2017-06-29(Thu)

須磨寺彼岸会2017

平敦盛の首塚や義経腰掛松などで知られる須磨寺で、毎月20日と21日に行われる縁日が、彼岸にあわせて約1週間にわたり開催されます。期間中は、護摩祈祷(※祈願の護摩木は有料)なども行われます。
所在地:〒654-0071兵庫県神戸市須磨区須磨寺町4-6-8
開催期間:2017年9月20日~26日
交通アクセス:山陽電鉄「須磨寺駅」から北へ徒歩6分、またはJR神戸線「須磨駅」北口から北へ徒歩12分
料金:祈願の護摩木/一本500円
問合せ先:須磨寺078-731-0416
スポンサーサイト

2017-06-29(Thu)

千谷麒麟獅子舞(三宝荒神秋祭り)2017

無病息災、五穀豊穣を祈願する「千谷麒麟獅子舞」は、毎年9月19日の三宝荒神の秋祭りと、4月第3日曜の秋葉神社の春祭りの年2回奉納されます。麒麟獅子や地元の子どもたちによる榊(さかき)が町内を練り歩きます。
所在地:〒669-6943兵庫県新温泉町千谷
開催期間:2017年9月19日スタート/8:30頃(三宝荒神)
交通アクセス:JR山陰本線「浜坂駅」から「湯村温泉行」のバス約30分~「青下行」乗換~バス約20分「千谷」~徒歩1分
主催:千谷麒麟獅子保存会
問合せ先:新温泉町教育委員会生涯教育課(温泉公民館)0796-92-1870

2017-06-29(Thu)

誉田八幡宮秋季大祭秋祭り「お渡り」の儀式2017

誉田八幡宮の秋季大祭が斎行され、15日には神輿が応神陵古墳に渡御する「お渡り」の儀式が行われます。神輿の下をくぐることで、一年間の無病息災が祈念されます。9月16日と17日には、見どころとなる「地車曳行」があります。
所在地:〒583-0857大阪府羽曳野市誉田3-2-8
開催期間:2017年9月14日~17日宵宮/14日、例祭執行/15日10:00~、渡御/15日20:00~、地車曳行/16日~17日※16日~17日は夜店出店
交通アクセス:近鉄南大阪線「古市駅」から徒歩10分
主催:誉田八幡宮
料金:無料
問合せ先:誉田八幡宮072-956-0635

2017-06-29(Thu)

開口神社八朔祭2017

開口神社の例祭の中でも最大のものとなる「八朔祭」では、堺最古の歴史を誇るフトン太鼓が担ぎ出されます。300年以上続く渡御(とぎょ)が一番の見どころとなっており、芦原御旅所まで鳳輦(ほうれん)を中心に巡行します。旧暦8月1日(朔日)の豊作と豊漁に感謝する祭事が、明治以降は9月12日を中心とした金土曜に行われています。※フトン太鼓宮入り日は毎年異なります。
所在地:〒590-0953大阪府堺市堺区甲斐町東2-1-29
開催期間:2017年9月8日~13日フトン太鼓宮入り/8日~9日いずれも夕刻~、渡御/9日14:00~、例大祭/12日10:00~、田実神事/13日10:00~
交通アクセス:阪堺電気軌道「大小路駅」もしくは「宿院駅」から徒歩3分、または南海「堺駅」・南海高野線「堺東駅」から南海バス「大寺北門前」~徒歩2分
主催:開口神社
問合せ先:開口神社社務所072-221-0171

2017-06-27(Tue)

方違神社秋祭2017

五穀豊穣に感謝する方違神社の秋祭では、3日間にわたりさまざまな神賑行事が斎行されます。宵宮には氏子町内からの稚児行列が宮入し、すずめ踊りや堺太鼓が見どころとなっています。宵宮と本宮の両日に、蒲団太鼓も勇壮な姿を見せ、多くの人で賑わいます。※本殿建替工事中のため、予告なく行事が変更される場合があります。
所在地:〒590-0021大阪府堺市堺区北三国ヶ丘町2-2-1
開催期間:2017年9月16日~18日【16日】宵宮祭/13:00~、稚児行列/15:30頃宮入、蒲団太鼓宮入/20:30~【17日】本宮祭/13:00~【18日】田実祭/10:00~
交通アクセス:JR阪和線「堺市駅」から徒歩15分もしくはバス約5分「方違神社前」下車
主催:方違神社
問合せ先:方違神社072-232-1216

