2018-04-17(Tue)

菅原町の土蔵

完成年度は不明。大正時代に乾物問屋の蔵として建築されたと推測される。周辺には、その当時の土蔵の一部が倉庫や事務所として使われている。 菅原町は、近世の時代から乾物問屋の集まる町であり、瓦屋根と白壁の土蔵、古い町家、敷石などが各所に残っている。現在も乾物を営んでいる店舗があり、生業として続いてきた文化的な景観として価値が高い場所である。伝統的な建築資源が減少している中で、当該の土蔵は稀少な町の景観要素として価値があると判断できる。

所在地:大阪府大阪市北区菅原町6番1号

J0010111_201804171149498fb.jpg

J0010112_20180417114952e31.jpg

J0010113_20180417114953f60.jpg

J0010114_20180417114954539.jpg

J0010115_20180417114955f9c.jpg
スポンサーサイト

2018-04-17(Tue)

大阪ガス実験集合住宅NEXT21

「ゆとりある生活と省エネルギー・環境保全の両立」をテーマに、近未来の都市型集合住宅のあり方を提案することを目的として、大阪ガス(株)が平成5年(1993年)10月に建設した実験集合住宅である。竣工以来、平成6年(1994年)4月、平成12年(2000年)4月、平成19年(2007年)4月から各5年間にわたり、それぞれ時代を見通したテーマを設定し、大阪ガス社員とその家族が実際に居住しながら、計3回15年間の実証実験が取り組まれてきた。平成25年(2013年)6月からは「第4フェーズ」として、「環境にやさしい心豊かな暮らし」をテーマに、人と人のつながりの創出、人と自然の関係性の再構築、省エネ・スマートな暮らしの実現を満たすべき要件と捉え、それらを具現化する、「住まい」および「エネルギーシステム」の2分野の実証実験が実施されている。樹木も多く配置され、周辺の住民の方々からも親しまれている建物である。竣工から20年を経て、実験住宅も地域に馴染んだ観がある。緑の少ないまちなかにあって、オアシス的な景観を提供している。また、地域との交流にも熱心であることも評価できる。地域の良好なイメージを担うランドマークとなっている。

所在地:大阪府大阪市天王寺区清水谷町6番16号

DSCN3534.jpg

J0010167_20180417114807dcc.jpg

J0010168_20180417114808f8c.jpg

J0010169_201804171148107b3.jpg

2018-04-17(Tue)

U氏邸

打ち放しの外観に、豊富な植栽が良く映える。昭和43年(1968年)に職住一体都市住宅のさきがけとして建築された。緑に被われたファサードは年月を重ねるごとに豊さを増している。日本の現代建築に大きな影響を与えた建築家・西澤文隆による設計。平成19年(2007年)には、NPO法人屋上開発研究会大阪支部が主催する「第1回屋上開発・関西さきがけ賞」の大賞を受賞した。都市型緑化の先駆け。50年以上の年月を経て維持されてきた緑がまちに潤いを与えている。お寺やタワーといったモニュメンタルな性格を備えているものではなく、個人が創ることができる景観資源として重要である。

所在地:大阪府大阪市天王寺区清水谷町7番9号

J0010171_201804171146320ec.jpg

J0010172_20180417114634b11.jpg

2018-04-17(Tue)

いずみホール

いずみホールは大阪府大阪市中央区の大阪ビジネスパークの一角にあるコンサートホール。席数821席のシューボックス型である。

○概要
1990年4月開場。住友生命保険相互会社の60周年記念事業として、住友生命OBPプラザビルに併設された。また、ホテルニューオータニ大阪、OBPキャッスルタワー、住友生命本社ビルとも、2階においてデッキで接続されている。ホール内部にはパイプオルガンが設置されている。また、専属オーケストラ、いずみシンフォニエッタ大阪を有する。「いずみ」は住友グループの屋号「泉屋」に由来している。

○所在地・アクセス
大阪市中央区城見1-4-70
JR大阪環状線 大阪城公園駅より徒歩約3分、
地下鉄鶴見緑地線 大阪ビジネスパーク駅より徒歩約8分
JR大阪環状線、JR東西線、京阪本線 京橋駅より徒歩約8分

J0010157_20180417113345986.jpg

J0010159_201804171133476be.jpg

2018-04-17(Tue)

