2009-11-29(Sun)

芝村陣屋

奈良県内に織田信長の弟の末裔がしたことをご存知ですか。ここで紹介する「芝村陣屋」と「柳本陣屋」にすんでいたそうです。両方とも信長の弟、有楽斎系統である。四男長政が芝に陣屋を構え芝藩となったらしい。
陣屋が芝村に移るのは第7代藩主輔宜の代の延享2年(1745年)らしい。長政以降第10代長易の代に明治維新を迎えている。
陣屋址は桜井市立織田小学校の敷地となり、周囲に石垣が残存している。また、陣屋南門が慶田寺山門として移築されている。
最寄り駅:JR桜井線三輪駅
所在地:奈良県桜井市大字芝村(桜井市芝)

スポンサーサイト

2009-11-29(Sun)

柳本陣屋

奈良県内に織田信長の弟の末裔が住んでいたということをご存知でしょうか。信長の弟、有楽斎系統である。それが柳本陣屋である。五男尚長柳本に陣屋を構え柳本藩になったそうです。柳本小学校が陣屋の中心地で、黒塚古墳が陣屋の一部として利用されたらしいです。
陣屋址は柳本小学校の敷地となり、堀の一部に利用した黒塚古墳の堀と石垣が残存するのみである。昭和42年(1967年)、表向御殿が橿原神宮文華殿として移築された(重要文化財に指定されている)。また、陣屋西門が移築現存する。
余談ですが東京にある「有楽町」は織田信長の弟の織田有楽斎系統の末裔の東京の屋敷がこの辺りにあったからこういう地名になったそうです。
アクセス:JR桜井線柳本駅から徒歩約5分。
所在地:奈良県天理市柳本町

2009-11-29(Sun)

OAPのクリスマスツリー

昨日出かけたら、OAPにクリスマスツリーがあったので撮影しました。
J0010067.jpg

J0010069.jpg

J0010071.jpg

J0010072.jpg

2009-11-28(Sat)

瑞光寺にある雪鯨橋

寺伝によると聖徳太子創建という。その後火災で衰微したが、寛永20年(1643)僧天然(てんねん)が指月寺として復興し、白隠禅師を座主とした。現在の寺名に改めたのは享保14年(1729)である。境内に鯨の骨を利用した橋、「雪鯨橋」がある。宝暦4年(1754)、当寺の潭住(たんじゅう)禅師が捕鯨で有名な南紀太地浦に行脚したとき、不漁に泣く村長覚右衛門らの豊漁祈願の依願を受けた。殺生が五戒の1つであるところから容易に承知しなかったが、懇望を断りきれず祈願したところ漁獲が多くなった。村人はその後、謝恩として黄金30両と鯨骨18本を贈ったので、その骨をもって橋を造り、鯨の冥福を祈った。戦災で烏有に帰したが、昭和49年太地町の協力を得て復興した。
大阪市東淀川区瑞光2丁目2
阪急電鉄京都線「上新庄」下車南東約300m
J0010004_20091128163545.jpg

J0010005_20091128163538.jpg

J0010006_20091128163532.jpg

J0010007_20091128163525.jpg

J0010008_20091128163519.jpg

J0010009_20091128163512.jpg

J0010010_20091128163747.jpg

J0010011_20091128163741.jpg




2009-11-28(Sat)

柴島城跡

西国から京都への重要拠点であった当地は、戦略て重視され、細川晴賢・三好政長(榎並城跡)や、三好長慶の勇将、十河一存(そごうかずより)らが拠った城跡として知られる。廃城時期は不明である。付近の字名に、本丸・城道などがあり、他の場所より1~2m高台で周囲200mほどのところが城跡と見られ、碑の付近がそうだという。
所在地:大阪市東淀川区柴島2丁目19-2
阪急電鉄千里線「柴島」下車東約200m
J0010048.jpg




2009-11-27(Fri)

年末ジャンボ宝くじ発売開始

年末ジャンボ宝くじが数日前から発売始まりましたね。僕はまだ買うかどうかは迷っています。しかし、今まで当たった経験はありません。

2009-11-27(Fri)

