2016-11-18(Fri)

南京町

南京町は、神戸市中央区の元町通と栄町通にまたがるエリアの通称で、正式な地名ではない。南京町商店街振興組合の登録商標でもあり、中国風の意匠を特徴とするチャイナタウンである。

○概要
横浜中華街、長崎新地中華街とともに日本三大チャイナタウンの一つに数えられ、東西約200m、南北110mの範囲に100あまりの店舗が軒を連ねる。店頭の路上で点心、スイーツ、食材、記念品などを売る店も多く、休日は地元の買い物客や観光客で賑わう。「南京町」という用語はかつて中国人街を指す一般名称であった。しかし、そのほとんどは戦後に改称したため、現在では事実上神戸のこの地区のみを指す固有名詞となっている。南京町の中央通りは、十字路になっていて中央の広場には「あずまや」、東は「長安門」、西は「西安門」、南は「南楼門」という名前の門があり、北は元町商店街につながる。午前10時頃から開店ではあるが、車両通行禁止になる午前11時までは納品車両が行き交うので歩行には注意が必要である。日が暮れて夜になると「長安門」や「あずまや」はライトアップされる。現在在住の華僑の人々は横浜華僑6000人に対して神戸華僑はその倍近い1万人を超えているといわれる。しかし、横浜中華街と比べると神戸南京町は規模が随分と小ぶりである。実際に生活の場でもある横浜中華街と違い、神戸の南京町には居住者は少なく、ほぼ純然たる商業地となっているためである。関帝廟や神戸中華同文学校などの華僑関連施設は山手に点在している。実際の神戸華僑の居住地は、鯉川筋、トアロード、北野町などであり、神戸の有名な中華料理店の大半も南京町ではなく三宮など市内中心部に拠点を置いている。これは、神戸では南京町が居留地ではなく雑居地に開かれた結果ではあるが、また同時に神戸華僑の人々が他の地域に比べて日本人社会と良好な関係を築いてきた証拠ともいえる。神戸では、古くは呉錦堂に代表されるように事業に成功した者が多く、華僑といえば「商売上手で裕福な人が多い」と認識されてきた為、民族的対立も比較的少なく前述の通り日本人社会との良好な関係を築いてきたといえる。それゆえ、戦前の一時期南京さん等の言葉が侮蔑的に用いられた事はあったものの、南京町という名称は既に世間に広く認知されているとして戦後も名称を変更する動きもなかった(横浜と長崎では、中華街に改称している)。近年、春節祭(旧正月)などの主要な行事に、多くの日本人も参加している。当日には多くの市民や観光客が集まり、南京町のみならず神戸の重要な行事にもなっており、関西地方の地域ニュースでも毎年おなじみの光景である。また、最近では、経済発展著しい中国への関心の高まりで華僑子弟の多くが通う神戸中華同文学校に入学を希望する日本人子弟も急増している。

○歴史
1868年に神戸港が開港し、外国人用の居留地が設けられた。当時、清国との間には通商条約を結んでいなかったため、華僑は居留地内に住むことを許可されずに、西隣に住み始めたのが南京町の始まりとされる。1945年の神戸大空襲で全焼。戦後は主に進駐軍相手の歓楽街として復興したが、その名残もあって退廃化が進み、1970年代までは路地の舗装もされず、周辺には船員向けのバーが立ち並び、夜になれば街娼が立つようなエリアとなっていた。1981年(昭和56年)の「南京町復興環境整備事業実施計画」以降は広場や楼門の建造などの環境整備が行われ、一気に観光地化が進んだ。現在では南京町と呼ばれる区画も当時の二倍に広がり、新興や他地区から移転してきた中華料理店が続々と立ち並んでいる。阪神・淡路大震災においても被害を受けたが復興を果たしている。特に、罹災直後から行われた店頭での軽食販売は好評を博し、現在も継続されて南京町の名物となっている。

○行事
春節祭
興隆春風祭
中秋節

○交通アクセス
西日本旅客鉄道(JR西日本)・阪神電気鉄道 元町駅
神戸市営地下鉄海岸線旧居留地・大丸前駅みなと元町駅

DSCN0565.jpg

DSCN0567.jpg

J0010670_20161118213438f8b.jpg

J0010671_20161118213440379.jpg

スポンサーサイト

2016-02-15(Mon)

伊丹緑地

稲名野神社~国道171号線まで続く約1.4kmの遊歩道で、市民の散策道として親しまれています。

所在地:兵庫県伊丹市

J0010028_2016021515175277b.jpg

J0010029_201602151517549ec.jpg

J0010030_20160215151755706.jpg

J0010031_20160215151757918.jpg

J0011203_201602151517585d8.jpg

J0011204_20160215151808576.jpg

J0011205_20160215151810667.jpg

2015-12-21(Mon)