大阪城ホール

大阪城ホール(Osaka-Jo Hall)は、大阪府大阪市中央区の大阪城公園内にある多目的アリーナ。正式名称は大阪城国際文化スポーツホールであるが、通称の大阪城ホールが一般的となっており、運営主体の名称も株式会社大阪城ホールである。略称は城ホール、または、城ホ。

○概要
1983年10月1日、大阪築城400年まつり(大阪城博覧会)開催に合わせてオープンした。国際級室内陸上競技会が開催可能な規模のアリーナを有する施設としては、日本で最初のものである。大坂城青屋口のほぼ正面、大阪砲兵工廠旧本館跡に所在する。砲兵工廠旧本館(1873年竣工)の保存運動や文化庁の調査指示を無視した大阪市が、1981年5月2日未明に取り壊しを強行したことで話題になった。構造は楕円形のドーム式。大阪城に近接していることもあり周囲の景観を損ねないよう、本体部分が地下に埋め込まれている、地上部分は周囲が石垣に囲まれているなど、設計には配慮が為されている。そのため、大阪城や川向こうのホテルなどから見下ろすと、天井部分だけが見える。両側に太陽の広場と軟式野球場が所在する。最大収容人数は16,000人。内訳はアリーナ席:4,500人、客席:9,000人、立見席:2,500人。なお、これは中央に格闘技のリングを置いた場合の数字であり、通常のコンサートでは1万人前後の収容となる。アリーナ面の座席にユニット化された座席はなく、平面に椅子を並べ、公演によっては仮設スタンドが作られる。残響時間は1.45秒。これは多目的のアリーナ型大型施設としては画期的であり、理想に近い残響時間である。通常これだけの大きな空間を持つ施設であると、残響時間は大幅に長くなりさらに不自然な反響があるため、コンサートはもちろんのこと、講演会や式典時などでも観客が大変聞きづらくなることがある。しかし大阪城ホールでは設計当初よりこの問題を解決するために、天井内での充分な吸音材の使用やスタンド席(2階・3階)の約9,000の座席を全て布張りにしさらに場内の階段の側面をカーペット地にした。またアリーナに張り出しているスタンド席の先端部も極力面積を小さくすることで、不必要な音の反響を防止している。そのためライブを収録したCD・DVD、テレビやFMラジオ番組も多く生まれている。

○施設概要
構造-RC造、地下1階 地上3階
建築面積-14,539m2(延床面積:31,064m2)
敷地面積-36,351m2
竣工-1983年
総工費-106億円
設計-日建設計
施工-大成建設・松村組共同企業体
施設アリーナ-面積3,500m2(83m×48m、高さ21m)
城見ホール-面積827m2
コンベンションホール-面積159m2


○所在地・アクセス
大阪府大阪市中央区大阪城3-1
JR西日本大阪環状線「大阪城公園駅」下車徒歩5分
大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線「大阪ビジネスパーク駅」下車徒歩5分

○運営主体
1982年11月に大阪市の外郭団体である財団法人大阪城ホールが設立され、翌年10月1日にホール自体がオープンした。2011年3月31日に財団法人は解散され、翌4月1日に大阪市が過半数を出資する第三セクター企業である株式会社大阪城ホール(2010年10月1日設立)に事業移管された。

J0010158_201804171131283c1.jpg

2018-02-01(Thu)

三井倉庫・富島倉庫跡

明治初頭、このあたりに外国人居留地が設けられ、開港場となると、大阪に入ってくる貨物のほとんどは安治川を上って当地区で荷揚げを行い、貿易の拠点として非常に賑わいました。船会社の事務所や輸出入業者の倉庫などもたくさん立ち並び、当時をしのばせる赤レンガ造りの倉庫がありました。2014年12月にはすでに取り壊されてなくなっていました。

所在地:大阪府大阪市西区川口4-9-36

2017-12-04(Mon)

大阪府立桜塚高等学校塀(旧豊中高等女学校周塀)

校地の北辺及び南東隅に建ち、総延長130mである。高さ1.1m煉瓦造の柱の各間に鉄筋コンクリート製のパネルを設け、パネルには一間おきに桜花を象った透かし孔を3ヶ所開ける。高さも抑えめで、もと女学校らしい穏やかで気品のある佇まいを見せる。
所在地:大阪府豊中市中桜塚4-1-1

