2017-07-07(Fri)

久谷ざんざか踊り2017

五穀豊穣、氏子安全を願って、毎年9月15日に行われる久谷八幡神社の秋祭りで「ざんざか踊り」が奉納されます。室町時代から始まったとされ、地元の中高生が五色紙のついた傘をかぶり、腰に締太鼓をつけて踊ります。別名「太鼓踊り」とも呼ばれ、兵庫県の無形民俗文化財に指定されています。
所在地:〒669-6721兵庫県新温泉町久谷
開催期間:2017年9月15日10:00~
開催場所:久谷八幡神社
交通アクセス:JR山陰本線「久谷駅」から徒歩10分
主催:久谷区
問合せ先:浜坂観光協会0796-82-4580
スポンサーサイト

2017-07-05(Wed)

2017天神天満阿波おどり

大阪にいながらにして、本場徳島の阿波おどりを体感できる「天神天満阿波おどり」が開催されます。流し踊りには総勢300人以上が参加し、日本一の長さを誇る大阪市の天神橋筋商店街と、「天満の天神さん」として親しまれる大阪天満宮を舞台に、華やかな乱舞を繰り広げます。扇町総合高校吹奏楽部による演奏のほか、舞台演舞、フィナーレには迫力ある総踊りが行われます。
所在地:〒530-0041大阪府大阪市北区
開催期間:2017年8月20日  第1部/14:30~16:20(天神橋筋4番街商店街・天神橋3丁目、天神橋筋2丁目各商店街)、第2部/16:20~18:50(天神橋2丁目、天神橋1丁目各商店街、大阪天満宮)【前夜祭】天神天満阿波おどり5周年記念「阿波どおり公演」/19日15:30~16:30(大阪市立住まいの情報センター)・17:30~18:30(北区民センターホール)、天神天満阿波おどり5周年記念館(兼総合案内所)開設/19日13:00~18:00・20日12:00~17:00(天三おかげ館)
開催場所:天神橋筋商店街、大阪天満宮ほか
交通アクセス:JR大阪環状線「天満駅」下車、またはJR東西線「大阪天満宮駅」下車、または地下鉄堺筋線「扇町駅」下車、または地下鉄堺筋線・谷町線「南森町駅」下車
主催:天神天満阿波おどり実行委員会

2017-06-30(Fri)

晴明祭2017

陰陽師の安倍晴明を祀る神社で「晴明祭」が行われます。宵宮祭では、地元の子どもたち約100人が列をなす「ちびっこお迎え堤灯行列」や、湯立神楽などが奉納されます。秋分の日13時からの神幸祭では、少年鼓笛隊などを先頭に、鉾や飾馬、稚児などが氏子町内を神輿とともに巡行します。境内には露店が立ち並び、多くの参拝客で賑わいます。
所在地:〒602-8222京都府京都市上京区掘川通一条上ル晴明町806
開催期間:2017年9月22日~23日【1日目】19:00~21:00頃【2日目】10:00~17:00頃※少雨決行
交通アクセス:JR「京都駅」から9系統の市バス「一条戻橋・晴明神社前」~徒歩2分、または地下鉄烏丸線「今出川駅」から徒歩12分
主催:晴明神社
料金:無料
問合せ先:晴明神社075-441-6460

2017-06-30(Fri)

車折神社重陽祭2017

「重陽祭」とは9月9日の重陽の節句を祝う行事です。車折神社では、江戸時代に神事とともに、大般若経の転読も行われていたと伝えられています。江戸末期までは、神仏習合の様式により、盛大に齋行されていました。平成9年に130年ぶりに再興した車折神社にとって、由緒ある神事となっています。
所在地:〒616-8343京都府京都市右京区嵯峨朝日町23
開催期間:2017年9月9日13:00~
交通アクセス:京福電鉄嵐山線「車折神社駅」からすぐ、またはJR嵯峨野線「嵯峨嵐山駅」から徒歩15分、またはJR「京都駅」から71・72・73系統の京都バス「車折神社前」すぐ
主催:車折神社
料金:境内散策自由
問合せ先:車折神社075-861-0039

2017-06-30(Fri)