ノートパソコンで地デジを見る

最近ノートパソコンで地デジを見ることが出来るということを知っていますか。リサイクルに関する法律(家電リサイクル法だったっけ)の関係でテレビを買いたいが、捨てるときにお金がかかるからわざわざ買わずにノートパソコンで地デジを見るという人もいるようです。特に一人暮らしの人の場合特に。








2009-11-27(Fri)

読書というわけではないけど

読書というわけではないけど本の紹介をしておきます。ここ数年非正規雇用の人が増加していますよね。その関連の本を紹介します。
この本は立ち読みした程度なんですけど結構判りやすく派遣の世界の現実を書いているような気がしましたので。





2009-11-26(Thu)

石清水八幡宮

石清水八幡宮は京都府八幡市の男山山頂にある神社である。宇佐神宮などとともに日本三大八幡宮のひとつに数えられる。二十二社の上七社の一つであり、旧社格は官幣大社。本殿などの建造物16棟等が国の重要文化財に指定されている。 また、本社は伊勢神宮に次ぐ国家第二の宗廟とされている。
直接見たわけではないがこの神社は花見(桜)や紅葉がきれいなことで有名らしい。
◎祭神
以下の三神を祀り、「八幡大神」と総称する。

中御前 - 誉田別命(ほんだわけのみこと・第15代応神天皇)
西御前 - 比大神(ひめおおかみ・宗像三女神)
東御前 - 息長帯姫命(おきながたらしひめのみこと・神功皇后)
◎歴史
清和天皇が即位した翌年の貞観元年(859年)の夏、空海(弘法大師)の弟子であった南都大安寺の僧行教が宇佐神宮に参詣した折に「われ都近き男山の峯に移座して国家を鎮護せん」との神託を受けた。これを受けて、その翌年の860年、清和天皇の命により社殿を建立したのを創建とする。「石清水」の社名は、もともと男山に鎮座していた石清水山寺(現在は石清水八幡宮の摂社)に由来する。以来、京都の北東にある比叡山延暦寺と対峙して京都の南西の裏鬼門を守護する王城守護の神、王権・水運の神として皇室・朝廷より篤い信仰を受け、天皇・上皇・法皇などの行幸啓は250余を数える。また、源氏をはじめ、足利氏・徳川氏・今川氏・武田氏など、多くの清和源氏が氏神として信仰したことから武神・弓矢の神・必勝の神として崇敬された。当社の御神前で7歳の春に元服して「八幡太郎」と称した源義家の父の源頼義が、河内源氏の氏神とした壺井八幡宮は、石清水八幡宮を源氏の本拠地の河内国石川郡壷井(大阪府羽曳野市壺井)に勧請したもの。また鎌倉の鶴岡八幡宮は、源頼義が石清水八幡宮を勧請した鶴岡若宮にあり、源頼朝が幕府を開く際、鶴岡若宮を現在地に移し改めて石清水八幡宮を勧請したことを創始とする。創建以来、幕末までは神仏習合の宮寺で石清水八幡宮護国寺と称し、東寺(教王護国寺)や清水寺、比叡山延暦寺、仁和寺、鹿苑寺(金閣寺)、慈照寺(銀閣寺)、相国寺、大安寺など、多くの寺院との歴史的関連が深い。また、河内源氏と競合相手と考えられている伊勢平氏もこの社を重んじており、平正盛が造営の功を上げたことや平清盛ら伊勢平氏の主だった人々が八幡宮の臨時祭で舞人を演じたとする記録が残されている。明治時代(1868年)の神仏分離までは護国寺や極楽寺、弁天堂を始め「男山48坊」と呼ばれる数多くの宿坊が参道に軒を連ね、寛永の三筆として知られる松花堂昭乗も八幡大菩薩に仕える社僧の一人であった。1868年(明治元年)、仏教的神号の八幡大菩薩は明治政府によって禁止された。石清水八幡宮や鶴岡八幡宮の放生会は仲秋祭に改めさせられた。1871年、官幣大社に列するとともに、社号を「男山八幡宮」に改名されるが、1918年には石清水八幡宮に復する。また現代では、パナソニックの創業者でもあり「経営の神様」とも称された松下幸之助が深く信仰したほか、厄除開運、必勝、商売繁盛、家内安全などの御利益を願って全国から参拝者が足を運ぶ。境内には、国の重要文化財に指定されている社殿をはじめ、楠木正成手植えの大楠(京都府指定天然記念物)や、織田信長奉納の「黄金の樋」「信長塀」などがある。