DSCN2826.jpg

DSCN2827.jpg

J0010598_201712041034370d0.jpg

J0010599_20171204103438d3f.jpg

2017-11-29(Wed)

新梅田ビルディング

このビルは角をアールで収め、南面を少し前へ出してカーテンウォール風に仕上げている。1階の高さが低いのも特徴で、戦後のものらしいが、中々面白いビルだ。2015年頃に閉館。2015年7月に解体計画中であることが発表された。建物は解体され、跡地には商業ビル「OSAKA UK・GATE」が開発された。

建築年・設計者不詳
所在地:大阪府大阪市北区芝田2-2-1



2017-11-29(Wed)

新桜橋ビルディング

1,2階のデザインが違うのは大阪合同ビルと同じだ。ここも外装が変わったが、それ以外はほぼそのままだ。屋上のガラス張りの円筒がひときわ目を引く。エレベーター機械室や高置水槽をまとめたものに見えるが、これほど大きいものは珍しいだろう。屋上の手摺り上のフレームも何に使うのだろうか。2015年に閉鎖。2015年9月にはテナントが退去したらしい。2017年に桜橋御幸ビルという高層ビルになるらしいです。桜橋御幸ビルは、御幸ビルディングが大阪市北区梅田2丁目に建設した地上14階、高さ59.91m、延べ9,577㎡のオフィスビルです。 1~2階は店舗になります。 設計は日建設計、施工は大林組。 2017年9月末に竣工しました。

建築年設計者共に不詳
所在地:大阪府大阪市北区梅田2-1-24



2017-11-29(Wed)

大手前看護専門学校(旧阿部野橋ホテル)

西側の一部は浪速郵便局阿部野橋分室として使われている。設計は鈴木太吉、建設は八木工務店である。建築年は1931(昭和6)年+1935(昭和10)年である。
2014年、物件を管理する近畿財務局により一般競争入札が実施された。落札したのはドン・キホーテ。価格は19億2000万円だった。2015年にはすでに解体工事が行われていたらしいです。2017年4月27日にドン・キホーテあべの天王寺駅前店がオープンしています。

所在地:大阪府大阪市阿倍野区旭町1-1-2

2017-11-29(Wed)

大弘ビル

低層部のデザインを上部と同じにするのは新しい感覚だった。但し1階のサッシを奥へ下げている。これなら庇をつけなくても済むし、ピロティ風のデザインにもなる。サッシが3分割されていて真ん中が前に出ている。引き違いになっているからだと思うが、それだけではなく光の加減でサッシに陰影を生じさせている。サッシの分割と陰影はこの頃の手法なのだ。黒いタイルで仕上げているのも珍しい。平成27年8月より撤去工事を行っています。隣接する大阪中央郵便局、アクティ西ビルと一体的に再開発され、高さ180mの超高層ビルへと生まれ変わる。2019年度に着工し、2022年度に完成する予定です。

建築年設計者不詳
所在地:大阪府大阪市北区梅田3


2017-11-19(Sun)

大正湯の煙突

夕陽ケ丘高校の東側の道を北へ入った閑静な住宅街の中にある。狭い空間をうまく開放感と質感をもつ雰囲気に仕立てた設計(昭和56 年(1981 年))となっている。銭湯が少なくなったことを踏まえると、現存する銭湯の煙突は、過ぎ去った時代を思い起こす手がかりとして貴重である。少し離れてみると地面から直接に突き出しているように見える煙突は、印象深い。

所在地:大阪府大阪市天王寺区松ケ鼻町3番16号

J0010579_20171119164024f3f.jpg

J0010580_20171119164026ea5.jpg

J0010581_20171119164027e77.jpg

J0010582_2017111916402913f.jpg

2017-11-13(Mon)

総本家釣鐘屋

屋根の上に看板代わりの釣鐘堂があったり、2回の窓のデザインが釣鐘であったりするが、いやらしくなくユーモアたっぷりに存在している。設計建設共に不詳。建設年は1930(昭和5)年頃。

所在地:大阪府大阪市天王寺区大道1-5-2

DSCN2692.jpg

J0010566_201711131417218c4.jpg

J0010567_201711131417225ae.jpg

2017-11-13(Mon)

