2018-06-23(Sat)

方違神社秋祭2018

五穀豊穣に感謝する方違神社の秋祭では、3日間にわたりさまざまな神賑行事が斎行されます。宵宮には氏子町内からの稚児行列が宮入し、すずめ踊りや堺太鼓が見どころとなっています。宵宮と本宮の両日に、蒲団太鼓も勇壮な姿を見せ、多くの人で賑わいます。
所在地:〒590-0021大阪府堺市堺区北三国ヶ丘町2-2-1
開催期間:2018年9月15日~17日【15日】宵宮祭/13:00~、稚児行列/15:30頃宮入、蒲団太鼓宮入/20:30~【16日】本宮祭/13:00~【17日】田実祭/10:00~
交通アクセス:JR阪和線「堺市駅」から徒歩15分もしくはバス約5分「方違神社前」下車
主催:方違神社
問合せ先:方違神社072-232-1216
スポンサーサイト

2018-06-23(Sat)

第62回大阪薪能

野外能では、興福寺(奈良)の薪御能につぐ歴史があるとされる「大阪薪能」は、天文15年(1546年)生國魂神社の御遷座を祝い演能されたという故事にならい、昭和32年より開催されています。2018年は、1日目に兼平(観世流)、柑子(大蔵流)、百万(宝生流)、安達原(観世流)が、2日目には頼政(金春流)、酢薑(大蔵流)、胡蝶(観世流)、碇潜(観世流)が演能されます。大都市大阪の中心にあり、緑豊かな浄闇の境内で繰り広げられる幽玄の世界が楽しめます。
所在地:〒543-0071大阪府大阪市天王寺区生玉町13-9
開催期間:2018年8月11日~12日【11日】17:30~20:45【12日】17:30~20:45(開場は16:30)※雨天時の予備日/13日
交通アクセス:地下鉄谷町線・千日前線「谷町九丁目駅」から徒歩4分、または近鉄大阪線「大阪上本町駅」から徒歩9分
主催:公益社団法人能楽協会大阪支部、大阪薪能委員会
料金:当日券4000円(前売券3500円)、学生券(当日のみ)2000円
問合せ先:大阪薪能委員会(生國魂神社社務所内)06-6771-0002(受付9:00~17:00)



2018-06-23(Sat)

だいがく祭(生根神社夏祭)2018

古くは雨乞い祈願を起源とする「だいがく祭」が、生根神社で行われます。清和天皇の時代に、農民らが日本全国の一ノ宮の御神燈と鈴をつけた棹を用いて雨乞いをすると、大雨が降りそそぎ、それを喜んで、今度は棹に台をつけて担ぎ、太鼓を打ち鳴らしたことが「だいがく」の原型とされます。江戸時代に栄えたこの祭りは、今では生根神社の夏祭りにのみ執り行われており、大阪府の有形文化財民俗資料第1号に指定されています。本祭の夕刻には「だいがく踊り」も奉納されます。
所在地:〒557-0045大阪府大阪市西成区玉出西2-1-10
開催期間:2018年7月24日~25日両日19:30~※神輿渡御式/25日13:00~
交通アクセス:地下鉄四ツ橋線「玉出駅」から徒歩3分、または南海本線「岸里玉出駅」から徒歩3分
主催:生根神社
問合せ先:生根神社06-6659-2821

2018-06-22(Fri)

豊岡柳まつり2018

豊岡特産の杞柳製品の原材料となる、柳に関係のある5男3女神を祀る柳の宮神社では、毎年8月1日と2日に例大祭が開催されます。1日は、小田井神社から出発する神輿の巡行や、稚児行列が行われるほか、夕方からは小人連、大人連による「豊岡おどり」が駅通りで繰り広げられます。2日の夜には、祭りのフィナーレとして約2000発の花火が夜空を彩る花火大会が行われます。
開催期間:2018年8月1日~2日
開催場所:兵庫県豊岡市市街地(花火大会は円山川河川敷)
交通アクセス:JR山陰本線「豊岡駅」から徒歩20分
主催:柳まつり実行委員会
問合せ先:豊岡商工会議所0796-22-4456


2018-06-22(Fri)

豊岡柳まつり花火大会2018

「豊岡柳まつり」のフィナーレを飾る花火大会で、約2000発が夜空を彩ります。スターマインをはじめ、音楽花火、早打、大玉、尺玉、芸術花火などの連続技が見るものを圧倒します。周辺は田園が多いため、視界を遮るものがなく迫力満点に楽しめます。ラストは、夜空に花開く大スターマインの競演が堪能できます。 ※臨時トイレ4基
所在地:〒668-0041兵庫県豊岡市大磯町
開催期間:2018年8月2日20:00~※雨天の時は翌日に順延
開催場所:兵庫県豊岡市円山川河川敷
交通アクセス:JR山陰本線「豊岡駅」から徒歩20分、または北近畿豊岡自動車道「日高神鍋高原IC」から国道312号経由豊岡方面車約20分
主催:柳まつり実行委員会
料金:有料観覧席なし
問合せ先:豊岡商工会議所0796-22-4456

2018-06-22(Fri)

三田まつり2018

「心のかよう、ふるさと三田」をテーマに、市民参加型の祭りが三田市総合文化センター駐車場や三田駅周辺市街地商店街で開催されます。三田市総合文化センター駐車場では、ステージイベントや市民総おどりが催され、出店が並ぶほか、三田駅周辺市街地商店街では、さまざまな楽しい催しが行われます。毎年恒例の花火大会は、30分間で約2500発が打ち上げられ、市街地のどこからでも鑑賞できるのが魅力です。
所在地:〒669-1531兵庫県三田市天神1-3-1
開催期間:2018年8月4日15:00~21:00(開始時間は予定)
開催場所:三田市総合文化センター駐車場、三田駅周辺市街地商店街
交通アクセス:JR宝塚線「三田駅」から徒歩12分
主催:三田まつり実行委員会
問合せ先:三田まつり実行委員会事務局(三田市役所産業政策課内)079-559-5085