○祭事
9月15日 - 石清水祭、放生会(葵祭・春日祭とともに日本三大勅祭のひとつ)
○境内外社
高良社(鳥居)高良神社、相槌神社、石清水社、大扉稲荷社、三女神社、水分社、広田社、生田社、長田社、住吉社、一童社、龍田社、貴船社、若宮社、若宮殿社、気比社、水若宮社など

付属施設 : 青雲寮、レストラン石翠亭、エジソン記念碑、鳩嶺茶園、青少年文化体育研修センター(楠峯館(宿泊)、鳩峯庵(茶室)、清峯殿(式場・会議室・宴会場)など
◎文化財
○建造物
重要文化財「石清水八幡宮」16棟
本殿及び外殿
附・摂社武内社本殿、瑞籬
幣殿及び舞殿
楼門
東門
西門
廻廊(楼門東門間)
廻廊(楼門西門間)
廻廊(背面)
摂社若宮社本殿
摂社若宮殿社本殿
摂社水若宮社本殿
摂社住吉社本殿
東総門
西総門
北総門
摂社狩尾社本殿
重要文化財「石清水八幡宮五輪塔」1基
上記のうち摂社狩尾社(とがのおしゃ)本殿は、本社西方の飛地境内に建つ。五輪塔は男山の麓の頓宮の脇に立つ。高さ6メートルの大型塔で、「航海記念塔」と通称されている。

○美術工芸品
重要文化財「石燈籠」 鎌倉時代
重要文化財「木造童形神坐像」4躯(2006年度指定)
重要文化財「石清水八幡宮護国寺略記」
重要文化財「類聚国史 巻第一、第五」
重要文化財「石清水八幡宮田中宗清願文」
重要文化財「石清水八幡宮文書」 平安~鎌倉~室町~桃山~江戸時代

○焼失した文化財
昭和22年(1947年)2月12日、社務所で火災が発生し、以下6件の旧国宝(現行法の重要文化財に相当)が焼失した。

絹本著色八幡宮縁起 2巻 永享五年奥書
絹本著色僧形八幡像 松花堂昭乗筆 附:漆塗箱
木造男神坐像
木造女神坐像
太刀 銘助守作
法華経 8巻 常子内親王筆

◎交通
最寄駅 : 京阪八幡市駅より男山ケーブル男山山上駅
駐車場 : あり(但し、西側の住宅街を抜ける必要があり、かなり判りにくい)
200台 \500/1回
◎所在地
京都府八幡市八幡高坊30
◎電話
075-981-3001

2009-11-25(Wed)

グルメサイト「FooMoo(フームー)」

ほっとペッパーというフリーペーパーがあるのをご存知ですか。そのインターネット版がこのグルメサイト「FooMoo(フームー)」である。今後忘年会やクリスマスに食べbに行く場所を一度探してみてはどうですか。

フームー


2009-11-25(Wed)

ドイツクリスマス2009

ドイツクリスマス2009が大阪スカイタワーで11月20日から開催されています。
fubutu09-04-04.jpg

fubutu09-04-05.jpg

fubutu09-04-06.jpg

fubutu09-04-07.jpg

fubutu09-04-08.jpg

fubutu09-04-09.jpg

fubutu09-04-10.jpg

fubutu09-04-11.jpg

fubutu09-04-12.jpg















2009-11-25(Wed)

ディアモール大阪のクリスマスツリー

ディアモール大阪に毎年のごとくクリスマスツリーが出現してました。
fubutu09-04-01.jpg

fubutu09-04-02.jpg

fubutu09-04-03.jpg




2009-11-25(Wed)