人間国宝角谷一圭記念深江郷土資料館

地元の投資家の寄贈で平成22年(2010)7月に開館した資料館。深江の菅笠の歴史や道具、各種作品などが展示されている。注目すべきは展示されている平成元年(1989)の今上天皇の大嘗祭(即位式)の写真に、直径2mの「深江菅笠」が写っていることである。ここでは謙譲されたこの巨大な菅笠のレプリカも展示されている。平成11年(1999)に他界した人間国宝角谷一圭の各種作品や道具はもちろん、、茶釜師角谷家の家計図や各師匠の作品もあり比較できる。また摂津国深江村大絵図(宝暦年間作成、地元個人蔵)の複写もあり、街道に菅笠店が並んでいたことがわかる。貴重な資料が掲載されたカラー版8ページの資料が無料で貰える。夏場は、資料館の前にミストがあり涼しい。

所在地:大阪府大阪市東成区深江南3-16-14
電話:06-6977-5555
開館時間:9時30分~12時、14時から16時30分(入管は16時まで)
入館料:無料
休館日:平日(月曜日~金曜日祝日除く)年末年始
最寄駅:大阪市営地下鉄千日前線「新深江駅」、近鉄奈良線・大阪線「布施駅」

J0011589.jpg

J0011590.jpg

2015-12-18(Fri)

今里ロータリー

今里ロータリーは今里筋、千日前通、長堀通が交わる五差路の交差点で東成区大今里3丁目にある。当初、大阪市都市計画では千日前通と末吉橋通(現長堀通)はそのまま東へまっすぐ延長される予定であったが、住民の反対運動があり、千日前通は北向きに、末吉橋通は南向きに方向を買えて延長し、今里で2つの通が合流するようになった。当時はここは湿地帯で土地の買収がしやすかったという側面があった。昭和9年(1934)に設置された交差点は五叉路となり、当時の法律では信号機が設置できないとして、ロータリーが設置された。その後1分間に170台余の車が通る交通の難所になり、歩行者の横断が困難なため、この問題を解決すべく、昭和29年(1954)、中央部分の空き地が撤去され信号の設置が行われて通常の交差点となった。戦前はロータリーの中央部に柵が設けられ、子供の遊び場になっていたという。

最寄駅:大阪市営地下鉄千日前線・今里筋線「今里駅」


2015-10-25(Sun)

関西大学博物館

関西大学博物館は、関西大学が設置・運営している博物館。
○概要
1994年4月に開館。考古学を中心に約1万5千点の資料を収蔵している。附属施設として「大阪都市遺産研究センター 」及び「高松塚古墳壁画再現展示室」がある。資料の中心は、元毎日新聞社主の本山彦一のコレクションや、博物館収集の資料、関西大学考古学研究室の調査した出土資料など。本山コレクションには、本山自身の収集品のほか、幕末から明治時代の学者神田孝平の収集品も含まれている。これら所蔵品は、考古学者で関西大学教授も務めた末永雅雄が学内に開設した考古学研究室に一部陳列されていたが、大学博物館として開館したのは前述のように1994年であった。毎年春には特別展、秋には博物館実習の受講生による展示会がある。博物館の入居する建物「簡文館」は、2007年に登録有形文化財に登録された。

○関連人物
末永雅雄
網干善教(初代館長)
上井久義(元館長)

○所蔵文化財
重要文化財河内国府遺跡(こういせき)出土品 大阪府藤井寺市惣社出土、縄文時代 石製けつ状耳飾 6箇(「けつ」の漢字は王偏に「決」の旁)
石製丸玉 1箇
鉢形土器 1箇
高坏形土器 1箇
籠形土器 1箇
銅鏃 5箇
附:土器残欠6箇
石枕 奈良県天理市渋谷町出土

○来館案内
入館料:無料
開館時間:10:00~16:00
休館日:土曜日・日曜日、夏季・冬季休業中、その他大学の定めた休館日
交通:阪急千里線関大前駅から徒歩10分

○所在地
〒564-8680大阪府吹田市山手町3-3-35

J0010047_20151025114054e5b.jpg

J0010048_20151025114055313.jpg

2015-04-30(Thu)

大堀花の道

宝楽橋を渡った大堀川沿いの道は、砂地を踏みしめる音が心地よく、ソメイヨシノの並木と花いっぱいの遊歩道です。

所在地:兵庫県宝塚市小浜

J0010763.jpg

J0010764.jpg

J0010765.jpg

J0010766.jpg

J0010767.jpg

J0010768.jpg

2015-03-23(Mon)

緑のセンター(五月山緑地都市緑化植物園)

イングリッシュガーデンや花壇があり、四季折々の草花が楽しめる人気スポット。レストフラワーホール(温室)では熱帯植物を中心に珍しい植物が見られる。冷温室もありセントポーリアやベゴニアを展示。また、ガーデニング、ベランダ園芸や家庭菜園など家庭園芸の相談(13時から16時)を受け付けており、年間を通して展示会や講習会等の催しを行っている。

所在地:大阪府池田市五月丘5丁目2番5号

http://www.wombat.zaq.ne.jp/auanv903/

J0010887.jpg

J0010888_2015032321304514d.jpg

J0010889_201503232130460cb.jpg

J0010890_20150323213048498.jpg

J0010891_2015032321304977e.jpg

J0010892_20150323213127f00.jpg

J0010893_20150323213128ad1.jpg

2015-03-06(Fri)

