2017-08-23(Wed)

石山寺秋月祭2017

紫式部が中秋の名月を眺めながら「源氏物語」の構想を練ったとされる石山寺で、月見の催しが行われます。夜間拝観があり、源氏物語の語りや舞踊が披露されるほか、邦楽の演奏やバンド演奏なども催されます。
所在地:〒520-0861滋賀県大津市石山寺1-1-1
開催期間:2017年10月4日~5日18:00~21:00(入山受付は20:30まで)
交通アクセス:京阪「石山寺駅」から徒歩10分もしくは京阪バス「石山寺山門前」下車
主催:一般社団法人石山観光協会
料金:夜間入山料600円
問合せ先:石山観光協会077-537-1105
スポンサーサイト

2017-08-23(Wed)

秋の大祭(甘酒祭)2017

淡嶋神社の秋の大祭では、祭神の少彦名命が酒造の祖神であることから、神殿に感謝を込めて新米で作られた甘酒が供えられます。参拝客には、無病息災を祈願した冬越しの甘酒が無料授与されます。
所在地:〒640-0103和歌山県和歌山市加太
開催期間:2017年10月3日11:00~
交通アクセス:南海加太線「加太駅」から徒歩20分
主催:淡嶋神社
問合せ先:淡嶋神社社務所073-459-0043

2017-08-23(Wed)

勝浦八幡神社例大祭2017

海の男たちによる勇壮なお祭りとして知られる、勝浦八幡神社の例大祭が開催されます。午前中に神事があり、午後2時からは神輿、大黒天輿などの行列が町を練り歩き、夕方に勝浦漁港でフィナーレを迎えます。クライマックスには海の安全と大漁を祈り、男衆が神輿を担いだまま威勢よく海に飛び込みます。生活の場である海に神輿をお迎えした後、海路神社に静々と帰ります。海の町の“静”と“動”を感じられるお祭りです。
所在地:〒649-5334和歌山県東牟婁郡那智勝浦町大字勝浦859
開催期間:2017年9月17日例大祭/10:00~
交通アクセス:JRきのくに線「紀伊勝浦駅」から徒歩15分
主催:勝浦八幡神社祭典委員会
問合せ先:勝浦八幡神社0735-52-1646

2017-08-23(Wed)

泉南秋まつり2017

秋の豊作を祝う秋まつりが、泉南市の各地区で行われ、それぞれ地区の伝統を大切に受け継ぐ地車(やぐら)が曳行されます。豪快に練り歩く勇壮な姿に、沿道からも歓声が上がります。
開催期間:2017年10月7日~8日
開催場所:大阪府泉南市市内各地区
交通アクセス:JR阪和線「和泉砂川駅」下車
料金:見物無料
問合せ先:泉南市観光協会事務局(泉南市産業観光課)072-483-8191、泉南市政策推進課072-483-0004

2017-08-23(Wed)

比叡のもみじ2017

延暦寺境内東塔、西塔、横川地域をはじめ、沿線の2000本を越えるモミジが、例年11月上旬から下旬にかけて美しく紅葉します。ピークにあわせた「比叡のもみじ」では、モミジの苗木やオリジナルグッズ、くず湯、抹茶などの接待が当たる無料抽選会が行われます。特別企画として、11月11日から23日には、根本中堂でご加地をうけた大根で「至福大根炊き」の接待も催されます。
所在地:〒520-0116滋賀県大津市坂本本町4220
開催期間:2017年10月28日~11月23日10:00~16:00
開催場所:比叡山延暦寺横川地域
交通アクセス:京阪「坂本駅」もしくはJR湖西線「比叡山坂本駅」から連絡バス約5分または徒歩20分「ケーブル坂本駅」~坂本ケーブル「ケーブル延暦寺駅」~徒歩8分、またはJR「京都駅」から「比叡山頂行」のバス「延暦寺バスセンター」下車
主催:比叡山延暦寺、比叡山ドライブウェイ、奥比叡ドライブウェイ
料金:参加無料
問合せ先:奥比叡ドライブウェイ077-578-2139

2017-08-23(Wed)