2017-06-27(Tue)

甑不動明王献灯祭2017

不動明王がなぜ神社にあるのでしょうか。詳細は不明ですが、平成6年末、以前からあった不動明王の上半身が持ち去られる事件が起きました。その後、参拝者からの篤志により再建にいたっています。それを記念して毎年8月下旬に献灯祭が行われています。
所在地:〒662-0092兵庫県西宮市甑岩町5-4
開催期間:2017年8月26日18:30~※献灯は27日まで
交通アクセス:阪急「甲陽園駅」もしくは「苦楽園口駅」から徒歩20分、またはJR神戸線「さくら夙川駅」から阪急・阪神バス「越木岩神社北」下車
問合せ先:越木岩神社0798-31-0009

2017-06-27(Tue)

一心寺地蔵盆フェスティバル2017

子ども達の健やかな成長、無病息災を祈願する「地蔵盆」が、大阪天王寺の一心寺では「地蔵盆フェスティバル」として2日間にわたり行われます。23日は前夜祭として、一心寺シアター倶楽で「影絵劇団かしの樹」による「あらしのよるに」が上演されます。24日には一心寺境内で、子ども守護祈願や盆踊り、夜店の出店などがあります。
所在地:〒543-0062大阪府大阪市天王寺区逢阪2-8-69
開催期間:2017年8月23日~24日一心寺シアター倶楽・影絵上演/23日14:00~・18:00~)、一心寺境内での縁日/24日16:30~19:30
開催場所:一心寺シアター倶楽(23日)、一心寺(24日)
交通アクセス:JR「天王寺駅」から徒歩15分、または地下鉄谷町線「四天王寺前夕陽丘駅」から徒歩10分
主催:一心寺
料金:影絵劇団かしの樹公演(23日)/入場料500円(地蔵盆おたのしみ券200円分付)
問合せ先:一心寺シアター倶楽06-6774-4002

2017-06-27(Tue)

じないまち四季物語2017「夏」寺内町燈路

大阪府内唯一の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている富田林寺内町および、その周辺の商店街で“じないまち四季物語「夏」寺内町燈路”が行われます。約1000個の行燈が通りに並べられ、江戸時代から昭和初期までの伝統的な町家が軒を連ねる町並みを幻想的に照らします。
所在地:〒584-0033大阪府富田林市富田林町、本町の一部
開催期間:2017年8月26日17:00~21:00(燈路点灯/18:30~)※雨天の場合は翌日に順延
開催場所:大阪府富田林市富田林寺内町および周辺
交通アクセス:近鉄長野線「富田林駅」または「富田林西口」下車
主催:じないまち四季物語実行委員会
料金:寺内町燈路無料※一部有料イベントあり
問合せ先:じないまち四季物語事務局 080-6205-4540(10:00~17:00/土日祝除く)、きらめきファクトリー(観光案内)0721-24-5500(10:00~21:00/年末年始休)



2017-06-27(Tue)

采女祭2017

昔、猿沢池に入水した采女(うねめ)の霊を慰める祭りです。奈良市内を練り歩く花扇奉納行列が見どころとなっているほか、采女神社での神事の後、2隻の管絃船が献灯船の間をぬって猿沢池を回遊する優雅な様子を見ることができます。
所在地:〒630-8213奈良県奈良市登大路町49
開催期間:2017年10月3日~4日【3日】宵宮祭17:00~【4日】花扇奉納行列(JR奈良駅前出発)17:00~、神事18:00~、管絃船の儀(猿沢池)19:00~※雨天の時は問合せが必要
開催場所:奈良市猿沢池
交通アクセス:JR「奈良駅」から東へ徒歩15分、または近鉄「近鉄奈良駅」から南へ徒歩5分
主催:采女祭保存会
問合せ先:奈良市観光協会0742-27-8866



2017-06-27(Tue)