箕面山の紅葉

箕面山の紅葉の写真をUPします。
fubutu09-03-07.jpg

fubutu09-03-08.jpg

fubutu09-03-09.jpg

fubutu09-03-10.jpg

fubutu09-03-11.jpg

fubutu09-03-12.jpg




2009-11-25(Wed)

大阪大学豊中キャンパスの紅葉紅葉

大阪大学豊中キャンパスの紅葉を見に行ってきました。
fubutu09-03-01.jpg


fubutu09-03-02.jpg


fubutu09-03-03.jpg


fubutu09-03-04.jpg


fubutu09-03-05.jpg


fubutu09-03-06.jpg




2009-11-25(Wed)

今月の読書

今月の読書を書き忘れていました。11月14日から映画で、松本清張の「ゼロの焦点」が放映されているそうですね。その本を今月になって読みました。



2009-11-25(Wed)

デジカメで撮影した写真の管理について

皆さんはデジカメで撮影した写真をどのように管理していますか。ハードディスクドライブやMOで管理している人って多いですよね(僕もですけど)。デジカメで撮影した写真を上手く管理することが出来るサイトがあったので紹介します。


ただし、ハードディスクドライブ等にバックアップは取って置くようにしてくださいね。





2009-11-24(Tue)

和光寺

大阪市内にあみだ池筋と言う筋がありますね。あの名前の由来は何か知っていますか。
それは和光寺と言うお寺に「阿弥陀池」と言う池があるからなんですよ。
和光寺は大阪府大阪市西区にある浄土宗の仏教寺院。尼僧が住職をつとめる。山号は蓮池山。正式な寺号は智善院和光寺。あみだ池 和光寺。
歴史
智善上人は信州・善光寺の本尊が出現した霊地として寺院を建立、蓮池山智善院和光寺と称した。1698年(元禄11年)堀江新地開発のとき、江戸幕府の命令で境内地を1800坪とし、また永代寺地と定めた。
智善上人は大和国大和郡山(奈良県大和郡山市)の柳沢家の出身で、信州・善光寺大本願第113世の光蓮社心誉智善上人であり、1727年(享保12年)7月21日に没した。
江戸時代には本堂・放光閣・観音堂・普門堂・愛染堂・薬師堂・抹香地蔵・閻魔堂・地蔵堂・金比羅権現・金銅地蔵・鐘堂があったが、1945年(昭和20年)3月13日、太平洋戦争による空襲で本堂・諸堂などが焼失。
戦後になり、区画整理のため境内地が削られたが1947年(昭和22年)には仮本堂を建立。放光閣も再建された。1953年(昭和28年)には庫裡が完成、1961年(昭和36年)6月15日、本堂の落慶法要が営まれた。本堂は鉄筋コンクリート建て、一階は会合など集会に使用できるようになっている。
境内に阿弥陀池がある。この付近の地名、あみだ池の語源となっている。 池の中央には放光閣という宝塔がある。
所在地
大阪市西区北堀江3丁目7-27
J0010005_20091124141743.jpg

J0010007_20091124141737.jpg

J0010008_20091124141730.jpg

J0010009_20091124141723.jpg

J0010010_20091124141717.jpg

J0010014_20091124141710.jpg




2009-11-24(Tue)

山坂神社

山坂神社は又は田辺神社とも言われていた。田辺宿祢(すくね)が祖神を祭ったことに始まるというが創建年は不明である。「三大実録」に清和天皇貞観4年(862)田辺西神・田辺東神のことが記載されているが、田辺西神は当社を、東神は中井神社ををさすものという。元禄16年(1703)の検地帳によれば。恵大地は焼く30,000㎡にも及んでいた。恵大地は周辺道路より一段高く、地形や道路の計上から、神社自体が周濠を持つもつ前方後円墳ではないかといわれるようになった。かつてこの周辺に小古墳があったことが知られている。
所在地:大阪市東住吉区山坂2丁目
J0010156.jpg

J0010157.jpg

J0010158.jpg

J0010159.jpg





2009-11-23(Mon)