櫻井神社秋祭り(上神谷のこおどり)2017

雨乞いと豊作を祈願する「上神谷のこおどり」が奉納されます。ヒメコと呼ばれる魔除けの紙花を挿した竹籠を背負った鬼神2人と、三尺棒を持った天狗2人を中心に、総勢18人が国宝拝殿前で、鉦と太鼓で踊る神事芸能です。國神社で奉納された後、道歌を歌いながら練り歩き、櫻井神社へ向かいます。室町時代の風流踊りの影響がうかがえ、国の選択無形民俗文化財に指定されています。当日は、「氏子入り」「お神楽」「地車の宮入り」「秋季例大祭祭典」がこおどり奉納の前に行われます。
所在地:〒590-0121大阪府堺市南区片蔵645
開催期間:2017年10月8日11:00頃(予定)
交通アクセス:泉北高速鉄道「泉ケ丘駅」2番のりばからバス「桜井神社前」または「片蔵」下車
問合せ先:櫻井神社072-297-0043

2017-08-23(Wed)

岸和田秋祭り10月祭礼2017

岸和田市内の各6地区でだんじりが46台曳行されます。東岸和田地区では、宵宮の朝6時から11台のだんじりがJR東岸和田駅前周辺を豪快かつ華麗に疾走し、やりまわしを行うほか、本宮には午後1時からパレードが催されます。
開催期間:2017年10月7日~8日宵宮/7日6:00~22:00、本宮/8日8:00~22:00(各地区により異なる)
開催場所:大阪府岸和田市JR東岸和田駅前、東岸和田地区ほか
交通アクセス:JR阪和線「東岸和田駅」からすぐ
料金:見物無料
問合せ先:岸和田市観光振興協会072-436-0914


2017-08-18(Fri)

好古園観月会2017

中秋の名月にあわせて、好古園で観月会が開催されます。ライトアップされた日本庭園が21時まで開園され、散策しながら中秋の名月を楽しむことができます。和太鼓などの演奏会や、月見茶会も行われます。
所在地:〒670-0012兵庫県姫路市本町68
開催期間:2017年10月4日9:00~21:00(入園は20:30まで)※雨天の時は翌日に順延
開催場所:姫路城西御屋敷跡庭園好古園
交通アクセス:JR神戸線・山陽電鉄「姫路駅」から徒歩15分もしくは神姫バス約5分「姫路城大手門前」下車
主催:一般財団法人姫路市まちづくり振興機構、姫路市
料金:入園料が必要/大人(18歳以上)300円、小人(高中小生)150円
問合せ先:姫路城西御屋敷跡庭園・好古園079-289-4120

2017-08-18(Fri)

高台寺秋の夜の「観月茶会」2017

夕刻から高台寺の湖月庵でお茶会が催されます。ライトアップされた庭から月を愛で、湯葉料理「羽柴」での点心など、約3時間にわたって初秋の夜を楽しめます。
所在地:〒605-0825京都府京都市東山区高台寺下河原町526
開催期間:2017年9月8日~24日の金土日受付17:00~18:00(所要約3時間)
交通アクセス:京阪「祇園四条駅」から徒歩13分、または阪急「河原町駅」から徒歩15分、またはJR「京都駅」から206系統の市バス約20分「東山安井」~徒歩7分
料金:1人6000円(前日の16:00までに予約が必要)
問合せ先:高台寺075-561-9966

2017-08-18(Fri)

生田神社秋祭2017

稚日女尊(わかひるめのみこと)を祀る生田神社で、4日間にわたり秋祭が開催されます。“文化芸術のお祭り”とも称されるほど、奉納演目の完成度が高く、観世流藤井定期能楽会による薪能が催されることで有名です。献華祭のほか、雅楽の夕べや奉納武道が無料で鑑賞できます。
所在地:〒650-0011兵庫県神戸市中央区下山手通1-2-1
開催期間:2017年9月19日~22日【19日】生田薪能/18:00~【20日】氏子奉幣祭/11:00~【21日】献華祭/10:00~、奉納武道/17:30~【21日~22日】いけばな展【22日】献茶祭/10:00~、雅楽の夕べ/19:00~
交通アクセス:JR神戸線「三ノ宮駅」西口もしくは阪神・阪急・地下鉄「三宮駅」から徒歩10分
料金:薪能/有料
問合せ先:生田神社078-321-3851