お滝まつり2017

葛城修験の根本道場として知られる犬鳴山七宝滝寺で、毎年8月第4日曜に「お滝まつり」が開催されます。午前10時より行者ヶ滝のご宝前にて柴燈大護摩供が行われ、行者の指導のもとで一般希望者も滝行を受けることができます。この日の滝行は100日の滝行に値するといわれています。※滝行は全員がすみ次第終了です。
所在地:〒598-0023大阪府泉佐野市大木8
開催期間:2017年8月27日柴燈大護摩供/10:00、滝行/受付は11:00頃まで
交通アクセス:JR阪和線「日根野駅」から南海バス約20分「犬鳴山」~徒歩25分
主催:犬鳴山七宝滝寺
料金:滝衣貸出/1人300円が必要
問合せ先:犬鳴山七宝滝寺072-459-7101

2017-06-22(Thu)

萬燈会2017

多田神社で、源満仲公の御命日にあたる旧暦8月27日に、無数の燈火を神前に奉献し、御神慮を慰める「萬燈会」が執り行われます。8月23日から27日まで御遺徳を偲ぶべく、崇敬者各位により献灯された1000有余灯の提灯が境内一円に掲げられます。夕涼みがてらに清遊する人々で境内は賑わいます。
所在地:〒666-0127兵庫県川西市多田院多田所町1-1
開催期間:2017年8月23日~27日※開催期間中は、21:00まで開門
交通アクセス:能勢電鉄「多田駅」から徒歩15分、または阪急・能勢電鉄「川西能勢口駅」からバス「多田神社前」~徒歩5分
問合せ先:多田神社072-793-0001

2017-06-22(Thu)

柳原蛭子神社夏越祭2017

“柳原のえべっさん”の愛称で親しまれる柳原蛭子神社で、「夏越祭」が開催されます。古式により、家族の安泰と健康を祈願する「茅の輪くぐり・大祓式」が斎行されます。和歌を詠いながら茅の輪をくぐりぬけ、祓除を行います。15日は神社世話人、崇敬者有志による縁日が開催されます。
所在地:〒652-0806兵庫県神戸市兵庫区西柳原5-20
開催期間:2017年7月10日、15日【10日】18:00~斎行※見学のみ可【15日】16:00~19:00
交通アクセス:JR神戸線「兵庫駅」から徒歩5分
主催:蛭子神社
料金:茅の輪おまもり/300円ほか
問合せ先:柳原蛭子神社078-651-0183

2017-06-21(Wed)

千本六斎念仏2017

盂蘭盆の行事として、千本六斎念仏が、千本ゑんま堂の特設会場で夕刻より行われます。重要無形民俗文化財の指定を受けている千本六斎会の六斎念仏が一般公開されます。
所在地:〒602-8307京都府京都市上京区千本通蘆山寺上ル閻魔前町34
開催期間:2017年8月14日19:00~20:30
開催場所:引接寺(千本ゑんま堂)特設舞台
交通アクセス:JR嵯峨野線「二条駅」もしくはJR「京都駅」から206系統の市バス「乾隆校前」~徒歩2分
主催:千本六斎会
料金:観覧自由(無料)
問合せ先:引接寺(千本ゑんま堂)075-462-3332

2017-06-21(Wed)

送り盆「万燈会」と山寺ライブ2017

三木市の古刹、伽耶院の境内で、毎年8月23日と24日に「送り盆 万燈会」が行われます。両日とも19時になると、参拝者による手がき灯籠、約700個に火が灯され、その後、震災鎮魂のろうそく約6000本が点灯されます。「山寺ライブ」と題し、23日は「ムジカ&トワイライトwith小巻 コンサート」が、24日は「三木音楽家協会コンサート」が催されます。24日のみ、小学生以下の子どもを対象に、健康祈願、お札の授与があります。
所在地:〒673-0513兵庫県三木市志染町大谷410
開催期間:2017年8月23日~24日灯籠点灯/19:00、ローソク点灯/19:10、山寺ライブ/19:40頃~※こども健康祈願/24日18:30~
交通アクセス:神戸電鉄「緑が丘駅」からバス「伽耶院口」~徒歩10分(土日祝のみ)、またはJR神戸線「三ノ宮駅」から「御坂(みさか)経由西脇行」の神姫バス「志染小学校前」~徒歩25分、または山陽自動車道「三木東IC」から車約3分
主催:伽耶院
料金:無料
問合せ先:伽耶院0794-87-3906