六甲高山植物園初夏の高山植物展2015

六甲高山植物園で、鉢植えならではの世界を楽しめる「初夏の高山植物展」が開催されます。山野草愛好家の育てた愛鉢が一堂に展示されます。期間中は山野草の即売会が行われ、素朴で清楚な魅力あふれる山野草を自宅で楽しむこともできます。
所在地:〒657-0101兵庫県神戸市灘区六甲山町北六甲4512-150
開催期間:2015年4月25日~5月6日10:00~17:00(受付は16:30まで)、即売会は10:00~16:30(最終日は16:00まで)
交通アクセス:阪神「御影駅」またはJR神戸線「六甲道駅」または阪急「六甲駅」から16系統の市バス「六甲ケーブル下」~六甲ケーブル約10分~山上バス約8分「高山植物園」すぐ
主催:六甲高山植物園
料金:入園料が必要/大人(中学生以上)620円、小人(4歳~小学生)310円
問合せ先:六甲高山植物園078-891-1247





2015-01-08(Thu)

白鹿記念酒造博物館

白鹿記念酒造博物館は兵庫県西宮市にある日本酒をテーマとする博物館である。
○概要
日本の酒造りの歴史と文化を後世に伝承することを目的として、清酒「白鹿」醸造元の辰馬本家酒造により1982年に設立された。開館時は明治25年築の長大な酒蔵を館施設「酒蔵館」としていたが、1995年の阪神淡路大震災で全壊。その跡地に同規模の記念館が建設された。現在の「酒蔵館(酒ミュージアム)」はその北西にある明治2年築の酒蔵を使用したものである。「記念館」では日本酒に関連する美術品や文献資料を常設展示しており、春と秋には企画展を開催する。また「笹部さくら資料室」を付設。 「酒蔵館」では酒造りの道具・資料を展示するとともに釜場・槽場跡の遺構を公開し、酒造りの歴史と技術を紹介する。
○利用情報
開館時間 - 10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日 - 火曜日 (祝日の場合は翌日、連休の場合は連休明けの日)、 夏期、年末年始
所在地 - 〒662-0926 兵庫県西宮市鞍掛町8-21

J0010053_20150108112846e86.jpg

J0010054_201501081128474ac.jpg

J0010055_20150108112849db5.jpg

J0010056_20150108112850c0a.jpg

J0010057_2015010811285209d.jpg

J0010058_20150108112929a64.jpg

J0010059_20150108112931570.jpg

J0010060_20150108112932aea.jpg

J0010061_201501081129347b1.jpg

J0010062_2015010811293585d.jpg

J0010063_20150108113045858.jpg

J0010064_20150108113047bf8.jpg

J0010066_20150108113050e5a.jpg

J0010065_20150108113122a3c.jpg

2015-01-08(Thu)

辰馬考古資料館

公益財団法人辰馬考古資料館は、兵庫県西宮市にある人文科学系で兵庫県の登録博物館。
○概要
日本の考古資料の保全を目的に、辰馬本家の分家である北辰馬家当主、辰馬悦蔵が1976年(昭和51年)に設立した。銅鐸・銅鏡・土偶・縄文土器・玉など国の重要文化財21件を含む500件余りを所蔵する。特に銅鐸のコレクションは日本屈指であると評価されている。また日本画家富岡鉄斎の家蔵品コレクションでも知られ、畢生の大作『阿倍仲麻呂明州望月図・円通大師呉門隠栖図』屏風一双(国の重要文化財)を含む名品150点を所蔵している。

○所蔵重要文化財一覧
・考古資料(縄文土器・土偶)
人面装飾付注口土器(茨城県稲敷市(旧東村)福田出土)
注口土器(茨城県稲敷市(旧高田村)椎塚貝塚出土)
注口土器(青森県つがる市(旧木造町)亀ヶ岡遺跡出土)
土偶(千葉県銚子市余山貝塚出土)
・考古資料(銅鐸)
横帯文銅鐸(伝伯耆国出土)
袈裟襷文(けさだすきもん)銅鐸(大阪府南河内郡太子町山田出土)
袈裟襷文銅鐸(岡山県井原市木之子町猿森出土)
袈裟襷文銅鐸(出土地不詳)(1963年指定)
袈裟襷文銅鐸(出土地不詳)(1984年指定)
袈裟襷文銅鐸(出土地不詳)(1984年指定)
袈裟襷文有鐶銅鐸(出土地不詳)(1984年指定)
突線袈裟襷文銅鐸(名古屋市瑞穂区軍水町出土)
突線袈裟襷文銅鐸 2口(滋賀県野洲市小篠原大岩山出土)
流水文銅鐸(福井県坂井市(旧大石村)春江町井向出土)
流水文銅鐸(出土地不詳)(1960年指定)
流水文銅鐸(出土地不詳)(1985年指定)
流水文銅鐸(出土地不詳)(1985年指定)
流水文銅鐸(出土地不詳)(1985年指定)
・考古資料(その他)
変形方格渦文鏡
長門国鋳銭遺物(山口県下関市長府町豊浦村出土)(和同開珎銭笵残欠 12箇、坩堝残欠 2箇、鞴口残欠 2箇)
・絵画
絹本著色『安倍仲麻呂明州望月円通大師呉門隠棲図』富岡鉄斎筆。「大正三年五月」の年記がある 六曲屏風。