2018-06-22(Fri)

三田まつり花火大会2018

阪神間で有数の規模を誇る「三田まつり」の花火大会が開催されます。30分間休みなく繰り出される2500発は、ひとときも目が離せないほどの迫力で、会場は歓声に包まれます。なかでもメインで登場する最大5号の大玉は、三田の夜空を色鮮やかに染める光の大輪となり、息を呑むほどの美しさです。武庫川にかかる橋上から打ち上げられ、周囲は田園地帯のため、360度どこからでも観覧することができます。※既設トイレあり
所在地:〒669-1531兵庫県三田市天神1-3-1
開催期間:2018年8月4日※雨天決行、荒天中止
開催場所:三田市総合文化センター駐車場 ほか(観覧場所)
交通アクセス:JR宝塚線「三田駅」から徒歩12分
主催:三田まつり実行委員会
料金:有料観覧席なし
問合せ先:三田まつり実行委員会事務局(三田市役所産業政策課内)079-559-5085

2018-06-22(Fri)

こうべ海の盆踊り2018

神戸の夜景スポットとして知られるメリケンパークを舞台に、関西最大級の盆踊りが開催されます。全国の代表民謡を生唄、生演奏に合わせて踊れることが最大の特色で、バラエティ豊かな屋台も多数出店します。
所在地:〒650-0042兵庫県神戸市中央区波止場町2地先
開催期間:2018年8月18日18:00~20:45(屋台などは16:00~)※荒天の場合は翌日に順延
開催場所:神戸市メリケンパーク
交通アクセス:JR神戸線・阪神「元町駅」から海側へ徒歩15分、または地下鉄海岸線「みなと元町駅」から海側へ徒歩7分
主催:こうべ海の盆踊り実行委員会
問合せ先:こうべ海の盆踊り実行委員会事務局(神戸市中央区まちづくり支援課地域活動係内)078-232-4411、神戸市イベント案内・申込センター078-333-3372(当日/雨天中止情報)

2018-06-22(Fri)

へその西脇・織物まつり花火大会2018

「へその西脇・織物まつり」を飾るイベントの一つとして、夜に花火大会が開催されます。スターマインなどのダイナミックな花火約2000発が、1分間に約100発のスピードで河川敷から打ち上げられます。花火を橋上から間近で眺めることができるため、都心の花火大会では味わえないほど迫力満点です。夜空を彩る花火が、まるで空から降り注ぐかのようなパノラマを体感できます。翌日は、西脇市総合市民センターでダンスイベントや、西脇市の地場産業「播州織」を使ったファッションショーなどが行われます。26日の最後にも、約500発の花火が打ち上げられます。※臨時トイレ1か所、既設トイレ3か所
所在地:〒677-0039兵庫県西脇市上比延町334-2
開催期間:2018年8月25日20:00~(約30分間)※荒天中止
開催場所:日本へそ公園
交通アクセス:JR加古川線「日本へそ公園駅」から徒歩1分、または中国自動車道「滝野社IC」から車約20分
主催:へその西脇・織物まつり実行委員会
料金:有料観覧席なし
問合せ先:へその西脇・織物まつり実行委員会事務局(西脇市商工観光課内)0795-22-3111

2018-06-22(Fri)

送り盆「万燈会」と山寺ライブ2018

三木市の古刹、伽耶院の境内で、毎年8月23日と24日に「送り盆 万燈会」が行われます。両日とも19時になると、参拝者による手がき灯籠、約700個に火が灯され、その後、震災鎮魂のろうそく約6000本が点灯されます。「山寺ライブ」と題し、23日はゆにっと楓さんによるアンサンブルユニットコンサートが、24日は「三木音楽家協会コンサート」が催されます。両日、小学生以下の子どもを対象に、健康祈願、お札の授与があります。
所在地:〒673-0513兵庫県三木市志染町大谷410
開催期間:2018年8月23日~24日
交通アクセス:神戸電鉄「緑が丘駅」からバス「伽耶院口」~徒歩10分(土日祝のみ)、またはJR神戸線「三ノ宮駅」から「御坂(みさか)経由西脇行」の神姫バス「志染小学校前」~徒歩25分、または山陽自動車道「三木東IC」から車約3分
主催:伽耶院
料金:無料
問合せ先:伽耶院0794-87-3906


2018-06-22(Fri)

萬燈会2018

多田神社で、源満仲公の旧暦の御命日にあたる8月27日に、無数の燈火を神前に奉献し、御神慮を慰める「萬燈会」が執り行われます。8月23日から27日まで御遺徳を偲ぶべく、崇敬者各位により献灯された1000有余灯の提灯が境内一円に掲げられます。夕涼みがてらに清遊する人々で境内は賑わいます。
所在地:〒666-0127兵庫県川西市多田院多田所町1-1
開催期間:2018年8月23日~27日※開催期間中は、21:00まで開門
交通アクセス:能勢電鉄「多田駅」から徒歩15分、または阪急・能勢電鉄「川西能勢口駅」からバス「多田神社前」~徒歩5分
問合せ先:多田神社072-793-0001

2018-06-22(Fri)

1300年の伝統流灌頂水神祭-川施餓鬼会-2018

別名を「なにわの舟寺」や「納骨の寺」と称される伝法山西念寺で、神仏習合の行事として水神祭と川施餓鬼会が行われます。本堂での現世祈願と先祖供養、後世安楽の法会の後、放生会が営まれます。水子、納骨法要、良縁、安産、受験祈願法要も執り行われます。
所在地:〒554-0002大阪府大阪市此花区伝法5-7-4
開催期間:2018年8月23日12:00~15:30
交通アクセス:阪神なんば線「伝法駅」から徒歩5分
主催:伝法山西念寺
料金:見物無料
問合せ先:伝法山西念寺06-6461-5602