2017-06-21(Wed)

千年の祈り万灯会2017

先代から受け継いだ古の祈りと、これから刻む数百年、数千年の祈りを託し、三千院で万灯会が営まれます。三千院往生極楽院はおよそ860年前に、極楽浄土への祈りを捧げるために建立したと伝わります。その祈りは、860年余りの歳月が流れた今も往生極楽院のみならず大原の里に満ちています。「祈りの里 大原」に、千年の祈りを捧げるために行われます。
所在地:〒601-1242京都府京都市左京区大原来迎院町540
開催期間:2017年8月12日18:00~20:30(受付終了)
開催場所:三千院奥の院不動堂・観音堂前広場
交通アクセス:地下鉄烏丸線「国際会館駅」から京都バス「大原」~徒歩10分、またはJR「京都駅」から京都バス「大原」~徒歩10分
料金:万灯会/参拝無料
問合せ先:三千院075-744-2531

2017-06-21(Wed)

愛宕古道街道灯し2017

茅葺屋根の家や歴史ある社寺が残る愛宕神社一の鳥居(平野屋)から、嵯峨釈迦堂清凉寺までの約2kmが、800から1000基ほどの大小さまざまな行灯で幻想的に彩られます。23日18時30分より一の鳥居で、嵯峨鳥居本地区の子どもたちによる点灯式が開催されます。化野念仏寺千灯供養へ訪れる人々を迎え入れるためと、地域の地蔵盆を盛り上げるために始められましたが、その規模は年々大きくなり、こどもからお年寄りまでたくさんの人が行灯づくりに参加しています。※八体地蔵~一の鳥居までの区間で通行止め規制あり(18:00~21:00)
所在地:〒616-8437京都府京都市右京区嵯峨鳥居本町
開催期間:2017年8月23日~25日18:30~21:00
開催場所:化野念仏寺付近
交通アクセス:JR嵯峨野線「嵯峨嵐山駅」から北西へ徒歩20分、またはJR「京都駅」中央口から「清滝行」の京都バス約48分「鳥居本」すぐ
主催:嵯峨野保勝会
料金:無料
問合せ先:嵯峨野保勝会事務局075-871-1985(今井駐車場)


2017-06-21(Wed)

伏見万灯流し~鳥羽伏見の戦い150年目の祈り~

寺田屋浜で、お盆の先祖供養と家内安全を祈願して「伏見万灯流し」が行われます。“明治”という新しい時代を迎えるために犠牲となった人々への慰霊法要が営まれ、濠川(伏見城外堀)に灯ろうを流して献灯します。夜の川に浮かびあがる色とりどりの灯ろうが、幻想的な風景を醸し出します。
所在地:〒612-8045京都府京都市伏見区南浜町
開催期間:2017年8月12日御祈祷後に献灯/18:30~
開催場所:京都市寺田屋浜
交通アクセス:京阪「中書島駅」から徒歩5分、または近鉄「桃山御陵前駅」から徒歩10分
主催:伏見万灯流し実行委員会(洛南保勝会、NPO法人伏見観光協会、伏見桃山がんばる7商店街、F7)
料金:献灯受付(1基)1000円
問合せ先:NPO法人伏見観光協会075-622-8758

2017-06-21(Wed)

東寺(教王護国寺)万燈会法要・盆踊り2017

夕刻から万燈会法要が東寺(教王護国寺)の大日堂で執り行われます。その後、東門そばの駐車場を会場に、洛南高校のブラスバンド演奏による「たそがれコンサート」と、江州音頭の盆踊りが催されます。夜店も出店し賑わいます。
所在地:〒601-8473京都府京都市南区九条町1
開催期間:2017年8月15日万燈会法要/18:00~、たそがれコンサート/18:30~、盆踊り/19:30~21:00
交通アクセス:JR「京都駅」から徒歩15分
主催:東寺(教王護国寺)
料金:見学自由
問合せ先:東寺(教王護国寺)075-691-3325