2017-08-18(Fri)

第30回離宮月見の宴

千年以上の歴史がある月見の名所、須磨にある須磨離宮公園で「第30回離宮月見の宴」が開催されます。須磨一弦琴の演奏やピアノと尺八のデュオ、月見にまつわる講談などが楽しめるステージイベントのほか、「月見茶会」や、北須磨小学校児童の絵画映写、天体観測コーナーが催され、風情あるお月見が堪能できます。
所在地:〒654-0018兵庫県神戸市須磨区東須磨1-1
開催期間:2017年10月4日【第30回離宮月見の宴】17:00~21:00【月見茶会】16:00~※雨天中止
交通アクセス:JR神戸線「須磨駅」から75系統「妙法寺駅行」の市バス「離宮公園前」すぐ、またはJR神戸線「須磨海浜公園駅」から徒歩20分、または第二神明道路「須磨IC」から車すぐ(姫路方面)、または阪神高速「月見山IC」から車約5分(大阪方面)
主催:神戸市立須磨離宮公園
料金:入園料が必要/大人(15才以上)400円、小・中学生200円 月見茶会/一席400円(先着150人)
問合せ先:神戸市立須磨離宮公園078-732-6688

2017-08-18(Fri)

名月の宴2017

細川ガラシャ夫人ゆかりの勝竜寺城公園で、中秋の名月を愛でる宴が行われます。特設の舞台で、琴や尺八の演奏をはじめ、日舞、詩吟などが催されるほか、お茶席(野点)が設けられ、秋の夜長を楽しむ人々で賑わいます。天王山の戦いの舞台となったことでも知られる城址公園で、庭には滝や小川が流れ、堀には鯉が泳ぎ、四季折々の自然美が楽しめます。
所在地:〒617-0836京都府長岡京市勝竜寺13-1
開催期間:2017年9月9日18:00~20:30 ※雨天の時は翌日に順延
開催場所:勝竜寺城公園
交通アクセス:JR京都線「長岡京駅」から南へ徒歩10分
主催:長岡京市文化協会
料金:観覧無料※野点1服300円
問合せ先:長岡京市文化協会事務局(長岡京市教育委員会教育部文化・スポーツ振興室)075-955-9734



2017-08-18(Fri)

砥峰高原観月会2017

高原散策道に350本のたいまつが並び、中秋の名月がススキとともに幻想的に浮かび上がります。バザーやステージイベントが予定されています。
所在地:〒679-3104兵庫県神河町川上
開催期間:2017年9月2日18:00~21:00
開催場所:砥峰高原
交通アクセス:JR播但線「寺前駅」から車約40分または直行バス約40分(有料/予約必要)
主催:四季祭実行委員会
料金:参加費無料
問合せ先:とのみね自然交流館0790-31-8100、神河町観光協会0790-34-1001




2017-08-17(Thu)

淡路花祭2017秋

花を通じて淡路島を楽しめる「淡路花祭2017秋」が開催されます。「あわじ花さじき」では、県内高校生が制作した庭の展示が、「うずしおドームなないろ館」では渦潮をモチーフにした花のオブジェ展示があるほか、島内で花を愛でる多彩なイベントが繰り広げられます。9月16日には吉備国際大学南あわじ志知キャンパス(南あわじ市志知)で、ガーデンデザイナー吉谷桂子氏の講演会も行われます。そのほか、期間中、花の施設を巡るクイズラリーも催されます。各施設では、コスモス、ダリア、サルビアなどが次々に見頃を迎え、色鮮やかに咲き誇る花の中で、ゆっくりとしたくつろぎの時間を過ごすことができます。※『国営明石海峡公園』へはJR神戸線「舞子駅」から「東浦BT行」のバスで「夢舞台前」下車。『あわじ花さじき』へは8月5日~11月5日の土日祝のみ高速バス「淡路IC」から周遊バスの運行があります。JR神戸線「舞子駅」から「洲本高速BC行」・「福良行」・「高田屋嘉兵衛公園行」の高速バス「淡路IC」乗換~バス「あわじ花さじき」下車
所在地:〒656-2306兵庫県淡路市夢舞台8-10
開催期間:2017年9月16日~11月5日9:00~17:00
開催場所:兵庫県淡路市国営明石海峡公園ほか淡路全島
交通アクセス:JR神戸線「舞子駅」から「高速舞子」~バス約15分「聖隷淡路病院前」もしくは「淡路夢舞台前」すぐ
主催:淡路花祭推進協議会
料金:※各施設によって異なります。
問合せ先:一般財団法人淡路島くにうみ協会0799-24-2001