2018-06-21(Thu)

じないまち四季物語2018「夏」第15回寺内町燈路

大阪府内唯一の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている富田林寺内町および、その周辺の商店街で“じないまち四季物語2018「夏」第15回寺内町燈路”が行われます。約1000個の行燈が通りに並べられ、江戸時代から昭和初期までの伝統的な町家が軒を連ねる町並みを幻想的に照らします。
所在地:〒584-0033大阪府富田林市富田林町、本町の一部
開催期間:2018年8月25日17:00~21:00(燈路点灯/18:30~)※雨天の場合は翌日に順延
開催場所:大阪府富田林市富田林寺内町および周辺
交通アクセス:近鉄長野線「富田林駅」または「富田林西口」下車
主催:じないまち四季物語実行委員会
料金:寺内町燈路無料※一部有料イベントあり
問合せ先:じないまち四季物語事務局 080-6205-4540(10:00~17:00/土日祝除く)、きらめきファクトリー(観光案内)0721-24-5500(10:00~21:00/年末年始休)


2018-06-21(Thu)

ハーベストの丘夏の花火イベント2018

甲子園8個分の広さがあり、花、緑、動物などの自然とふれあえる農業公園、ハーベストの丘で、毎年人気の夏の花火イベントが開催されます。夏の夜空を彩る約2000発の花火は、園内から打ち上げられるので、間近で迫力あるパフォーマンスを観覧することができます。昼間はさまざまな体験プログラムや遊具を楽しみ、夜にはスターマインをはじめ、ハートやスマイル形の花火、ミュージック花火、最大4号玉などの大輪の花火で、終日、遊びを満喫することができます。≪大変な混雑が予想されるため、早めの来園をお勧めします。※既設トイレ8か所
所在地:〒590-0125大阪府堺市南区鉢ケ峯寺2405-1
開催期間:2018年8月12日~14日19:45~※荒天時は15日に延期
開催場所:堺・緑のミュージアムハーベストの丘野外ステージ
交通アクセス:泉北高速鉄道「泉ヶ丘駅」から「ハーベストの丘行」の南海路線バス約15分「ハーベストの丘」下車
主催:堺・緑のミュージアムハーベストの丘
料金:有料観覧席なし
問合せ先:堺・緑のミュージアム・ハーベストの丘072-296-9911

2018-06-21(Thu)

ハーベストの丘ひまわり畑2018

自然とふれあえる農業公園、ハーベストの丘では、例年8月上旬になると約2万本のひまわりが花畑一面に咲き誇ります。1日から16日には、「ひまわりフェスタ」が開催され、期間中インスタキャンペーンや摘み取り体験など、さまざまなイベントが行われます。
所在地:〒590-0125大阪府堺市南区鉢ケ峯寺2405-1
開催期間:2018年8月上旬~中旬ひまわりフェスタ/1日~16日※開花状況は前後する場合があります
交通アクセス:泉北高速鉄道「泉ヶ丘駅」から「ハーベストの丘行」の南海路線バス約15分「ハーベストの丘」下車
主催:堺・緑のミュージアムハーベストの丘
料金:入場料が必要
問合せ先:堺・緑のミュージアム・ハーベストの丘072-296-9911

2018-06-20(Wed)

今月から読書については不定期更新にします。

今月から読書については不定期更新にします。今までは毎月1回は必ず書くようにしていたのですが、バタバタすることが多くなりますので、

2018-06-20(Wed)

今年は暑くなるらしいので。

今年は暑くなるらしいので役に立つ役に立つ商品紹介します。















[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コカコーラ ファンタ グレープ 500mlペットボトル×24本入
価格:2462円(税込、送料別) (2018/6/20時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コカコーラ ファンタ オレンジ 500mlペットボトル×24本入
価格:2462円(税込、送料別) (2018/6/20時点)

























2018-06-18(Mon)

今日の地震はすごかった。

今日の地震はすごかった。

2018-06-08(Fri)

森の宮遺跡展示室一般公開2018

森ノ宮ピロティホールの地下階で、「森の宮遺跡展示室」の一般公開が行われます。森の宮遺跡は、上町台地の東斜面に位置する縄文時代から近世までの複合遺跡です。森の宮貝塚とも呼ばれ、大量に出土した貝殻が、海水に生息するマガキから淡水に棲むセタシジミへと移り変わることから、河内平野が徐々に海から淡水湖となり、さらに陸地となっていく過程を知ることができます。埋葬された縄文時代の人骨も多数発見され、そのうちの1体が屈葬という体を折り曲げる当時の埋葬方法のまま地層から切り取って展示されています。日常的な公開は行われておらず、年に数日公開されます。※駐車場、駐輪場はありません。
所在地:〒540-0003大阪府大阪市中央区森ノ宮中央1-17-5
開催期間:2018年8月24日~26日11:00~15:00
開催場所:森ノ宮ピロティホール地下階
交通アクセス:JR大阪環状線「森ノ宮駅」から徒歩3分、または地下鉄中央線「森ノ宮駅」2号出口から徒歩1分
主催:大阪市教育委員会
料金:無料(事前申込不要)
問合せ先:大阪市教育委員会事務局文化財保護課06-6208-9166・9169(土日祝を除く9:00~17:30)

2018-06-08(Fri)