大野川歩行者・自転車専用道路

かつてここには、潅漑・排水路などに利用されていた大野川・中島大水道があった。しかし周辺の都市化が進み、ヘドロが堆積するなど河川としての機能を失ってきたため、生活環境の改善と歩行者の安全対策をかねて、歩行者・自転車専用道路にすることにして埋め立てを行った。全国に先駆けて開始された事業は、8年の歳月をかけて現在見られるような道に生まれ変わった(昭和48年)コバルトブルーとイエローに塗り分けられた道は、延長3.8km、幅員19~47m、樹木も12万本余りと緑も多く、ランニングロードとしても整備され、市民の憩いの場となっている。
所在地:大阪市淀川区~西淀川区
J0010026.jpg

J0010027.jpg


J0010028.jpg

2009-11-23(Mon)

桜ヶ丘古墳群

箕面市内に桜ヶ丘古墳群という古墳群があったことをご存知だろうか。新稲から桜ヶ丘あたりにかけてはいくつかの小規模な後期古墳(6世紀頃)で横穴式石室の円墳があって桜ヶ丘古墳群とか新稲古墳群とか、あるいは奈伊良野古墳群といわれていたらしい。明治初期に英国人のゴーランドと云う人が調査しているらしい。埋葬者については詳しく分からないが、6世紀にこの辺り(池田市から箕面市)に大きな勢力を持っていた秦氏(朝鮮半島からの渡来人の一族)の一族の関係者ではないかといわれている(現実に「池田市に畑(新稲のすぐ隣)という地名がある」「池田市内にある古墳で同時期に作られた古墳は秦氏を初めとする渡来人の関係者の墓ではないかといわれている」)。

池田市・豊中市にある古墳は結構知られているようだがこの古墳群については余り知られていないようである。僕の親戚等に聞いてみてもあまりこの古墳群について知らなかったようである(僕が教えてはじめて知ったくらいだから)。現実に看板もなく、本で読んではじめて知ったくらいです。


古墳名所在地等備考
桜古墳箕面市桜ヶ丘2丁目消滅
中尾塚古墳○箕面市桜ケ丘3丁目1番地10号6世紀に築かれ8世紀まで追葬。破壊されて数個の残欠の石のみある。外から見ることが出来るのみ。
稲荷社古墳○箕面市桜2丁目10円墳、横穴式石室、石室は正丸稲荷神社の神殿となっている。
髪切塚一号墳箕面市新稲6丁目消滅
髪切塚二号墳箕面市新稲6丁目消滅、髪切塚遊園と云う小公園になっている
新稲古墳○所在地:箕面市新稲2丁目(栄松寺からスカイアリーナに上る道の横にある林の中に古墳がある)
阪急バス新稲バス停すぐ
円墳、横穴式石室、盗掘あり、石室上部が露出している
山口一号墳箕面市新稲2丁目消滅
山口二号墳箕面市新稲2丁目半町池付近にあったらしい。消滅
若宮一号墳箕面市新稲3丁目第1中学家庭科室下にあったらしい。消滅
大谷塚古墳箕面市箕面7丁目?消滅

○のある古墳は現存。その他は消滅しているらしい。
新稲古墳
J0010001_20091123115837.jpg

J0010002_20091123115831.jpg

J0010003_20091123115824.jpg

稲荷社古墳
J0010004_20091123115817.jpg

J0010005_20091123115810.jpg

J0010006_20091123115803.jpg

J0010008_20091123115901.jpg

中尾塚古墳
J0010017_20100614102759.jpg

J0010018_20100614102758.jpg

J0010019_20100614102758.jpg

2009-11-21(Sat)

大和田城跡

当地は古来から港として知られ、大和田浜として万葉集にも詠まれている。この要衝の地に石山本願寺教団の道場を持ち出城を構えていたが、天正3年(1575)織田信長の武将、荒木村重に攻められ落城した。天正8年に信長が、阿波仁右衛門に命じて再構築したといわれている。廃城年月不明。
西淀川区大和田4丁目(大和田小学校内)




2009-11-21(Sat)