天王寺消防署元町出張所

横リブを効かせたデザイン。四天王寺境内側の消防車出入り口周りも趣がある。設計建設は不詳である。使用時期は1910(明治43)年~1926(大正15)年である。

所在地:大阪府大阪市天王寺区四天王寺1-11-68

DSCN2691.jpg

J0010564_20171113141607190.jpg

J0010565_201711131416080db.jpg

2017-11-09(Thu)

美章園温泉

入り口上部の装飾や、正面左右の縞模様のタイル張りなど、ユニークな造形意匠が見られる。設計は不詳で、建築は大富である。1933(昭和8)年建築であり。登録有形文化財に指定されている。2008年(平成20年)に廃業のため解体となり、登録を抹消された。

所在地:大阪府大阪市阿倍野区美章園2-19-15


2017-11-07(Tue)

住吉帝塚山郵便局

モダンなレンガ造りの外観が印象的な住吉帝塚山郵便局。丸型ポストもある。

所在地:大阪府大阪市住吉区帝塚山東2-3-10

DSCN2403.jpg

DSCN2404.jpg

DSCN2405.jpg

2017-11-07(Tue)

大川内医院住宅

今は貸教室などに利用されているようだが昔は病院だったそうです。

建築年:1928年
設計:藤木工務店
所在地:大阪府大阪市天王寺区東上町8-25

DSCN2646.jpg

DSCN2648.jpg

2017-11-05(Sun)

鶴橋温泉

両側に前栽を持つこの当時の先頭のプロトタイプだ。特に、玄関横を局面にするタイプはほかでも見たことがある。局面を使うことはモダン都市の特徴のひとつだ。ここの場合面白いのは、中央が盛り上がったタイルを使っていることだ。このタイルは実は中が中空になっているらしい。一般的には黒や白が多いが、こうしたベージュもきれいだ。2017年11月4日に現場に行ってみたが建物自体がなくなっていた。

建築年設計者不詳
所在地:大阪府大阪市生野区鶴橋2-9-14


2017-09-30(Sat)

すみよし村ぎゃらりー

古い民家をリニュ―アルしたもので、様々なイベントや集会が行われています。ここは、住民と大阪市が協力して、まちづくりを行っているところです。
所在地大阪府大阪市住吉区住吉1-9-16

DSCN2318.jpg

DSCN2321.jpg

2017-09-30(Sat)

ベルマージュ堺

ベルマージュ堺は、大阪府堺市堺区にある都市再開発地区である。JR西日本阪和線堺市駅西側に位置し、タワーマンション、図書館、商業施設などを含む複合施設となっている。再開発の事業主は住宅・都市整備公団(当時)。
○概要
南海本線堺駅・高野線堺東駅のように、当初から堺市街の西玄関・東玄関を担う目的で設置された駅と異なり、堺市駅は大日本帝国陸軍による騎兵第4連隊および輜重兵第4大隊の南河内郡金岡村(当時)への移転計画に伴って設置された駅である。そのため、駅は小さく、駅前も閑散としていた。敗戦後は、駅東側の兵営跡地が金岡公園などに姿を変えたものの、金岡団地・新金岡団地の造成によって人口が急増。堺市街側となる駅西側も次第に市街化し、堺市駅は市の代表駅となるに至った。しかし、駅西側には大阪刑務所と官舎、火葬場、老朽化したゲタ履き住宅(堺市駅前ビル)があるのみで、商業活性化が課題だった。1986年に発表された大阪刑務所の現地立替え(立体化)により余剰地ができることになり、駅前の再開発が計画された。堺都市計画事業堺市駅前地区第一種市街地再開発事業として、ゲタ履き住宅の地権者であった住宅・都市整備公団が施行者になって建設。1996年7月に着工、1999年2月に竣工し、3月に開業した。「ベルマージュ」の愛称は、公募により決まった。

○施設概要
所在地:大阪府堺市堺区田出井町1番
敷地面積:20,189m2
建築面積:14,108m2
延床面積:145,597m2
総工費:593億9000万円
ベルマージュ堺壱番館:分譲住宅339戸
地下2階、地上43階建、高さ142.83m(塔屋含む)
駐車場 地下1階~2階 全自動システム収容台数885台
設計:竹中工務店、大成建設、東海興業
施工:竹中工務店、大成建設、東海興業JV
ベルマージュ堺弐番館:賃貸住宅395戸、堺市文化館(3~4階、堺アルフォンス・ミュシャ館・ギャラリー)
地下2階、地上43階建、高さ142.83m(塔屋含む)
設計:大林組、奥村組、大日本土木
施工:大林組、奥村組、大日本土木JV
商業棟--地上4階建
延床面積:約36,200m2
主要テナントとしてイズミヤのほか、大阪信用金庫、スポーツクラブ、堺市立中央図書館堺市駅前分館、専門店、医院などが入る。