2017-08-13(Sun)

観月祭2017

大神神社の祈祷殿前斎庭で、夕方より「観月祭」が開催されます。正面参道や境内に1000基もの雪洞や竹灯籠が灯され、幻想的な空気に包まれます。神職による雅楽や舞楽の演奏、巫女による神楽の奉納が行われるほか、神前では句会の優秀作が披講されます。日中には、観月野点(無料)もあります。
所在地:〒633-8538奈良県桜井市三輪1422
開催期間:2017年10月4日18:30~
開催場所:大神神社祈祷殿前斎庭
交通アクセス:JR桜井線「三輪駅」から東へ徒歩5分、または近鉄大阪線「桜井駅」からバス「三輪明神参道口」~徒歩10分
主催:大神神社
問合せ先:大神神社0744-42-6633

2017-08-13(Sun)

観月讃仏会2017

世界遺産にも登録されている唐招提寺で、開山堂の鑑真和上お身代わり像とともに名月を愛でる「観月讃仏会」が行われます。境内には行燈が灯され、荘厳な雰囲気に包まれます。金堂内に灯りが献じられ、本尊盧舎那仏をはじめ、諸尊を参拝することができます。
所在地:〒630-8032奈良県奈良市五条町13-46
開催期間:2017年10月4日18:00~21:00
交通アクセス:近鉄「西ノ京駅」から徒歩8分、またはJR「奈良駅」もしくは近鉄「近鉄奈良駅」から「六条山行」の奈良交通バス約17分「唐招提寺」すぐ
料金:入山無料
問合せ先:唐招提寺0742-33-7900

2017-08-13(Sun)

観月の夕べ2017

寛治元年(1087年)に創建された興福寺の門跡寺院、大乗院の庭園跡である名勝旧大乗院庭園で「観月の夕べ」が行われます。室町時代、足利義政に寵愛された作庭の名手、善阿弥が改造したと伝わる庭園が夜間に特別公開されます。お茶席などの催しもあり、中秋の名月が楽しめます。文化館では大乗院の復元模型や資料展示などが見学できます。
所在地:〒630-8301奈良県奈良市高畑町1083-1
開催期間:2017年10月4日17:30~20:30※お茶席/~20:00まで
交通アクセス:JR「奈良駅」もしくは近鉄「近鉄奈良駅」から「天理行」のバス約8分「福智院町」・「奈良ホテル」~徒歩1分
主催:名勝旧大乗院庭園管理協議会
料金:夜間入園料/300円、お茶席/650円(入園料含む、60席まで)
問合せ先:名勝大乗院庭園文化館0742-24-0808

2017-08-13(Sun)

新薬師寺のハギの見頃2017

数々の貴重な国宝を有する古刹、新薬師寺の境内にハギの花が咲きます。例年9月中旬から10月上旬に見頃を迎えます。
所在地:〒630-8301奈良県奈良市高畑町1352
開催期間:2017年9月中旬~10月上旬9:00~17:00
交通アクセス:JR「奈良駅」もしくは近鉄「近鉄奈良駅」から市内循環バス「破石町」~東へ徒歩10分
料金:拝観料が必要/大人・大学生600円、高中生350円、小学生150円
問合せ先:新薬師寺0742-22-3736

2017-08-13(Sun)