○開館情報
休館日-月曜(祝日の場合は翌日)
開館時期-春季・夏季・秋季
開館時間-10:00~16:30 ※最終入館時間は16:00
所在地-〒662-0962西宮市松下町2-28
ひょうごっ子ココロンカードの対象施設になっている。

○交通アクセス
阪神香櫨園駅徒歩2分
阪急神戸線夙川駅徒歩10分

J0010034_20150108112737e96.jpg

J0010035_201501081127382e2.jpg

2015-01-08(Thu)

西宮市大谷記念美術館

西宮市大谷記念美術館は兵庫県西宮市にある美術館である。1972年、実業家の大谷竹次郎(大谷米太郎弟)から寄贈されたフランスおよび日本の近代絵画を中心とするコレクションと邸宅を展示室として開館した。1977年に新館とアトリエが完成、1991年には大規模な増改築がなされ、現在の近代的な美術館になった。玄関正面の広いロビー一面の窓から日本庭園を眺めることができ、旧邸宅のエッセンスを残している。毎年開催される「イタリア・ボローニャ国際絵本原画展」の会場としても知られる。ひょうごっ子ココロンカードの対象施設になっている。

○営業期間
公開:10:00~17:00 (入館は16:30まで)
休業:水
○所在地
〒662-0952兵庫県西宮市中浜町4-38
0798-33-0164

○交通アクセス
阪神香櫨園駅から徒歩で

J0010037_2015010811254565d.jpg

J0010038_20150108112547431.jpg

J0010039_2015010811254884d.jpg

J0010040_20150108112550946.jpg

2014-12-27(Sat)

引札屋

築70年の木造家屋を改装、坪庭や昭和初期の外観に郷愁が漂い懐かしい。中には4つのお店、ギャラリーなどがあり、池田のお土産やグッズがほぼ揃っている。町中の小さな観光案内所としても帰農している。「引札」とは18世紀頃に生まれたチラシのこと。

所在地:大阪府池田市栄町6-17サカエマチ一番街内
最寄駅:阪急宝塚線池田駅西口から北へ徒歩10分サカエマチ一番街内です。

J0011381_201412271646529bc.jpg

2014-12-22(Mon)

象印まほうびん記念館

大正初期から昭和初期にかけて天満界隈は日本のガラス工業をリードしていました。まほうびんの中びんを作る優秀なガラス職人も天満に集中していたので、天満は日本のまほうびん産業の中心地となりました。その由縁で地元企業の象印マホービン株式会社が、まほうびん記念館を設立しています。

所在地:大阪府大阪市北区天満1丁目20番5号

J0011366_20141224123426289.jpg

J0011367_20141224123428615.jpg

J0011368_2014122412342906b.jpg

J0011369_201412241234310e1.jpg


2014-11-13(Thu)

池田呉服座

もとは呉服橋の南猪名川の堤沿いにあった呉服座という芝居小屋だった(今は「博物館明治村」に移築)。当時の優れた建築様式を一部再現し41年

ぶりに復活。ほんまち通り商店街に2010年11月にオープン、現在も月代わりで大衆演劇が上映されている。

所在地:大阪府池田市栄本町6-15
TEL:072-752-0529
最寄駅:阪急宝塚線池田駅

http://gohukuza.com/

J0010690_20141113143959101.jpg


2014-10-27(Mon)

金剛山初日の出「ロープウェイ早朝運転」2015

金剛山では初日の出にあわせて、ロープウェイが早朝5時から運行されます。山頂のちはや園地ピクニック広場からは、晴れていれば見事な初日の出を望むことができます。ピクニック広場では、ぜんざいのふるまい(先着順、数に限りあり)が行われます。ふるまい酒(先着順、数に限りあり)や、ロープウェイ利用客にはお楽しみ抽選会もあります。
所在地:〒585-0051大阪府千早赤阪村
開催期間:2015年1月1日運行/5:00~【日の出時刻】7:03頃※日の出時刻は早朝のため、公共交通機関を利用の場合は事前にご確認ください。
交通アクセス:ロープウェイ千早駅まで/近鉄長野線「富田林駅」から「ロープウェイ前行」の金剛バス「ロープウェイ前」~徒歩10分、または南海高野線「河内長野駅」から「ロープウェイ前行」の南海バス「ロープウェイ前」~徒歩10分
料金:金剛山ロープウェイ料金が必要
問合せ先:金剛山ロープウェイ千早駅 0721-74-0128






2014-08-18(Mon)

造幣博物館

春に行われる「造幣局の通り抜け」で有名な大阪造幣局の横に造幣博物館があるのをご存知でしょうか。
造幣博物館は、大阪府大阪市北区の造幣局本局構内にある博物館。1969年に開館した。
造幣博物館重厚な煉瓦造の建物は1911年(明治44年)築の旧造幣局火力発電所の施設を再生利用したものである。 館内は4つ部屋に分かれており、それぞれの部屋に大判・小判・丁銀・貿易銀・皇朝十二銭など日本の貨幣を中心に外国貨幣や勲章・メダル・工芸品など約4,000点を展示し、貨幣の歴史を紹介している。
所在地:大阪府大阪市北区天満1-1-79

