FC2ブログ

2018-08-10(Fri)

日想観2018

秋分の日の夕刻に、極楽浄土を想い夕陽に向かい手を合わせます。西門付近では夕刻から僧侶により読経があげられ、それにあわせて手を合わせる多くの参拝者が見られます。秋季彼岸会も行われ、境内には多くの露店が軒を並べ、終日賑わいます。
所在地:〒543-0051大阪府大阪市天王寺区四天王寺1-11-18
開催期間:2018年9月23日17:25~
交通アクセス:地下鉄谷町線「四天王寺前夕陽ケ丘駅」4番出口から南へ徒歩5分
料金:法要参列無料
問合せ先:四天王寺06-6771-0066
スポンサーサイト

2018-08-10(Fri)

萩まつり道了祭2018

奈良時代より“萩の寺”と呼ばれる東光院の萩の庭は、魯山人により「萩露園」と名付けられ、大阪みどりの百選に選定されています。約3000株の萩の花が最盛期を迎える9月中旬には、毎年「萩まつり道了祭」が開催され、祭神である豊臣秀吉公勧請・道了大権現の特別開扉とともに、法話、写経、茶席、精進料理のほか、献笛・箏曲や弦楽曲の奉納などが催されます。16日の「子規忌へちま供養・萩の四季俳句会」、17日の「萩まつり大茶会」、23日の「世界の恒久平和と人と自然との共生を祈る文化の祭典」と「道了大権現採灯大護摩供」、24日の創建以来続く「秋彼岸大せがき法要」には、多くの参拝者が訪れます。※開催日時の詳細はお問合せください。
所在地:〒561-0882大阪府豊中市南桜塚1-12-7
開催期間:2018年9月16日~24日9:00~17:00
交通アクセス:阪急宝塚線「曽根駅」から徒歩4分
主催:萩まつり祭典法要委員会・萩の寺道了講・萩の寺大乗会
料金:大人500円、小人350円
問合せ先:東光院06-6852-3002

2018-08-10(Fri)

能勢妙見山八朔祭2018

能勢妙見山で約400年以上続く伝統行事「八朔祭」が執り行われます。心願成就や商売繁盛などの祈祷のほか、地域の人々の演芸奉納、能勢町の伝統芸能である浄瑠璃人形がまく「開運餅まき」などが行われ、多くの人で賑わいます。祈祷を申し込んだ人には「八朔田之実(はっさくたのみ)御守」が授与されます。門前広場では「星の市」が催され、多くの露店が並びます。
所在地:〒563-0132大阪府能勢町野間中661
開催期間:2018年9月2日開運祈祷/9:30~16:30、法話/11:00、奉納演芸/12:30、開運餅まき/14:00
交通アクセス:能勢電鉄「妙見口駅」からバスもしくは徒歩~妙見の森のケーブル&リフト(冬季12月~3月中旬は運休)「妙見山」下車、または阪急宝塚線「池田駅」から26系統・136系統の阪急バス「余野」乗換~137系統のバス(日祝のみ運行※1日2本)「妙見山上」下車、または能勢電鉄「ときわ台駅」から車約30分
主催:能勢妙見山
料金:見学無料、祈祷/3000円~
問合せ先:能勢妙見山072-739-0991

2018-08-10(Fri)

開口神社八朔祭2018

開口神社の祭の中でも最大のものとなる「八朔祭」では、堺最古の歴史を誇るフトン太鼓が担ぎ出されます。300年以上続く渡御(とぎょ)が一番の見どころとなっており、芦原御旅所まで鳳輦(ほうれん)を中心に巡行します。旧暦8月1日(朔日)の豊作と豊漁に感謝する祭事が、明治以降は9月12日が例祭日となり、近年のフトン太鼓宮入りは12日直近の金土曜に行われています。※フトン太鼓宮入り日は毎年異なります。
所在地:〒590-0953大阪府堺市堺区甲斐町東2-1-29
開催期間:2018年9月7日~13日フトン太鼓宮入り/7日~8日いずれも夕刻~、渡御/8日14:00~、例大祭/12日10:00~、田実神事/13日10:00~
交通アクセス:阪堺電気軌道「大小路駅」もしくは「宿院駅」から徒歩3分、または南海「堺駅」・南海高野線「堺東駅」から南海バス「大寺北門前」~徒歩2分
主催:開口神社
問合せ先:開口神社社務所072-221-0171

2018-08-10(Fri)

大阪泉州夏祭り2018

タルイサザンビーチを舞台に、花火大会をはじめ、音楽やグルメ、盆踊りなど、幅広いコンテンツが同時に楽しめるイベントが盛りだくさんの「大阪泉州夏祭り」が2日間にわたり開催されます。2018年で5年目を迎える大型音楽フェスティバル「MUSIC CIRCUS’18」では、世界トップクラスのアーティスト達がパフォーマンスを繰り広げるほか、MUSIC CIRCUS会場内には、マリンスポーツも体験できるアクアパークも登場します。日本各地の肉料理が大集合する「肉フェス」や、多彩なジャンルの音楽と河内音頭が融合した盆踊りも催されます。イベントの最後を飾る、音楽と花火とレーザーの融合した「泉州光と音の夢花火」では、尺玉をはじめ色とりどりの花火が泉州の夜空を彩ります。
所在地:〒590-0535大阪府泉南市りんくう南浜
開催期間:2018年9月1日~2日MUSIC CIRCUS’18/11:00~20:00、泉州光と音の夢花火/20:00~21:00、肉フェス/10:00~21:00、アクアパーク/11:00~15:00、盆踊り/17:30~、※いずれも予定
開催場所:大阪泉南タルイサザンビーチ
交通アクセス:南海「樽井駅」から徒歩10分、またはJR阪和線「和泉砂川駅」から「イオンモール行」の南海バス「終点」~徒歩5分
主催:各イベントにより異なる
料金:各イベントにより異なる
問合せ先:大阪泉州夏祭り実行委員会06-4708-6470※各イベントにより異なる

2018-08-10(Fri)