太閤祭2018

慶長3年(1598年)に62歳で亡くなった豊臣秀吉公の命日の8月18日に、豊國(ほうこく)神社で祭典が執り行われます。秀吉公の御霊を慰め、遺訓を称えるお祭りで、御神楽が奉納されます。一般参列も可能です。
所在地:〒540-0002大阪府大阪市中央区大阪城2-1
開催期間:2018年8月18日10:00~
交通アクセス:JR大阪環状線「森ノ宮駅」から徒歩15分
主催:豊國神社
問合せ先:豊國神社06-6941-0229

2018-06-08(Fri)

七夕のゆうべin四天王寺2018

四天王寺の境内で、七夕にちなんださまざまなイベントが楽しめる「七夕のゆうべin四天王寺」が開催されます。七夕縁日をはじめ、鎮魂の灯火(有料)や星空観望会、ふれあいコンサート、五重塔のライトアップが行われるほか、LEDで彩られた全長約27mの笹トンネルの笹に、短冊を飾り付けることができます。最終日の20時にはすべての短冊を取り外し、境内でお焚き上げされます。
所在地:〒543-0051大阪府大阪市天王寺区四天王寺1-11-18
開催期間
2018年7月6日~8日【6日~8日】笹飾り・笹トンネル/点灯19:00頃~24:00(8日は20:00まで)、鎮魂の灯火/17:00~21:00、七夕縁日/15:00~21:00【6日~7日】星空観望会/20:00~22:00【7日】七夕ふれあいコンサート/16:00~19:30(予定)【8日】お焚き上げ/20:30~
開催場所:四天王寺境内一円
交通アクセス:地下鉄谷町線「四天王寺前夕陽ケ丘駅」4番出口から南へ徒歩5分
主催:七夕のゆうべin四天王寺実行委員会
料金:入場無料、星空観望会/参加無料(先着順、定員あり、天候により中止)、七夕短冊/1枚100円、鎮魂の灯火/ローソク1口100円(花柄/200円)※ブーステント内の飲食、ゲーム、物販への参加は有料
問合せ先:七夕のゆうべin四天王寺実行委員会06-6775-1400

2018-06-08(Fri)

お滝まつり2018

葛城修験の根本道場として知られる犬鳴山七宝滝寺で、毎年8月第4日曜に「お滝まつり」が開催されます。午前10時より行者ヶ滝のご宝前にて柴燈大護摩供が行われ、行者の指導のもとで一般希望者も滝行を受けることができます。この日の滝行は100日の滝行に値するといわれています。※滝行は全員がすみ次第終了です。
所在地:〒598-0023大阪府泉佐野市大木8
開催期間:2018年8月26日柴燈大護摩供/10:00、滝行/受付は11:00頃まで
交通アクセス:JR阪和線「日根野駅」から南海バス約20分「犬鳴山」~徒歩25分
主催:犬鳴山七宝滝寺
料金:滝衣貸出/1人500円が必要
問合せ先:犬鳴山七宝滝寺072-459-7101

2018-06-07(Thu)

定の山古墳

定の山古墳とは、大阪府堺市北区に所在する前方後円墳または帆立貝形古墳。1960年代の区画整理工事により墳丘が著しく変形したが、現在は城の山公園として保存されている。
○概要
ニサンザイ古墳の北500メートルの城の山公園内にある小山が定の山古墳である。墳丘長69メートル、後円部径53メートル、高さ7メートル、前方部幅23.5メートルである。前方部を西に向けており、墳形は前方後円墳というより帆立貝形古墳という方が正しいようである。1950年代後半から1960年代前半までは周濠の痕跡が畦にくっきりと残っていた。1968年(昭和43年)に土地区画整理事業により、墳丘の一部が破壊され著しく変形されてしまったが、墳丘部分の発掘調査が行なわれ、その重要性から保存されることとなり、破壊、変形した部分は復元され現在は公園となっている。なお調査により埴輪列と葺石の存在が明らかとなっている。
○所在地
大阪府堺市北区百舌鳥梅町
○形状
前方後円墳(帆立貝形古墳)
○規模
墳丘長69m
○築造年代
5世紀



J0010280_20180607145705c58.jpg

J0010281_201806071457075fb.jpg

J0010282_20180607145708ade.jpg

J0010283_20180607145709a17.jpg

2018-06-07(Thu)

御廟表塚古墳

墳丘長75メートルの前方後円墳。独立した古墳である。5世紀中~後半。墳丘長約84.8mの帆立貝形古墳、築造時期は5世紀後半と推定。「耕地開発や宅地開発により、周濠の大半が埋められ、前方部が失われています。」とのこと。今は前方部は完全に住宅地となっています。でも、この古墳、後円部の頂上まで登れます。

所在地:大阪府堺市北区中百舌鳥町4丁544



J0010250_20180607145432ea6.jpg

J0010251_20180607145435d6d.jpg
J0010252_20180607145436065.jpg

J0010253_20180607145437ded.jpg

J0010254_20180607145439e63.jpg

2018-06-07(Thu)

梅田七夕2018に行ってきました。

梅田七夕2018に行ってきました。

J0010248_20180607145133bc4.jpg

J0010249_201806071451359e8.jpg


2018-06-07(Thu)

鎮守山塚古墳

直径34mの円墳、築造時期は5世紀中頃と推定。円墳の西半分は道路で消失。光明院の境内にあるが私有地のため見学不可。円筒埴輪、蓋形、家形、石見形埴輪などが出土されている。 看板もなく、ここに古墳があることには気づかないと思う。

所在地:大阪府堺市北区百舌鳥赤畑町5丁目732

2018-06-07(Thu)