八朔祭2017

旧暦8月1日をさす「八朔」の日に、古くから行われてきた神事「八朔祭」が松尾大社で執り行われます。風雨の順調、五穀豊穣、家内安全を祈り、奉納相撲や女神輿の嵐山渡月橋上流での船渡御のほか、六斎念仏踊りなどが行われます。前日の夕方は、境内に無数の八朔提灯や子ども絵提灯が点され、盆踊りが催されます。
所在地:〒616-0024京都府京都市西京区嵐山宮町3
開催期間:2017年9月3日祭典/10:00~、船渡御/11:45頃~(嵐山渡月橋上流)、六斎念仏踊り/16:00~
交通アクセス:阪急嵐山線「松尾大社駅」から徒歩3分
料金:松風苑三庭/拝観有料
問合せ先:松尾大社075-871-5016

2017-06-30(Fri)

名刺感謝祭2017

京の「えべっさん」の名で親しまれている恵美須神社で、日頃お世話になっている“名刺”に感謝を込めて祭典が行われます。名刺は、昇進するごとに新しい肩書きのついたものを作ることから「出世札」ともいわれます。境内には、過去の反省や感謝と、明日への飛躍を祈願するために建立された名刺塚があり、感謝祭では使い古された名刺などが焚き上げられます。
所在地:〒605-0811京都府京都市東山区大和大路四条南
開催期間:2017年9月24日14:00~15:30頃
交通アクセス:京阪「祇園四条駅」から徒歩6分、または地下鉄東西線「三条京阪駅」から徒歩15分、またはJR「京都駅」中央口から17系統の市バス「河原町松原」~徒歩8分
問合せ先:恵美須神社075-525-0005

2017-06-30(Fri)

御田刈祭2017

五穀豊穣を奉謝する祭儀「御田刈祭」が、大原野神社で毎年9月の第2日曜に執り行われます。2017年で300年を迎える伝統ある行事です。「神相撲」と呼ばれる古式に則った相撲神事が行われるほか、少年横綱の土俵入り、赤ちゃんの土俵入り、小学生による相撲大会が催されます。出店なども並び賑わいます。
所在地:〒610-1153京都府京都市西京区大原野南春日町1152
開催期間:2017年9月10日祭典/10:00、神相撲奉納/10:30、赤ちゃん土俵入/12:00、小学生相撲大会/11:00~16:00
交通アクセス:JR京都線「向日町駅」から「南春日町行」の阪急バス約20分「南春日町」~徒歩8分
問合せ先:大原野神社社務所075-331-0014

2017-06-30(Fri)

事代主神社水かけ祭2017

事代主神社の「水かけ祭」は、仮屋の海の神えびす様に豊漁と地域繁栄を祈願し、毎年9月第3日曜に行われます。仮屋の各地域からだんじりが神社付近に集合し、威勢良く練り歩きます。地元の中学生が担ぐ神輿には沿道の人たちが水を掛け、最後は神輿ごと海に飛び込む豪快さが見どころとなっています。
所在地:〒656-2331兵庫県淡路市仮屋
開催期間:2017年9月17日宮入11:00頃~13:00頃、布団壇尻宮入13:00頃、神輿渡御14:00頃~
開催場所:事代主神社周辺
交通アクセス:JR神戸線「舞子駅」から高速バス「東浦バスターミナル」~「仮屋」~徒歩5分
主催:事代主神社総代会
問合せ先:淡路島観光協会岩屋観光案内所0799-72-3420


2017-06-30(Fri)

大般若経転読付き大護摩供(9月)2017

成田山不動尊で大勢の僧侶により、護摩祈祷の最中に「大般若経」の600巻から成る経典が分割され一斉に転読(てんどく)されます。「大般若経」は、今から約1600年前、中国の僧侶・玄奘三蔵(三蔵法師)によってまとめられた仏教の経典です。
所在地:〒572-8528大阪府寝屋川市成田西町10-1
開催期間:2017年9月8日11:30~
交通アクセス:京阪本線「香里園駅」から徒歩15分もしくはバス約5分「成田山不動尊前」下車
問合せ先:成田山不動尊072-833-8881