見学時間:午前9時から午後4時45分(入館は午後4時まで)
見学日:月曜日~金曜日(祝日及び年末年始は除きます。このほか、都合により臨時休館する場合があります。)
入場料:無料


2014-03-11(Tue)

鴨川納涼床2014

鴨川西岸に並ぶ約100軒近くの店が、納涼床を組んで営業します。川のせせらぎを間近に堪能しながら食事ができる、京の夏の風物詩として知られます。毎年5月25日には、鴨川河川敷四条大橋付近にて、各店の商売繁盛、家内安全を祈願する「納涼床清祓式」が行われます。
所在地:〒604-8014京都府京都市中京区、下京区
交通アクセス:阪急「河原町駅」下車、または京阪「三条駅」・「祇園四条駅」から各店舗へ
開催期間:2014年5月1日~9月30日※休日、料金、営業時間は店舗により異なります。各店舗へお問い合わせください。
主催:京都鴨川納涼床協同組合
問合せ先:※ホームページまたはパンフレットをご参照ください。




2014-03-11(Tue)

新緑つつじ・しゃくなげ散策2014

六甲山の自生種であるコバノミツバツツジ、ヤマツツジ、モチツツジをはじめとし、32種類のツツジや日本原産のシャクナゲ7種が次々と開花します。森林植物園のスタッフの案内による新緑の散策会をはじめ、ネイチャーゲーム体験などのイベントが行われます。
所在地:〒651-1102兵庫県神戸市北区山田町上谷上字長尾1-2
交通アクセス:神戸電鉄「北鈴蘭台駅」から定時無料シャトルバス約10分(1時間1本)、またはJR神戸線「三ノ宮駅」から三宮バスターミナル25系統「森林植物園行」の市バス「終点」下車(4月~11月の土日祝のみ)
開催期間:2014年4月19日~5月18日9:00~17:00(入園は16:30まで)※期間中無休
イベント料金:入園料が必要
主催:神戸市立森林植物園
問合せ先:神戸市立森林植物園078-591-0253




2014-03-10(Mon)

あべのハルカス美術館開館記念特別展東大寺

あべのハルカス美術館のオープンを記念し、「あべのハルカス美術館 開館記念特別展 東大寺」が開催されます。国宝「誕生釈迦仏立像」をはじめ、精選された宝物の数々が展示され、東大寺創建当初から数度にわたる被災と再興の歴史を振り返ります。信仰、文化、美術史上において重要な地位を占めてきた名品の数々が堪能できます。
所在地:〒545-6016大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43あべのハルカス16階
交通アクセス:JR・地下鉄御堂筋線「天王寺駅」または近鉄南大阪線「大阪阿部野橋駅」下車
開催期間:2014年3月22日~5月18日
イベント料金:一般1300円、大高生900円、中小生500円※前売りあり
主催:あべのハルカス美術館、東大寺、朝日新聞社、NHK大阪放送局、NHKプラネット近畿
問合せ先:あべのハルカス美術館06-4399-9050




2014-03-10(Mon)

おおさかあそぼ2014春

「まち歩き」や「まち遊び」など、歴史ある大阪の街を歩いて楽しむ「おおさかあそぼ 2014春」が行われます。「まち歩き」は74コース89本、「まち遊び」は13本の合計102本と充実の内容です。「大坂冬の陣」など新編プログラムも多数あります。
所在地:〒530-0001大阪府大阪市
交通アクセス:JR「大阪駅」ほかから各所へ
開催期間:2014年3月21日~6月1日
イベント料金:1500円~(コースにより異なる・予約が必要)
主催:一般社団法人大阪あそ歩委員会 .問合せ先大阪あそ歩事務局 050-5809-7002




2014-01-16(Thu)

天神橋筋商店街

天神橋筋商店街は、大阪市北区にあるアーケード商店街。
南北2.6キロメートル、600店の日本一長い商店街である。各商店街は、地名にならって「○丁目商店街」のように分類される。江戸期に日本の物流で主要な役割を果たした「天満青物市場」を中心として発達した。かつては「十丁目筋商店街」といわれ、現在も地元では十丁目(じっちょめ)と呼ばれている。ここでいう十丁目は1丁目から10丁目(実際には8丁目までしかない)という意味ではなく、大阪城の南北縦に走る通りを一丁目とし、天神橋筋商店街がそこから10本目であったことから十丁目となったものである。

天神橋筋商店街01

天神橋筋商店街02

天神橋筋商店街03



2013-12-24(Tue)