土師ニサンザイ古墳

土師ニサンザイ古墳は、大阪府堺市北区百舌鳥西之町3丁にある前方後円墳。
○概要
百舌鳥古墳群の南東の端に位置する。墳丘は3段構築で全長は約290m、後円部の径は約156m・高さ約24m、前方部の幅は約226m・高さ約22.5mで、前方部を西に向けており左右に造り出しがある。日本で8番目の大きさとなっている。現在の周濠は一重だが、二重目の濠が一部確認されている。宮内庁が「東百舌鳥陵墓参考地」に指定しているものの、天皇は埋葬されていないものとされている。5世紀後半の築造と考えられており、百舌鳥古墳群の大型古墳の中では最も時代が新しい。陪塚は3つ以上あったとされるが、大阪府立大学中百舌鳥キャンパス(大阪府堺市中区学園町)構内にある聖塚のみが現存している。
○交通アクセス
南海高野線中百舌鳥駅徒歩18分
大阪市営地下鉄御堂筋線なかもず駅徒歩20分
○所在地
大阪府堺市北区百舌鳥西之町
○形状
前方後円墳
○規模
全長290m
○築造年代
5世紀後半
○特記事項
東百舌鳥陵墓参考地



J0010284_20180607144750cf1.jpg

J0010286_201806071447521e4.jpg

J0010287_20180607144753216.jpg
J0010289_2018060714475582f.jpg
J0010290_20180607144756eef.jpg

J0010291_201806071447583e9.jpg

2018-06-07(Thu)

尾羽根天満宮

今より三百年前より河内國道明寺天満宮の分祀としてこの地に祀られた。当地には尾羽根庵があり、真言宗道明寺より派遣された尼僧が代々お守りしていたが、明治初期の神佛分離令により各村々の鎮守さんは百舌鳥八幡宮に合祀されたが、当天満宮だけはこの地に残された。厨子は二百八十年前泉州大鳥郡万代之庄と言った頃に当社の再興に当たり、享保七年(1722)八月堺湯屋町の富豪布屋谷善右衛門齋泉主より寄進されたもの。社殿は木造であったが平成九年十二月吉日鉄社に造営された。菅原道真をまつる。由来は、もともと尾羽根には梅松庵と呼ばれる真言宗の尼寺があり、その横に天神があったとされ、河内道明寺天満宮の分祀として祀られている。尾羽根天満宮には、菅原道真像が祀られている厨子があるが、これは、享保7年に布屋谷善右衛門斉泉氏が寄進されたもの。  

所在地:大阪府堺市北区百舌鳥梅町2丁426



DSCN4016.jpg

DSCN4017.jpg

DSCN4018.jpg

DSCN4019.jpg

J0010273_20180607144426d31.jpg

2018-06-07(Thu)

光明院

仏頂山金輪寺光明院と称し、高野山真言宗金剛峰寺に属す。金輪仏頂釈迦如来を本尊に、子育地蔵菩薩・十一面観音菩薩
を脇仏として安置している。寺伝では光明皇后の発願により天平元年(729)に創建され僧行基の開基と伝えられるが、以後の記録は元禄11年(1678)に光明院愈舜瑞照が逢坂奉行所へ提出した「光明院寺社記載願」 中にみえる「降三世法一巻」の奥書にある「正和4年(1315)6月22日於泉州毛須光明院書了」の記事による他はない。堺市史によると光明院は堂塔が廃壊し、瓦礫礎石のみになっていたが、慶長・元和のころ宗祐法師が小庵を結んで居住し、以降道祐法師・明祐比丘・寿宝比丘尼・寿円比丘尼・愈舜へと法灯を継承し、享保17年(1732)に大鳥神社の神宮寺鳳寺の末寺となった。慶応4年(1868)の神仏分離令により、大鳥神社の神鳳寺が廃寺となったので、当時神鳳寺の末寺であった当寺に仏像類・絵画・建物等の文化財を移し現在に至る。寺内にある神宮皇后の建立と伝えられる、頭守り地蔵は頭痛、中風よけ地蔵として有名である。

所在地:大阪府堺市北区百舌鳥赤畑町5-732



J0010257_20180607144210883.jpg

J0010258_201806071442125d9.jpg

J0010259_201806071442138c8.jpg

J0010261_2018060714421503e.jpg

2018-06-07(Thu)

野町地蔵尊

池田市内、阪急石橋駅のフェンスに接した場所である。パチンコ屋脇、駐輪場の奥に地蔵堂があった。『池田市史』によれば、池田にも「巳さん」と呼ばれる蛇の信仰がかなり残っているようだ。どこそこの木を伐ったら巳さんが祟った、という類である(池田市史編纂委員会 1998:209;358;375)。蛇と関わりの深い「弁天」とか「龍王」が地蔵堂に祀られているのも、そのような習俗がベースにあるのかもしれない。

所在地:仏教
〒563-0032大阪府池田市石橋1-2(阪急宝塚線「石橋」南西。)



DSCN3820.jpg

DSCN3819.jpg

2018-06-07(Thu)

篝の舞楽2018

四天王寺の伽藍内、講堂の前庭に設けられた舞台で、燃えさかる篝火の薄明かりの中、舞楽が厳かに奏されます。2018年度は、振鉾(えんぶ)、桃李花(とうりか)、林歌(りんが)、還城楽(げんじょうらく)、長慶子(ちょうげいし)が繰り広げられ、夏の宵のひとときを幻想の世界へと誘います。
所在地:〒543-0051大阪府大阪市天王寺区四天王寺1-11-18
開催期間:2018年8月4日開場/18:30~、開演/19:00~※雨天の場合は、本坊五智光院にて開催
開催場所:四天王寺伽藍内講堂前庭
交通アクセス:地下鉄谷町線「四天王寺前夕陽ケ丘駅」4番出口から南へ徒歩5分
主催:天王寺舞楽協会
料金:1000円(小学生以下無料)
問合せ先:天王寺舞楽協会事務局(四天王寺内)06-6771-0066

2018-06-07(Thu)