J0010455_20170930211420b84.jpg

2017-09-29(Fri)

大阪市建設局東部管理事務所東野田抽水所(旧大阪市下水道局東野田抽水所)

設計者建設者共に不詳。1927(昭和2)年建設。

所在地:大阪府大阪市都島区東野田3-3-30

DSCN2493.jpg

J0010542_20170929101930f68.jpg

J0010543_20170929101932135.jpg

2017-09-20(Wed)

大阪市立大学本館(一号館)

大阪商科大学本館として建設された鉄筋コンクリート造の建物。南面し,東西に長く伸ばした翼部,背面に講堂を接続し、正面中央玄関上部に塔を高く聳える。全体にクラシックな構成だが,簡略化した柱型や庇による水平線の強調などによる新たな造形志向が顕著。

所在地:大阪府大阪市住吉区杉本町3-3-138

DSCN2286.jpg

DSCN2287.jpg

DSCN2288.jpg

DSCN2289.jpg

DSCN2290.jpg

J0010513_2017092016354353b.jpg

J0010512_20170920163541130.jpg

J0010511_20170920163540818.jpg

J0010506_20170920163538a8e.jpg

J0010505_20170920163537d84.jpg

DSCN2297.jpg

DSCN2296.jpg

DSCN2295.jpg

DSCN2294.jpg

DSCN2293.jpg

DSCN2292.jpg

DSCN2291.jpg

2017-09-20(Wed)

日本基督教団南大阪教会

村野が渡辺節建築事務所時代にアルバイトで設計した教会。オーギュスト・ペレのノートルダム・デュ・ランシー教会を思わせるデザイン。既に独立していた村野自身の設計により1982年に会堂は改築されたが、塔屋は保存再生された。設計は村野藤吾、建設は岡本工務店である。建設時期は1928(昭和3)年である。

所在地:大阪府大阪市阿倍野区阪南町1-30-5

DSCN2427.jpg

DSCN2428.jpg

2017-09-20(Wed)

日本基督教団大阪住吉教会

南海本線と阪堺線に挟まれた一画に所在。大正8年建設の切妻造,下見板張,上げ下げ窓の礼拝堂及び牧師館の前面に寄棟造,モルタル塗の木造2階建を増築し,正面右寄りに塔を上げる。改造はあるが,玄関脇の丸窓や礼拝堂祭壇などが昭和初期意匠の特徴を示す。
年代:大正8/昭和6増改造
所在地:大阪府大阪市住吉区東粉浜2-21-3

DSCN2391.jpg

DSCN2392.jpg

2017-09-20(Wed)

池田家住宅

旧熊野街道と旧住吉街道が交差する角地に建つ店舗兼住宅。元禄年間に酒造業をはじめ後に味噌醸造を行ったと伝える家で,住宅は旧熊野街道に面した土蔵造,2階建で2階に虫籠窓を開く標準的な平入町家である。「住之江味噌」の製造元として広く親しまれている。

所在地:大阪府大阪市住吉区住吉1-9-22

DSCN2315.jpg

DSCN2316.jpg

2017-09-20(Wed)

高谷家住宅

大正期に開発された住宅地内に建つ初期の洋風住宅。鉄骨構造で外壁はコンクリートブロック積みとする。内部は,和洋併用で全体的に質の高い意匠にまとめる。風見鶏付の銅板切妻大屋根は,この地域のランドマーク的存在で広く親しまれている。
年代:大正13頃
所在地:大阪府大阪市住吉区帝塚山中3-8-18

DSCN2399.jpg

DSCN2402.jpg

2017-09-20(Wed)

源正寺楼門

知恩院末で,鉄道敷設等により中央区上本町より現地に移築。初重袴腰を塗込める竜宮造の楼門で,上層は出組,二軒繁垂木,入母屋造,本瓦葺とする。蟇股や肘木の形式・絵様に近代らしい意匠が充溢するとともに,旧熊野街道に面し竜宮門として親しまれている。
年代:明治22/大正12移築
所在地:大阪府大阪市阿倍野区阿倍野元町18-34