仁川百合野町地すべり資料館

仁川百合野町地すべり資料館は、兵庫県西宮市にある地すべりに関する資料館。兵庫県阪神南県民局県土整備部河川砂防課の所管である。兵庫県立甲山森林公園の東隣にある。
○概要
1995年1月17日早朝の兵庫県南部地震によって、西宮市甲山の阪神水道企業団甲山事業所北斜面で、幅約100m、長さ約100m、深さ15m、移動土塊約10万m3という大規模な地すべりが発生した。この地すべりで斜面東側に位置する仁川百合野町と仁川6丁目の家屋13戸が押しつぶされ、住民34名が死亡した。災害から2年後の1997年11月18日、被害状況と土砂災害の恐ろしさ、防災対策の仕組みなどを学べる施設として、災害現場の一角に本資料館が開館した。資料館は2階建てで、ビデオ映像・パネル展示・ジオラマ模型などを備える。資料館の近くには慰霊碑が建つ。資料館周辺にはアジサイやスイセンなどの花々が植えられ、地すべりが発生した斜面には地域住民団体「ゆりの会」が2004年からシバザクラを植えており、現在では6000株を超える花の名所となっている。震災の発生時期には、2002年から毎年「ゆりの会」が地すべり資料館で追悼コンサートを催してきたが、主催メンバーや遺族らの高齢化により、10回目となる2011年で幕を下ろした[3]。

○利用案内
開館時間-10:00?16:00
休館日-月曜日、木曜日、年末年始
入館料-無料

○交通アクセス
阪急電鉄今津線仁川駅から徒歩約30分(仁川沿いに上流方向へ約1.6km)
阪急バス関西学院前停留所および阪神バス県立甲山森林公園前停留所から徒歩約15分
駐車場がなく、また資料館周辺は住宅街であるため、徒歩による来館が望ましい。

2013-12-24(Tue)

兵庫県立甲山森林公園

兵庫県立甲山森林公園は兵庫県西宮市にある公園。六甲山地の東、甲山南東麓と西麓に広がる都市公園である。面積83haの90%が森林に覆われる。
○施設
シンボルゾーン
記念碑広場
愛の像
笠形噴水
クスノキ並木等
彫刻の道(彫刻作品14体が並ぶ)
「指向」 斉藤正親)
「スカイ」 北野正治
「山の伝説」 丹下寿一
「二つの台形」 井上直
「群鳥」 新谷秀夫
「胎像」 谷井信市
「トンボ」 田中昇
「嶽」 竹内巌
「裸婦」 山口昌俔
「メビウスだけど」 田中薫
「蛾」 新谷英子
「過密な箱」 広島照道
「緑の狩人」 鹿間厚次郎
「鳥と甲冑」 桂修
レストハウス
野外ステージ (1,000名収容)
自由広場 2ヶ所
芝生広場 3ヶ所
修景池(みくるま池) 0.2ha
休憩広場 4ヶ所
健康運動広場 1ヶ所
県民の森
展望台
甲山湿原
甲山自然観察池
西宮市立甲山自然の家
ハイキングコース 約6km

○公園データ
面積― 83ha
開園日― 1970年11月10日
所在地― 〒662-0001 兵庫県西宮市甲山町43

○交通アクセス
阪神本線 西宮駅から阪神バス鷲林寺循環線「阪神西宮」行で30分、「県立甲山森林公園前」下車すぐ
阪急甲陽線 甲陽園駅より徒歩25分(1.7km)

2013-12-24(Tue)

北山緑化植物園

北山緑化植物園は兵庫県西宮市にある植物園。1982年に開園した。総面積は9ヘクタール。
○概要
緑と花に溢れる園内には260種1500株の温室植物を栽培する「展示温室」、「緑の相談所」、日本庭園と数寄屋造の山荘「北山山荘」、「夙川の水遊び場」、「植物生産研究センター」、そして姉妹都市である中国紹興市の名園「蘭亭」と「墨華亭」を再現した「小蘭亭」と「北山墨華亭」等の施設が点在する。北山山荘では抹茶の有料サービスも行っている。また環境省により花粉量の測定器が設置されており、関西の花粉量の観測を行っている。

○開園日時・休館日
開園日時-年中無休・終日
緑の相談所・温室・山荘の一般公開は金・土・日の午前10時-午後4時
休館日-毎週水曜日と年末年始(12月29日~1月3日)
○所在地
〒662-0091 兵庫県西宮市北山町1-1
○交通アクセス
阪急神戸本線 夙川駅からバス「柏堂町」下車すぐ
阪急神戸本線 夙川駅からタクシー10分

2013-12-24(Tue)

堀江オルゴール博物館

堀江オルゴール博物館は、兵庫県西宮市苦楽園にあるオルゴール専門で兵庫県の登録博物館。運営は、財団法人堀江オルゴール博物館。1993年に開館した。
○概要
堀江光男が世界を周り収集した300台以上のアンティークオルゴールの展示と定時演奏を行っている。ロシアのロマノフ王朝最後の皇帝ニコライ2世愛用のシリンダーオルゴールや、アレクサンドラ皇后のディスクオルゴールのほか、ドイツの城で使用されていたものという自動演奏楽器「3台バイオリン」など貴重な品を多数含む、質・量とも日本最大の個人コレクションである。館は3階建てになっており、係員の案内で各フロアにあるオルゴールの解説と実際の演奏が行われる。演奏プログラムは毎月変更される。