難波八阪神社夏祭2018

なにわの夏を彩る難波八阪神社の夏祭が、毎年7月13日と14日に斎行されます。13日の宵宮祭では船渡御が行われ、御神霊を乗せた鳳輦(ほうれん)船を中心とする渡御船団約20隻が、湊町船着場を出航し、道頓堀川の日吉橋と日本橋の間約5kmを巡行します。14日の陸渡御では、神輿や太鼓が千日前、道頓堀、戎橋筋を練り歩きます。両日にわたり、獅子舞の奉納や餅まきなども行われ、多数の参拝者で賑わいます。※湊町船着場まで/JR大和路線「JR難波駅」から徒歩7分
所在地:〒556-0016大阪府大阪市浪速区元町2-9-19
開催期間:2018年7月13日~14日【13日】宵宮、船渡御(18:00頃湊町リバープレイス出航、西区日吉橋~中央区日本橋の間を往復)
交通アクセス:地下鉄「なんば駅」「大国町駅」もしくはJR大和路線「JR難波駅」から徒歩7分
主催:難波八阪神社船渡御保存回
問合せ先:難波八阪神社06-6641-1149

2018-06-06(Wed)

千日詣り2018

古来より8月9日と10日は観音功徳日で、この日に参詣すると、千日間続けてお詣りをしたのと同じ功徳が授かる特別な日とされています。四天王寺では、御祈祷が行われた厄除けのお札が六時堂内にて授与されます。
所在地:〒543-0051大阪府大阪市天王寺区四天王寺1-11-18
開催期間:2018年8月9日~10日9:00~21:00
開催場所:四天王寺六時堂
交通アクセス:地下鉄谷町線「四天王寺前夕陽ケ丘駅」4番出口から南へ徒歩5分
料金:回向・祈祷有料
問合せ先:四天王寺06-6771-0066

2018-06-06(Wed)

笑魂まつり2018

関西の芸人さんたちが芸道の発展を祈り、“笑いの道”発展のために尽くした人々の冥福を祈るとともに、祖霊を慰める「笑魂まつり」が、毎年8月15日に成田山不動尊で行われます。市の文化財である「笑魂塚」前において「柴灯大護摩供」が厳修され、焚きあげた護摩木の上を歩き、ご利益を授かる「火渡り修行」も行われます。駐車場に設けられた櫓の周りでは大盆踊り大会が開催され、露店も多数立ち並び、踊りの輪が広がります。
所在地:〒572-8528大阪府寝屋川市成田西町10-1
開催期間:2018年8月15日
交通アクセス:京阪本線「香里園駅」から徒歩15分もしくはバス約5分「成田山不動尊前」下車
問合せ先:成田山不動尊072-833-8881

2018-06-06(Wed)

盂蘭盆会万灯供養法要2018

先祖供養のための万灯供養法要が四天王寺で行われます。夕刻より中心伽藍内に、先祖の霊名を記した約1万本のろうそくが灯され、辺りは荘厳な雰囲気に包まれます。お経を唱えながら伽藍内を練り歩く僧侶の姿を見ることもできます。
所在地:〒543-0051大阪府大阪市天王寺区四天王寺1-11-18
開催期間:2018年8月9日~16日夕刻~21:00頃
開催場所:四天王寺中心伽藍内
交通アクセス:地下鉄谷町線「四天王寺前夕陽ケ丘駅」4番出口から南へ徒歩5分
料金:境内散策自由
問合せ先:四天王寺06-6771-0066

2018-06-06(Wed)

大野寺

土塔山大野寺は、堺市中区にある高野山真言宗の寺院である。本尊は、十一面観音立像である。飛鳥・奈良時代の高僧行基(668-749)が開創した四十九院の一つで、「行基年譜」によると、行基60歳の神亀4年(727年)に創建された。本堂の道路を挟んで南側に、国史跡の土塔がある。土塔は、大野寺の仏塔で、鎌倉時代の「行基菩薩行状絵伝」に大野寺とともに描かれている。一辺53.1m、高さ8.6mの四角錐の形をした十三重の塔で、発掘調査で6万枚以上の瓦が葺かれていたことが判明した。土塔からは、文字を記した瓦が約1300点出土しており、大半は人名で、行基とともに土塔を建立した「知識(衆)」と呼ばれる人々の名前を記したもので、僧尼や貴族の名前も含まれている。創建当時を再現した瓦葺きのほか、断面がわかりやすく見られる「断面転写」や、全体の復元模型があり、行基の偉業が実感できる。類似の構造物として、奈良市高畑町には、頭塔があり、インドネシアスマトラ島には、ピラミッド型建造物としてプグンラハルジョ遺跡がある。泉北高速鉄道深井駅から南海バスで深井東町下車すぐ。

所在地:大阪府堺市中区土塔町2167

J0010296_201806061527357e1.jpg

J0010297_20180606152736c89.jpg



2018-06-06(Wed)

歯神社祭2018

健康な歯を祈念する「歯の祭典」が柴籬神社で催されます。ローソクを用いた400個の庭灯がともされ、境内がほんのりとやさしい明かりに照らしだされます。幻想的な雰囲気の中で行われる神楽や落語、かき氷のふるまいなどを楽しみに、毎年多くの人が訪れます。
所在地:〒580-0016大阪府松原市上田7-12-22
開催期間:2018年8月8日
交通アクセス:近鉄南大阪線「河内松原駅」から徒歩10分
問合せ先:柴籬神社072-331-2138

2018-06-06(Wed)