曽爾高原のススキ2017

曽爾高原では、例年9月中旬から11月下旬にかけてススキに覆われ、あたり一面が銀色に色づきます。この時期にあわせて、「曽爾高原山灯り」や「食と農のフェスティバル」などのイベントが行われます。
所在地:〒633-1202奈良県曽爾村大字太良路
開催期間:2017年9月中旬~11月下旬食と農のフェスティバル/9月23日、門僕神社秋祭り/10月8日(雨天決行)
交通アクセス:近鉄「名張駅」から三重交通バス「曽爾高原」下車
問合せ先:曽爾村観光協会0745-94-2106

2017-08-13(Sun)

彦根城・玄宮園観月の夕べ2017

ライトアップされた彦根城の名勝、玄宮園で「観月の夕べ」が催されます。趣のある虫の音を聞きながら、国宝の天守と名月を眺めることができます。土日と祝日には呈茶席や邦楽演奏などが行われます。
所在地:〒522-0061滋賀県彦根市金亀町3
開催期間:2017年9月30日~10月22日の土日祝18:30~21:00(受付は20:30まで)
開催場所:彦根城・玄宮園
交通アクセス:JR東海道本線「彦根駅」から徒歩15分、または名神高速道路「彦根IC」から国道306号経由で車約15分
主催:公益社団法人彦根観光協会
料金:大人700円、中小生350円
問合せ先:公益社団法人彦根観光協会0749-23-0001

2017-08-12(Sat)

住吉大社観月祭2017

別名「太鼓橋」とも呼ばれる住吉大社のシンボル、赤い反橋を舞台に、観月祭が催されます。第一本宮で行われる奉告祭に続き、反橋で冷泉流の入選歌の披講と入選句の朗詠をはじめ、舞楽や、子どもたちによる住吉踊の奉納があります。お茶席(有料)も設けられます。
所在地:〒558-0045大阪府大阪市住吉区住吉2-9-89
開催期間:2017年10月4日18:00~20:30
開催場所:住吉大社反橋
交通アクセス:阪堺電気軌道阪堺線「住吉駅」もしくは「住吉鳥居前駅」からすぐ、または南海本線「住吉大社駅」から徒歩3分
主催:住吉大社
料金:拝観無料、お茶席(有料)
問合せ先:住吉大社06-6672-0753

2017-08-11(Fri)

秋祭・津久野(踞尾)だんじり祭2017

津久野(踞尾=つくの)だんじり祭が3日間にわたって行われ、本宮祭の午前中に、踞尾八幡神社に6台のだんじりが集まります。津久野駅周辺でも、13時から15時15分までだんじりのパレードを見ることができます。
所在地:〒593-8322大阪府堺市西区津久野町3-20-25
開催期間:2017年10月6日~8日【6日】宵宮祭【7日】本宮祭(宮入6:30、宮出8:00)【8日】後結祭
交通アクセス:JR阪和線「津久野駅」から北東へ徒歩3分
問合せ先:踞尾八幡神社072-262-3743

2017-08-11(Fri)

大仙公園日本庭園夜間特別開園「観月」2017

約2万6000平方mの敷地で四季折々の風情が楽しめる大仙公園日本庭園で、秋の夜間特別開園が行われます。8日には観月茶会が開かれるほか、9日にはライトアップされた庭園で、金管五重奏の演奏会が催され、楽器の音色を愛でながらお月見ができます。
所在地:〒590-0801大阪府堺市堺区大仙中町(大仙公園内)
開催期間:2017年10月6日~9日日没~21:00(入園は20:30まで)、観月茶会/8日18:00~、観月演奏会/9日18:30~20:00※9日は会場整備のため、17:00~18:00の間は一時閉園
開催場所:大仙公園日本庭園
交通アクセス:JR阪和線「百舌鳥駅」から徒歩10分、または南海高野線「堺東駅」からバス約20分「大仙町」~徒歩10分
料金:入園料が必要/大人200円、子ども(中小生)100円、小学生未満無料(同伴者がいる場合に限る)
問合せ先:大仙公園日本庭園072-247-3670(休園日を除く9:00~17:00)

2017-08-11(Fri)