泉州光と音の夢花火2018

タルイサザンビーチで2日間にわたり開催される「大阪泉州夏祭り」の夜を、花火大会が彩ります。高音質スピーカーから流れる音楽にシンクロして打ちあがる花火、さらにレーザーも融合し、幻想的な空間が演出されます。両日合計で2万発を目標に協賛や楽曲リクエストを募集している、日本初の参加型の花火大会となっています。昼間は、世界トップクラスのアーティスト達が出演する音楽フェスティバル「MUSIC CIRCUS’18」などが同時開催され、一日中楽しめます。※打ち上げ数2万発(目標)観客数10万人臨時トイレあり
所在地:〒590-0535大阪府泉南市りんくう南浜
開催期間:2018年9月1日~2日20:00~21:00(予定)※雨天決行、荒天中止
開催場所:大阪泉南タルイサザンビーチ
交通アクセス:南海「樽井駅」から徒歩10分、またはJR阪和線「和泉砂川駅」から「イオンモール行」の南海バス「終点」~徒歩5分
主催:一般社団法人泉州光と音の夢花火
料金:協賛1口5000円~
問合せ先:一般社団法人泉州光と音の夢花火06-4708-6470

2018-08-08(Wed)

ブログ再開します。

ブログ再開します。

2018-07-10(Tue)

ブログの更新当分の間お休みしますね。

ブログの更新当分の間お休みしますね。

2018-07-10(Tue)

八朔大祭2018

農家の節を祝う八朔祭とあわせて、道明寺天満宮で毎年9月1日(旧暦8月朔日)に奉納相撲が行われます。御本殿と土師社で執り行われる祭典は、道真公の遠祖天穂日命(あめのほひのみこと)を氏神として祭祀して以来、古記録にも残るほど古くから伝わる神事です。奉納相撲が行われるようになったのは、道真公の祖先に相撲の祖といわれる野見宿祢(のみのすくね)がいたことに由来するとされます。江戸時代より伝承されてきた奉納宮相撲が、現在は小学生による子供相撲大会として奉納され、青少年の加護を祈念するお祭りとなっています。
所在地:〒583-0012大阪府藤井寺市道明寺1-16-40
開催期間:2018年9月1日祭典/10:00~、奉納子供相撲大会/14:00~
交通アクセス:近鉄「道明寺駅」から徒歩3分
問合せ先:道明寺天満宮072-953-2525

2018-07-10(Tue)

第5回ありとほし薪能

泉佐野市の蟻通神社の登録有形文化財である舞殿にて、「第5回ありとほし薪能」が上演されます。2018年は第5回の節目とともに、泉佐野市制施行70周年の記念の年にあたり、能二番の特別編成です。演目は能「蟻通」、能「乱」狂言「寝音曲」が楽しめます。
所在地:〒598-0034大阪府泉佐野市長滝814
開催期間:2018年9月17日16:30~19:30(開場/15:30)
開催場所:蟻通神社(荒天時は泉佐野市立長南小学校体育館)
交通アクセス:JR阪和線「長滝駅」から徒歩12分、または阪和自動車道「上之郷IC」「泉佐野南出口」から車約15分
主催:ありとほし薪能実行委員会
料金:前売り/S席5000円、A席4000円、B席3000円、C席2500席(学生1000円)※当日券あり
問合せ先:ありとほし薪能実行委員会事務局090-2103-5395

2018-07-10(Tue)

彦八まつり2018

大阪落語の始祖である米沢彦八の名を後世に残そうと、彦八が活躍した生國魂神社でお祭りが開催されます。年に一度、上方落語家が一堂に会し、奉納落語会などが行われるほか、落語家によるおもしろ屋台をはじめ、素人演芸バトル、地車囃子、住よし踊、お茶席などが2日間にわたり繰り広げられます。
所在地:〒543-0071大阪府大阪市天王寺区生玉町13-9
開催期間:2018年9月1日~2日【1日】11:00~20:30【2日】10:00~19:30
交通アクセス:地下鉄谷町線・千日前線「谷町九丁目駅」から徒歩4分、または近鉄大阪線「大阪上本町駅」から徒歩9分
主催:公益社団法人上方落語協会
料金:入場無料(落語会、屋台一部有料)
問合せ先:彦八まつり実行委員会(上方落語協会内)06-6354-7727

2018-07-10(Tue)

百舌鳥八幡宮秋祭りふとん太鼓2018

豊作祈願を祝う風習が例祭となった「百舌鳥八幡宮秋祭り」が、仲秋の名月にあたる旧暦8月15日に行われます。旧暦8月15日に神社の祭典(神事)が執り行われ、この日に近い土日曜に「ふとん太鼓」が奉納されます。ふとん太鼓は、台座部には荘重な彫り物が、その上に積み重ねられた朱色のふとん部には金縄や大小の房で華麗な装飾が施され、運行時には高さ約4m、重さ約3tとなります。氏子9町からそれぞれ大小1基ずつのふとん太鼓が奉納され、順に境内を練り歩きます。
所在地:〒591-8037大阪府堺市北区百舌鳥赤畑町5-706
開催期間:2018年9月22日~23日【22日】ふとん太鼓宮入/11:00~【23日】ふとん太鼓宮出/9:30~、放生祭(稚児行列)/11:05~
交通アクセス:JR阪和線「百舌鳥駅」東出口から南東へ徒歩10分
問合せ先:百舌鳥八幡宮072-252-1089

2018-07-10(Tue)

こいや祭り2018

関西の学生が中心となって作る市民参加型の「こいや祭り」が、大阪を舞台に今年も開催されます。太陽の広場をメイン会場に、極楽パレード会場、大阪城公園やぐら会場、大阪城天守閣前会場、三井アウトレットパーク大阪鶴見会場、UMEDAIガーデン会場、ウメキタサザンパーク会場など、府内各地に会場が設けられ、全国各地から集まった約100チーム以上(約4200人)が熱い踊りを繰り広げます。「丼舞Re(どんぶり)タイム」と呼ばれる総踊りでは、観客も踊り子も混ざりあって一緒に踊りを楽しめます。
所在地:〒540-0002大阪府大阪市中央区大阪城
開催期間:2018年9月8日~9日10:00~20:00※各会場により異なる
開催場所:大阪城公園太陽の広場(メイン会場)ほか
交通アクセス:JR大阪環状線「大阪城公園駅」から徒歩4分
主催:第19回こいや祭り実行委員会
料金:観覧無料
問合せ先:こいや祭り実行委員会