2017-06-30(Fri)

にわのあかり-光と闇をあいたのしむ-2017

夏の終わりを惜しみ、あかりをテーマとしたイベントが相楽園で開催されます。都心にいることを忘れさせる庭を舞台に、蝋燭のあかりや灯籠などが庭園内に灯され、優しく幻想的な「和」の雰囲気を楽しむことができます。両日とも相楽園会館ホールにて、ガムラン演奏やジャワ影絵芝居が予定されています。
所在地:〒650-0004兵庫県神戸市中央区中山手通5-3-1
開催期間:2017年9月2日~3日夕暮れ~21:00(入園は20:30まで)
交通アクセス:地下鉄山手線「県庁前駅」から北へ徒歩5分、またはJR神戸線「元町駅」から北西へ徒歩10分、または阪神「元町駅」から北西へ徒歩10分、またはJR神戸線「三ノ宮駅」から市バス「諏訪山公園下」~南へ徒歩10分
主催:にわのあかり実行委員会
料金:入園料が必要/大人(15才以上)300円、小人(中小生)150円
問合せ先:相楽園078-351-5155(代表)

2017-06-29(Thu)

百万遍会大数珠くり2017

一人の念仏の功徳が千人万人に融通して億百万ともなり、大きな功徳を生むことを表現した行事であることから「億百万遍会」とも称され、毎年春と秋に行われます。約7cmの珠を1200個つないだ数珠を、本堂の四隅に設けられた滑車に取り付け、念仏を唱えながら順に送ります。これを厳修すると、身体堅固の祈祷を授かるとされます。
所在地:〒547-0045大阪府大阪市平野区平野上町1-7-26
開催期間:2017年9月16日説法/13:00~、数珠くり/13:30~
交通アクセス:JR大和路線「平野駅」から徒歩5分、または大阪市営地下鉄谷町線「平野駅」から徒歩8分
料金:無料
問合せ先:大念佛寺06-6791-0026

2017-06-21(Wed)

高良社祭「太鼓まつり」2017

徒然草にも登場する石清水八幡宮の摂社、高良神社の例祭が、7月18日に斎行されます。旧八幡地区の氏神として地元の人々の崇敬を受ける高良神社へ、各地区から神輿が一堂に会する宮入りが有名で、「太鼓まつり」の名でも親しまれています。16日には宮入りが行われ、各地区の太鼓神輿が勢揃いし、迫力満点の様子を見ることができます。
所在地:〒614-8588京都府八幡市八幡高坊30
開催期間:2017年7月16日、18日高良神社宵宮/15日、宮入り/16日18:30頃~、例祭/18日10:00頃~
開催場所:石清水八幡宮高良神社
交通アクセス:京阪「八幡市駅」から男山ケーブル約3分「男山山上駅」~徒歩5分
主催:石清水八幡宮、太鼓まつり実行委員会
料金:見学無料
問合せ先:石清水八幡宮075-981-3001

2017-06-21(Wed)

学業大祭・古絵馬焼納式2017

夏休みの子どもたちの学業上達を祈願する「学業大祭」が北野天満宮の本殿で執り行われます。ご祭神の菅原道真公に、入試合格や学業成就を願う参列者がお参りします。中ノ森では「古絵馬焼納式」も行われ、前年度に奉納された絵馬約10万枚に火が入り、願掛けをした人々の無病息災を祈ります。
所在地:〒602-8386京都府京都市上京区馬喰町
開催期間:2017年8月13日9:00~昼過ぎ
交通アクセス:JR嵯峨野線「円町駅」から(西ノ京円町バス停)市バス「北野天満宮前」すぐ、またはJR「京都駅」から50・101系統のバス「北野天満宮前」すぐ
主催:北野天満宮
問合せ先:北野天満宮075-461-0005

2017-06-21(Wed)

太閤祭2017

慶長3年(1598年)に62歳で亡くなった豊臣秀吉公の命日の8月18日に、豊國神社で祭典が執り行われます。秀吉公の御霊を慰め、遺訓を称えるお祭りで、御神楽が奉納されます。一般参列も可能です。
所在地:〒540-0002大阪府大阪市中央区大阪城2-1
開催期間:2017年8月18日10:00~
交通アクセス:JR大阪環状線「森ノ宮駅」から徒歩15分
主催:豊國神社
問合せ先:豊國神社06-6941-0229