2017-06-21(Wed)

お精霊迎え・送り2017

京都では旧盆に、ご先祖の精霊がゑんま様のお許しを得て各家庭に帰って来るといわれます。引接寺(千本ゑんま堂)では、7日から15日に「お精霊迎え」、15日夕方から16日に「お精霊送り」が行われます。水塔婆を流し迎え鐘をついて、その音に乗って帰って来る「おしょらいさん」を、仏壇の扉を開いてお迎えする「お精霊迎え」と、再びお帰りいただく「お精霊送り」の行事に、地域の人々を中心に多数の参拝客が訪れます。
所在地:〒602-8307京都府京都市上京区千本通蘆山寺上ル閻魔前町34
開催期間:2017年8月7日~16日お精霊迎え/7日から15日、お精霊送り/15日夕方から16日
交通アクセス:JR嵯峨野線「二条駅」もしくはJR「京都駅」から206系統の市バス「乾隆校前」~徒歩2分
主催:引接寺(千本ゑんま堂)
問合せ先:引接寺(千本ゑんま堂)075-462-3332

2017-06-14(Wed)

歯神社祭2017

『健康な歯』を祈念する“歯の祭典”が柴籬神社で催されます。ローソクを用いた400個の庭灯がともされ、境内がほんのりとやさしい明かりに照らしだされます。幻想的な雰囲気の中で行われる神楽や落語、かき氷のふるまいなどを楽しみに、毎年多くの人が訪れます。
所在地:〒580-0016大阪府松原市上田7-12-22
開催期間:2017年8月8日20:08~
交通アクセス:近鉄南大阪線「河内松原駅」から徒歩10分
問合せ先:柴籬神社072-331-2138


2017-06-14(Wed)

七夕のゆうべin四天王寺2017

四天王寺の境内で、七夕にちなんださまざまなイベントが楽しめる「七夕のゆうべin四天王寺」が開催されます。七夕縁日をはじめ、鎮魂の灯火(有料)や星空観望会、ふれあいコンサート、五重塔のライトアップが行われるほか、LEDで彩られた全長約27mの笹トンネルの笹に、短冊を飾り付けることができます。最終日の20時には笹トンネルを撤去し、境内で短冊がお焚き上げされます。2017年は第10回記念協賛イベントとして、世界でも珍しい寺町にある七坂を天王寺観光ボランティアガイドと散策できる天王寺七坂巡りも催されます。
所在地:〒543-0051大阪府大阪市天王寺区四天王寺1-11-18
開催期間:2017年7月6日~8日【6日~8日】笹飾り・笹トンネル、鎮魂の灯火、七夕縁日【6日~7日】星空観望会【7日~8日】七夕ふれあいコンサート【8日】お焚き上げ
開催場所:四天王寺境内一円
交通アクセス:地下鉄谷町線「四天王寺前夕陽ケ丘駅」4番出口から南へ徒歩5分
主催:七夕のゆうべin四天王寺実行委員会
料金:入場無料、星空観望会/参加無料、七夕短冊/1枚100円、鎮魂の灯火/ローソク1口100円(花柄/200円)  ※ブーステント内の飲食、ゲーム、物販への参加は有料
問合せ先:七夕のゆうべin四天王寺実行委員会06-6775-1400

2017-06-12(Mon)

宵弘法(万灯会)2017

大覚寺で毎年8月20日に執り行われる万灯会の法会は、「宵弘法」として広く親しまれています。大沢池のほとりには施餓鬼棚(せがきだな)が設けられ、「お施餓鬼」の法会が執り行われるとともに、池の中央には「嵯峨の送り火」の祭壇が設けられ、御魂送りの炎が焚かれます。北嵯峨高校吹奏楽部による「宵弘法コンサート」なども催される予定です。
所在地:〒616-8411京都府京都市右京区嵯峨大沢町4
開催期間:2017年8月20日17:00~
交通アクセス:JR嵯峨野線「嵯峨嵐山駅」北口から徒歩17分、またはJR「京都駅」から「大覚寺・清滝行」84系統の京都バスもしくは「嵐山・大覚寺行」28系統の市バス「大覚寺」下車
料金:拝観無料※献灯には別途料金が必要
問合せ先:大覚寺075-871-0071