2018-07-10(Tue)

安倍晴明神社晴明大祭2018

安倍晴明公の命日を記念して、安倍晴明神社の例大祭が執り行われます。祭典の後、阿倍王子神社の参集殿で、直会を兼ねて講演会があります。歴史や文学や占いの話など、講演の内容はさまざまで、それぞれ専門の先生を講師に招き、学問の神様でもある安倍晴明公のお祭りにちなんだ教育講座が行われます。
所在地:〒545-0034大阪府大阪市阿倍野区阿倍野元町5-16
開催期間:2018年9月26日祭典/14:00~
交通アクセス:阪堺電気軌道「東天下茶屋駅」から東南へ徒歩5分
主催:阿倍王子神社
問合せ先:阿倍王子神社06-6622-2565

2018-07-10(Tue)

一心寺地蔵盆フェスティバル2018

子どもの健やかな成長、無病息災を祈願する「地蔵盆」が、大阪天王寺の一心寺では「地蔵盆フェスティバル」として2日間にわたり行われます。23日は前夜祭として、一心寺シアター倶楽で「人形劇団京芸」による「うみぼうやとうみぼうず」が上演されます。24日には一心寺境内で、子ども守護祈願や盆踊り、夜店の出店などがあります。※予約方法/氏名、枚数、電話番号・メールアドレスを問合せ先までお知らせください。開演10分前までに来場していない場合、当日券の来場者が優先となる場合があります。
所在地:〒543-0062大阪府大阪市天王寺区逢阪2-8-69
開催期間:2018年8月23日~24日一心寺シアター倶楽にて人形劇上演/23日11:00~(約55分)、一心寺境内にて縁日/24日16:00~19:30
開催場所:一心寺シアター倶楽(23日)、一心寺(24日)
交通アクセス:JR「天王寺駅」から徒歩15分、または地下鉄谷町線「四天王寺前夕陽丘駅」から徒歩10分
主催:一心寺
料金:人形劇団京芸公演(23日)/入場料500円(自由席)、3歳未満無料
問合せ先:一心寺シアター倶楽06-6774-4002

2018-07-02(Mon)

宝塚ダリア園2018

全国有数のダリア球根の生産地、上佐曽利地区では、約300種2万本のダリアが、例年10月上旬から11月上旬にかけて美しく咲き誇ります。開園期間中は花摘みができ、ダリアを持ち帰って楽しむこともできます(1本50円から)。10月20日と21日は「ダリア花まつり」が開催され、地元で収穫された新鮮野菜の販売や各種イベントなどが行われます。
所在地:〒669-1202兵庫県宝塚市上佐曽利字大垣内16-1
開催期間:2018年10月1日~11月4日開園時間/9:00~16:00(入園は15:30まで)、ダリア花まつり/10月20日~21日 ※期間中休園日なし
開催場所:兵庫県宝塚市宝塚ダリア園
交通アクセス:JR宝塚線「武田尾駅」から阪急田園バス約25分「上佐曽利」下車
主催:佐曽利園芸組合
料金:入園料/大人200円、小人100円※花つみ1本50円~
問合せ先:佐曽利園芸組合0797-91-0003

2018-07-02(Mon)

第70回猪名川花火大会

兵庫県川西市と大阪府池田市の共催で「猪名川花火大会」が開催されます。2018年は第70回を迎え、4号玉やスターマイン、カラーイルミネーション花火など、約4000発が打ち上げられ、猪名川上空の夜空を鮮やかに彩ります。※会場付近に駐車場はありません。※昨年度打ち上げ数4000発臨時トイレあり
所在地:〒666-0015兵庫県川西市小花2丁目・下加茂1丁目地先、大阪府池田市桃園1・2丁目地先
開催期間:2018年8月18日19:20~20:20※荒天中止
開催場所:兵庫県川西市、大阪府池田市猪名川河川敷
交通アクセス:JR宝塚線「川西池田駅」から徒歩15分、または阪急「川西能勢口駅」・「池田駅」から徒歩10分
主催:川西市、池田市、猪名川花火大会開催委員会
料金:有料観覧席なし
問合せ先:テレドーム(当日音声案内)0180-991-816、川西市文化・観光・スポーツ課072-740-1161、池田市空港・観光課072-754-6244


2018-07-02(Mon)

湊川神社夏まつり~献燈祭・菊水天神祭~2018

絢爛豪華な大楠公のねぶた灯籠と、1000灯以上の提灯を燈し、御祭神である楠木正成公の御遺徳を偲びます。グルメ屋台やビアガーデンが登場し、期間の前半はダンスなどパフォーマンスの奉納演舞、後半はやぐらを囲んでの「御前踊り」のほか、夜の境内で縁台将棋やモンキーショーなど、浴衣姿の老若男女で賑わいます。学問の神様「天神さん」にちなんで、日中は、子供御輿の巡行や鮎つかみ、将棋教室など、子どもが楽しめるイベントも目白押しです。8月20日から30日は、ビアガーデンがオープンします。
所在地:〒650-0015兵庫県神戸市中央区多聞通3-1-1
開催期間:2018年8月22日~26日納涼ビアガーデン/20日~30日17:00~21:00、奉納ステージ/22日~23日18:30~21:00、将棋であそぼう!/未定、浴衣で踊ろう!御前踊り/24日~26日18:30~21:00、納涼茶会/25日15:00~
交通アクセス:JR神戸線「神戸駅」から山側へ徒歩3分、または阪急・阪神・山陽電鉄「高速神戸駅」からすぐ、または地下鉄「大倉山駅」「ハーバーランド」から徒歩5分
主催:湊川神社
料金:境内散策自由
問合せ先:湊川神社078-371-0001

2018-07-02(Mon)