2017-06-08(Thu)

京都府立植物園夏の早朝開園2017

夏の朝の清々しいひと時を楽しめる早朝開園が、京都府立植物園で行われます。期間中、7月23日までは、鉢植えの蓮と碗蓮約180鉢を展示する「観蓮会」が、7月28日から8月1日の7時から12時には、京都独特の「数咲き作り」など延べ1000鉢を観賞できる「朝顔展」が行われます。7月21日から30日には、花の可視光線と紫外線照射写真を比較展示し、虫の目が視る花の色や姿について考える「むしの目展」が催されます。なかでも「朝顔展」は、植物園が行うものとしては西日本最大級の規模と内容を誇ります。
所在地:〒606-0823京都府京都市左京区下鴨半木町
開催期間:2017年7月21日~8月13日7:30~17:00(入園は16:00まで)
交通アクセス:地下鉄烏丸線「北山駅」3番出口からすぐ、または地下鉄烏丸線「北大路駅」3番出口から東へ徒歩10分
主催:京都府立植物園
料金:入園料/一般200円、高校生150円、中学生以下・70歳以上無料
問合せ先:京都府立植物園075-701-0141

2017-05-22(Mon)

竹田松明祭2017

火事災難の無事を祈る「竹田松明祭」が朝来橋下流で行われます。高さ6mにおよぶ2基の大松明に火が灯され、夏の夜空を焦がす炎が川面に映え、美しい姿を見せてくれます。このお祭りは、約240年前に竹田地区を襲った大火災以降、再びこのような災難にあわないようにとの願いを込めて、愛宕神社に大松明を奉納したことが起源といわれています。
所在地:〒669-5252兵庫県朝来市和田山町竹田
開催期間:2017年7月23日
開催場所:兵庫県朝来市竹田地区朝来橋下流
交通アクセス:JR播但線「竹田駅」から徒歩10分
問合せ先:和田山町観光協会事務局079-672-4003



2017-05-22(Mon)

四万六千日大祭2017

摩耶山天上寺の「四万六千日大祭」は、一年中で観音さまのご利益を最も多くいただける日として知られています。8月9日午前0時にはご本尊の観音さまに向けて、天から除災招福の星が下るという言い伝えがあり、多くの参拝者で賑わいます。8日は縁日にあたり、柴灯大護摩供や星下り会式、萬燈会などが執り行われます。※混雑が予想されるため、公共交通機関をご利用ください。
所在地:〒657-0105兵庫県神戸市灘区摩耶山町2-12
開催期間:2017年8月8日~9日【1日目】開白法会/11:00~、柴灯大護摩供/13:00~、納涼盆おどり/18:30~、萬燈会/19:00~、星下り会式/23:00~翌0:30【2日目】結願法会/14:00~
交通アクセス:JR神戸線「六甲道駅」・「三ノ宮駅」から18系統のバス「摩耶ケーブル下」~摩耶ケーブル「虹の駅」~ロープウェー「星の駅」~徒歩10分
主催:摩耶山天上寺
料金:入山料は志納※祈祷、供養、献灯篭などは当日受付(有料)
問合せ先:摩耶山天上寺078-861-2684

2017-05-22(Mon)

千日詣り2017

古来より8月9日と10日は観音功徳日で、この日に参詣すると、千日間続けてお詣りをしたのと同じ功徳が授かる特別な日とされています。四天王寺では、御祈祷が行われた厄除けのお札が六時堂内にて授与されます。
所在地:〒543-0051大阪府大阪市天王寺区四天王寺1-11-18
開催期間:2017年8月9日~10日9:00~21:00
開催場所:四天王寺六時堂
交通アクセス:地下鉄谷町線「四天王寺前夕陽ケ丘駅」4番出口から南へ徒歩5分
料金:回向・祈祷有料
問合せ先:四天王寺06-6771-0066

2017-05-19(Fri)

