉

御堂筋の銀杏の紅葉の写真をUPします。もう1週間早ければもっときれいだったかもしれません。
J0010006_20091208133359.jpg

J0010007_20091208133353.jpg

J0010011_20091208133346.jpg

J0010012_20091208133340.jpg

J0010013_20091208133333.jpg

J0010014_20091208133327.jpg

2009-12-08(Tue)

茶屋町アプローズのクリスマスツリー

茶屋町アプローズのクリスマスツリーの写真を撮影しましたのでUPします。
J0010003_20091208132914.jpg

J0010022_20091208132908.jpg

J0010024_20091208132901.jpg
今年のツリーは形は昨年と同じですが光の付き方が違うようです。

2009-12-08(Tue)

NU茶屋町のクリスマスツリー

NU茶屋町のクリスマスツリーを撮影する機会があったので写真UPします。
J0010001_20091208132653.jpg


J0010020_20091208132647.jpg

2009-12-06(Sun)

城東貨物線淀川橋梁

城東貨物線淀川橋梁とは、大阪市東淀川区東淡路と、都島区大東町を結ぶ淀川に架かる鉄道橋である。通称は赤川鉄橋、地元では「じゅうはちもんてっきょう」、「あかがわのてっきょう」「赤川仮橋」とも呼ぶ。
本橋は複線の幅を持つが、現在に至るまで下流側の単線で運行している。余った上流側のスペースには、自転車や歩行者の専用橋として木造の赤川仮橋が架かる。2018年(平成30年)予定のおおさか東線(北梅田 - 放出)の開業により、本橋を含む城東貨物線は複線電化して旅客線に転換され、1つの橋に鉄道橋と人道橋の2面を併せ持つめずらしい風景も無くなる予定である。その際には代替の人道橋が平行して架設される予定である[要出典]が,現在のところ詳細は未定である
概要
形式 複線下路ワーレントラス
橋長 610.739m(延長597m・幅8m50cm:東淀川区史による)
径間 31.619m
橋脚中心間隔 34.058m
径間数 18連
完成 1929年(昭和4年)3月15日
設計 鉄道省
アクセス
大阪市営バス 東淡路一丁目停留所下車 徒歩5分
大阪駅から37系統(井高野車庫行)・37C系統(上新庄駅行)で約17分
阪急京都線上新庄駅(北口)から37系統・37C系統(大阪駅行)・93系統(歌島橋バスターミナル行)で約8分
大阪市営地下鉄今里筋線瑞光四丁目駅から37系統・37C系統(大阪駅行)・93系統(歌島橋バスターミナル行)で約12分
JR東西線御幣島駅から93系統(井高野車庫行)で約27分
天神橋筋六丁目駅から37系統(井高野車庫行)・37C系統(上新庄駅行)で約8分
J0010023_20091206102030.jpg

J0010024_20091206102023.jpg

J0010025.jpg

J0010026_20091206102010.jpg

J0010027_20091206102004.jpg

J0010028_20091206101957.jpg

J0010029.jpg

J0010030_20091206102308.jpg

J0010031.jpg

J0010032.jpg

J0010033.jpg

J0010034.jpg
プロフィール

kazubonka

Author:kazubonka
かずぼんです。大阪並びに近畿一円の口コミ情報を提供していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
メモ














































【高額報酬!!】有名女優が多数愛用している事でも知られている光美容機。世界中のセレブ御用達の一品。高額商品にも関わらず売れ続けています。ご利用者からご満足のお便りも大変多いです。定価472,500円











BTOパソコンショップ 『フレッシュフィールド』 オールカスタマイズ可能なオリジナルパソコン好評発売中!





























スルガ銀行ANA支店
銀行取引でANAマイルが貯まる(100×60)バナー











<

「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約!



ティッカー

グアム

ハワイ旅行

ムームードメイン

カスタムバイク買取













検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

続・竹林の愚人

思いつくまま

oobuta日記
QRコード
QRコード
FC2カウンター
平成20年8月26日からのアクセス数です。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2アフィリエイト
カウンター アフィリエイト・SEO対策
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
スポンサードリンク

FC2Ad

Powered by FC2 Blog