第16回灘・夢ナリエ

灘区の夏の恒例イベント「灘・夢ナリエ」が、今年は六甲道南公園で開催されます。行灯あかり、酒瓶あかりの展示をはじめ、合唱や楽器演奏などのステージイベントや子ども向け企画のほか、模擬店などが立ち並ぶ予定です。
所在地:〒657-0036兵庫県神戸市灘区桜口町4-6
開催期間:2018年7月14日16:00~20:30
交通アクセス:JR神戸線「六甲道駅」から徒歩3分
料金:入場無料
問合せ先:イベント案内・申込センター078-333-3372

2018-06-27(Wed)

嵐山灯篭流し2018

お盆の最終日に、精霊(しょうりょう)送りの行事として、灯篭流しが嵐山の渡月橋南側中ノ島公園で行われます。嵐山渡月橋南詰から、約6000から7000基もの灯篭が流されます。近隣寺院の僧侶により法要も営まれます。
所在地:〒616-8383京都府京都市右京区嵯峨中ノ島
開催期間:2018年8月16日受付/12:00~20:30、灯篭流し/19:00~21:00
開催場所:嵐山・渡月橋南側中ノ島公園
交通アクセス:JR嵯峨野線「嵯峨嵐山駅」から徒歩15分
主催:嵯峨仏徒連盟
料金:灯篭一基/1000円、水塔婆の追加/1枚200円
問合せ先:嵯峨仏徒連盟事務局080-5307-1060

2018-06-27(Wed)

伏見万灯流し~鳥羽伏見の戦い151年目の祈り~

寺田屋浜で、お盆の先祖供養と家内安全を祈願して「伏見万灯流し」が行われます。“明治”という新しい時代を迎えるために犠牲となった人々への慰霊法要が営まれ、濠川(伏見城外堀)に灯ろうを流して献灯します。夜の川に浮かびあがる色とりどりの灯ろうが、幻想的な風景を醸し出します。
所在地:〒612-8045京都府京都市伏見区南浜町
開催期間:2018年8月4日御祈祷後に献灯/18:30~
交通アクセス:京阪「中書島駅」から徒歩5分、または近鉄「桃山御陵前駅」から徒歩10分
主催:伏見万灯流し実行委員会(洛南保勝会、NPO法人伏見観光協会、伏見桃山がんばる7商店街、F7)
料金:献灯受付(1基)1000円
問合せ先:NPO法人伏見観光協会075-622-8758



2018-06-27(Wed)

晴明祭2018

陰陽師の安倍晴明を祀る神社で「晴明祭」が行われます。宵宮祭では、地元の子どもたち約100人が列をなす「お迎え堤灯行列」や、湯立神楽などが奉納されます。秋分の日13時からの神幸祭では、少年鼓笛隊などを先頭に、鉾や飾馬、稚児などが氏子町内を神輿とともに巡行します。境内には露店が立ち並び、多くの参拝客で賑わいます。
所在地:〒602-8222京都府京都市上京区掘川通一条上ル晴明町806
開催期間:2018年9月22日~23日【22日】19:00~21:00頃【23日】10:00~18:00頃※少雨決行
交通アクセス:JR「京都駅」から9系統の市バス「一条戻橋・晴明神社前」~徒歩2分、または地下鉄烏丸線「今出川駅」から徒歩12分
主催:晴明神社
料金:無料
問合せ先:晴明神社075-441-6460

2018-06-27(Wed)

岸和田だんじり祭2018

勇壮かつ豪快さで全国的に有名なだんじり祭が、岸和田市(岸和田地区・春木地区)で開催されます。角を勢いよく走りながら、4tを超えるだんじりの向きを直角に曲がる「やりまわし」が最大の見どころ。そのスピードと迫力は、全国の祭りのなかで「岸和田だんじり祭」を上回るものはないとまで言われます。34台の地車が市内を駆け巡り、迫力満点の「やりまわし」を市内各所の曲がり角で見ることができます。夜になると、だんじりに提灯が灯され、街中を練り歩く「灯入れ曳行」が行われます。暗くなった市内をゆっくりと進むだんじりは、昼間とはまた違った魅力を見せます。
開催期間:2018年9月15日~16日【15日】6:00~22:00【16日】9:00~22:00
開催場所:大阪府岸和田市岸和田地区・春木地区
交通アクセス:南海本線「岸和田駅」もしくは「春木駅」からすぐ、またはJR阪和線「東岸和田駅」から「岸和田駅前行」のバス約7分「岸和田駅前」すぐ(岸和田駅前通商店街まで)
主催:岸和田地車祭礼年番、春木地車祭礼年番
料金:見物無料
問合せ先:岸和田市観光振興協会072-436-0914



2018-06-27(Wed)

六道まいり2018

お盆を迎えるにあたり、毎年8月7日から10日に、先祖ならびに新盆(にいぼん)の精霊を現世(この世)に迎える「六道まいり」が行われます。本堂で寺僧らに先亡の戒名を水塔婆にしたためてもらい、冥土に届くとされる迎え鐘をついて、先祖はじめ新盆(初盆)の精霊を迎えます。重要文化財の本尊薬師如来像はじめ、閻魔大王像や小野篁(おののたかむら)像の開帳や、地獄絵も特別展観されます。京都のみならず他府県からも多くの人が訪れ、露店も出て大変賑わいます。
所在地:〒605-0811京都府京都市東山区松原通東大路西入ル小松町595
開催期間:2018年8月7日~10日6:00~22:00
交通アクセス:京阪「祇園四条駅」から徒歩15分
主催:六道珍皇寺
料金:先亡供養のための水塔婆志納料/1霊300円
問合せ先:六道珍皇寺075-561-4129

2018-06-27(Wed)

お精霊迎え・送り2018

京都では旧盆に、ご先祖の精霊がゑんま様のお許しを得て各家庭に帰って来るといわれます。引接寺(千本ゑんま堂)では、本尊ゑんま法王を開扉して、7日から15日に「お精霊迎え」、15日夕方から16日に「お精霊送り」が行われます。水塔婆を流し迎え鐘をついて、その音に乗って帰って来る「おしょらいさん」を、仏壇の扉を開いてお迎えする「お精霊迎え」と、再びお帰りいただく「お精霊送り」の行事に、地域の人々を中心に多数の参拝客が訪れます。
所在地:〒602-8307京都府京都市上京区千本通蘆山寺上ル閻魔前町34
開催期間:2018年8月7日~16日お精霊迎え/7日から15日、お精霊送り/15日夕方から16日
交通アクセス:JR嵯峨野線「二条駅」もしくはJR「京都駅」から206系統の市バス「乾隆校前」~徒歩2分
主催:引接寺(千本ゑんま堂)
問合せ先:引接寺(千本ゑんま堂)075-462-3332