大阪市道路元票

江戸時代諸街道の起終点は、高麗橋(里程元票跡)であった。その後、道路法の制定で国道ルートの整備がされ、大正11年には国道2号線のルートが高麗橋に入らずに土佐堀通りを通って市役所前を通過するようになったため、大阪市役所前に設置された。さらに昭和27年に新道路法が成立し、東京ー大阪間国道2号が1号になった時、道路元票も翌年現在位置に移設された。
所在地:大阪市北区梅田1丁目(梅田新道交差点北西角大阪第3ビル前)

J0010030_20091122102643.jpg

2009-11-21(Sat)

野田城跡

大阪市福島区にお城が昔あったのをご存知ですか。全国統一を目指した織田信長は、北国方面で浅井・朝倉軍と対峙していた。その隙を狙って元亀元年(1570)8月三好3人衆が四国徳島で挙兵し、野田城によった。信長は北国方面での作戦を中断、天王寺屋海老江で対陣したが、石山本願寺の挙兵もあり、苦戦を強いられ教徒へ退いた。その後改築も加えられ、本願寺側や信長軍の
現在は痕跡もなくマンションの前に石碑が立つのみである。字城之内と呼ばれるこの付近が城の跡だったのだろうと推測されている。
所在地:大阪市福島区玉川4丁目11
地下鉄千日前線「玉川」駅2番出口出てすぐ(マンションの前に石碑有り)
J0010004_20091121085143.jpg




2009-11-20(Fri)

明日から3連休

明日から年内最後の3連休だ。
紅葉がきれいになっていると思うので写真を撮影してUPしようと思う。

お楽しみに。

2009-11-17(Tue)

今度の金曜日からドイツクリスマス

今度の金曜日から大阪市北区のスカイタワーで、ドイツクリスマスが開催されます。今日近くを通ったので工事中の写真撮影しました。
J0010007_20091117135219.jpg

J0010006_20091117135226.jpg

J0010004_20091117135232.jpg

J0010003_20091117135239.jpg


2009-11-17(Tue)

淀屋の屋敷跡

大阪市営地下鉄御堂筋線に淀屋橋駅ってありますよね。あれは土佐堀川にかかる淀屋橋という橋の名前から来ているということはご存知ですよね。
この淀屋橋の近くに「淀屋の屋敷跡」という石碑があるのをご存知でしょうか。
淀屋初代の常安は、秀吉が伏見在城のとき淀川の築堤工事を請負い財を成した。その後大坂の陣では徳川方に味方し、大坂三郷の惣年寄りにも任ぜられ、中ノ島の開拓にも力を尽くした。その場所は常安請所と呼ばれ、後の常安町(現中ノ島4丁目)常安橋にその名をとどめている。
2代目个庵(こあん)のとき、靭に海産物市場を開き、また西国諸藩の蔵米を取り扱い、北浜に米市を開き(後、堂島米市に発展する)、金融業や廻漕業を営むなど経営の多角化を図り、2台で巨万の富を築いた。宝永2年(1705年)、5代目辰五郎のとき驕奢な生活は町人身分を越えるものとされ、、その上、訴訟のもつれでとがめられ全財産を没収のうえ、所払いにあい、さすがの淀屋も没落した。
所在地:大阪市中央区北浜4丁目(淀屋橋南詰め西側)
地下鉄御堂筋線・京阪電鉄「淀屋橋駅」下車




2009-11-16(Mon)

サザンカ


サザンカの花が咲いていたので写真UPします。
J0010002_20091116102015.jpg


J0010001_20091116102021.jpg

2009-11-08(Sun)

紅葉が始まりました

そろそろ紅葉の季節ですね。家の近所にある大阪大学豊中キャンパスの敷地内の紅葉の状況を見に行ってきました。確かに木の種類によっては紅葉が始まっていましたが完全できれいな紅葉ではありませんでした。一応写真UPします。
J0010005_20091113121504.jpg

J0010004_20091113121510.jpg

J0010003_20091113121517.jpg

J0010002_20091113121523.jpg

J0010001_20091113121531.jpg

2009-11-08(Sun)