○主な収蔵品
「ニコライ二世」ベーカーアンドトロール(1878年頃)スイス
「シンフォニオン・エロイカ」シンフォニオン社(1886-1890年頃)ドイツ
「マハラジャ」ベーカーアンドトロール(1880年頃)スイス
「サミュエル・トロール」サミュエル・トロール(1880年頃)スイス
「シンフォニオン・エロイカ」シンフォニオン(1886~1890年頃)ドイツ
「シンフォニオン・スタイル92」シンフォニオン社(1900年代)ドイツ
「ポリフォン・ホールクロック"ゲイシャ"スタイル62」ポリフォン社(1890-1895年頃)ドイツ
「ステラ・インペリアル・オーケストラル・グランド202」メルモ・フレール(1890年頃)スイス
○一覧
シリンダーオルゴール ― 153台
ディスク・オルゴール ― 108台
オートマタ ― 15台
オーケストリオン・オルガン ― 16台
プレーヤーピアノ ― 12台
バンジョー ― 1台
ヴァイオリン ― 4台
蓄音機 ― 7台
オルゴールの小品 ― 16台
○施設概要
開館日-(予約制)火曜日~日曜日 祝日
演奏時間-(1)10:30 (2)13:00 (3)15:00
所在地-〒662-0088 兵庫県西宮市苦楽園四番町7-1
ひょうごっ子ココロンカードの対象施設になっている。
○交通アクセス
阪急神戸本線 夙川駅からバス「苦楽園」下車 徒歩10分
JR 芦屋駅からバス「苦楽園」下車 徒歩10分
阪急神戸本線 夙川駅からタクシー10分

2013-12-23(Mon)

甲山

甲山は、兵庫県西宮市西北部に位置する、古い火山の痕跡である山。
○概要
1200万年前に噴火したとされる。岩質は輝石安山岩からなり、隣接した花崗岩(いわゆる御影石)からなる六甲山とは全く形成過程が異なる。1200万年前の活動期には大きく広がる山体を持っていた。約200万年間の活動が終息した後、侵食によりわずかに火口付近の火道周囲のみが塊状に残るに至ったことが確認されている。現存する形状が塊状であるため、古くはトロイデ式火山の典型のように言われていたが、昭和30年代に研究が進み、その形成過程の詳細が知られるようになった。甲山の地質は北側斜面では麓から260m付近までは花崗岩が認められるが、南側では甲山安山岩層と六甲山の花崗岩とが接触する部分が露出して確認可能である。 本来、比較的粘性の低い安山岩が鐘状火山となることについては疑問視されるところであったが、有史以後、あまりにも典型的なトロイデ形状であることから、誤解されてきた経緯があると思われる。その後は楯状火山とされてきたが、楯状火山は玄武岩質溶岩からなる大型火山と定義されており、これも誤用である。 なお、隣接する六甲山は断層により隆起して形成された山地であり、甲山は六甲山と共に過去に沈降、隆起を起こしたことが知られている。専門家によって甲山の古火道の磁気構造が調査され、ドーナツ状になっていることが判明している。甲山は西宮市南部の至る所から確認することができ、地名としてもこの甲山が元となった甲東園・甲風園・甲陽園等がある。西宮七園も参照。名称の由来と伝説[編集]甲山の名称の由来は昔大きな松の木が二本生えていて、その兜のような形状から呼称されているという説があるが、田岡香逸によれば、元来、「神の山(コウノヤマまたはカンノヤマ)」だったと考えられている。1974年(昭和49年)には銅戈(どうか)が出土し、西宮市立郷土資料館に西宮市指定重要文化財として所蔵されている。この銅戈は祭祀用のものであり、古来、甲山が信仰の対象であったことがわかる。また、甲(コウ)の音が歴史的仮名遣では甲(カフ)と表記する事を踏まえれば、濁音のカブ・・・の音も想像しやすいだろう。甲陽軍鑑(カフヤウグンカン)、など。また、甲山山麓にある神呪寺にある碑には、禅僧虎関師錬が編纂した元亨釈書の記述に基づき、十四代仲哀天皇の皇后神功皇后が国家平安守護のため山頂に如意宝珠及び兜を埋め、五十三代淳和天皇の勅願により天長8年(831年)10月18日、神呪寺を開創大殿落慶したと伝えている。そのためか甲山のどこかに宝が隠されているという俗説が地元ではあった。なお明治当初には、神戸に来航した欧米人より「ビスマルク山」という俗名がつけられた。19世紀頃のドイツ帝国の首相であったオットー・フォン・ビスマルクがかぶっていた三角形の帽子に姿が似ていたからだといわれている。

○交通アクセス
阪急甲陽線甲陽園駅から徒歩1.7km(約25分)
阪急今津線仁川駅から徒歩3km(約45分)
阪神バス山手循環線大師道より徒歩1km(約15分)
阪神バス鷲林寺循環線県立甲山森林公園前より徒歩数分
阪急バス阪急逆瀬川より、宝塚西高校前経由かぶとやま荘(六甲保養荘)行き


J0011458.jpg

J0011498.jpg

2013-11-07(Thu)