2018-06-27(Wed)

高良社祭「太鼓まつり」2018

徒然草にも登場する石清水八幡宮の摂社、高良神社の例祭が、7月18日に斎行されます。旧八幡地区の氏神として地元の人々の崇敬を受ける高良神社へ、各地区から神輿が一堂に会する宮入りが有名で、「太鼓まつり」の名でも親しまれています。7月15日には宮入りが行われ、各地区の太鼓神輿が勢揃いし、迫力満点の様子を見ることができます。
所在地:〒614-8588京都府八幡市八幡高坊30
開催期間:2018年7月15日、18日宮入り/15日18:30頃~、例祭/18日10:00頃~
交通アクセス:京阪「八幡市駅」から男山ケーブル約3分「男山山上駅」~徒歩5分
主催:石清水八幡宮、太鼓まつり実行委員会
料金:見学無料
問合せ先:石清水八幡宮075-981-3001

2018-06-23(Sat)

方違神社秋祭2018

五穀豊穣に感謝する方違神社の秋祭では、3日間にわたりさまざまな神賑行事が斎行されます。宵宮には氏子町内からの稚児行列が宮入し、すずめ踊りや堺太鼓が見どころとなっています。宵宮と本宮の両日に、蒲団太鼓も勇壮な姿を見せ、多くの人で賑わいます。
所在地:〒590-0021大阪府堺市堺区北三国ヶ丘町2-2-1
開催期間:2018年9月15日~17日【15日】宵宮祭/13:00~、稚児行列/15:30頃宮入、蒲団太鼓宮入/20:30~【16日】本宮祭/13:00~【17日】田実祭/10:00~
交通アクセス:JR阪和線「堺市駅」から徒歩15分もしくはバス約5分「方違神社前」下車
主催:方違神社
問合せ先:方違神社072-232-1216

2018-06-23(Sat)

第62回大阪薪能

野外能では、興福寺(奈良)の薪御能につぐ歴史があるとされる「大阪薪能」は、天文15年(1546年)生國魂神社の御遷座を祝い演能されたという故事にならい、昭和32年より開催されています。2018年は、1日目に兼平(観世流)、柑子(大蔵流)、百万(宝生流)、安達原(観世流)が、2日目には頼政(金春流)、酢薑(大蔵流)、胡蝶(観世流)、碇潜(観世流)が演能されます。大都市大阪の中心にあり、緑豊かな浄闇の境内で繰り広げられる幽玄の世界が楽しめます。
所在地:〒543-0071大阪府大阪市天王寺区生玉町13-9
開催期間:2018年8月11日~12日【11日】17:30~20:45【12日】17:30~20:45(開場は16:30)※雨天時の予備日/13日
交通アクセス:地下鉄谷町線・千日前線「谷町九丁目駅」から徒歩4分、または近鉄大阪線「大阪上本町駅」から徒歩9分
主催:公益社団法人能楽協会大阪支部、大阪薪能委員会
料金:当日券4000円(前売券3500円)、学生券(当日のみ)2000円
問合せ先:大阪薪能委員会(生國魂神社社務所内)06-6771-0002(受付9:00~17:00)



2018-06-23(Sat)

だいがく祭(生根神社夏祭)2018

古くは雨乞い祈願を起源とする「だいがく祭」が、生根神社で行われます。清和天皇の時代に、農民らが日本全国の一ノ宮の御神燈と鈴をつけた棹を用いて雨乞いをすると、大雨が降りそそぎ、それを喜んで、今度は棹に台をつけて担ぎ、太鼓を打ち鳴らしたことが「だいがく」の原型とされます。江戸時代に栄えたこの祭りは、今では生根神社の夏祭りにのみ執り行われており、大阪府の有形文化財民俗資料第1号に指定されています。本祭の夕刻には「だいがく踊り」も奉納されます。
所在地:〒557-0045大阪府大阪市西成区玉出西2-1-10
開催期間:2018年7月24日~25日両日19:30~※神輿渡御式/25日13:00~
交通アクセス:地下鉄四ツ橋線「玉出駅」から徒歩3分、または南海本線「岸里玉出駅」から徒歩3分
主催:生根神社
問合せ先:生根神社06-6659-2821

2018-06-22(Fri)

豊岡柳まつり2018

豊岡特産の杞柳製品の原材料となる、柳に関係のある5男3女神を祀る柳の宮神社では、毎年8月1日と2日に例大祭が開催されます。1日は、小田井神社から出発する神輿の巡行や、稚児行列が行われるほか、夕方からは小人連、大人連による「豊岡おどり」が駅通りで繰り広げられます。2日の夜には、祭りのフィナーレとして約2000発の花火が夜空を彩る花火大会が行われます。
開催期間:2018年8月1日~2日
開催場所:兵庫県豊岡市市街地(花火大会は円山川河川敷)
交通アクセス:JR山陰本線「豊岡駅」から徒歩20分
主催:柳まつり実行委員会
問合せ先:豊岡商工会議所0796-22-4456


2018-06-22(Fri)

豊岡柳まつり花火大会2018

「豊岡柳まつり」のフィナーレを飾る花火大会で、約2000発が夜空を彩ります。スターマインをはじめ、音楽花火、早打、大玉、尺玉、芸術花火などの連続技が見るものを圧倒します。周辺は田園が多いため、視界を遮るものがなく迫力満点に楽しめます。ラストは、夜空に花開く大スターマインの競演が堪能できます。 ※臨時トイレ4基
所在地:〒668-0041兵庫県豊岡市大磯町
開催期間:2018年8月2日20:00~※雨天の時は翌日に順延
開催場所:兵庫県豊岡市円山川河川敷
交通アクセス:JR山陰本線「豊岡駅」から徒歩20分、または北近畿豊岡自動車道「日高神鍋高原IC」から国道312号経由豊岡方面車約20分
主催:柳まつり実行委員会
料金:有料観覧席なし
問合せ先:豊岡商工会議所0796-22-4456