東大寺解除会2017

東大寺の大仏殿で夏越しの祓いに由来する法要が執り行われます。大仏さまの前に茅草で作った直径約2mの茅の輪が設けられ、東大寺の僧侶がこれをくぐり、盧舎那仏に除疫病を祈る法要が行われます。
所在地:〒630-8587奈良県奈良市雑司町406-1
開催期間:2017年7月28日法要/8:00~※茅の輪くぐりは15:00頃まで
交通アクセス:近鉄奈良線「近鉄奈良駅」から徒歩20分、またはJR「奈良駅」もしくは近鉄奈良線「近鉄奈良駅」から市内循環バス「大仏殿春日大社前」~徒歩5分
主催:東大寺
問合せ先:東大寺0742-22-5511

2017-05-19(Fri)

白浜おどり2017

和歌山県の白良浜周辺で白浜おどりが行われます。見物人もおどりに参加することができます。
所在地:〒649-2211和歌山県西牟婁郡白浜町864
開催期間:2017年8月1日19:00~
開催場所:白良浜周辺
交通アクセス:JRきのくに線「白浜駅」から明光バス約15分「白良浜」すぐ、または紀勢自動車道「南紀白浜IC」から車約15分
主催:白浜おどり実行委員会
問合せ先:白浜町総務課0739-43-5555

2017-05-19(Fri)

粉河祭2017

粉河祭は紀州三大祭のひとつ、粉河寺鎮守「粉河産土神社(こかわうぶすなじんじゃ)」の祭礼で、粉河駅前から粉河寺大門前までの粉河とんまか通りにだんじりが並びます。宵祭には、きらびやかに飾られたそれぞれのだんじりの提燈に火が灯り、粉河とんまか通りを勇壮に運行します。本祭では、子供だんじりや餅投げ、地元中学校吹奏楽部による演奏などのイベントも行われます。
所在地:〒649-6531和歌山県紀の川市粉河地内
開催期間:2017年7月29日~30日【29日】宵祭/19:00~23:00(だんじり運行飾付、だんじり囃子奉納)【30日】本祭/14:00~19:00(子どもだんじり、だんじり囃子奉納、だんじり運行飾付)
開催場所:和歌山県紀の川市粉河地内、粉河とんまか通り周辺(粉河駅~粉河寺)
交通アクセス:JR和歌山線「粉河駅」からすぐ
主催:粉河祭保存会
問合せ先:粉河祭保存会(紀の川市役所農林商工部商工観光課)0736-77-2511

2017-05-19(Fri)

火ふり祭2017

日野祭の渡御のお旅所であるひばり野で、盆の夜空を彩る夏の風物詩となっている「火ふり祭」が斎行されます。上野田の氏神、五社神社で松明に火がつけられ、その年の日野祭のお稚児さん3人を中心とした松明の行列がひばり野へ向かいます。ひばり野へ到着すると、太鼓の合図とともに百数十本の松明が松の木に投げ上げられます。松の木に松明が多く溜まればその年は豊作とされます。100本以上の松明が一斉に弧を描いて宙に舞う様子は壮観な眺めです。
所在地:〒529-1642滋賀県日野町上野田951
開催期間:2017年8月14日~15日【14日】19:30~20:30頃【15日】20:00~21:00頃
開催場所:ひばり野(口之宮神社)
交通アクセス:JR琵琶湖線「近江八幡駅」からバス約40分「日野高校前」すぐ、または近江鉄道本線「日野駅」からバス約5分「日野高校前」すぐ
問合せ先:日野観光協会0748-52-6577




2017-05-19(Fri)

船幸祭2017

瀬田唐橋周辺で、建部大社の祭神のヤマトタケルノミコトが、海上に船を連ねて出陣したという故事にちなんだ「船幸祭」が斎行されます。瀬田川では、重さ1.5tの大神輿が神楽船、稚児船など20隻に警固されながら川下りする、勇壮な姿を見ることができます。
所在地:〒520-2132滋賀県大津市神領1-16-1
開催期間:2017年8月17日16:30頃~21:00頃※小雨決行
開催場所:建部大社、瀬田唐橋周辺
交通アクセス:建部大社まで/JR琵琶湖線「石山駅」から「神領団地経由瀬田駅行」・「野郷原経由ぜぜ自動車行」のバス約7分「建部大社前」すぐ 瀬田唐橋まで/JR琵琶湖線「石山駅」から「神領団地経由瀬田駅行」・「野郷原経由ぜぜ自動車行」のバス約4分「唐橋前」すぐ
主催:建部大社
料金:見物無料
問合せ先:建部大社077-545-0038