安倍晴明神社晴明大祭2017

安倍晴明公の命日を記念して、安倍晴明神社の例大祭が執り行われます。祭典の後、阿倍王子神社の参集殿で、直会を兼ねて講演会があります。歴史や文学や占いの話など、講演の内容はさまざまで、それぞれ専門の先生を講師に招き、学問の神様でもある安倍晴明公のお祭りにちなんだ教育講座が行われます。
所在地:〒545-0034大阪府大阪市阿倍野区阿倍野元町5-16
開催期間:2017年9月26日祭典/14:00~
交通アクセス:阪堺電気軌道「東天下茶屋駅」から東南へ徒歩5分、またはJR「天王寺駅」から市バス「王子町」(王子神社前)~徒歩1分
主催:阿倍王子神社
問合せ先:阿倍王子神社06-6622-2565

2017-08-09(Wed)

萩まつり道了祭2017

奈良時代より“萩の寺”と呼ばれる東光院の萩の庭は、魯山人により「萩露園」と名付けられ、大阪みどりの百選に選定されています。約3000株の萩の花が最盛期を迎える9月中旬には、毎年「萩まつり道了祭」が開催され、祭神である豊臣秀吉公勧請・道了大権現の特別開扉とともに、法話、写経、茶席、献笛・箏曲、弦楽曲の奉納などが催されます。特に16日の「萩の寺精進料理会・火打ち飯供養接待」、17日の「子規忌へちま供養・萩の四季俳句会」、18日の「萩まつり大茶会」、23日の「世界の恒久平和と人と自然との共生を祈る文化の祭典」と「道了大権現採灯大護摩供」、24日の創建以来続く「秋彼岸大せがき法要」には、多くの参拝者が訪れます。※開催日時の詳細はお問合せください。
所在地:〒561-0882大阪府豊中市南桜塚1-12-7
開催期間:2017年9月16日~24日9:00~17:00
交通アクセス:阪急宝塚線「曽根駅」から徒歩4分
主催:萩まつり祭典法要委員会・萩の寺道了講・萩の寺大乗会
料金:大人500円、小人300円
問合せ先:東光院06-6852-3002

2017-08-09(Wed)

神峯山寺秋の大祭2017

紅葉に包まれた1300年の歴史を持つ古刹、神峯山寺で「秋の大祭」が開催されます。三体のご本尊のひとつ、兜跋毘沙門天(とばつびしゃもんてん)が開帳され、本堂にて曼荼羅法要が執り行われます。この法要へは、神峯山寺のホームページより事前に申込みをすると参加でき、法要後には僧侶とともに朱色に染まる境内の散策や、普段非公開のお堂を参拝することもできます。特に、化城院護摩堂(けじょういんごまどう)の「毘沙門不動護摩」では迫力ある護摩祈願が見学できます。限定朱印の授与もあります。
所在地:〒569-1051大阪府高槻市原3301-1
開催期間:2017年11月23日13:00~16:00※受付/12:00~12:45
交通アクセス:JR京都線「高槻駅」から「原大橋行」のバス「神峯山口」~徒歩20分、または名神高速道路「茨木IC」から車約25分
料金:参加費/1人5000円※化城院「毘沙門不動護摩」での内陣特別祈願を希望の場合は、別途1000円が必要
問合せ先:神峯山寺072-688-0788

2017-07-12(Wed)

葛井寺千日まいり2017

毎年8月9日に行われる葛井寺の「千日まいり」は、この日にお参りすると、4万6000日分(約126年分)お参りをした御利益があるといわれています。境内には露店が軒をつらね、多くの参拝客で賑わいます。
所在地:〒583-0024大阪府藤井寺市藤井寺1-16-21
開催期間:2017年8月9日千日まいり祈願・回向受付/9:00~20:00
交通アクセス:近鉄南大阪線「藤井寺駅」から徒歩5分
問合せ先:葛井寺072-938-0005

2017-07-07(Fri)