水月公園のショウブ

水月公園のショウブ見に行ってきました。

J0010240_2018060615233400b.jpg

J0010241_20180606152336d8b.jpg

J0010244_20180606152337aa1.jpg

J0010245_2018060615233888e.jpg

J0010298_201806061523399e9.jpg

J0010299_201806061523410b3.jpg

J0010300_20180606152343b6b.jpg

J0010301_201806061523446ad.jpg

J0010302_201806061523451bb.jpg

J0010303_20180606152347f7e.jpg

J0010304_20180606152349e02.jpg

J0010309_20180606152350459.jpg

J0010310_2018060615235199e.jpg

J0010311_201806061523538c2.jpg

J0010312_2018060615235445a.jpg


2018-06-06(Wed)

白鷺公園のショウブ園を見に行ってきました。

白鷺公園のショウブ園を見に行ってきました。

DSCN4058.jpg

DSCN4059.jpg

DSCN4060.jpg

DSCN4061.jpg

DSCN4062.jpg

DSCN4063.jpg

DSCN4064.jpg

DSCN4065.jpg

DSCN4066.jpg

DSCN4069.jpg

DSCN4070.jpg

DSCN4071.jpg

2018-05-31(Thu)

愛宕の火祭り2018

無病息災を祈念する「愛宕の火祭り」が、毎年8月下旬の日曜に伊福部神社で行われます。荒縄で束ねた麦わらに火をつけて振り回す祭りで、闇の中を輪舞する炎は幻想的です。
所在地:〒668-0254兵庫県豊岡市出石町中村800-2
開催期間:2018年8月26日
開催場所:伊福部神社
交通アクセス:JR山陰本線「豊岡駅」または「江原駅」または「八鹿駅」から「出石行」の全但バス約30分「出石」~徒歩10分
問合せ先:但馬國出石観光協会0796-52-4806



2018-05-31(Thu)

宮津燈籠流し花火大会2018

島崎公園沖の宮津湾を舞台に、燈籠流しと花火大会が行われます。燈籠流しは400年もの伝統を誇り、約1万個の燈籠が海に流れ始めると、五彩七彩の花火が宮津湾の夜空に打ち上げられます。同時斜めスターマイン、記念花火、市民花火、10号玉などで会場は歓声に包まれます。フィナーレを飾る海上スターマインは迫力満点です。※臨時トイレ2か所、既設トイレ4か所
所在地:〒626-0017京都府宮津市島崎
開催期間:2018年8月16日打ち上げ時間/19:30~20:20※小雨決行、荒天時中止
開催場所:島崎公園沖の宮津湾
交通アクセス:京都丹後鉄道「宮津駅」から徒歩10分、または京都縦貫自動車道「宮津天橋立IC」から車約10分
主催:宮津燈籠流し花火大会実行委員会
料金:有料観覧席あり
問合せ先:宮津商工会議所0772-22-5131

2018-05-31(Thu)

祇園祭石見神楽の奉納2018

祇園祭に際し、風趣豊かな山陰地方の石見神楽が八坂神社に奉納されます。京都島根県人会島根奉賛会による、素戔嗚尊(スサノヲノミコト)の大蛇退治の舞が行われます。1か月にわたってさまざまな神事と行事が催される祇園祭には、世界中から観客が訪れます。
所在地:〒605-0073京都府京都市東山区祇園町
開催期間:2018年7月16日18:30~
交通アクセス:京阪「祇園四条駅」から徒歩7分、または地下鉄東西線「東山駅」から徒歩10分
主催:京都島根県人会島根奉賛会
料金:見学無料
問合せ先:八坂神社075-561-6155

2018-05-31(Thu)

高台寺七夕会2018

豊臣秀吉とその正室ねねゆかりの東山の古刹、高台寺で、七夕会が行われます。保育園児が書いた短冊をはじめ、全国から集まった短冊が20数本の巨大な笹竹に飾られます。日没からは笹と庭園がライトアップされ、華やかな雰囲気に包まれます。
所在地:〒605-0825京都府京都市東山区高台寺下河原町526
開催期間:2018年7月7日~8日受付/9:00~21:30
交通アクセス:京阪「祇園四条駅」から徒歩13分、または阪急「河原町駅」から徒歩15分、またはJR「京都駅」から206系統の市バス約20分「東山安井」~徒歩7分
料金:【拝観料】9:00~21:30/600円
問合せ先:高台寺075-561-9966

2018-05-31(Thu)

佐用町南光ひまわり祭り2018

「ひまわりの町」として親しまれている佐用町の6地区では、例年7月になるとヒマワリが開花し始めます。合計約110万本にものぼるヒマワリが、一面黄色のじゅうたんを敷きつめたかのように咲き誇り、訪れた人々の目を喜ばせます。期間中は、花火大会、素麺無料試食会、太陽の観測をする「たいようと遊ぼう」、ミニSL乗車会などのイベントが行われる予定です。※JR播磨徳久駅から無料シャトルバス運行(7月21日~8月5日の土日/昼間のみ)
所在地:〒679-5212兵庫県佐用町林崎839
開催期間:2018年7月21日~8月5日8:30~17:00
開催場所:南光スポーツ公園周辺
交通アクセス:JR姫新線「播磨徳久駅」から徒歩25分
主催:佐用町南光ひまわり祭り実行委員会
料金:入園料200円※小学生以下無料
問合せ先:佐用町南光ひまわり祭り実行委員会0790-82-2521

2018-05-31(Thu)

三光神社夏祭り2018

真田幸村の冬の陣で有名な“真田丸”があった真田山の三光神社で、夏祭りが斎行されます。15日には子供神輿渡御が行われ、子ども50人、大人150人の総勢200人以上が練り歩きます。21日には宵宮と夏祭り祭典、22日には本宮が執り行われます。
所在地:〒543-0013大阪府大阪市天王寺区玉造本町14-90
開催期間:2018年7月21日~22日【15日】子供神輿渡御(雨天時は翌日順延)【21日】宵宮【22日】本宮
交通アクセス:地下鉄長堀鶴見緑地線「玉造駅」2番出口から徒歩2分、またはJR大阪環状線「玉造駅」から西南に徒歩5分
問合せ先:三光神社06-6761-0372