2017-05-19(Fri)

竹伐り会式2017

峯延上人が修行中に大蛇に襲われた際、真言の秘法で退治したとされる故事にちなむ行事が、鞍馬寺で執り行われます。まず、黒の素絹と五条袈裟を弁慶被りにした鞍馬法師が、長い青竹を伐って条件を揃える「竹ならし」をします。修法の後、竹ならしをした青竹を一節飛ばしに5回伐り落とす、迫力のある「竹伐りの儀」が行われます。修法の間には舞楽が奉納されます。
所在地:〒601-1111京都府京都市左京区鞍馬本町1074
開催期間:2017年6月20日14:00~15:00頃
開催場所:鞍馬寺本殿金堂
交通アクセス:仁王門まで/叡山電車「鞍馬駅」から徒歩5分
主催:鞍馬寺
料金:拝観有料(愛山費300円)※竹伐り会式参列には料金はかかりません。
問合せ先:鞍馬寺075-741-2003


2017-05-18(Thu)

大阪舞洲ゆり園開園2017

大阪湾を望む絶好のロケーションを背景に、約50種250万輪のユリが大阪舞洲ゆり園に咲き誇ります。空と海のブルーと、ピンクや白、オレンジなど鮮やかな色とりどりのユリとのコントラストが楽しめます。海沿いのボーダーゾーンが見どころで、ユリが並んで咲く景色は圧巻です。園内には、ユリ苗販売所や売店、休憩所、撮影スポットもあります。美しく咲くユリの花々に囲まれながら、ゆったりとした時間が過ごせます。期間中は、フォトコンテストやゆり園をテーマにした川柳コンテストも行われます。
所在地:〒554-0042大阪府大阪市此花区北港緑地2丁目
開催期間:2017年5月27日~7月5日平日/9:00~17:00、6月30日・土日/~19:00※開園期間中は無休、開花状況および天候などにより開園期間や営業時間が変更する場合あり
交通アクセス:JR大阪環状線「西九条駅」から81系統の大阪市営バス「舞洲スポーツアイランド」下車、またはJRゆめ咲線「桜島駅」から舞洲アクティブバス「ホテル・ロッジ舞洲前」下車、または地下鉄「コスモスクエア駅」からコスモドリームライン「ホテル・ロッジ舞洲前」下車
主催:株式会社ピーエスジェイコーポレーション
料金:入園料/大人1200円、シニア(65歳以上)・中~大学生1000円、子ども(4歳~小学生)400円
問合せ先:大阪舞洲ゆり園0570-02-1187

2017-05-18(Thu)

嵯峨天皇祭2017

平安京の完成や、雅楽の国風化などをすすめた嵯峨天皇の徳を偲び、梅宮大社で「嵯峨天皇祭」が開催されます。古くは命日の8月28日に行われていましたが、現在では8月最終日曜に行われます。少年相撲大会をはじめ、打楽器や吹奏楽の演奏、梅津六斎念佛踊や盆踊大会などが催され、梅宮が一年で最も賑わう日となります。なかでも京都の伝統芸能「六斎」が見物です。午後より露店も多数出店します。
所在地:〒615-0921京都府京都市右京区梅津フケノ川町30
開催期間:2017年8月27日祭典/8:30~、少年相撲大会/9:30~、梅津六斎念佛踊/19:00~、盆踊大会/20:00~
交通アクセス:阪急嵐山線「松尾大社駅」から徒歩15分
主催:梅宮大社
料金:無料※入苑(庭)は有料/大人550円、小人350円
問合せ先:梅宮大社075-861-2730

2017-05-17(Wed)