2017-06-12(Mon)

菅原神社ホタル観賞会2017

菅原神社に生息するゲンジボタルとヘイケボタルを観賞することができます。自然発生したホタルを、室町後期の茶人、武野紹鴎(たけのじょうおう)が好んだ椿の井戸の水で人工飼育したもので、例年6月中旬の2日間だけ神社の内苑が一般開放され、幻想的なホタルの乱舞を楽しむことができます。
所在地:〒590-0945大阪府堺市堺区戎之町東2-1-38
開催期間:2017年6月16日~17日20:00~22:00
交通アクセス:阪堺線「大小路駅」から徒歩3分、または南海本線「堺駅」・南海高野線「堺東駅」から徒歩10分またはシャトルバス「大寺北門前」下車
問合せ先:菅原神社072-232-2450

2017-06-12(Mon)

機物神社七夕祭り2017

七夕伝説の発祥の地にあり、天棚機比売大神を祀る機物神社で「七夕祭り」が斎行されます。境内に用意された笹には、七夕の願い事が書かれた色とりどりの短冊がつるされます。短冊のお祓いや祈願をする式典のほか、神輿も登場します。両日とも夜店が出て賑わいます。
開催期間:2017年7月6日~7日【6日】宵宮【7日】本宮※両日とも21:00終了
交通アクセス:JR学研都市線「津田駅」から徒歩13分または京阪バス「倉治」もしくは「南倉治」下車
問合せ先:機物神社072-891-4418

2017-06-10(Sat)

水月公園の菖蒲園を見に行ってきました。

水月公園の菖蒲園を見に行ってきました。

J0010326_20170610222557040.jpg

J0010327_20170610222558dc5.jpg

J0010328_201706102226001f5.jpg
J0010329_20170610222601120.jpg
J0010330_201706102226032d9.jpg
J0010331_2017061022262380e.jpg
J0010332_20170610222624263.jpg
J0010333_201706102226256f2.jpg
J0010334_20170610222627bf8.jpg
J0010335_20170610222628e07.jpg
J0010336_2017061022264534b.jpg
J0010337_20170610222647fda.jpg
J0010338_20170610222648c36.jpg
J0010339_20170610222650514.jpg
J0010341_20170610222718f06.jpg
J0010340_20170610222720884.jpg

















2017-06-08(Thu)

京都府立植物園のヒマワリ2017

京都府立植物園内の前栽花壇や植物園会館前花壇で、ロシアをはじめ、クラレット、ショコラ、ダブルサンシャイン、ビッグスマイル、サンゴールド、モネのひまわり、リングオブファイアなど約30品種500株のヒマワリを見ることができます。熱帯植物を植栽している観覧温室、洋風庭園、沈床花壇、なからぎの森や植物生態園などもあり、園内の散策が楽しめます。7月21日からは、7時30分から早朝開園も行われ、夏の朝の清々しいひとときが満喫できます。
所在地:〒606-0823京都府京都市左京区下鴨半木町
開催期間:2017年7月中旬~8月下旬9:00~17:00(入園は16:00まで)
交通アクセス:地下鉄烏丸線「北山駅」3番出口からすぐ、または地下鉄烏丸線「北大路駅」3番出口から東へ徒歩10分
主催:京都府立植物園
料金:観覧無料※入園料が必要/一般200円、高校生150円、中学生以下・70歳以上無料
問合せ先:京都府立植物園075-701-0141

2017-06-08(Thu)

ハス酒を楽しむ会2017

三室戸寺では、例年6月下旬から7月上旬にかけて、珍種の蓮の「大洒錦」や、有名な大賀ハスをはじめ、古代ハス、青円寺ハス、陽山紅、ミセススローカムなど、100種250鉢が見頃を迎えます。「ハス酒を楽しむ会」では、蓮の葉に酒を注ぎ、茎より飲む「象鼻杯」が体験できます。ハス酒は、古くから健康や長寿に効き目があると伝わります。
所在地:〒611-0013京都府宇治市菟道滋賀谷21
開催期間:2017年7月14日9:00~12:00
交通アクセス:京阪「三室戸駅」から徒歩15分、またはJR奈良線「宇治駅」から徒歩30分
料金:500円(先着300人限り)※入山料が必要
問合せ先:三室戸寺0774-21-2067