2018-05-31(Thu)

みっきぃ夏まつり2018

兵庫県立三木総合防災公園で、三木市の夏恒例「みっきぃ夏まつり」が開催されます。市民団体によるステージイベントや、模擬店の出店が行われるほか、20時から約30分間には、間近で約3000発の花火が打ち上げられ、感動のフィナーレが演出されます。≪会場駐車場は台数に限りがあり、会場周辺の交通渋滞も予想されます。※神戸電鉄「緑が丘駅」から会場までシャトルバス運行
所在地:〒673-0515兵庫県三木市三津田1708
開催期間:2018年7月28日
開催場所:兵庫県立三木総合防災公園中央芝生広場周辺
交通アクセス:神戸電鉄「緑が丘駅」から車約20分、または山陽自動車道「三木東IC」から車約10分
主催:みっきぃ夏まつり実行委員会
問合せ先:みっきぃ夏まつり実行委員会事務局(三木市役所市民協働課内)0794-82-2000

2018-05-31(Thu)

安倍晴明神社七夕祭2018

平安時代に活躍したとされる安倍晴明をお祀りする神社で七夕祭が行われます。境内に七夕笹や薬玉が飾られ、手芸や文芸の上達を祈る参拝客が訪れます。14時から祭典が行われ、15時からは阿倍王子神社で漫才や落語の公演、くじ引き大会が催されます。
所在地:〒545-0034大阪府大阪市阿倍野区阿倍野元町5-16
開催期間:2018年7月7日祭典/14:00~14:30
交通アクセス:阪堺電気軌道「東天下茶屋駅」から東南へ徒歩5分
主催:阿倍王子神社
問合せ先:阿倍王子神社06-6622-2565

2018-05-31(Thu)

千日会観光祭2018

久美浜町の夏祭りを代表する千日会観光祭が、久美浜公園で開催されます。千日会とは、8月9日に如意寺(会場から徒歩5分)のご本尊である十一面観音に参拝すると、1000日参ったのと同じご利益があるとされる行事です。19時30分の打ち上げ花火を合図に大文字が点灯し、灯ろう流しが始まります。それらが織りなす光のコントラストは、久美浜の夏の風物詩となっています。
所在地:〒629-3404京都府京丹後市久美浜町
開催期間:2018年8月9日※小雨決行、荒天時は15日に延期
交通アクセス:京都丹後鉄道「久美浜駅」から徒歩5分、または山陰近畿自動車道「京丹後大宮IC」から国道312号線経由車約40分
主催:千日会観光祭実行委員会
問合せ先:久美浜町観光総合案内所0772-82-1781


2018-05-31(Thu)

多可町ふるさとの夏まつり2018

多可町の夏の風物詩となった夏まつりが、加美コミュニティープラザ駐車場を会場に開催されます。スターマインなどの打上花火をはじめ、最大8号玉を含む多種多様な花火約1000発が打ち上げられ、夏の夜空を彩ります。まつりでは盆踊りコンテストが催されるほか、会場には多数の夜店も立ち並び、大勢の人で賑わいます。花火や盆踊りを通じて、帰省客など幅広い年齢層が集い、郷土愛が育まれます。※臨時トイレ1か所(5基)、既設トイレあり
所在地:〒679-1201兵庫県多可町加美区豊部
開催期間:2018年8月15日※雨天中止
開催場所:加美コミュニティープラザ駐車場
交通アクセス:中国自動車道「滝野社IC」から北へ車約40分
主催:ふるさとの夏まつり実行委員会
料金:有料観覧席なし
問合せ先:多可町ふるさとの夏まつり実行委員会0795-32-4779

2018-05-31(Thu)

千日会観光祭花火大会2018

久美浜町の夏を代表する「千日会観光祭」のフィナーレを飾る花火大会では、スターマインや打ち上げ花火などが夜空を彩ります。千日会の由来は8月9日に如意寺(会場から徒歩5分)のご本尊十一面観音に参拝すると、千日参ったのと同じご利益があるとされることから始まり、大文字送り火や灯ろう流しなども行われます。※既設トイレあり臨時駐車場あり、既設駐車場あり(合計1000台)
所在地:〒629-3404京都府京丹後市久美浜町
開催期間:2018年8月9日※荒天時は15日に延期
交通アクセス:京都丹後鉄道「久美浜駅」から徒歩5分、または山陰近畿自動車道「京丹後大宮IC」から国道312号線経由車約40分
主催:千日会観光祭実行委員会
料金:有料観覧席なし
問合せ先:久美浜町観光総合案内所0772-82-1781
プロフィール

kazubonka

Author:kazubonka
かずぼんです。大阪並びに近畿一円の口コミ情報を提供していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
メモ
















































【高額報酬!!】有名女優が多数愛用している事でも知られている光美容機。世界中のセレブ御用達の一品。高額商品にも関わらず売れ続けています。ご利用者からご満足のお便りも大変多いです。定価472,500円











BTOパソコンショップ 『フレッシュフィールド』 オールカスタマイズ可能なオリジナルパソコン好評発売中!





























スルガ銀行ANA支店
銀行取引でANAマイルが貯まる(100×60)バナー











<

「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約!



ティッカー

グアム

ハワイ旅行

ムームードメイン

カスタムバイク買取













検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

続・竹林の愚人

思いつくまま

oobuta日記
QRコード
QRコード
FC2カウンター
平成20年8月26日からのアクセス数です。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2アフィリエイト
カウンター アフィリエイト・SEO対策
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
スポンサードリンク

FC2Ad

Powered by FC2 Blog