貴布禰神社例大祭(だんじり祭)2017

貴布禰神社の例大祭(だんじり祭)は、毎年8月1日から2日に斎行されます。1日目は、パレードや宮入りをはじめ太鼓演技などが行われます。2日目は、地車どうしをぶつけ合う迫力満点の「山合わせ」が見どころです。
所在地:〒660-0874兵庫県尼崎市西本町6-246
開催期間:2017年8月1日~2日【1日目】パレード、宮入り、太鼓演技【2日目】地車山合わせ
交通アクセス:阪神「出屋敷駅」から南東へ徒歩10分
主催:貴布禰神社
問合せ先:貴布禰神社06-6411-0170

2017-05-11(Thu)

ほうろく灸祈祷2017

三宝寺にて、一年で最も暑いとされる土用の丑の日に、日蓮宗の秘法である「ほうろく灸祈祷」が営まれます。暑気払い、頭痛封じ、頭の病にご利益があるとして有名で、呪文を書いた「ほうろく」を頭の上に載せ、もぐさを置いて火をつけて、日蓮宗の祈祷法に則り、木剣で九字を切り悪鬼邪霊を祓います。熱くないので小さな子どもでもこの祈祷を受けることができます。商売繁盛の「あじさい祈祷」、諸病封じの「きゅうり封じ祈祷」も併せて行われます。※当日は「福王子」交差点付近より無料送迎バス運行
所在地:〒616-8256京都府京都市右京区鳴滝松本町32
開催期間:2017年7月25日9:00~14:00
交通アクセス:JR「京都駅」もしくはJR嵯峨野線「円町駅」から西日本JRバス「三宝寺」~徒歩5分
主催:三宝寺
料金:境内散策自由、ほうろく灸祈祷2000円、きゅうり封じ祈祷1000円、あじさい祈祷2000円
問合せ先:三宝寺075-462-6540

2017-04-30(Sun)

八坂神社例祭2017

御祭神ゆかりの日に、八坂神社で例祭が執り行われます。弥栄雅楽会による「東遊」の神楽奉奏があるほか、午後3時からの「献詠披講式」では、向陽会員による綾小路流朗詠の披講奉仕が行われます。
所在地:〒605-0073京都府京都市東山区祇園町
開催期間:2017年6月15日例祭(大祭)/10:00~、献詠披講式/15:00~
交通アクセス:京阪「祇園四条駅」から徒歩7分、または地下鉄東西線「東山駅」から徒歩10分
問合せ先:八坂神社075-561-6155

2017-04-30(Sun)

三光神社中風除け大祭2017

戦国の武将、真田幸村の「抜け穴」が有名な三光神社で、毎年6月1日から1週間、中風除けの大祭が執り行われます。中風除けの神を祀る全国でも唯一の神社として知られ、中風を防ぐための祈祷と茅の輪くぐりが行われます。
所在地:〒543-0013大阪府大阪市天王寺区玉造本町14-90
開催期間:2017年6月1日~7日受付時間/9:00~16:00
交通アクセス:地下鉄長堀鶴見緑地線「玉造駅」2番出口から徒歩2分、またはJR大阪環状線「玉造駅」から西南に徒歩5分
主催:三光神社
問合せ先:三光神社06-6761-0372
プロフィール

kazubonka

Author:kazubonka
かずぼんです。大阪並びに近畿一円の口コミ情報を提供していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
メモ














































【高額報酬!!】有名女優が多数愛用している事でも知られている光美容機。世界中のセレブ御用達の一品。高額商品にも関わらず売れ続けています。ご利用者からご満足のお便りも大変多いです。定価472,500円











BTOパソコンショップ 『フレッシュフィールド』 オールカスタマイズ可能なオリジナルパソコン好評発売中!





























スルガ銀行ANA支店
銀行取引でANAマイルが貯まる(100×60)バナー











<

「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約!



ティッカー

グアム

ハワイ旅行

ムームードメイン

カスタムバイク買取













検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

続・竹林の愚人

思いつくまま

oobuta日記
QRコード
QRコード
FC2カウンター
平成20年8月26日からのアクセス数です。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2アフィリエイト
カウンター アフィリエイト・SEO対策
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
スポンサードリンク

FC2Ad

Powered by FC2 Blog