2017-06-08(Thu)

京都府立植物園夕涼み開園2017

「夕涼み開園」として、開園時間が18時30分まで延長されます。昼間の暑さを避けて、黄昏時に涼しい風に当たりながら、そぞろ歩きが楽しめます。移りゆく季節を肌で感じることができます。7月21日から8月13日は早朝開園も行われます。
所在地:〒606-0823京都府京都市左京区下鴨半木町
開催期間:2017年8月11日~20日【11日~13日】7:30~18:30【14日~20日】9:00~18:30※いずれも入園は18:00まで
交通アクセス:地下鉄烏丸線「北山駅」3番出口からすぐ、または地下鉄烏丸線「北大路駅」3番出口から東へ徒歩10分
主催:京都府立植物園
料金:入園料/一般200円、高校生150円、中学生以下無料
問合せ先:京都府立植物園075-701-0141

2017-06-08(Thu)

麦酒祭2017

牛飼の総社神社で、毎年7月18日に「麦酒祭」が行われます。祭前日から徹夜で新麦と麹で醸造した樽一杯の麦酒を神殿に供え、豊作と夏負け予防の祈願をします。嘉吉元年(1441年)の本殿修復の際に新麦を使って麦酒を造り、麦の豊作と暑気の悪病除けを祈願したことが始まりとされます。ビールの元祖としても有名で、近在はもとより遠隔地からも参拝者が訪れます。
所在地:〒528-0045滋賀県甲賀市水口町牛飼
開催期間:2017年7月18日祭典/10:00~
交通アクセス:JR草津線「貴生川駅」南口から甲賀市コミュニティーバス(はーとバス)貴生川巡回ルート「牛飼」~徒歩3分
主催:総社神社
問合せ先:甲賀市観光協会0748-60-2690



2017-06-08(Thu)

難波八阪神社夏祭2017

なにわの夏を彩る難波八阪神社の夏祭が、毎年7月13日と14日に斎行されます。13日の宵宮祭では船渡御が行われ、御神霊を乗せた鳳輦(ほうれん)船を中心とする渡御船団約20隻が、湊町船着場を出航し、道頓堀川の日吉橋と日本橋の間約5kmを巡行します。14日の陸渡御では、神輿や太鼓が千日前、道頓堀、戎橋筋を練り歩きます。両日にわたり、獅子舞の奉納や餅まきなども行われ、多数の参拝者で賑わいます。湊町船着場まで/JR大和路線「JR難波駅」から徒歩7分
所在地:〒556-0016大阪府大阪市浪速区元町2-9-19
開催期間:2017年7月13日~14日【13日】宵宮祭/祭典16:00~、船渡御出航18:30~【14日】本宮祭/陸渡御出御10:00~
交通アクセス:地下鉄「なんば駅」もしくはJR大和路線「JR難波駅」から徒歩7分
問合せ先:難波八阪神社06-6641-1149
プロフィール

kazubonka

Author:kazubonka
かずぼんです。大阪並びに近畿一円の口コミ情報を提供していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
メモ














































【高額報酬!!】有名女優が多数愛用している事でも知られている光美容機。世界中のセレブ御用達の一品。高額商品にも関わらず売れ続けています。ご利用者からご満足のお便りも大変多いです。定価472,500円











BTOパソコンショップ 『フレッシュフィールド』 オールカスタマイズ可能なオリジナルパソコン好評発売中!





























スルガ銀行ANA支店
銀行取引でANAマイルが貯まる(100×60)バナー











<

「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約!



ティッカー

グアム

ハワイ旅行

ムームードメイン

カスタムバイク買取













検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

続・竹林の愚人

思いつくまま

oobuta日記
QRコード
QRコード
FC2カウンター
平成20年8月26日からのアクセス数です。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2アフィリエイト
カウンター アフィリエイト・SEO対策
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
スポンサードリンク

FC2Ad

Powered by FC2 Blog