地蔵会万灯供養2017

元興寺で、地蔵菩薩の功徳を称え、人々の無病息災を祈願する「地蔵会万灯供養」が行われます。国宝極楽堂内では、知名士の方々が揮毫した行灯を点灯奉献する献灯会が営まれるほか、国宝禅室南庭の浮図田(ふとでん=中世の供養形態のひとつ)に林立する石仏・石塔前では、灯明皿を用いて万灯供養が斎行されます。※期間中は駐車場の利用ができません。
所在地:〒630-8392奈良県奈良市中院町11
開催期間:2017年8月23日~24日17:00~21:00
交通アクセス:近鉄奈良線「近鉄奈良駅」から徒歩12分、またはJR「奈良駅」から徒歩20分、またはJR「奈良駅」から市内循環バス「田中町」~北へ徒歩5分
料金:拝観無料、灯明供養料/1000円以上
問合せ先:元興寺0742-23-1377

2017-07-07(Fri)

イルミナイト万博夕涼み2017

夏ならではのイルミネーションイベント「イルミナイト万博 夕涼み」が、万博記念公園で開催されます。お祭り広場に幅20mのウォータースクリーンが出現し、四季の花々を用いた幻想的な映像が上映され、観るだけで涼しく感じられます。下の広場には、小さな子どもが楽しめるキッズランドの夏祭りが行われます。期間中はお祭り広場限定で、持込みによる手持ち花火を楽しむこともでき、夏の夜が満喫できます。※ロケット花火、打ち上げ花火、ドラゴン系花火は禁止
所在地:〒565-0826大阪府吹田市千里万博公園
開催期間:2017年8月5日~15日17:00~21:00(入園は20:30まで)※休園日は毎週水曜。雨天決行、荒天中止
開催場所:万博記念公園自然文化園お祭り広場、東大路、上の広場、下の広場
交通アクセス:大阪モノレール「万博記念公園駅」・「公園東口駅」下車、またはJR京都線「茨木駅」から近鉄・阪急バス「日本庭園前」・「万博記念公園駅(エキスポシティ前)」下車
主催:大阪府
料金:観覧無料※入園料が必要/大人250円、小中学生70円
問合せ先:万博記念公園総合案内所06-6877-7387

2017-07-05(Wed)

森の宮遺跡展示室一般公開2017

森ノ宮ピロティホールの地下階で、「森の宮遺跡展示室」の一般公開が行われます。森の宮遺跡は、上町台地の東斜面に位置する縄文時代から近世までの複合遺跡です。森の宮貝塚とも呼ばれ、大量に出土した貝殻が海水に生息するマガキから淡水に棲むセタシジミへと移り変わることから、河内平野が徐々に海から淡水湖となり、さらに陸地となっていく過程を知ることができます。埋葬された縄文時代の人骨も多数発見され、そのうちの1体が屈葬という体を折り曲げる当時の埋葬方法のまま地層から切り取って展示されています。日常的な公開は行われておらず、年に数日公開されます。※駐車場、駐輪場はありません。
所在地:〒540-0003大阪府大阪市中央区森ノ宮中央1-17-5
開催期間:2017年8月14日~16日11:00~15:00
開催場所:森ノ宮ピロティホール地下階
交通アクセス:JR大阪環状線「森ノ宮駅」から徒歩3分、または地下鉄中央線「森ノ宮駅」2号出口から徒歩1分
主催:大阪市教育委員会
料金:無料(事前申込不要)
問合せ先:大阪市教育委員会事務局文化財保護課06-6208-9166(土日祝を除く9:00~17:30)




プロフィール

kazubonka

Author:kazubonka
かずぼんです。大阪並びに近畿一円の口コミ情報を提供していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
メモ
















































【高額報酬!!】有名女優が多数愛用している事でも知られている光美容機。世界中のセレブ御用達の一品。高額商品にも関わらず売れ続けています。ご利用者からご満足のお便りも大変多いです。定価472,500円











BTOパソコンショップ 『フレッシュフィールド』 オールカスタマイズ可能なオリジナルパソコン好評発売中!





























スルガ銀行ANA支店
銀行取引でANAマイルが貯まる(100×60)バナー











<

「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約!



ティッカー

グアム

ハワイ旅行

ムームードメイン

カスタムバイク買取













検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

続・竹林の愚人

思いつくまま

oobuta日記
QRコード
QRコード
FC2カウンター
平成20年8月26日からのアクセス数です。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2アフィリエイト
カウンター アフィリエイト・SEO対策
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
スポンサードリンク

FC2Ad

Powered by FC2 Blog