2018-06-22(Fri)

三田まつり2018

「心のかよう、ふるさと三田」をテーマに、市民参加型の祭りが三田市総合文化センター駐車場や三田駅周辺市街地商店街で開催されます。三田市総合文化センター駐車場では、ステージイベントや市民総おどりが催され、出店が並ぶほか、三田駅周辺市街地商店街では、さまざまな楽しい催しが行われます。毎年恒例の花火大会は、30分間で約2500発が打ち上げられ、市街地のどこからでも鑑賞できるのが魅力です。
所在地:〒669-1531兵庫県三田市天神1-3-1
開催期間:2018年8月4日15:00~21:00(開始時間は予定)
開催場所:三田市総合文化センター駐車場、三田駅周辺市街地商店街
交通アクセス:JR宝塚線「三田駅」から徒歩12分
主催:三田まつり実行委員会
問合せ先:三田まつり実行委員会事務局(三田市役所産業政策課内)079-559-5085

2018-06-22(Fri)

三田まつり花火大会2018

阪神間で有数の規模を誇る「三田まつり」の花火大会が開催されます。30分間休みなく繰り出される2500発は、ひとときも目が離せないほどの迫力で、会場は歓声に包まれます。なかでもメインで登場する最大5号の大玉は、三田の夜空を色鮮やかに染める光の大輪となり、息を呑むほどの美しさです。武庫川にかかる橋上から打ち上げられ、周囲は田園地帯のため、360度どこからでも観覧することができます。※既設トイレあり
所在地:〒669-1531兵庫県三田市天神1-3-1
開催期間:2018年8月4日※雨天決行、荒天中止
開催場所:三田市総合文化センター駐車場 ほか(観覧場所)
交通アクセス:JR宝塚線「三田駅」から徒歩12分
主催:三田まつり実行委員会
料金:有料観覧席なし
問合せ先:三田まつり実行委員会事務局(三田市役所産業政策課内)079-559-5085

2018-06-22(Fri)

こうべ海の盆踊り2018

神戸の夜景スポットとして知られるメリケンパークを舞台に、関西最大級の盆踊りが開催されます。全国の代表民謡を生唄、生演奏に合わせて踊れることが最大の特色で、バラエティ豊かな屋台も多数出店します。
所在地:〒650-0042兵庫県神戸市中央区波止場町2地先
開催期間:2018年8月18日18:00~20:45(屋台などは16:00~)※荒天の場合は翌日に順延
開催場所:神戸市メリケンパーク
交通アクセス:JR神戸線・阪神「元町駅」から海側へ徒歩15分、または地下鉄海岸線「みなと元町駅」から海側へ徒歩7分
主催:こうべ海の盆踊り実行委員会
問合せ先:こうべ海の盆踊り実行委員会事務局(神戸市中央区まちづくり支援課地域活動係内)078-232-4411、神戸市イベント案内・申込センター078-333-3372(当日/雨天中止情報)

2018-06-22(Fri)

へその西脇・織物まつり花火大会2018

「へその西脇・織物まつり」を飾るイベントの一つとして、夜に花火大会が開催されます。スターマインなどのダイナミックな花火約2000発が、1分間に約100発のスピードで河川敷から打ち上げられます。花火を橋上から間近で眺めることができるため、都心の花火大会では味わえないほど迫力満点です。夜空を彩る花火が、まるで空から降り注ぐかのようなパノラマを体感できます。翌日は、西脇市総合市民センターでダンスイベントや、西脇市の地場産業「播州織」を使ったファッションショーなどが行われます。26日の最後にも、約500発の花火が打ち上げられます。※臨時トイレ1か所、既設トイレ3か所
所在地:〒677-0039兵庫県西脇市上比延町334-2
開催期間:2018年8月25日20:00~(約30分間)※荒天中止
開催場所:日本へそ公園
交通アクセス:JR加古川線「日本へそ公園駅」から徒歩1分、または中国自動車道「滝野社IC」から車約20分
主催:へその西脇・織物まつり実行委員会
料金:有料観覧席なし
問合せ先:へその西脇・織物まつり実行委員会事務局(西脇市商工観光課内)0795-22-3111

2018-06-22(Fri)

送り盆「万燈会」と山寺ライブ2018

三木市の古刹、伽耶院の境内で、毎年8月23日と24日に「送り盆 万燈会」が行われます。両日とも19時になると、参拝者による手がき灯籠、約700個に火が灯され、その後、震災鎮魂のろうそく約6000本が点灯されます。「山寺ライブ」と題し、23日はゆにっと楓さんによるアンサンブルユニットコンサートが、24日は「三木音楽家協会コンサート」が催されます。両日、小学生以下の子どもを対象に、健康祈願、お札の授与があります。
所在地:〒673-0513兵庫県三木市志染町大谷410
開催期間:2018年8月23日~24日
交通アクセス:神戸電鉄「緑が丘駅」からバス「伽耶院口」~徒歩10分(土日祝のみ)、またはJR神戸線「三ノ宮駅」から「御坂(みさか)経由西脇行」の神姫バス「志染小学校前」~徒歩25分、または山陽自動車道「三木東IC」から車約3分
主催:伽耶院
料金:無料
問合せ先:伽耶院0794-87-3906


2018-06-22(Fri)

萬燈会2018

多田神社で、源満仲公の旧暦の御命日にあたる8月27日に、無数の燈火を神前に奉献し、御神慮を慰める「萬燈会」が執り行われます。8月23日から27日まで御遺徳を偲ぶべく、崇敬者各位により献灯された1000有余灯の提灯が境内一円に掲げられます。夕涼みがてらに清遊する人々で境内は賑わいます。
所在地:〒666-0127兵庫県川西市多田院多田所町1-1
開催期間:2018年8月23日~27日※開催期間中は、21:00まで開門
交通アクセス:能勢電鉄「多田駅」から徒歩15分、または阪急・能勢電鉄「川西能勢口駅」からバス「多田神社前」~徒歩5分
問合せ先:多田神社072-793-0001