DSCN2409.jpg

DSCN2410.jpg

2017-09-13(Wed)

瀧安寺鳳凰閣

切妻造・桟瓦葺、平屋建で、その北端に宝形造の楼閣をあげた形態で、平等院鳳凰堂翼廊の気分が表現されている。設計は武田五一、施工は高橋組。箕面山の中腹に位置し、石垣を高く築いた敷地に建ち、箕面川の渓流とともに優れた景観をつくりだしている。

所在地:大阪府箕面市箕面公園内

DSCN0678.jpg

DSCN0680.jpg

2017-09-13(Wed)

本町橋

本町橋は、大阪府大阪市中央区の東横堀川に架かる本町通の橋、または、同橋東詰付近の町名。現在の橋は大正2年(1913年)に架け替えられたもので、大阪市内では現役最古の橋となっている。『浪速の名橋50選』に選定されている。

○概要・歴史
・大正以前
最初の橋は、豊臣秀吉が大坂城を築城し、東横堀川を開削したときまで遡る。年代は特定されていないが、天正13年(1585年)に東横堀川が開削されてからあまり経っていなかったと考えられている。大坂の陣(とくに冬の陣)の時は、戦略上の重要地点であったとされ、橋周辺で蜂須賀隊と塙直之が激突している。江戸時代になると、公儀橋として幕府による直接管理・維持がなされた。東詰に油問屋が集まり、、西詰に木綿問屋・呉服・古着屋が軒を連ね、大坂で最も賑わう地域とされた。享保9年(1724年)の「妙智焼け」とよばれる大火で本町橋をはじめ、いくつもの橋が焼失している。大火後、橋の北東側に西町奉行所が移転してきた。江戸時代のころの東横堀川の幅は現在よりも広く、本町橋も橋長が47.8mあったという。幅員は最初7.8mで、江戸時代後期には5.9mと幾分狭くなった。明治維新後、年代は特定されていないが、明治14年(1881年)までに鉄柱を持つ木橋に架け替えられた。当時は鉄橋はおろか、鉄柱木橋も貴重な存在であった。

○現在の橋
20世紀以降の大阪市電の敷設、都市計画事業による道路拡張にあわせて本町橋も大正2年(1913年)に鉄橋に架け替えられた。 三径間の2ヒンジアーチ橋で、下部は広くし、橋脚には石柱を模した飾りが付き、その上部はバルコニーとなっている。この橋は昭和57年(1982年)に大がかりな補修がされたが現役である。
橋長:46.5m
幅員:21.6m
形式:鋼アーチ(三径間2ヒンジアーチ)
完成:1913年(大正2年)

J0010476_20170913100939732.jpg

J0010477_201709131009406b8.jpg

2017-08-29(Tue)

心光寺本堂

寛永元(1624)年創建の浄土宗寺院であるが、イスラム風デザインの本堂(インドのタージマハールのようです)。参道に植えられた棕櫚の木と共に、不思議な空間になっている。設計建設共に不詳である。1929(昭和4)年に建設。登録有形文化財に指定されている。

所在地:大阪府大阪市天王寺区下寺町1-3-68

DSCN2082.jpg

DSCN2083.jpg

DSCN2084.jpg
プロフィール

kazubonka

Author:kazubonka
かずぼんです。大阪並びに近畿一円の口コミ情報を提供していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
メモ
















































【高額報酬!!】有名女優が多数愛用している事でも知られている光美容機。世界中のセレブ御用達の一品。高額商品にも関わらず売れ続けています。ご利用者からご満足のお便りも大変多いです。定価472,500円











BTOパソコンショップ 『フレッシュフィールド』 オールカスタマイズ可能なオリジナルパソコン好評発売中!





























スルガ銀行ANA支店
銀行取引でANAマイルが貯まる(100×60)バナー











<

「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約!



ティッカー

グアム

ハワイ旅行

ムームードメイン

カスタムバイク買取













検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

続・竹林の愚人

思いつくまま

oobuta日記
QRコード
QRコード
FC2カウンター
平成20年8月26日からのアクセス数です。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2アフィリエイト
カウンター アフィリエイト・SEO対策
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
スポンサードリンク

FC2Ad

Powered by FC2 Blog