酒君塚

大阪市東住吉区に酒君塚という古墳がありということをご存知ですか。墳頂に1901(明治34)年に建てられた酒君塚の顕彰碑があります。
日本書紀に仁徳天皇43年の条に、異鳥を捕らえ天皇に献じたところ、百済からの渡来人酒君は、それがそれが鷹であることを教えた。そこで天皇は鷹を当地で飼育させ、百舌鳥野(堺市北区中百舌鳥町付近)で鷹狩に興じ、数十の雉を得たという。塚はこの酒君の墓と伝え、付近の地名「鷹合」は、この伝承によっている。
駒川沿いに南北に派生した尾根筋に築造された物と考えられる。江戸時代の「摂津誌」によれば住吉群鷹飼部の古墳で、鷹合村にあり、今平塚と称すとあり、「鷹甘部の墓」あるいは「平塚」と呼ばれていたことがわかる。
平成14(2002)年に実施した発掘調査では、現在の墳丘下約2Mに平塚と思われる古墳の墳丘が埋没しており、5世紀初頭頃の形象埴輪片が出土している。地籍図から、西向きの前方後円墳と推定されている。墳形や規模については近代に宅地造成等のため大きく改変されているため明らかでない。
所在地:大阪市東住吉区鷹合2丁目5
最寄り駅:近鉄南大阪線「針中野」下車南西約200M
J0010053.jpg

J0010054.jpg









2009-11-06(Fri)

自習室自習空間

図書館の自習室であれば席の確保が面倒だったり遅くに行くと席が空いてなかったりしますよね。資格試験の学校や予備校などでも同様の事があると思います。かといって家で勉強をすると集中できないという人もいるのではないでしょうか。
そんな時に有効なのが有料自習室である。今回紹介する「自習室自習空間」の特徴は「全席個室である」ということである。そのため、周りの音や雰囲気を気にせずに勉強できます。
土足での利用はできません。清潔にゆったり利用できるようスリッパをお持ちください。施設内はすべて禁煙です(ビル階段、通路なども禁煙)。

○利用料金
スタンダードタイプ月15000円(上本町店21席、御影店26席、灘王子公園店20席)と書斎タイプ(月額22000円・御影店のみ2席)
半年以上利用5%、1年以上利用10%の割引料金が適用になります。
割引利用は、料金全額前払いが条件となります。割引利用で途中解約される場合は正規料金との差額分を差し引いてお返しします。
途中解約の場合は事務手数料500円が発生します。月途中からのご利用は日割り500円計算です
○利用時間
大阪自習室上本町店:午前6時から午後11時(年中無休)
神戸自習室御影店:午前9時から午後11時(年中無休)
神戸自習室灘・王子公園店:午前6時から午後11時(年中無休)
○場所
上本町店:大阪市中央区上汐2-5-22富士ビルディング202号室(最寄り駅:地下鉄谷九より実測3分以内近鉄上本町4分以内)
御影店:神戸市東灘区御影本町2丁目15番15号甲陽ビル2階(最寄り駅:阪神御影駅改札をでて真南に約50メートルの左手のビル。)
灘・王子公園店:神戸市灘区城内通5丁目6番光栄ビル2階(最寄り駅:阪急王子公園駅3分、JR灘駅2分)
問合せ等についてはHP上からお願いします(問合せフォームがあります)。
プロフィール

kazubonka

Author:kazubonka
かずぼんです。大阪並びに近畿一円の口コミ情報を提供していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
メモ














































【高額報酬!!】有名女優が多数愛用している事でも知られている光美容機。世界中のセレブ御用達の一品。高額商品にも関わらず売れ続けています。ご利用者からご満足のお便りも大変多いです。定価472,500円











BTOパソコンショップ 『フレッシュフィールド』 オールカスタマイズ可能なオリジナルパソコン好評発売中!





























スルガ銀行ANA支店
銀行取引でANAマイルが貯まる(100×60)バナー











<

「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約!



ティッカー

グアム

ハワイ旅行

ムームードメイン

カスタムバイク買取













検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

続・竹林の愚人

思いつくまま

oobuta日記
QRコード
QRコード
FC2カウンター
平成20年8月26日からのアクセス数です。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2アフィリエイト
カウンター アフィリエイト・SEO対策
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
スポンサードリンク

FC2Ad

Powered by FC2 Blog