2018-06-22(Fri)

1300年の伝統流灌頂水神祭-川施餓鬼会-2018

別名を「なにわの舟寺」や「納骨の寺」と称される伝法山西念寺で、神仏習合の行事として水神祭と川施餓鬼会が行われます。本堂での現世祈願と先祖供養、後世安楽の法会の後、放生会が営まれます。水子、納骨法要、良縁、安産、受験祈願法要も執り行われます。
所在地:〒554-0002大阪府大阪市此花区伝法5-7-4
開催期間:2018年8月23日12:00~15:30
交通アクセス:阪神なんば線「伝法駅」から徒歩5分
主催:伝法山西念寺
料金:見物無料
問合せ先:伝法山西念寺06-6461-5602


2018-06-21(Thu)

じないまち四季物語2018「夏」第15回寺内町燈路

大阪府内唯一の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている富田林寺内町および、その周辺の商店街で“じないまち四季物語2018「夏」第15回寺内町燈路”が行われます。約1000個の行燈が通りに並べられ、江戸時代から昭和初期までの伝統的な町家が軒を連ねる町並みを幻想的に照らします。
所在地:〒584-0033大阪府富田林市富田林町、本町の一部
開催期間:2018年8月25日17:00~21:00(燈路点灯/18:30~)※雨天の場合は翌日に順延
開催場所:大阪府富田林市富田林寺内町および周辺
交通アクセス:近鉄長野線「富田林駅」または「富田林西口」下車
主催:じないまち四季物語実行委員会
料金:寺内町燈路無料※一部有料イベントあり
問合せ先:じないまち四季物語事務局 080-6205-4540(10:00~17:00/土日祝除く)、きらめきファクトリー(観光案内)0721-24-5500(10:00~21:00/年末年始休)


2018-06-21(Thu)

ハーベストの丘夏の花火イベント2018

甲子園8個分の広さがあり、花、緑、動物などの自然とふれあえる農業公園、ハーベストの丘で、毎年人気の夏の花火イベントが開催されます。夏の夜空を彩る約2000発の花火は、園内から打ち上げられるので、間近で迫力あるパフォーマンスを観覧することができます。昼間はさまざまな体験プログラムや遊具を楽しみ、夜にはスターマインをはじめ、ハートやスマイル形の花火、ミュージック花火、最大4号玉などの大輪の花火で、終日、遊びを満喫することができます。≪大変な混雑が予想されるため、早めの来園をお勧めします。※既設トイレ8か所
所在地:〒590-0125大阪府堺市南区鉢ケ峯寺2405-1
開催期間:2018年8月12日~14日19:45~※荒天時は15日に延期
開催場所:堺・緑のミュージアムハーベストの丘野外ステージ
交通アクセス:泉北高速鉄道「泉ヶ丘駅」から「ハーベストの丘行」の南海路線バス約15分「ハーベストの丘」下車
主催:堺・緑のミュージアムハーベストの丘
料金:有料観覧席なし
問合せ先:堺・緑のミュージアム・ハーベストの丘072-296-9911

2018-06-21(Thu)

ハーベストの丘ひまわり畑2018

自然とふれあえる農業公園、ハーベストの丘では、例年8月上旬になると約2万本のひまわりが花畑一面に咲き誇ります。1日から16日には、「ひまわりフェスタ」が開催され、期間中インスタキャンペーンや摘み取り体験など、さまざまなイベントが行われます。
所在地:〒590-0125大阪府堺市南区鉢ケ峯寺2405-1
開催期間:2018年8月上旬~中旬ひまわりフェスタ/1日~16日※開花状況は前後する場合があります
交通アクセス:泉北高速鉄道「泉ヶ丘駅」から「ハーベストの丘行」の南海路線バス約15分「ハーベストの丘」下車
主催:堺・緑のミュージアムハーベストの丘
料金:入場料が必要
問合せ先:堺・緑のミュージアム・ハーベストの丘072-296-9911

2018-06-20(Wed)

今月から読書については不定期更新にします。

今月から読書については不定期更新にします。今までは毎月1回は必ず書くようにしていたのですが、バタバタすることが多くなりますので、

2018-06-20(Wed)

今年は暑くなるらしいので。

今年は暑くなるらしいので役に立つ役に立つ商品紹介します。















[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コカコーラ ファンタ グレープ 500mlペットボトル×24本入
価格:2462円(税込、送料別) (2018/6/20時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コカコーラ ファンタ オレンジ 500mlペットボトル×24本入
価格:2462円(税込、送料別) (2018/6/20時点)

























2018-06-18(Mon)

今日の地震はすごかった。

今日の地震はすごかった。

2018-06-08(Fri)

森の宮遺跡展示室一般公開2018

森ノ宮ピロティホールの地下階で、「森の宮遺跡展示室」の一般公開が行われます。森の宮遺跡は、上町台地の東斜面に位置する縄文時代から近世までの複合遺跡です。森の宮貝塚とも呼ばれ、大量に出土した貝殻が、海水に生息するマガキから淡水に棲むセタシジミへと移り変わることから、河内平野が徐々に海から淡水湖となり、さらに陸地となっていく過程を知ることができます。埋葬された縄文時代の人骨も多数発見され、そのうちの1体が屈葬という体を折り曲げる当時の埋葬方法のまま地層から切り取って展示されています。日常的な公開は行われておらず、年に数日公開されます。※駐車場、駐輪場はありません。
所在地:〒540-0003大阪府大阪市中央区森ノ宮中央1-17-5
開催期間:2018年8月24日~26日11:00~15:00
開催場所:森ノ宮ピロティホール地下階
交通アクセス:JR大阪環状線「森ノ宮駅」から徒歩3分、または地下鉄中央線「森ノ宮駅」2号出口から徒歩1分
主催:大阪市教育委員会
料金:無料(事前申込不要)
問合せ先:大阪市教育委員会事務局文化財保護課06-6208-9166・9169(土日祝を除く9:00~17:30)