淡輪遊園(あたご山公園)

南海本線淡輪駅から徒歩10分のところにある「淡輪遊園」(あたご山公園)。大阪湾や関西国際空港、遠くは明石海峡大橋まで見渡せる愛宕山(あたごやま)の丘陵は、春の花の名所として知られている。4月上旬には800本の桜、4月下旬から5月にかけては、3万本とも5万本ともいわれるツツジが、山肌一面を染める。晴れた日に見下ろすと、花の紅と海の青、雲の白、新緑の緑が美しく、多くの人が訪れる人気のスポットとなる。すぐ近くには、マリンスポーツが体験できる府立青少年海洋センターや、ヨットハーバー、食事や入浴、宿泊ができるマリンロッジや海水浴場もある。
所在地:〒599-0301大阪府泉南郡岬町淡輪
TEL:072-492-2001

2013-11-07(Thu)

淡輪ヨットハーバー

海に、ヨットに、魅せられた人たちが集まる場所、淡輪ヨットハーバー。関西国際空港、淡路島、明石海峡大橋は見えるくらいに近いし、南下して友ヶ島水道を抜ければそのまま太平洋につながる紀伊水道にでる。日本人初、単独太平洋横断に成功した鹿島郁夫氏の愛艇コラーサ2号も、ヨットハウス1Fに展示されている。
所在地:〒599-0301大阪府泉南郡岬町淡輪6190
TEL:072-494-2335
営業期間: 9:00~17:00 ※6/1~9/30はシャワーのみ19:30まで
休業:毎週火曜日(祝日の場合翌日)、第2・4水曜日(2月は第1月・水曜日と第4水曜日)、年末年始(12/29~1/4)※変則月もあり
その他:駐車場(170台収容/普通車1回1,000円)
飲食施設:その他(喫茶)

2013-10-08(Tue)

若園公園バラ園

敷地面積11000平方メートルの園内には、140種、3100株ものバラが植えられています。バラの見頃は春と秋ですが、普段でも親子連れの人や、年配の方が散歩によく訪れるところです。
所在地:〒567-0894大阪府茨木市真砂2丁目4
TEL:072-633-1764
交通アクセス:近鉄バス「水尾三丁目」行きに乗車「若園公園前」バス停下車 徒歩3分
営業期間: 毎週火曜日(当該日が休日に当る場合は除く)※ 5月は無休
料金: 大人無料 子供無料 学生無料 障害者無料 シニア無料
敷地面積 :36000平方m

J0011122.jpg

J0011123.jpg

J0011124.jpg

J0011125.jpg

J0011126.jpg

J0011127.jpg

2013-10-02(Wed)

川端康成文学館

JR/阪急電鉄「茨木駅」より徒歩約20分、日本で初めてノーベル文学賞を受賞した川端康成の功績を讃えて、1968年に建設された記念館。氏の著書、遺品、書簡、原稿や墨書のほか、模型・写真・初版本・ビデオなどゆかりの品約400点を常時展示している。世界的な文学者として知られる川端康成は、大阪天満宮の近くで誕生、3歳で両親と死別した後、大阪府三島郡川村大字宿久庄の祖父母の家(現在の茨木市宿久庄)で16歳まで過ごし、茨木市内の旧制中学校を卒業後、上京。この文学館は茨木市にゆかりのあるそんな川端康成の文学を多くの人々に親しんでもらおうとオープン。館内に併設されたギャラリーでは、氏の誕生月である6月に「誕生月記念企画展」や茨木市内外で活躍する芸術家たちによる展覧会などを開いている。
所在地:〒567-0881大阪府茨木市上中条 2-11-25
TEL:072-625-5978
交通アクセス:JR「茨木駅」より徒歩20分、阪急「茨木市駅」より徒歩20分
営業期間: 9:00~17:00
休業 : 月曜日の午後、火曜日、祝日の翌日(祝日が火曜日の場合は水曜日と木曜日)、年末年始(12/28~1/4)
料金備考 : 茨木市外の高校生以上の方は200円(茨木市民は無料)
・その他情報
年間利用者数 :12000人
駐車場(20台(無料))

プロフィール

kazubonka

Author:kazubonka
かずぼんです。大阪並びに近畿一円の口コミ情報を提供していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
メモ














































【高額報酬!!】有名女優が多数愛用している事でも知られている光美容機。世界中のセレブ御用達の一品。高額商品にも関わらず売れ続けています。ご利用者からご満足のお便りも大変多いです。定価472,500円











BTOパソコンショップ 『フレッシュフィールド』 オールカスタマイズ可能なオリジナルパソコン好評発売中!





























スルガ銀行ANA支店
銀行取引でANAマイルが貯まる(100×60)バナー











<

「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約!



ティッカー

グアム

ハワイ旅行

ムームードメイン

カスタムバイク買取













検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

続・竹林の愚人

思いつくまま

oobuta日記
QRコード
QRコード
FC2カウンター
平成20年8月26日からのアクセス数です。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2アフィリエイト
カウンター アフィリエイト・SEO対策
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
スポンサードリンク

FC2Ad

Powered by FC2 Blog