2018-06-08(Fri)

太閤祭2018

慶長3年(1598年)に62歳で亡くなった豊臣秀吉公の命日の8月18日に、豊國(ほうこく)神社で祭典が執り行われます。秀吉公の御霊を慰め、遺訓を称えるお祭りで、御神楽が奉納されます。一般参列も可能です。
所在地:〒540-0002大阪府大阪市中央区大阪城2-1
開催期間:2018年8月18日10:00~
交通アクセス:JR大阪環状線「森ノ宮駅」から徒歩15分
主催:豊國神社
問合せ先:豊國神社06-6941-0229

2018-06-08(Fri)

七夕のゆうべin四天王寺2018

四天王寺の境内で、七夕にちなんださまざまなイベントが楽しめる「七夕のゆうべin四天王寺」が開催されます。七夕縁日をはじめ、鎮魂の灯火(有料)や星空観望会、ふれあいコンサート、五重塔のライトアップが行われるほか、LEDで彩られた全長約27mの笹トンネルの笹に、短冊を飾り付けることができます。最終日の20時にはすべての短冊を取り外し、境内でお焚き上げされます。
所在地:〒543-0051大阪府大阪市天王寺区四天王寺1-11-18
開催期間
2018年7月6日~8日【6日~8日】笹飾り・笹トンネル/点灯19:00頃~24:00(8日は20:00まで)、鎮魂の灯火/17:00~21:00、七夕縁日/15:00~21:00【6日~7日】星空観望会/20:00~22:00【7日】七夕ふれあいコンサート/16:00~19:30(予定)【8日】お焚き上げ/20:30~
開催場所:四天王寺境内一円
交通アクセス:地下鉄谷町線「四天王寺前夕陽ケ丘駅」4番出口から南へ徒歩5分
主催:七夕のゆうべin四天王寺実行委員会
料金:入場無料、星空観望会/参加無料(先着順、定員あり、天候により中止)、七夕短冊/1枚100円、鎮魂の灯火/ローソク1口100円(花柄/200円)※ブーステント内の飲食、ゲーム、物販への参加は有料
問合せ先:七夕のゆうべin四天王寺実行委員会06-6775-1400

2018-06-08(Fri)

お滝まつり2018

葛城修験の根本道場として知られる犬鳴山七宝滝寺で、毎年8月第4日曜に「お滝まつり」が開催されます。午前10時より行者ヶ滝のご宝前にて柴燈大護摩供が行われ、行者の指導のもとで一般希望者も滝行を受けることができます。この日の滝行は100日の滝行に値するといわれています。※滝行は全員がすみ次第終了です。
所在地:〒598-0023大阪府泉佐野市大木8
開催期間:2018年8月26日柴燈大護摩供/10:00、滝行/受付は11:00頃まで
交通アクセス:JR阪和線「日根野駅」から南海バス約20分「犬鳴山」~徒歩25分
主催:犬鳴山七宝滝寺
料金:滝衣貸出/1人500円が必要
問合せ先:犬鳴山七宝滝寺072-459-7101

2018-06-07(Thu)

定の山古墳

定の山古墳とは、大阪府堺市北区に所在する前方後円墳または帆立貝形古墳。1960年代の区画整理工事により墳丘が著しく変形したが、現在は城の山公園として保存されている。
○概要
ニサンザイ古墳の北500メートルの城の山公園内にある小山が定の山古墳である。墳丘長69メートル、後円部径53メートル、高さ7メートル、前方部幅23.5メートルである。前方部を西に向けており、墳形は前方後円墳というより帆立貝形古墳という方が正しいようである。1950年代後半から1960年代前半までは周濠の痕跡が畦にくっきりと残っていた。1968年(昭和43年)に土地区画整理事業により、墳丘の一部が破壊され著しく変形されてしまったが、墳丘部分の発掘調査が行なわれ、その重要性から保存されることとなり、破壊、変形した部分は復元され現在は公園となっている。なお調査により埴輪列と葺石の存在が明らかとなっている。
○所在地
大阪府堺市北区百舌鳥梅町
○形状
前方後円墳(帆立貝形古墳)
○規模
墳丘長69m
○築造年代
5世紀



J0010280_20180607145705c58.jpg

J0010281_201806071457075fb.jpg

J0010282_20180607145708ade.jpg

J0010283_20180607145709a17.jpg

2018-06-07(Thu)

御廟表塚古墳

墳丘長75メートルの前方後円墳。独立した古墳である。5世紀中~後半。墳丘長約84.8mの帆立貝形古墳、築造時期は5世紀後半と推定。「耕地開発や宅地開発により、周濠の大半が埋められ、前方部が失われています。」とのこと。今は前方部は完全に住宅地となっています。でも、この古墳、後円部の頂上まで登れます。

所在地:大阪府堺市北区中百舌鳥町4丁544



J0010250_20180607145432ea6.jpg

J0010251_20180607145435d6d.jpg
J0010252_20180607145436065.jpg

J0010253_20180607145437ded.jpg

J0010254_20180607145439e63.jpg
プロフィール

kazubonka

Author:kazubonka
かずぼんです。大阪並びに近畿一円の口コミ情報を提供していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
メモ
















































【高額報酬!!】有名女優が多数愛用している事でも知られている光美容機。世界中のセレブ御用達の一品。高額商品にも関わらず売れ続けています。ご利用者からご満足のお便りも大変多いです。定価472,500円











BTOパソコンショップ 『フレッシュフィールド』 オールカスタマイズ可能なオリジナルパソコン好評発売中!





























スルガ銀行ANA支店
銀行取引でANAマイルが貯まる(100×60)バナー











<

「サイパン旅行ナビ」でオプショナルツアーを予約!



ティッカー

グアム

ハワイ旅行

ムームードメイン

カスタムバイク買取













検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

続・竹林の愚人

思いつくまま

oobuta日記
QRコード
QRコード
FC2カウンター
平成20年8月26日からのアクセス数です。
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2アフィリエイト
カウンター アフィリエイト・SEO対策
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
スポンサードリンク

FC2Ad

Powered by FC2 Blog